豊岳正彦の巖國豐嶽醫王第六坊

江戸和方伝授講義第八回「医師と公務員の善管注意義務違反は直ちに刑法違反重大刑事犯罪なり。

ワクチン接種は医師法違反刑事犯罪の故意に基づく傷害殺人罪である。
hougakumasahiko.muragon.com/entry/239.html
ameblo.jp/hougaku-masahiko/entry-12710526607.html
【また10代!?】ワクチン接種後、13歳の死亡事例よりたくさん考え絶対に伝えたいことがあります【ぶっちゃけました】
2021/11/13加齢ストップチャンネル / 野中しんすけ
youtube.com/watch?v=R5EtNhY8bs8
豊岳正彦0 秒前
医師法第一条により疾病(病気や怪我)の治療薬でないあらゆるワクチンを医師が他人に接種したり接種させたりすることはできない。
「医師は、医療及び保健指導を掌ることによって公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする。」
医師法は特別刑法だから、医師法第一条違反は100%刑法違反の刑事犯罪である。
つまりすべてワクチンを接種して有害事象が被接種者に発生したなら、
ワクチンを凶器として用いた普通の刑事犯罪の加害者被害者関係が成立するので、加害者は刑法で裁かれる。
刑法で証明が必要とされる相当因果関係においては、医学的因果関係は全く不要である。
1.加害者と、
2.凶器と、
3.被害者の、時系列に沿った事実関係が証明されればそれだけで全く議論の余地なく100%有罪がただちに確定する。
すなわちいかなる場合にもワクチン接種後の健康被害や死亡事案が生じれば、
医学的知見に関係なくすべて接種した者の第一級(故意または未必の故意)傷害殺人罪が100%成立しているのだ。
刑訴法239条「なんびとも、犯罪があると思料すれば告発をすることができる」のであるから、
立憲法治国家日本国において、治療薬でないワクチンを接種されて傷害や死亡の被害を受けた人または遺族は、
ワクチンを接種した個人とその個人が所属する法人(病医院及び厚労省及び憲法15条公務員政府)を日本国刑法で告発して、
憲法37条に従い日本国刑事司法公開の刑事裁判で迅速に加害者犯人を有罪に裁くことができるのである。
民事訴訟と異なり刑事司法はすべて国が費用を負担するので、犯罪の被害者は加害者犯人を告発するだけでよいのであって、
犯罪の告発をしたあとは一切の司法費用を負担する必要がない。
また告発をすることについてもカルテや接種記録を証拠保全すること以外の経費は一切必要ないのである。
あらゆるワクチンを接種されて健康に被害を受けた被害者と家族は、
直ちに接種記録および接種後健康被害発生したのちに受診した病医院の診療記録を証拠保全して、
直ちに加害者の犯罪を刑事司法告発することです。
この致死毒ワクチン強制接種反人道犯罪告発により、あらゆる公務員と医師の憲法99条違反汚職重大刑事犯罪を、
日本国および世界中の万国から一掃することができるのです。
---------------------------------------------------------------------


【公務員及び医師が神聖な責務を果たす為に必須の刑法遵守「善管注意義務」】
hougakumasahiko.cocolog-nifty.com/blog/2021/11/post-d05993.html
1.憲法15条政府三権公務員が憲法前文日本国王主権者国民に対して刑法極刑罰を以て負う憲法99条神聖な責務が【善管注意義務」である。
昭和21年日本国民は大日本帝国憲法を全て廃棄して新たに日本国憲法を国家の最高法規として確定し、
国家を統治する主権が日本国民全体に存すると憲法前文で全世界に宣言したことを以て、
日本国君主たる勤労納税子育て主権者国民が自ら公務員を選定して、
公務員に職務権限の政府三権を与えて、
主権在民日本国憲法立憲法治国家日本国の内政外交行政実務を憲法15条公務員に委任代行させることで、
世界の中で独立した唯一無二の戦争放棄立憲法治国家日本国を建国運営せしめている。
日本国憲法は罪刑法定主義の刑事司法を以て、
あらゆる憲法15条公務員の憲法99条違反「刑法25章汚職の罪」重大刑事犯罪を、
憲法37条迅速かつ公開の刑事法廷で証拠審理のうえ直ちに厳重に処罰することで、
日本国憲法の国王主権者国民の国家とその立憲法治国家の憲法9条永久不戦の誓約を守っているのである。
さらに憲法98条により日本国の全ての法律、命令、詔勅及び国務にかんする全ての行為、且つ又、
日本国外交において締結した条約及び確立された国際法規の批准について、
日本国憲法の条規に反する憲法15条公務員の憲法99条違反汚職刑事犯罪が刑訴法239条告発された場合、
政府公務員のインサイダー共謀憲法破壊汚職国家反逆罪が現行犯で確定するため、すべて無効である。
乃ち日本国公務員が神聖な責務を果たした公務執行によって奉仕すべき君主勤労納税子育て主権者国民は、
憲法15条公務員を日本国憲法99条と日本国刑事訴訟法239条及び日本国刑法第25章汚職の罪で常に監視監督して、
罪あらば告発して正しい刑事司法の下で罪刑法定主義の正しい刑罰を公務員汚職犯罪者に科すのであり、
もって永久不戦平和確立日本国の内政外交を国民主権を行使して君主自ら憲法の下に和合して統治しているのである。
又、刑訴法239条2項により公務員に犯罪告発責務を負わせることで、
政府三権の立法府司法府行政府公務員に互いに汚職犯罪告発責務を負わせて、
日本国憲法最高法規を破る内乱誘発外患誘致国家叛逆汚職無きよう公務員個々に公務員の公務執行を相互監視させることで、
完全な真実の三権分立を実現している。
公務員のあらゆる虚偽答弁及び虚偽に基づいた詐欺行政は国家反逆の最も重大な刑事犯罪そのものであり、
日本国を統治する主権者国王が憲法によって公務員に与えた職務権限で公務執行するときの鉄則乃ち日本国憲法最高法規99条を、
公務員が汚職行為に手を染めることで政府自身が自ら国政(内政外交)の根幹法を破壊する、
即ち公務員による内乱罪及び公務員による外患誘致罪が現行犯で成立するのである。
これが刑法による国民と国家の防衛であることは云うまでも無い。
即ち憲法99条は全ての憲法15条公務員に汚職刑事犯罪を絶対させないよう、
刑訴法239条2項の善管注意義務即ち公務員犯罪告発責務という刑法極刑責務を科して、
日本国王勤労納税子育て主権者国民の日本国統治を実現しているのである。


2.医師法第一条医師の任務は、特別刑法による医者患者一対一診療契約上片務契約において、医師は患者の疾病を治癒せしめるべき治療奉仕債務を負うという意味である。
【医師は、・・・もって国民(一対一診療契約の債権者)の健康な生活を(疾病を臨床診療で治癒せしむる債務を果たすことによって)確保するものとする。】
医師が用いる診療手段は全て人命を害し損なうものしか使用しないのでそれが医師法が特別刑法である理由である。
即ち臨床診療を行う医師のみが疾病に苦悩する人との間に一対一診療契約を結ぶことが出来て、医師法第1条責務を果たすことが出来る。
診療契約を結んで一対一で危険極まりない致死性凶器を他人の身体に直接用いるので、
危険物取り扱い免許医師が疾病を治癒せしめて患者様に健康な生活を取り戻して差し上げる責務を果たすためには、
医師たる者は診療契約下のあらゆる診療場面において絶対に患者さんの生命を失わせる事故を起こすことが赦されないのである。
診療契約とは疾病を治して健康な生活を確保する医師法第1条任務を責任を持って達成する約束なので、
診療契約を結んで診療中に債権者を死なせることは契約事故であり、
致死性凶器だけを用いる臨床診療において医師が業務上果たすべき善管注意義務を果たさなかった刑事犯罪の殺人容疑が直ちに死亡事故の原因を作った医師に発生するのである。
このように、医師法によって根拠される医師免許は必ず臨床診療業務に従事して疾病を治す医師にのみ与えられなければならない。
臨床医業に自分自身で携わらず疾病を何一つとして治さない医師とは、如何なる人も一対一診療契約を結ぶことが出來ない。
このように、一対一診療契約は医師法第1条の要である。
ゆえに全科目合格が必須の医師国家試験に合格して医師免許の交付を受けても、
あらゆる現場で医師患者一対一片務治癒契約臨床診療に携わらない非臨床医師は全員医師免許保持要件に欠格である。
医師が臨床医業を離れる時は必ず医師免許を返上しなければならない。
医師免許の再取得は国家試験の再受験とその合格を以て医師法に従って交付される。
臨床診療を離れた医師が医師免許を保有することは赦されない。
何故なら医学は日進月歩であり次々に新しい致死性危険物の凶器が現場に持ちこまれてくるので、
その都度臨床に必要な危険物取り扱いの善管注意義務も更新されるからである。
臨床を離れたら医師の医業行為に絶対必要な善管注意義務がわからなくなり、
すなわち医療安全を守る医師法第1条絶対責務を医師が果たせなくなり、診療中に患者死亡事故が多発するからである。
立憲法治国家日本国では、憲法最高法規99条は全ての憲法15条公務員に対しあらゆる公務執行において憲法を守ってこの国の君主である主権者国民に滅私奉公すべき神聖な責務すなわち「公務執行善管注意義務」を刑法を以て科している。
日本国医師法では医師法第一条において、
あらゆる医師免許保有者に臨床の一対一診療契約を結んで患者様のあらゆる疾病を治癒せしめる神聖な責務を果たすべく、
臨床医行為の全てに憲法99条と等しく重い【医療遵則善管注意義務】を日本国刑法を以て科しているのである。


診療中患者死亡事故は全て医師による殺人罪容疑で刑事司法がこれを取り扱う。
犯罪の証拠は医師法に定められた医師の責務である診療記録が証拠第一主義の刑事法廷で厳正に審理されるのである。
刑法において犯罪を証明するには加害者と凶器と被害者の時系列に沿った存在事実があれば100%有罪である。
医学的因果関係は刑法において全く必要が無い。医学の証言は証拠価値ゼロなのだ。
刑法において犯行記録は診療録であり同僚の証言で証拠価値は余りあるのである。
これが罪刑法定主義秋霜烈日日本国刑法である。


-------------------------------------------------------------
【刑訴法239条犯罪の告発】
100%詐欺!視聴者が騙されないよう伝えます。Twitterを利用した高額トレカ取引が完全犯罪すぎる!?2021/11/10遊楽舍
youtube.com/watch?v=AhZ8kPCjUZw
豊岳正彦1 分前(編集済み)
回収の見込みがない現金被害が出た時点でれっきとした刑事犯罪だから被疑者不明で詐欺犯人を警察に告発することができる。
刑訴法239条なんびとでも、犯罪があると思料すれば告発をすることができる。
公務員法に職務専念義務規定があり、警察や検察は告発があれば必ず受理して刑事犯罪者を特定する捜査を開始して逮捕する職務専念責務がある。
警察や検察がこの公務執行職務責任を果たす責務に違反して告発を不受理にすれば、 ただちに特別司法公務員職務怠慢職権濫用犯人隠匿汚職という公務員重大刑事犯罪現行犯になってしまうのである。
警察の民事不介入など全く関係ないよ。
夫婦喧嘩でも暴行があって被害者があれば刑事事件だよ。
今回は10万円という明白な現金被害があるから、詐欺窃盗の明白な刑事事件である。
日本の弁護士は全員法律を知らない馬鹿者ぞろいだね。
法律を知らない奴が法律を使えば全員犯罪の共犯者になるってことすら知らないとは、
馬鹿を通り越してまったくもって哀れなもんだ。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

goo blogユーザーが出品しています

他の出品作品をマルシェルで見る
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最近の「日記」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事