型枠大工のテッコンキンクリート日記






探渓遊釣
 



釣行記 「’09大岩魚の滝壺へ」更新しました
いや~早いもんで今年も後3ヶ月となりました 釣が出来るのは後1回位かな?
そしてこの季節気になるのが冬季の仕事です 今日ちらっと状況確認したところ1・2月はゼロですのでバイト探した方が良いよとか言ってるし・・・・自分でなんとかせーみたいな 「なんだかなぁ~・・・」
こんな状況がこれからは毎年なんでしょうね 鳩山さん何とかしてください 工事を中止したりお金をばらまくだけでは景気は良くならないような気が・・・無駄なものを造るのは確かに考えもんですがね
仕事をしたくても仕事が無い 困ったもんですわ トホホン


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




2009年の岩魚釣りももう終わろうとしています 
岩魚釣りの最後?の〆として伝説の大岩魚の滝へ行ってきました
まぁぶっちゃけ結果としては大岩魚には出会えませんでしたけど・・・それでも人の手の入らない原生林、また美しい渓谷の中で釣りが出来る事の喜びは格別です

朝暗いうちから起き多くの時間をかけ目的の渓へ そして容赦無い虫達の攻撃、躓いて膝を強打したり崖から落ちて骨折したり水没したり 何時間歩いても何も釣れなかったりスピード違反で罰金払ったり車が故障したり嫁が愚痴をこぼしたりいきなりの大雨でずぶ濡れになったり猛暑で水がつき死にそうになったり・・・
何でこんな苦しい事をしているんだろうと思う事もしばしば
そんな思いをしてまでもまた釣師は渓へと足を運んでしまうのです 苦しみや辛さ以上の喜びがそこにあるからなのでしょうね

今年の釣りも後わずかです これからは茸のシーズンに入りましたので秋の味覚も楽しみながら釣りをしたいですね




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




大岩魚を求めて探渓、しかしそうそう大岩魚には出会う事は叶わないようです
また地図を見ながら新たな渓魚達(釣師?)の桃源郷を探そうと思います でも今年はもう無理かな・・・。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )