板橋区こども動物園・高島平分園・昆虫公園 通信

こども動物園での動物の様子、イベントの様子をお知らせしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年もあと少し!

2013-12-27 16:21:13 | 日記

 

こんにちは

本園スタッフのレタです!

 

クリスマスが終わり、今年もあと3日となりましたね

 

ヘビ年の年賀状を出したばかりだと思っていたら、午年がもうすぐそこまできていたりして・・・。

暑さや、セミの鳴き声に悩まされた夏の暑さももう遠い昔。

この時期になると私は、あっという間だったと思うと同時に、早くお餅が食べたいな~と、ワクワクしています


それでは、今回は1年の締めくくりとして、2013年をざっくりと振り返ってみます


~1月~

ヤギフロアの一面に雪が積もりました!



~5月~

↓ ヒツジの毛刈りイベントの様子

 
↓ そして仔モルモット誕生

このブログにも何度か出ていましたね!

 

↓ そしてそして、仔ヤギ誕生
  こちらは出産後すぐの親子の様子です

 

↓ 1ヶ月後


↓ 今ではこんなに大きくなりました

5月は、なんとも嬉しいベビーラッシュとなりました


~9月~

区内在住の小学生を対象にしたポニー教室

年間で5回行いました

~10月~

親子まつりを開催

ゲームや引き馬、工作コーナーなど、盛りだくさんでした



~12月~

5月に引き続き、仔モルモット誕生

今回は特別に、部屋の中を覗かせてもらいました

ふれあいコーナーデビューが楽しみですね

 

皆さんはどのような1年だったでしょうか?

動物たちはいつでも元気いっぱいに走り回っていた1年でした
 

年明けは、1月4日(土)より開園します

来年もこども動物園をよろしくお願いします

 

 

 良いお年を~


野鳥の話

2013-12-23 09:47:07 | 日記

こんにちは

昆虫公園から、きんちゃんです

だいぶ冷え込むようになりましたが、風邪などひかずにお過ごしですか?

紅葉した葉がスッカリ落ちて、園内が明るくなったような気がします。

 

ん・ん・ん…?? 

昆虫公園なのに、野鳥の話…と、お思いでしょうけど、

先にも書いたように、高い木の葉が落ちて、見えるようになったものがあるんです

これです 

  太い木の左の写真の真ん中辺のもの、分かりますか?

 ハシボソカラスの巣です。

夏は木陰に隠れて見えづらかったのですが、落葉して見えるようになりました。

毎年春に巣作りに来て抱卵をしています

巣材は、針金ハンガーや小枝です。

一度、公園お隣のマンションからハンガーを取っているところを見たことがあります

街中でゴミ置き場を漁っているのは「ハシブトカラス」といい、このカラスとはちょっと違います。

ハシボソカラスは農地や空き地などで地上を歩きエサ(木の実や昆虫など)を探しています。


静まり返った園内で、「コンコンコン…」と、音がするときがあります。

音のするほうを見上げてみると、

  コゲラです
いわゆる、「キツツキ」という鳥で、仲間のうち一番小さい鳥です。
クチバシで木の幹に穴を開け、長い舌を使って幹の奥にいる虫を捕まえて食べます。

キツツキの仲間は、メスを誘ったり、縄張りを知らせる「さえずり」という鳴き方はしないので

代わりに木の幹をすばやく叩く事もあります。


園内には、「昆虫公園レストラン」があります


 …と、言っても鳥の餌台です。(夏場は昆虫の餌台です)

今の寒い時期、お客さんは…

  シジュウカラ
  エサは木の実や昆虫で
  食べるときは、足でおさえてクチバシで引きちぎるようにして食べます。

  ヒヨドリ
  春から夏は、木の花の蜜を吸い、
  夏~秋は、ビワや柿などの果実、
  冬は、木の実を食べます。

  メジロ
  目の周りに白い羽毛の輪の模様があるのでこの名前がついたといわれています。
  木の花の蜜が好きで、ほかに昆虫や果実も食べます。

ヒヨドリメジロは花の蜜を吸うときに受粉の手助けをしています。

鳥に花粉を運んでもらう花を「鳥媒花(ちょうばいか)」といいます。

 

そのほかに

  シメ
  とても警戒心が強く姿をなかなか見せてくれませんが
  近くに来ていて、良く泣き声が聞こえてきます。
  字ではあらわすのが難しいほど、物凄く特徴のある鳴き声なんです。
  硬い気の実を割って食べる強いクチバシをしています。

  ムクドリ
  集団でエサを食べに来ることがあります。

  キジバト
  首のしま模様が特徴です。
  園内のビオトーブで水を飲んだり、水浴びをしたりしています。


あと、たまに姿を見せることあるハクセキレイ

春になると、賑やかに鳴くオナガなども来ます。

 

冬眠をしていて昆虫の姿が見られない今、野鳥の餌場になっている昆虫公園で

虫探しの代わりに、野鳥の観察はいかがですか?

 

昆虫公園の年末年始のお休みのお知らせ

平成25年12月28日~平成26年1月4日まで  です。

    
   少し早いですが、みなさんよいお年をお迎え下さい。
     また、来年もたくさん遊びに来てくださいね

 

 

 

 


明日の高島平分園の「冬のミニイベント」は!?

2013-12-21 11:13:38 | 日記

みなさんこんにちは!

こども動物園高島平分園のクロールです

高島平分園では、12月~2月までの毎週日曜日

冬のミニイベントを行っています

 

先週の冬のミニイベントは、前回のブログでも宣伝させていただいた

「ポニーに乗ってみよう!」でした

 

子ども動物園 本園より、ポニーの「すみれ」「さくら」の2頭が来園し、

のべ180人のお子様たちに、ポニー乗馬を楽しんでいただきました

ご来園いただいた皆様、ありがとうございました

(え?分園でポニーに乗れたのと思った皆様、その日は遊びにいけなかったの!という

皆様、次回分園でポニーに乗れるのは、

2月23日(日)です!年度内は、これで最後となりますのでぜひご来園ください

 

さて、明日 12月22日()の高島平分園「冬のミニイベントの内容はといいますと、、、、

普段、こども動物園で動物や動物園に関るいろいろなことを

こんなふうに ↓↓↓

お手伝いして頑張ってくれている、水色の帽子がトレードマークの、

動物クラブのこどもたちによる歌とウクレレの

クリスマスコンサート を行います

動物クラブのこどもたちは動物園に関るお手伝いの他にもいろいろなこと体験して

もらっています。その中のひとつに「ウクレレ」や「歌」があります。

本番に向けてみんなで一生懸命練習を重ねてきました。

冬の寒い中、外での演奏となりますが、みなさんに少しでもクリスマスの楽しい雰囲気を動物園で

感じてもらえれば嬉しいです。

コンサートを聴きにいらっしゃるお客様が少しでも多ければ、動物クラブのこどもたち、スタッフ一同

とても励みになります。

ぜひ、皆様お誘いあわせの上、ご来園をお待ちしています

-------------------------------------------------

こども動物園高島平分園 冬のミニイベント

「動物クラブによるクリスマスコンサート」

日時 H25 12月22日() 14:30から(約15分間)

場所 ヤギ・ヒツジ 放し飼いコーナー

※雨天は中止となります。

※午後13:15~のヤギ・ヒツジの放し飼いはイベントの為中止となります。
  あらかじめご了承ください。

※15:00~のヤギ・ヒツジへのにんじんあげは通常通り行います。

--------------------------------------------------------------

 

 


12月8日(日)は分園でポニーに乗ろう!

2013-12-07 11:12:13 | 日記

みなさんこんにちは!

こども動物園 分園のクロールです

日に日に寒くなっていきますね

公園内は木々の綺麗な紅葉も終わり、落ち葉のじゅうたんが広がっています

 

さて、今日は分園からイベントのお知らせです

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

明日、12月8日(日)

こども動物園 高島平分園で

ポニーに乗れるイベントを行います

 

時間:午前 10:00~11:30

    午後 1:30~3:00

ポニーに乗れるのは、

3歳~小学校6年生のお子様です。

午前・午後お一人様各1回づつ乗ることができます。

※雨天中止です。

※無料のプログラムです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

普段は、分園ではポニーに乗ることができないので、

(ひまわりちゃんには乗ることができないのです)

年に5回ポニーに乗れるイベントを行っています

 

ではいったい、どこから乗れるポニーを連れてくるのかといいますと・・・・・

 

「こども動物園 本園」から連れてきています

車で30分ほどかけて、軽トラックに揺られてポニーがやってきます。

すれ違う車に乗るみなさんが「ええ!!?馬?」とびっくりされることもしばしば

 

ポニーのすみれちゃんは、いつもおりこうにトラックに乗ってくれています

 

そして、こちらは馬に乗るコースです。

動物園裏手の公園内に、乗り場を設けています。

スタッフが手綱をひくポニーに乗っていただきますので安心です。

ポニーのあったかさを感じながら、公園の中でポニーに乗る。

ちょっと特別な気分が味わえますよ

3歳から小学校6年生のみなさんぜひ、ポニーに乗りにきてくださいね

ご来園をお待ちしています

 

おまけ

 

落ち葉掃きをしていると・・・・

 

ひまわりが、こちらに近づいてきました

ずんずんずん・・・・

 

 

どど~~~~~ん

あの・・・・ 近いですよ・・・・

そして、

こんな、顔まで・・・・

女の子なのに、とても男の子にはお見せできない顔をしておりました

この日はポカポカ陽気。おもわず気もゆるんでしまったのでしょうか(笑)

 

 


ミノムシのオスとメス

2013-12-07 11:11:21 | 日記

こんにちは!

 

高島平分園のフルーチェです

 

本日は昆虫公園から

 

いつものように落ち葉の掃き掃除をして、今日は古い看板を処分しようと取り外したところ、

看板の裏にこんな虫が・・・

ミノムシを発見

 

このミノムシ、ミノガというガの幼虫です

ミノムシの蓑(みの)の中、見たことありますか?

フルーチェは昔、ミノムシを見つけても中を見てみる勇気がありませんでした

ミノムシ可哀相ですしね

 

 

実はこんな幼虫が入っています。(苦手な方、すみません・・・

これはオスのミノガの幼虫(ミノムシ)です

 

こんな風に葉を食べながら、背負っている蓑(みの)を体の成長に合わせて大きくしていきます。

オスはその後、成虫のガになります

 

成虫はこちら

まさしくガですね

 

だいたいのミノガのオスの成虫は口がありません。

なので、エサを食べることが出来ないのです。

オスは成虫になったら、急いでメスを探して自分の子供を残すために交尾をします。

そして、交尾が終わると死んでしまいます。

 

 

 

メスはというと、

幼虫も成虫もこの形をしています

だいたいのミノガのメスはオスと違って成虫になっても姿が変わりません。

 

目も羽も脚(あし)もないので、ずーーーーっと蓑(みの)の中に入ったままです

中に入ったまま、オスが来るのをじーーーーっと待っています

 

オスが来て交尾をしたら、蓑(みの)の中で卵を産みます。

卵から幼虫がふ化したのを見届けたら、自分は蓑(みの)から出て、そのまま死んでしまいます。

 

一生を蓑(みの)の中で過ごすなんて、なんだか寂しいですが、外からの敵におそわれないので安全です

 

そして卵からふ化した幼虫が育ち、両親と同じように成長していきます。

 

 

 

さて、このミノムシ

フルーチェが小学生の時は、塀やおうちの壁などにたくさんいましたが、最近見かけないと思いませんか??

 

ミノムシは今、各地域・自治体によって「絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)」に指定されています。

「絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)」とは、地球からいなくなってしまうかもしれない生き物のことです。

 

かなり数が減ってしまっているみたいなので、ミノムシを見つけられたらとてもラッキーだと思います

見つけたら、そっと見守ってあげて下さいね