♪Merci sarie♪(メルシィーサリエ)

読んだ本の紹介や趣味の「あみぐるみ」中心の
ブログです。

蜂蜜秘密 小路幸也 著

2021年11月21日 | 

『蜂蜜秘密』小路幸也 著 文藝春秋

 

こちらは

何と言っても表装が素敵なのです

このレモンイエローとデザインが人目を惹きます

各ページの数字の横にも、ちょっとしたお洒落なイラストが

施されていて、美しい本です。

 

物語の舞台は「奇跡の蜂蜜」を作るとされているポロウ村。

そこへ転校してきたレオと蜂蜜に携わる家系のサリーとジャック。

3人がそれぞれに関わることにより、見えてくる秘密の出来事。

魔法や妖精といったファンタジー要素たっぷりな物語です。

蜂蜜色の髪をしたレオ

はたして彼の存在は・・・

 

小路さんの作品は、ミステリーとロマンと不思議が

優しく交じり合っていて、読後は、ほ~っと優しいため息が出るほど。

さて、次はどの作品を手にしようかな~と楽しみが増えてゆくのです

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三世代探偵団シリーズ

2021年11月10日 | 

『三世代探偵団 次の扉に潜む死神』赤川次郎 著 角川書店

約10年ぶりに「赤川次郎さん」の作品を手にとりました。

一言で表現すると

やっぱり面白い!安定の面白さですね~

物語の主人公は、女子高生の天本有里

天才画家の祖母と、生活力皆無な母との三世代家族

三人のまわりに度々おこる事件や問題を

ユーモラスに時には熱く解決へと導くのです。

三人を取り巻く登場人物も、なかなか個性豊かで見逃せません。

もちろん、ミステリーなので

犯人を推理したり謎を解決しようとしながら

読み進むわけですが

恋もあり涙もあり

ちょっとドキドキしたり、期待したり、と

こちらも、途中で「しおり」を挟みたくない作品です。

続編として

命の旗がはためくとき

枯れた花のワルツ

どちらも

やっぱり面白い!!

のであります(笑)

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

竃河岸(へっついがし)宇江佐真理 著

2021年11月02日 | 

『竃河岸(へっついがし)髪結い伊三次捕物余話』宇江佐真理 著 文藝春秋

 

髪結い伊三次シリーズです。

今回のお話は、伊三次を取り巻く登場人物を中心に書かれています。

伊三次の息子「伊与太」や

北町奉行所の同心「不破家」の物語は

ほっとしたり、時にはやきもき、ドキドキしたり、と

相も変わらず、どんどん物語に惹きこまれてしまい

途中で「しおり」を挟むのが惜しいほど・・・苦笑

まだまだ、続きが読みたいところですが

残念ながら、それは叶わぬ願い・・・

宇江佐さんの作品は、色々読んだつもりですが

読破するには、まだ、多くの作品があり

他の作品を読む楽しみが残っています。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あみぐるみ チビチビシリーズ 672号

2021年10月04日 | あみぐるみ

こちらのちびっ子は

672号

とんがり帽子に天然パーマ

そして、ちょっと、下ぶくれ

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花咲小路シリーズ

2021年09月21日 | 

『花咲小路二丁目の花乃子さん』小路幸也 著 ポプラ社

今回の主人公は「花の店にらやま」を営む花乃子さんのもとに居候中の十代の女の子。

彼女は、花乃子さんのいとこの「めいちゃん」

舞台は、もちろん花咲小路商店街。

ここでは、日々大小さまざまな事件や問題が発生します。

ユニークで個性的な住人たちの日常が垣間見え

少しずつ、商店街の暮らしにも慣れてきた

そんなある日、少々きがかりなお客様が来店し・・・・

 

花乃子さん、めいちゃんともに、ちょっぴり不思議な能力を持ち

困った人を見過ごしにできず、おせっかい(いい意味で)をやいてしまうのです。

ファンタジーとは、少し違い(魔法や超能力ではないので)ハートフルなのは

小路さんならではの、物語なのだと思います。

花咲小路シリーズですが

いつもの天邪鬼がさく裂し(苦笑)

図書館で発見した時、シリーズを新しい方から読んでしまう・・・

第1弾から読めば、登場人物や背景なんかが

とっても分かりやすいと思うのですが

最初に手に取ったのは「三丁目北角のすばるちゃん

続いて「三丁目のナイト」「四丁目の聖人」「一丁目の刑事

そして「二丁目の花乃子さん

図書館に行くと、真っ先に向かうのは

さ行し」の棚

人気作家さんゆえに、読みたい作品が毎回あるわけでもないので

そこは運まかせ。

出合いがあれば、借りてくる、といった

呑気なもので、この花乃子さんは、すばるちゃんを読み終わって

8回目の図書館通いで、ようやく、借りることができたのです。

残すは「一丁目の髪結いの亭主」その日を待ちわびて(買えよ!って話ですが・・・www)

全巻文庫化したら、大人買いしちゃうかもしれません

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする