板橋区こども動物園・高島平分園・昆虫公園 通信

こども動物園での動物の様子、イベントの様子をお知らせしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

かぶとむしの幼虫ってどこにいるの?

2013-09-29 15:00:44 | 日記

こんにちは!
昆虫園からもーきんです

運動会の季節ですね!
私も土曜日におうえんに行って来ました
いっしょうけんめい応援しました
子どもたちの頑張る姿ってステキですね

こちらにもがんばる子どもたちが…苦手な人はすみません


これは8月17日にGツアーのカブトムシのたまごを見つけよう!
で、保護(ほご)したたまごと幼虫です。

秋になり夏にはたくさんいたカブトムシたちも姿を消してしまいました。
そんな中、カブトムシのようちゅうはどこにいるの?という声をよく聞きます

そこでカブトムシのようちゅうがとれるポイントをご紹介
昆虫園ではここの朽ち木置き場でシャベルを使い、ようちゅうを見つけることができます。
とれるかとれないかは根気(こんき)と運しだい
ぜひ探してみてくださいね


その他どこにいるかというと。。。

この青い袋は、昆虫園の施設内にある、かれ葉がたくさん入ったネット袋です。


この袋の中には去年の秋に集めたかれ葉が入っています
一年ほどかけて作った腐葉土(ふようど)にカブトムシが卵を産みつけ、やがてこの腐葉土が幼虫たちのご飯になるんです

おそらくこの中にも幼虫がいるはず・・・・

なので、そろそろこのネット袋をあけて幼虫を保護する時期でなのです

(来園するみなさんは、ここへは入れませんので注意してくださいね



というわけで、
そんなカブトムシの幼虫探しをガイドツアーでやっちゃいます

9月7日(土)のガイドツアー「カブトムシの幼虫をさがそう」

13:30~開始(受付開始時間13:00~)です

 

果たして、何匹幼虫が出てくるのでしょうかぜひぜひお越しくださいませ

この記事についてブログを書く
« 飼育係の仕事は「掃除」が決... | トップ | なに?動物たちの体重を知り... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事