居酒屋舞子ブログ

富山県富山市の居酒屋舞子の女将ブログです。

記憶に残るお客さま

2018年12月07日 04時32分16秒 | 居酒屋舞子




ーーー「何度か行ったことあります」

という声に、ピン😮とくる内容のご予約。


今年も、ご予約してくださったーーー😳。


記憶によれば一年に1度だけ、カウンターにて蟹🦀を食べ尽くしに来られるお客様🤔。
毎回ご予約を入れてから来てくださいます。


今回は来られた時に、アタシの問いかけに「5回目です」と、笑って言っておられたので、

5年も蟹を食べるためだけに、当店に通ってくださってるというコトになるのです🙄。


何故、このお客さんが印象が強いのかというと、、🙄

それは、当店の、アタシ自身の、

弱さと後ろめたさと、不甲斐なさからーーーー😟。




5年前というと、前回のブログでも少し触れましたが、

その頃は当店、まだ出入りの魚屋さんからの仕入れでしたので港で水揚げされてからの素材も、各所で手数料掛かってますから安くはなかった。。😭
そう。どれだけアタシが薄利にしても、お高かったのです😓。


そんな時の豪勢なご予約の方、大きなサイズの蟹は当時のアタシにとっても、普段触ることの無い、特別な食材でした😮。
蟹のお刺身ともなると、緊張したものです🙄。

いくら薄利とはいえども、売上自体は当店にしては「お~っ」という感じのご予約でした😳。

だから数年前のアタシは、このご予約が入ると気張って仕入れてました。😓

でも、天候も不安定な季節、思うようにいかない事も多くて……、

鮮明に覚えている年は、蟹の値段が異常に高騰していた時にいただいたご予約のお電話に対して😟、

「富山の蟹の入荷が無ければどの範囲まで許せるのか、また、幾らの金額まで大丈夫なのか」

という、保険のような確認をさせていただいてたのです🙁。



無駄な確認になることを祈ったのですが、願いも虚しくご予約の時は富山全域で蟹が品薄😭。

ただでさえ高いのに、魚屋さんの話だと、更にお目めが飛び出るような値段でした😭。

なので近隣のもので対応しようとしたのですが、これもまた全く値段が合わず…

悔しくも仕方なく、ロシアの蟹を仕入れることになったのです😟。


お客さんの希望に応えられなかった、この日の悔しさは未だに忘れられません😧。



お客さんは許してくださり、美味しく食べてくださいましたが😓、アタシ自身は本当に苦しい気持ちの夜になったのを、よく覚えてます😟。

苦しい気持ちを払拭したくて、ご予約のお客さんに、

「蟹食べるならウチみたいなお店じゃなくて、新湊とかから直接蟹を仕入れてるお店に食べに行った方が絶対いいですよ😥」

と、言ってしまったくらいです🙄。


そして、そんな年を繰り返して今、仕入れを変えて、小さな当店のお店の規模の割には大量の蟹を、毎回港から仕入れるアタシ😳。

間違いなく、その時の悔しさから、今の「地物の蟹を、地元の人も県外からの人も、なるべくお安い値段で」
という、考え方を育て上げたんだと思ってます😋。

そして、先日またご予約でいらっしゃって……


「深夜でもないのに、他のお店でも食べられるのに何故、何年も当店を指名してくださるのか」

ということまでは今回も聞けませんでしたが、

改めて、今まで散々いただいてしまった不甲斐なさのお値段を😑、

これから少しずつご恩返ししていこうと思ってます😳。

この方もまた、当店のジタバタしながらの成長を、見守ってくださってる大切なお客様ですね😊。


相変わらず、ベタベタした接客もしてないですけど、心では感謝しても感謝仕切れない気持ちでいっぱいですね😐。



ありがとうございます☺️。

かなめ

臨時休業のお知らせ

2018年12月02日 09時26分40秒 | 居酒屋舞子
【休業のお知らせ】

12月3日(月)の営業は、お休みさせていただきますm(__)m。

毎年恒例の住所録つくりの事務作業にお時間をいただきたく、

予定では早朝から夜の早めの時間までを他の事も含めての事務の時間とさせていただこうと思います。

苦手なテーブルワークで缶詰めになります。

ご迷惑をおかけしますが、お願いしますm(__)m

ご予約お問い合わせのお電話は歓迎ですので、比較的ゆっくりお話できますし、日中でもバンバンお電話ください🙂。

それでは皆さん、冬の快晴の素敵な日曜日をお過ごしください!

漁港に来て解ったこと。感じたこと。

2018年11月27日 09時21分27秒 | 居酒屋舞子



お魚を扱うお店も様々に。
お店によって、お魚の仕入れ方法も色々です🙂。

アタシは3年前くらいから、滑川の漁港に通わせていただいてます🙂。

でもそれまでは毎朝、中央市場で仕入れしている魚屋さんに、仕入れ前とか仕入れ最中に1日何度も電話でやり取りして、
アタシの目の代わりになってもらって仕入れしてました🙄。


ーーーそれが朝まで営業の当店の特権だと思ってましたし、実際に「ただ、魚屋さんで注文する」よりは、色々選べて融通が効いたのです🙂。

お店によっては最近はインターネットで仕入れしてるお店も多いです🤔。

東京の豊洲市場からとかも簡単にポチッと仕入れられる時代ですからねーー🙄。



それと、スーパーとかで仕入れてるお店も多いです🤔。
意外なお店さんとかも先取りしてもらって裏口で受け取っておられるお店さんも多々ありますし😑、
小さな居酒屋さんのマスターさんが昼間はスーパーのお魚屋さんで、バイトしておられるなんて方も、何人もお見受けしたことあります🙂。

それはそれで、メリットがあるからでしょうね。

流通をちゃんと理解して、目利きがちゃんとしてたなら、朝早く起きる必要の無いスーパーもかなり便利なんでしょうね😅。

若い頃のアタシは、よく分かりもせずに仕入れ方の良い悪いを判断してましたけど🤔、
結局のところ、どんな手法で食材を仕入れているかというのは、「一体何に重きを置くか」「どの方法が自分のお店のスタイルに合っているか」なのだと思います🙂。


先代までの舞子は深夜からのお店でしたので、もっぱらスーパーでの仕入れでした🙂。それと少しだけ魚屋さんでも買ってました🙂。

アタシの経営に変わってからは営業時間も早くからやるように変わり、中央市場に出入りしてた魚屋さんが中心に🙂。

実際アタシ自身も市場に出向いてた時もありましたけど、アタシだけで買うには大き過ぎるような物は、小分けで欲しかったりするものも多くて、都合の良いものだけを魚屋さんに頼ってたら、仕入れ値知ってたりして魚屋さんもやりにくいだろうと思い🤔、全てお任せしていたワケです。。🙂


その後は同業の先輩さまなどから誘っていただき、金沢の市場に通わせていただいたり🙂、富山市内の漁港にもお誘いいただいたりしました😌。

…ですが、その頃は本当にアタシ1人でやってて😭、とにかくご予約に全力で応えてお店を存続させるのに必死な頃でしたので…😭、
定着はしませんでした😓。
今思い出しても、少し後悔の残る出来事でした😓。


それからしばらくしてご縁をいただき、滑川の漁港に通っておられた方から誘っていただいたのもあって今のスタイルに行き着いたワケなのです🙂。

その方には今でも本当に感謝しており、お中元とお歳暮で、変わらぬ気持ちをお伝えしております。

「たまたま落ち着いたのが滑川だった」🙄

というだけなのですけど、こちらの漁港は当店みたいなメニューの多い居酒屋には合ってるような。。😌

滑川漁港の競りは現在、7時半から始まります。他の漁港より遅め…🙄。

なので、競り場で競り落としたものが富山の中央市場で並ぶコトは基本的にはありません(競り場に並ばず直接富山に行くものは時々あるみたいです)🙂。

そもそも滑川はそんなに大きな船はおらず、普段は個人の小舟ばかり。
なので、そんなにまとめて買って他に流す程の水揚げは無さそうです😑。

漁師さん不足も、ガッツリと関係してそうですけどねー😓。

他の漁港で買い付けると、1つひとつを大量に買わないとなイメージですけど、こちらだと1尾から買えるものも多いので🙂、

「メニューの多い小さな居酒屋」には、地魚の種類豊富が有り難いのです🙌🙌🙌。

そして、漁港によっても得意不得意…と言いますか、漁の手法などによって獲れる獲れないがあります🙁。

例えば氷見のイメージだと鰤が有名ですが、滑川では鰤の漁がありませんので(漁場では無いそうで)、魚津などの別の漁港から分けてもらうしかありません😓。

逆に氷見の漁港だと、蟹は新湊や白海老、ホタルイカなども、他の漁港から分けて貰うしかないのです🙄。

…そういう意味でも色々ひっくるめて、「滑川で良かったのかも」と、思ってる次第です😆。

良い蟹が安価に出せるようになったのも、ここのおかげですからね😆

滑川はアタシの生まれ故郷という場所でもありますけど(海側ではないですが)🙌🙌。

そんなワケで、今日もアタシは漁港に通っております🙂🙂。

そうそう、ずっと独学が多くて、独りきりで仕事してきたアタシにとっても、他の組合員の方々に仕入れたものを見てもらったり、人のを見たり、他の職人さんの包丁使いをみれる機会があるというのも、本当に刺激が多くて有難いですよね🤔🤔。

漁港に通わなかったら、アタシは技術も知識も成長が止まってしまったでしょう😧。独りで模索しながらする仕事に、成長の伸びしろは限られるに違いありませんよね😑。

漁港への通いが「面倒だな」と、思わない日が無いわけでもないです😅😅。
アタシだって、正直言えばラクをしたいですよ😅😅

仕入れたお魚を海の目の前の捌き場で下処理してくるのは、激暑かったり☀️😵💦激寒かったり🌁⛄🌁。

休み明けだと3時に起きて仲買さんに電話するところから朝が始まります😱😱。
自宅は婦中町の遠めの場所なので、そこから出て来て仲買いさんに差し入れるオニギリを作って、5時半過ぎにお店を出て来て、別の仲買さんと、先輩組合員さんには近くのコンビニでコーヒーやらジュースやら、差し入れる飲み物を買って漁港に入ります😂😂。


書いてて思うのですけど、これってもしかすると、損得勘定のオカシな自分だから続けられているのかも😝😝。


お魚の下処理まで終えて、荷物を積んでお店に戻るのは10時半くらい🙄。

そこから野菜の仕入れや銀行などの寄り道をすると一旦自宅に戻るのはお昼を過ぎることも日常です😳。

昔から、体力💪だけが自慢のアタシですが、流石にこのスケジュールを毎日こなすのは不可能でして…😂

港に通うのは週に数回です😳。

それでもご予約のあるお目当て食材が手に入らなかったり、年末だったりすると、覚悟を決めて連チャンで通わなければなりません😅。

自分という人間は、短気だと思ってもいたので、「好きこそナントカ…」なのかもしれませんけど、まあ何とか続いております😑。

漁港に通う理由の1つには、1500円でお出ししている当店のお刺身盛合せ(人手不足の今は予約だけにしてますが)が、中央市場を介してのお魚屋さんの仕入れで作ろうとすると、

もう完全に無理だ😂ということを思い知らされたからです。

活絞めだったり、湾内ものに限定したりすると、ズンズン!!…と、仕入れ値は上がる一方で、そして本当に注文したソレなのか?と、首を傾げることもあったりして🙄、

原価率の高さを税理士さんに指摘されて😅、

「お刺身盛合せの値上げ」や、天然食材がバカ高くなる「GW、お盆、正月などを定休日にする」などの提案をいただきましたが😧、

そのどちらもできれば実行したくなかったので😝、もう少しジタバタしてみようと思ったから…です😀。

……ダラダラ書いておいて、結局締めくくりが、アタシには利益に繋げる経営能力が無いというカッコ悪い部分を暴露しただけになってしまいましたね😧。



好きな仕事を続ける為にも、僅かに来てくださるお客さんの為にも🙂、お店を一年でも長く続けられる努力はしたいモンですね😀。

何かしら興味や成長を養わないと、退屈な仕事だとアタシはきっとアカンと思います😀。


そんな風に、仕入れのコトについて色々書いてみましたが、相変わらずまとまりが無い……( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)。

ツラツラと長い文章、
最後まで読んでくださる方が少しでもいらっしゃるなら、

アタシはそれだけで大変幸せです😳😳。

不器用ですけど、この仕事が凄く好きです😳。


かなめ

ブログが進まないワケと生活の変化

2018年11月16日 15時41分52秒 | 居酒屋舞子

そうなんです😐。

書きたいコトは結構多いのに、最近ブログが書けない🙄。

いや、書かせてもらえない😧。

自由人しか住んでいなかった我が家。それぞれがそれぞれのテンポでリズムを持って生活してたのに………🙁。

理由は仔猫🤔。

仔猫が来てしまってからまだ10日過ぎたくらいなのですが、

生活は劇的に変化しました🙄。

家人が仕事に行く深夜、仔猫は1匹になるので(1階に年寄はいるけど)2階建てのゲージに入れられるのですが、

そこからはアタシが帰るまで開けてもらえないので、
寝て過ごしているのだと思います🙁。

アタシが家に帰るのは9時とかだったり、漁港に行った日などはお昼を過ぎたりします。

そこからゲージを開けると……😧


喜びやら不満やらヤンチャ心やらが爆発するみたいで


……まあ、激し過ぎる元気さ😑。

独りで遊ばせようとしても、愛情を感じたいからなのか「人に見られて過ごしていたい」みたいで、

テレビも食事もままなりません😑。


スマホなんて触ろうものなら、まっしぐらに阻止しに飛び込んでくるのですが、

見ていて学んだのかスマホの画面にも興味があるみたいで😮、

表向きに置いてあると、前足で器用に画面を触って、画面をスライドさせることを覚えたようです🤔。

ひとしきり運動させようとできる限り遊び相手をして、

「もう解放してもらおう」とベッドに入ろうとすると、、、😅

すぐさま跳んできて寝かさないように仔猫も必死です😒。

顔を両前足で叩かれ、耳を噛まれ、暗くしたハズの部屋は、リモコンを何度も触るのでまるでポルターガイスト現象のようにチカチカ🤣。

布団を被って逃げようとしても、許してもらえず、顔のある場所の布団を掘り、執拗に跳ねる😟。

お恥ずかしい話、生活リズムが崩れまくってしまっております😟。

家人が帰ってくる頃には、ワガママ三昧を散々やり散らかした後なので比較的スッキリしており、

仔猫らしい愛くるしい眠そうな表情を見せてみたり(アタシに向けてではないけど)、あぐらをかいた所に乗って寛いでみたり(アタシの膝には乗らない)、


まるでアタシに見せる「悪魔の仔猫」の表情とは違って、別猫のようになっています😮。


そんな激変する仔猫を横目に、傷だらけの腕でひと撫でして仕事に出てくるのです。

もはやバトルの場所となってしまった我が家…😑。

まだ仔猫のうちは仕方ないですよね。

小さな時に親や兄弟と離れたせいか、噛む力の加減もわからず、上手に甘えることもできない🤔。

でも、淋しいのか、とにかく愛情を欲しがり、相手からの愛情の深さを試したり、確認したりしてるようにも見えるのです🤔。


イメージで言うと、常にアタシの顔面に爪を立ててガッツリしがみついてる感じです(笑)。

あまそれでも人間の忙しさなんて仔猫には関係も無く、

純粋に「唯一ワガママ言える人」という無垢な目で見られると、欲深い人間とは違う神々しさを感じます🙂。


住宅地では外にも出せない分、
「自分たちが彼の全てなんだ」というコトを肝に命じて、

改めて愛情深く育てていかないといけないなー…と、心底思いますね。

動物の気持ちって本当に尊いですよね😑。

あっ、、。

仔猫に負けず、こちらのブログも時々でも更新するようにしますね😅😅。


かなめ

新しい家族

2018年11月07日 02時13分43秒 | 居酒屋舞子


子供の頃から、何かしら必ず動物を飼っていたアタシですが🙂、

世の中には「犬派・猫派 」という言葉もあったりするようですが、両方どちらも好きな人間です😐。

先日からInstagramのページにお客さんが保護したという迷い猫の写真がありまして🤔、

それが可愛い仔猫2匹だったのですが、なかなか引き取り手が決まらず、モヤモヤしておりました😐。

その片方では、自分には関係無いとも思ってましたが🙄。

結婚してから動物を飼っていない理由の1つに、「家に居る時間が極端に少ないから可哀想」という気持ちを持っていて、

もっともっと、時間や心にに余裕が出来てからでないと、生き物を飼う資格など無いと思っておりました😐。

ところが、いつまで眺めてても貰い手の決まらない仔猫に見かねて、「どうしても引き取る人が居ないなら、2匹とも我が家に」……

などと、ぼんやりと「キレイゴト」を考えていた所に「引き取り希望者さんが現れた」とお聞きして🙄、

安心しきっていたのですが…😌、

やはりそれぞれの家庭の事情なのか、残念なコトに1匹だけしかいらないと言われたようで😓、

仔猫の兄弟は散りじりになってしまいました😧。

そして元々の保護したご家庭にも、先住民のワンコ🐶が居て、

家族みんなが急に仔猫に優しくしているようすを見て、
ヤキモチなのか、悲しかったのか、

ご飯を食べなくなってしまったと😭。。


仔猫も心配だけども、そのワンコの気持ちを考えると、一刻も早く何とかしてあけたいという気持ちいい駆られ…
早い話が先日のお休みを利用して、引き取りに行ってきました😌。


そして、慌ただしく引き受けて、慌ただしく必要最低限のものをホームセンターで買ったりして😓、

何だか勢いで決めてしまったような…😐😐、

でも、仕事から帰宅した時にはちゃんと思ってるコトを家族に話して、ちゃんと承諾をもらって出てきたのですが…🙄、

気持ちの動向からの展開が速すぎて、自分達も少し戸惑いました(笑)。

ただ、一匹だけ残った仔猫が、何だかテレビや物語によくある、

「他人とは思えなかった」……ってヤツなのかも知れないですね(笑)、これって😐。

今はまだ少しずつですけど環境も整えて、

家族に協力してもらいながら、まだこの2日ほどですけど我が家に仔猫が居るという環境を楽しんでおります🙂。

これもまた、縁なのか、何なのか。

とりあえず、動物は純粋無垢で素直で。。。

先に貰われて行った兄弟猫に負けないくらい、愛情を注ごうと思ってます😚。

アタシのヘンテコな正義に振り回されながらも気持ちを受け止めてくれた、家族にはまた、感謝が増えましたね😌。


かなめ

数年通い続ける場所。時々行きたくなくなる場所

2018年11月04日 02時35分13秒 | 居酒屋舞子




もう3年くらい前から、石川県の白山にある神社さんで、「金剱宮」というトコロに月イチほどのペースで通っております😐。

時期にすると、漁港での仕入れに切り替えた頃からですかねー🤔?

人手不足が深刻そのものの状況にあった時にココに出会ったのですが、

正直、こんなに? 通い続けることになるとは…、アタシも意外と気が長かったということなのか……、只の執念深さからなのか…(笑)?

…とりあえず、子供の頃から「直ぐに投げ出さないで、最後まで取り組む」というコトに気をつけているつもりですが。

それが言葉を変えれば、気持ちの切り替えや融通の効かない「執着」のようなヒネた性格を産み出してしまったと言っても良いでしょうね。

…話は少し反れましたが🙄、この「金剱宮」さま。

人やその他色んなものに対しての「ご縁」と、「お金」と、「夫婦円満」などの神様というコトで有名なのだそうで😮、

それはそれは全国から参拝者がいらっしゃる程の人気ぶりです🙂。

アタシも行き始めた頃にはそこまでの有名な所とは知らず、途中でそれに気付いたワケですが、、、。

因みに神頼みだけの都合の良さで有名な神様にゴマを摩っているだけにならないように、普段から町内の神社にも参拝しています(笑)😐。

そして度々言いますけど別に変な宗教家ではありません😐。



ただ、ど田舎の農家の家で育ったので、朝夕と食事の時など、日常から「手を合わせる」ことを自然にやってきたバアチャン子でしたので、そんな感覚だと思っていただければ🙂。

行き帰りで高速を使っても片道1時間半くらい、往復で3時間は掛かってしまうので、
基本的にはお店が暇な時の仕事終わりに通ってます🙂。


ココだけは下心無しの無垢な気持ちで通っていますという嘘は軽々しく言えない程に、
下心のみ、ほぼ煩悩やら欲の塊をぶつけている感じかもです😀。

ただ、通っても通っても人手不足は収まらず……。

ですからお金の廻りも良くなるハズも無く…(でも基本的にはお金に興味が無いかもです)。

求人を出しても出しても何の成果も上がらなくてふてくされた時には…(*゚ε´*)、

「神様なんてっ!」とか思ったりして、グレて行かないなんて月もあります(*`Д´*)。

…でも、翌月にはまた「ゴメンナサイ」と言って手を合わせていたりして…(-人-;)。

何だか、アタシの心のざわつきや、未熟さを…、

ここの場所は、うまく丸っとして、人間の中まで透かし見てるような気がします…🙄。

今はもう、習慣で通っている感じ。求人は相変わらず惨敗ですけどね😐。

そして、「撫でるとご利益がある」という「夫婦円満」と「商売繁盛」の二行が並べて書いてある大駒は、

いつも、「夫婦円満」の方を、迷わず先に撫でております🤔。


お金よりも、商売よりも、

心がやっぱり大切ですよねー🙂。


かなめ

冬の強い味方さま

2018年11月01日 23時06分14秒 | 居酒屋舞子
今年も、日本海ガスさんからお電話をいただき、春に一旦返却していた レンタルファンヒーターの設置にまた来てくださいました🙂。

このガスファンヒーターについては、かなり以前にもこちらで書いてると思うのですが、とにかくよくデキた冬の味方です😚。


暑すぎた夏も、炭火やらおでん器やら魚焼き機やらと、狭い中でたくさんの火を使うので、電気代も気にせず24時間エアコンを回さないと追い付かない店内😐。

なのに冬はといえば、隙間風なんて笑えた話じゃないくらいに、冷たい風が換気扇やら吸気口やら入り口やらから入ってきます😭。

電気ストーブなどのあらゆるものを試してからの、こちらに行き着いたワケですけど、本当に数年使っている今でも感謝してます😌😌。

寒いのは我慢できないですからねー😧。


冬は、富山の冬は、少しずつ近付いているようですね🙂。


ところで今夜はヤケに心が落ち着かない………🤔

アタシ自身の心が、何かに怯えているかのような不思議な感情の夜です。。。😐

なんだろう…この感覚……。


ま、いつも通り、ボチボチいきます🤔。


かなめ

お休みのお知らせ

2018年10月31日 18時03分57秒 | 居酒屋舞子
【お休みのお知らせ】

10月末日の今夜は、お休みをいただこうと思います。

早い時間は店内にて仕込みを頑張ります。

少し仕事が進めばバイトさんとご飯でも食べて、少しお話する時間をいただこうと思います。

ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、
どうぞよろしくお願いしますm(__)m

人の命なんてさ

2018年10月30日 02時35分01秒 | 居酒屋舞子
お客さんが亡くなられた。…と、聞いた。
今、朝刊を待っている。

どうして優しい人こそ居なくなる?

今回の場合は、本人も自分で解ってないんじゃないかという程の、

潔さ。

早いですよ。

とりあえず少し早く閉めて一升瓶の酒を注ぎ、

アタシは隣の席でふて寝の仮眠を取ってやろうと思う。

夢の中で会ってやる。

人の訃報を聞いても日常は過ぎて、
それを聞いた耳を持つ自分なのに、

面白いコトを言って人を笑わせる事もできる口を持つなんて…

いつからそんなに器用になりやがった? アタシめ。

信じられないから、涙も出てこない。

くそめ、面白くない人間になってしまった。

いつも気に掛けてくれて、先週も手を振ってくれた。
ランチの時も、通ってくれた。

この人の為に、声が枯れるまで大声で泣きたいのに、

涙め、どこにいったんだ

若い頃とは違う気持ち。

2018年10月30日 02時18分16秒 | 居酒屋舞子
お客さんの中には「お1人様」も多い当店😌。
その環境や原因は人によって様々です🤔。

「その人」はもう10年近く前から、深夜と言われる時間に来られてる人で、アタシから見たら企業戦士🙄。

以前は気軽に仕事終わりに。

今はお仕事でゴルフを始めなくてはならなくなり、そしてお仕事で海外に行かれる事も増えたようで、
以前よりは来れなくなってますが、それでも半年に1度くらいで会いに来てくれている会社員の方🙂。


来られるようになってしばらくは、相変わらずアタシの人見知りが大爆発😓。

ほとんど話をせずに、話し掛けられても簡潔に😳。
お酒と、アタシの作る不甲斐ない料理を楽しんでおられました😳。

そして、それでも根気よく彼は通ってくれて😭、
ポツリポツリと話をするようになり🙂、
「煮魚を食べれるようになった初めてのお店」
として、
彼は本当に嬉しそうに話してくれたのを覚えてます😌。

