癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

★ 夜 景 ★

2006年11月30日 16時52分44秒 | 癒  し
     

                   水面に写しだされる東京の美
コメント (2)

▲安倍政権に対する若年層の離反!

2006年11月30日 15時38分38秒 | ニュース

    質問を聞く安倍首相と伊吹文科相
 
衆院補選と知事選を3勝1敗で切り抜け、順調な滑り出しにみえる安倍政権だが、隠れた弱点がある。昨秋の郵政選挙で小泉圧勝の原動力となった20~30代の若者層の離反だと言う。

自民党の広報戦略チームは、長期不況の就職難でニートやフリーターが多いこの「失われた世代」の関心は「改憲や教育改革より年金や景気」だということが各種リサーチの結果が出ていることも要因らしいと言うより、優先課題として取扱いが薄いと感じ取られても仕方ない。

安倍政権の進めようとしている政策とは逆行していると政府はこぼし始めているが、余りに偏った議論に集中し過ぎているのではないだろうか。 

 支持率急落につい「小泉政権に比べ改革イメージが後退している。それが無党派や若者の安倍離れにつながっている」と指摘したとも言われている。曖昧な人情政策が裏目に出ていることも指摘したい。

 政権発足に合わせ、世耕弘成首相補佐官や片山さつき党広報局長らが10月に立ち上げたこのチームはもともと、来夏参院選に向けいかに若者層を獲得するかに照準を合わせていた。ところが・・・・

(1)政権末期の小泉内閣への世代別支持率は、「Hanako世代」(40代前半)など他世代が30%前後なのに比べ、20代が中心の「プリクラ世代」が52%で突出していた。

2)プリクラ世代の特徴は「モバイル好きでファッションはストリート系。ムードに流されやすく自分の生活や趣味を大事にする」。

(3)その上の団塊ジュニア世代(30~35歳)の特徴は「目標や目的意識が明確。社会問題に関心はあるが、同時に自分らしさも追求したい」。

(4)この二つの世代は、安倍政権が掲げる憲法改正や教育改革には関心が薄く、景気対策や年金問題など身近な争点の方に反応する。

 教育改革と経済成長路線を二枚看板にしつつある安倍政権のアジェンダ(政策目標)設定が、こと若者層対策ではミスマッチになりかねないと見ている。

「メッセージが弱い首相のあいまい路線、やらせ質問や教育問題での後手の対応、そして復党問題。若者層を離反させることばかりだ。企業寄りの成長戦略では若者層の支持は期待できない」その不安はその不安は19日の沖縄知事選で勝った後も消えない。 

格差是正を争点化しようとする民主党も若者層に視線を注いでいる。「社会保障に対する信頼の回復は、高齢者に限らず、実質的に年金を負担する若い人にとっても大きな問題。非正規雇用も大きなテーマになっていく」。若者層の獲得合戦が触媒となって2大政党に大きな影響が出てくると見ている。

若年者のニート対策と年金問題に直ちに対応しなければ、来年の参議院選挙に自民党は厳しい局面を向かえる事になるような気がしてならない。   

コメント

★★ ドーハ・アジア大会の選手村で日本選手団入村式

2006年11月29日 17時35分35秒 | 癒  し

アジア大会・日本選手団の入村式

ドーハ・アジア大会の選手村で入村式に臨む日本選手団ドーハ・アジア大会の選手村で入村式に臨む日本選手団。アルクレイフィ村長は、「日本選手団の皆さんはここで貴重な経験をして、大会を楽しんでください」と歓迎のあいさつをした(27日)

コメント

★★★★ 防衛省昇格 ★★★★

2006年11月29日 11時30分06秒 | ニュース
          

自民、公明の与党は28日の衆院安保委理事懇談会で、民主党など野党側が「審議が不十分だ」として反対したため、新たに30日午前に麻生太郎外相と久間章生防衛庁長官が出席して非核3原則に関する委員会審議を行うことを条件に、30日の法案採決を提案したと言う。。共産、社民両党は引き続き反対したが、民主党は応じる考えを示したと言う。

国民新党も賛成の方向で、反対は共産、社民の両党だけとなる公算が大きい。政府は、法案が成立すれば、来年1月から防衛省に衣替えし、防衛長官を防衛相とする方針だとも言う。。

1954年に発足した防衛庁の名称変更は初めて。 民主党は24日の外務・防衛部門会議で、

〈1〉官製談合の再発防止

〈2〉自衛隊員の海外無断渡航や機密情報の漏えいなど不祥事の再発防止

〈3〉イラクでの自衛隊の活動は、「本来任務」とせず、「付随的任務」として行う


〈4〉麻生外相らの核保有論議容認発言に関する集中審議

の4条件が満たされれば、賛成する方針を決めた。政府の国会答弁や法案の付帯決議で4条件を担保することを検討している。

 これに関連し、民主党の鳩山幹事長は24日の記者会見で、「防衛庁の省昇格は基本的には当然の話だ。(賛成の条件として)官製談合や情報漏えいなどで、(政府が)何らかの方策を示す必要がある」と述べた。

  防衛庁は現在、内閣府の外局と位置づけられている。内閣府の主任大臣である首相を通さなければ、防衛長官が重要案件を閣議にかけたり、財務相に予算を要求することもできず、「迅速な政策決定を妨げている」との指摘があるためと言っている。

現状は世界で活躍する自衛隊となっている以上、当然であり遅きに失した感がある。

特に北朝鮮問題の核保有問題と迎撃問題で一分一秒の一刻を競う状況のなかで、現在の法制の中で自衛隊の行動に制限が出てきているいじょう、権限の強化と迅速な初動体制を整えておかなければならないのは防衛庁では格が低すぎる。

省に昇格することにより、世界の認識・強いては日本の防衛の抑止力強化狙ったものと認識も変わってくることだろう。民主党もその状況は十分承知している筈である。

まして、北朝鮮の核保有対処等で困惑している現在、現場で身を挺して頑張っている自衛官はどれほど勇気付けられることだろう。

しかし、謙虚に驕ることなく任務を推進しなければならないと言う、重要な「国防の使命が追加」されたと言う事を関係者は肝に命じて行動する必要が有るだろう。

名称は変わっても、国の防衛と安全と言う崇高な使命はなんら変わらない筈であると思いながら・

                                  


 

コメント (2)

■  赤・・・・黒   ■

2006年11月28日 20時31分32秒 | 癒  し

      Xマス用イチゴ出荷始まる   マナヅル飛来 三原

     福山市本郷町のイチゴ農園や年末年始   三原市沼田東町本市の田んぼに1羽だけ飛                                      
       の贈答用となるイチゴの出荷          来した黒いマナヅル


                                            
                                                   


コメント (2)

★無責任な前小泉首相と混乱する自民党復党問題!

2006年11月28日 14時24分17秒 | ニュース

郵政国会で誕生した「造反組」は復党願と誓約書の提出で、平沼元経済産業相を除く11人が自民党に復党へ。あの選挙は何だったのか。復党は誰にとって、何のために必要なのか。 自民党役員会に臨む、左から中川秀直幹事長、安倍晋三首相、丹羽雄哉総務会長、青木幹雄参院議員会長、片山虎之助参院幹事長。 


全国電話世論調査で、郵政民営化関連法案に反対して自民党離党を強いられた造反組の復党について、「反対」と回答した人が59・3%に上り、「賛成」の28・5%を大きく上回った。復党問題に対する世論の厳しさが浮き彫りになり、自民党執行部と造反組の混乱振り見え隠れする。


小泉劇場の反動で当の前小泉首相は「政治家は常に、使い捨てにされることを覚悟しなければならない」。昨年の総選挙で当選した自民党の新人議員に訓示したと言う。「選ばれたことに喜びを感じて全力を尽くせ」という。反対組とライバル関係にある議員らは「微妙な言い回し」「誤解されやすい言い方だ」と困惑気味だつたと言われる。。


 新人議員らに対し、小泉氏は「使い捨てを嫌がってはいけない。総理大臣だって使い捨てだ。甘えちゃだめだ」と叱咤(しった)した後、「敵はあまたいる。しかし、勇みて行かん、という気持ちで頑張って欲しい」と激励したと言う。現役を離れるとこれまで余りにも自分勝手な言い分に終始するのかと怒りさえ感じる。
          

人気取りだけを考えた小泉首相の政策としか考えられない。これで真の改革が進むのだろうか。もう俺の時代は終わった後は自分達が考えろと言わんばかりに聞こえる。


復党を、あくまで理を貫き通した平沼さんが本の政治家であるのではないかと思えてならない。


党首が変われば、政策も変わる。安倍手首相の顔が見えないと、テレビではやし立てられているが、国民はリーダーシップ不足を感じ始めているの気がしてならない・・・・・・・・今後の政局・来年の参議院議員選挙はどうなる
のか・・・・      
                   
                          
                                                  

コメント (2)

★G1で6勝目ディープインパクト・・・・

2006年11月27日 16時49分30秒 | 癒  し

 

               ディープ再び飛んだ、Jカップ快勝
                 ディープインパクトと、観客に応える武豊騎手
 
中央競馬のジャパンカップが26日、東京競馬場(東京都府中市)で行われ、ディープインパクト(牡4歳)が優勝、G1で6勝目を挙げた。

 ディープは10月にフランスの凱旋(がいせん)門賞(ロンシャン競馬場)に出走、3位に入ったが、禁止薬物使用で失格になり、“名誉挽回(ばんかい)”をかけてのレースだった。

 ジャパンカップ史上最高の単勝支持率61・2%、単勝1・3倍の1番人気に支持されたディープは、最後方から進出。直線で先頭に立ち、2着馬に2馬身差を付けてゴール、12万人のファンの声援に応えた

 驚異的追い込みに一番嬉しさを滲ませた姿は武豊騎手だったようだったが・・・・・・・・・
     

コメント

■何故信念を通さないか・・・

2006年11月27日 16時22分02秒 | ニュース

 

     復党問題、結論出ず―中川・平沼会談
郵政民営化法案に反対して自民党を離党した12人の衆院議員の復党問題で、同党の中川秀直幹事長は26日夜、復党を希望する堀内光雄・元総務会長と東京都内で会談した。

中川氏が提示した復党条件に難色を示す平沼氏のようだが、27日「郵政造反組」の平沼赳夫・元経済産業相が、誓約書を添えずに復党願を提出したのは、他の11人の強い復党への希望と、郵政民営化反対を貫く自らの信念との板挟みになった結果の「苦肉の策」だと言うが本当か。

 この日の会合でも、平沼氏以外の議員は、平沼氏に足並みをそろえるよう強く迫った。
平沼氏が復党願を出さない場合、同調する議員もいると見られていたことから、平沼氏も他の議員が復党できなくなる事態を避けるため、復党願は出さざるを得なかったと言う。

しかし、自分の信条・ポリシーがあるなら、誰が何と言おうと最後まで 意見を貫き通す事を男の男を見たかったのに残念だったなー・・・・・・・・。

今度は、刺客組みとどう向き合うかが党運営の命題だろう・・・・安倍首相のリーダーシップが問われるのはこれからだろう・・・・・・・

 

コメント

○○○○○○○○5度目の全勝優勝朝青龍○○○○○○○

2006年11月26日 21時36分16秒 | 癒  し

 

   大相撲・優勝パレードの朝青龍

   九州場所千秋楽。優勝パレードでファンの祝福に笑顔で応える全勝優勝の朝青龍
   

コメント (2)

★★ 新 東 京 タ ワ ー ★★

2006年11月26日 13時27分34秒 | 癒  し
          
        完成予想図

完成すれば世界一高い電波塔となる新東京タワーの模型(500分の1)が公開された。左は新東京タワー会社の宮杉欣也社長、右はデザインを監修した彫刻家の澄川喜一氏(24日午後、東京都墨田区)

今後は、地域住民や一般からも広く意見を求めつつ、2人の監修者のもとでデザインの検討を進めていく。新タワーのデザイン(事業者案)発表は2006年末になる予定で、2011年度の竣工を目指していると言う。

どんな新名所ニなるか今から楽しみである。

新タワーは、2006年3月31日に建設地が墨田・台東エリアに決定している。
                                                                           新東京タワーのデザイン発表完成模型
コメント

▲07年国債発行どこまで圧縮?

2006年11月26日 11時41分42秒 | ニュース
        安倍首相、国債発行「大幅減」
                 安倍首相、国債発行「大幅減」

経済財政諮問会議に臨む安倍晋三首相(中央)。右下は大田弘子経済財政担当相、左下は塩崎恭久官房長官。首相は新規国債発行額について「2006年度より大幅に減額する必要がある」と述べ、今年度の補正予算編成を指示したと言う。

歳出は災害復旧費など所要の手当てに限られたそうだが、焦点は国債発行の見通し額の減額であると言っているようである。

税収見積もりを4兆円以上上回ると見込まれる増収分のうち、2兆円以上を新規国債の発行抑制に充てる方針を固めたとも言われる。

 主な歳出項目としては、社会保障関係の義務的経費と災害復興対策にそれぞれ6000億円程度を充てるほか、〈1〉子どもの安全・いじめ対策〈2〉無医村対策〈3〉原油高騰に伴う離島航路の維持対策――などで調整していると言う。

安倍首相のリーダーシップがどれほど通じるか、今後の成り行きを見たい。
コメント

☆☆水上ホテル・・・・・・

2006年11月25日 15時41分27秒 | 癒  し

    アジア大会用の水上ホテル
                         水上ホテル


カタールのドーハ港に停泊し、アジア大会関係者の宿泊施設として利用されている客船(接岸している3隻)。宿泊施設不足を補うために考え出された水上ホテルは、テロ対策は万全と言う。(22日)        

コメント

☆☆☆羨ましいなー好景気・・・

2006年11月25日 15時34分08秒 | ニュース

 

          企業立地相次ぐ北上市 設備投資補助金支出当初の3倍
                        活発な北上市の誘致企業
 

自動車関連や半導体を中心に企業立地が活発な岩手県北上市が「好景気」に頭を抱えていると言う。

景気回復を背景にした企業の活発な設備投資により、投資奨励のために独自に設けた補助金の支出が急増。

本年度は当初予算の3倍近くに膨らみ、急きょ1億2000万円近い増額補正を迫られる事態になった。未消化予算のかき集めを全庁に指示するなど市はやりくりに苦慮していると言うから羨ましい限りである。

財政難に苦しみ、各種税金の値上げ・除雪費削減まで持ち出し。涙を流して市長にに訴える姿がテレビで放映される中、設備投資の資金集めに奔走する市がある。

努力を幾らしても報いられない市・企業の進出で潤うとする地方の市町村の格差が益々広がりを見せて来ているようだ。

立地条件その他の理由も考えるが、市長村が如何に創意工夫と自助努力が、益々要求しなければ生きて行けない時代が来ているかを肌で感じながら・・・・。

                                                 

コメント (2)

☆郵政造反組の復党問題に乱れ・・・

2006年11月24日 10時35分50秒 | ニュース


自民党役員連絡会

郵政造反組の復党問題をめぐり、自民党の中川昭一政調会長は23日、造反組に民営化支持や反党行為の反省を明記した誓約書提出を求めた中川秀直幹事長の対応を批判した。

党の最高幹部である三役間にも足並みの乱れがあることが掲載されていた。

中川幹事長は広島県東広島市での後援会会合で「自民党は信念を通さなければ、総選挙で与えられた国民の支持に応えたことにならない」と強調した。「郵政政局は信念対信念の戦いだった。あれから1年しかたっておらず、互いの信念を譲らないのは、政治の本来あるべき姿かもしれない」と、

郵政民営化反対を貫く平沼赳夫元経産相の復党先送りはやむを得ないとの考えも示唆したと言う。

もつともな話である。一年経たずに首相が変わったからと政策を簡単に変更する自民党の姿。

なりふり構わず来年の参議院に焦点をあて、その場しのぎの人集めに国民の意思がどこまで通じるかが自民党の命運がかかってくるような気がする。

郵政民営化反対を貫く平沼赳夫元経産相の頑として自分の意思を貫き通す心意気も分からないでもない。

ただ刺客議員で当選した議員の反感をかうのも当然であり、今後の自民党の成り行きが気になるところである・・・・・

         http://yamauchi-koichi.cocolog-nifty.com/blog/→刺客議員ブログ

コメント

■■ 七面鳥狩り ■■

2006年11月23日 18時23分05秒 | 癒  し

      七面鳥狩り     
     
感謝祭の前日、ニューヨーク市内の路上で、欧州から米大陸への移住者に扮し、七面鳥狩りを演じる俳優たち。買い物客の気を引くため、マンハッタンにある多くの店がこのような催しを行っていると言う。
七面鳥狩に立ち向かう狩人も真剣そのもの・・・ユーモアたっぷり・・・気が早いのは日本だけではないようだ。


  

コメント