てくてく草紙 (ぱすてるとらっぷ)

旅のエッセイマンガ・イラスト・写真・つぶやきなど・・・

秋黄金色の五箇山・白川郷

2018-09-24 21:40:06 | 旅の1pマンガ


稲刈りの始まった「五箇山 白川郷」

高山からは、定期観光バスを利用して行きました。

合掌造りの家は富山と岐阜の県境に多く見られます。

 

 

 

まずは富山県・五箇山 相倉集落。

これまた数年ぶりに行ってきました。正面にどんとある合掌造りは「勇助さん」

 

民宿でもあり、民具や写真などの展示も行っている「勇助」さん。

その「勇助」さんに展示されていた、この古い写真になんとなく親近感・・・

時代は大正か? 昭和初期か? 

幼い子を入れておく「ツト」と言う籠の中に入れられている、この女の子――― 

実は・・・私の幼い頃に少~~~し似てるんですよね~~~(〃∀〃)

写真を見せたら家族もそう言っていました。

さすがに「ツト」には入ってなかったけど・・・

昔の私は可愛かったのう。。。。。(≧∀≦)

 

白川郷の合掌造りとの1番の違いは、屋根の勾配と玄関の位置だそうです。

五箇山、相倉の屋根は建物が小ぶりなせいか、屋根が急こう配で、

玄関は三角屋根の真正面にあります。

 

 

五箇山の集落は、住人が50人ほどと規模が小さく、

そのせいか五箇山は、素朴でこじんまりと可愛い印象がありますね。

 

 



 

こちらは岐阜県、白川郷・荻町集落にある合掌造り。

以前、私も泊まらせていただいたこともある民宿「ふるさと」さん。

玄関は屋根の傾斜のある方。 長い軒下の方になりますね。

葦簀がかかっているあたりです。

 

 

白川郷は、住民500人以上の大きな集落。

大家族で住めるような大きな合掌造りが迫力満点で、見学できる場所も多く、

たっぷりのんびり散策することができます。

荻町城跡の展望台からは、のどかな田園風景の中に立ち並ぶ合掌造りが見られます。

 

 

白川郷はこの城跡の展望台や、県の重文・明善寺などに、あの観光地アルアルな、

「写真撮影して、すぐにプリントしたものを1500円くらいで売っている」

―――っていうスタジオ業者さんが入っています。

良く撮れていることが多いんで、私ときどき買うんですけど・・・

なんか今回、シャッターの時にかける言葉が・・・

 

 

「しらかわGO!!」 

テンションはもう 「カメハメ波!!

 


白川郷。 大好きだけど、ちょっと耳についたぜ・・・・(^_^;)

 

 



今日も私の記事にお付き合い下さってありがとうございます。

我が家の庭の片隅に、白い彼岸花が咲きました。=^0^=

 

 

 

 

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ

 

コメント

秋の高山で日本一のミンチコロッケとゴルゴな露天風呂

2018-09-17 14:45:54 | 旅の1pマンガ

 

先日、久々に「高山 白川郷」に行ってきました。

 

私の地元。千葉からだとかなり遠いんですけど、

飛騨・高山は何度訪れてもイイトコですねえ・・・(´▽`)

 

こちらはそんな高山の日下部家の二階から・・

 

しっとりした古い街並みを歩くのも最高なんですが、でも今回の目的は飛騨牛!! 

でもステーキではなく、美味しいメンチやコロッケを食べること♪(*^ー゚)b

なので上一ノ町にある「日本一のミンチコロッケ」の看板を掲げた「助春」さんに

迷わず直行!!



メンチじゃなくて、ミンチなのね。。

お店の中でランチを頂くこともできるのですが、

実は・・・

わたくし、行きの新幹線で駅弁を食べ過ぎてしまい、(栗ご飯が美味しすぎたから)

しかもおやつにと駅で買った、デニッシュパンも食べてしまい(美味しそうだったから・・)

高山に着いた昼には、ふがいなくもまだ腹がいっぱいで~~(^_^;)

 

でも、どうしてもすぐに食べたかったもんで(オイ)

お店の横にあるベンチスペースで、揚げたてを買い、食べることにしました。

(だから逆流性食道炎になるんだよね。。(´_`。)



 

黒い袋の方がミニ・メンチコロッケ。

白い袋の方がコロッケ。

マジ、うまかった~~~~!! (((≧∀≦)))

熱すぎて口の中やばかったけど、高山の他のお店で以前食べたこともあるけど、

うま―――――い!!

外人さんのお客さんも多く、みんなでハフハフしながら美味しくいただきました。

 

しかしほんと、外国からの観光客さん。

日本のどこに行っても、今はいっぱいですやねえ・・

最近の日本は災害が多いから、気を付けて楽しんで下さいまし。

 

その後、炙り飛騨牛のトロトロお寿司も外人さんたちと並んで買い食いして、

ホテルに着いたら、そこにも外人さんたちがいっぱいで。

極めつけは―――

 

ホテルの露天風呂でした。 (; ̄◇ ̄)

 

なんと私以外、全員が外国の皆さん――

しかも「ゴルゴ13」に出てきそうなナイスバディのお姉さんばっかりで―――


 

 

私、最初は少し恥ずかしくなってしまったんですが、とにかくスゴイ迫力で。(o)

 

なんだか楽しかったです。(〃∀〃)

 

 

 

今日も私の記事にお付き合い下さってありがとうございます。

次は黄金色の稲穂揺れる、五箇山や白川郷でのお話。

 

 
 
 
 
 
 
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ

 

 

コメント

平成の夏の味 たい焼きソフト

2018-09-01 15:44:14 | 食べたのよ
 

いつ頃からでしょうか・・・

 

私の友人「昭和ガールズ3号」が、誰かさんのツイッターで見たとかで

恵比寿にあるたい焼き屋さん「ひいらぎ」の、「たい焼きソフト」が食べたい――!!

 

と、うわごとのように言い始めたのは・・・( ̄‥ ̄)

 

で。 クソ暑い残暑が続く8月の終わり。

平成最後の夏を記念して、そして友人の数年越しの夢をかなえるべく、

千葉から東京の恵比寿まで行ってまいりました。

こちらがその、昭和ガールズ3号が食べたくて食べたくて仕方がなかった

「たいやきソフト」450円

 

うおおおお・・・ 美味しかったです!!(≧∀≦)

 

「たい焼きが熱いので焼けどしないよう、お気をつけくださいね」

 

と、店員さんから渡されたのは、表面はカリっと、あんこたっぷり☆

そして焼きたてアツアツたい焼きが、アタマっから容赦なくソフトの中にダイブした、

凄みすら感じさせる、この1品。

ソフトクリームも濃厚まったりで、おいしいのなんの!!

 

・・たい焼きがダイブした先が海じゃなく、クリームなのがいかにも平成よのう・・

などと思いながら、ペロッと完食したワタクシでした。(〃∀〃)

 


たい焼きソフトを食べるついでに(オイ)目黒雅叙園のアートイルミネーション

「和の明かり 百段階段」も見てきました。

最近では目黒雅叙園、夏の恒例となってきた、「和の明かり展」

とても優雅で涼しげで美しいのですが、今年はこんな作品もありました。

 

昭和レトロ図絵師 安楽雅史さんの作品です

 

 

昭和って、やっぱパワーあるわよねえ・・・・(*´∀`)

 

 


今日も私の記事にお付き合い下さってありがとうございます。

来週に控えた神社のお祭りが、台風でヤバそうな雰囲気になってきちゃいました。

(´_`。)

 

 

 

 

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ

 

 

コメント

残暑お見舞い申し上げます

2018-08-19 17:01:32 | つぶやき
 

すこ~~し秋風が吹いてくるようになりましたね~~(〃∀〃)

 

残暑お見舞い申し上げます。

上の絵はポスター用に表紙絵に舞妓さんのイラストを入れてみた物です。

あまりにも京都らしくないので、ちょっと足掻いてみました。(^^;)

 

何年前からか、夏コミが終わると、なんとなく夏が終わった感があります。

ネットニュースで、コミケの常連さんたちの高齢化の記事が出てましたが、

間違いなく私は平均年齢を上げてるひとり。

中でもオバサンになってからコミケに参加するようになった、迷惑な奴ですね。

(〃∀〃)

 

おかげさまで今回のてくてく草紙「京都の銭湯」は

いつになくたくさんの方々にお手に取っていただくことができました。

本当にありがとうございました。m(_ _)m

 

蒸し暑さはキョウレツでしたが、

お客様たちに私の知らない「京都の銭湯」を教えて頂いたり、

「大阪の銭湯」「東京の銭湯」を教えて頂いたり、とっても楽しい時間でした。

今度はぜひ近場の東京・浅草の銭湯など、てくてく回ってみようと思います。(´▽`)

 

こちらは本の中で紹介した京都の「日の出湯」さん。


桜湯さん。


旭湯さん。

 

京都の他の銭湯さんにも、まだまだ回ってみたいと思います。

 


ひとつ、残念なことがありまして、実は7月に私のパソコンの絵を描くソフトが

壊れてしまいました・・・(´_`。)

本の表紙など、頑張って普通のマウスで色を塗ったり、

編集なんかもエライ苦労をして、今回の本を作りました。

その後もなんとか治らないかと悪戦苦闘してたけど、どうも無理みたいで・・・

 

もう諦めて、新しいソフトを買うしかないかなあ・・・

そうしないとブログにもお絵かきできないしなあ・・・

けっこう高いので、ちっと懐が痛くて悲しいです。。。(ノ◇≦。)

 




今回も私の記事にお付き合い下さってありがとうございます。(´▽`)

もうすぐ近所の神社の秋祭りです。

 

 


にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
コメント

京都の銭湯 (2) マンガ

2018-08-05 15:28:16 | 本のお知らせ

 

・・・・8月になっても、猛暑が続きますねえ・・・

なんとな~~く自分が干からびていってる気がします。。(--;)

 

さて。

前回の表紙に続き、「京都の銭湯」の中身のマンガを少し紹介させていただきますね。

 

京都には今現在120軒ほどの銭湯がありますが、

私は創建が大正~昭和初期の銭湯を特に狙って行ったので、建物が有形文化財に

指定されていたり、内装がとってもレトロ~~ な所が多かったです。

 

のれんをくぐると、すぐ横に番台があって(上に人が座ってはいませんが)

脱衣所には京都の町家特有の籐筵(とむしろ)が敷き詰められていたり、

木造りの古びたロッカーや、使い込まれた行李(こおり)が並んでいたり・・・

 

 

大正~昭和にイギリス製のタイルを模倣して作られた、手描きの和製タイル

(マジョリカタイル)が脱衣所に見事に装飾されていたり・・・

どの銭湯も建物や内装を見ているだけでも、とても楽しかったです。

レトロ銭湯でも、浴室はどこもみんな綺麗で清潔でした。

 

そしてどこの銭湯でも受付の女将さんが、

「おいでやす~」「おこしやす~」と笑顔で迎えて下さって

とてもフレンドリーで嬉しかった。

 

そんな銭湯での、ある出来事。

 

 

ま。 私は昭和ガールズですから、ハダカの目の前をおじさんが通ろうと、

ヒグマが通ろうと、全然平気ですけどね~~♪

 

 

こちらはのれんを「裏表紙」に使わせていただいた「桜湯」さん。

銭湯ののれんは、by「牛乳石鹸」さんがほとんどですが、京都は季節に合わせて

いろいろ替えるところが多くて、これも見るのが楽しかったです。

 

 

<夏コミ参加予定>

11日  西2 え 30a  A-dashさんにて委託 (私が売り子しています)

12日  東2 Q 13b  ぱすてるとらっぷ

 

暑いですけど良かったら遊びに来て下さいね。

 

 

 

ではでは今回も私の記事にお付き合い下さってありがとうございます。

我が家の猫、アメショの諭吉が猛暑でぐったり寝てばかりです。(^^;)

 

 

 

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ

 

コメント (2)