他のお店でもチャレンジしたけど、ダメだったと😮。

そして、新たに春にオススメした中で、山菜の天ぷらにチャレンジしてくれて🙂、

アタシが嬉しそうに話す山菜談義を何度も頷きながら、

「初めて美味しいと思った!! 本当に美味しい!! 身体が喜んでる!!凄い!」

と、キラキラとした目で何度も何度も言ってくれた人😳。
少し大げさに見えて恥ずかしく思うくらいに。

そう。アタシが心を開いた、そんな1人のお客さまです😌。

彼は山菜が食べられるようになったことが、本当に嬉しかったのか、山菜が本当に好きになったのか、アタシに会いにきてくれていたのか……、
その後に仕事が忙しくなっても期間を開けても通ってくれています😌。

なので、山菜天ぷらの季節になると、そのお客さんを思い出すのです😌。

時々来て話をするうちに、お互いが同じ歳だとわかって😮。
ますますの親近感🙂。

そして、アタシがお客さんにいつも言う

「子供の頃に嫌いだった山菜などの苦味を、大人が欲する理由」に凄く納得してくれて🙄、

時々来てくれる彼と、お互いの近況、仕事での苦悩や迷い、家族の事も話すようになり🙂、

「山菜みたいな苦味を美味しいと思うのは大人になった証拠。甘味などの単純で率直な味しか受け付けなかった子供時代は、ピュアで純粋な汚れの無い時代。
苦味に旨味の反応を感じるようになったら、その純粋な血液は世の中に揉まれて少しずつ濁り、疲れ、リセットしたいと身体が本能で求めているから」

…と、いつも言ってたのを、彼はいつも嬉しそうに聞いてくれています🤔。

そんな彼が、珍しく会社関係でお座敷を利用してくれて😐、

「俺は少し残って呑んでいきたいから」と、客人を先に帰して、カウンターに陣取った日がありました😐。

正直言ってお店は閉店モード🙄。
いえ、時間がそうだったワケではなく、翌日にも予約が多いのに、準備が追い付いて無かったからという、こちら側の都合でなのですが…(笑)😓

そんなアタシの少し焦る顔色も気にせず、彼は自分のボトルを片手に、1人だけの二次会を始めて、いつものカウンターを楽しみ始めました😐。

少しお互いの近況を話始めた頃に、彼はサラッと、「実は僕は…」と話し始めたのです😮。

ーー彼が言うには、彼は、一般的な人間が思うところの「宗教団体」に所属している人間だということでした😮。
今までの会話のアレコレについて、そう言われると辻褄の合うこともありました🙄。

アタシがオススメするお店について共感しないような顔をしてみたり、「そのお店よりもココが素晴らしい」と、言ってくれたり🙄。

飲食店にヤケに詳しかったり🤔。


…彼は言った後でアタシのコトをうつむき気味にチラッとだけ見ました🙄。

ーーーアタシは、笑顔でした🙂。
それを聞いても彼に対して何も変わらなかったというか、
むしろ、話してくれたコトがとっても嬉しかった😌。

昔だったら、もしかすると、聞いた瞬間に引いたかも知れない🤔。笑顔は少しひきつったかも知れない🤔。

…そこまで行かなかったとしても、気持ちの距離が空いたかもしれない…。

そんなコトを後になって考えつつ、驚いたのは、自分がフツーに受け入れていたその感情の変化でした😮。

「なるほど、だから彼はこんなに人を大切に想えるのか」とは思っても、彼のことを否定することは、アタシには全く出来なかったのです😳。

……あれから彼はまだ来てはいませんけど、回数が例え減ってるとしてもアタシは時々来る彼を待っています😌。
その時の状況が、ゆっくり話し合える環境であれば良いなと思うほど😌。

同い年の企業戦士が、世界を股に掛けて活躍している姿はアタシにはとても眩しく😉、

また、そうなった経緯はこのまま知らなくていいけど、受け入れたアタシとしては、そんな環境での彼の話に興味があるのです😌。

仕事に、そして自分の信じているコトでの活動に一生懸命に動く彼を😮、同世代として、狭い世界でもがいている人間として😐、
応援する気持ちはもちろんですけど、これからも変わらぬ人間同士として、他愛ない話ができると信じて、またフラリと1人で現れる彼を、カウンターで楽しみに待っています🙂。

大人って、面倒だけど、汚れているようで純粋で、素敵だなと思った時でした🙂。

この気持ち、届きますように。

かなめ