わかわかめー往前看ブログ

* 往前看(wǎng qián kànワンチエンカン、前向き^^)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

しまなみ海道サイクリング

2011年11月27日 | 日本(06.08~
先日、しまなみ海道にいってきました! 
といっても、もう一ヶ月前になりましたが。。

私の誕生日のお祝いをしてくれるということで、ディズニーランドも行き先候補にあがったこともあったのですが、結果しまなみへ。
どうやらけんけんは以前から行きたかったようです。

広島尾道と愛媛今治の間の島々を自転車で縦断するというものです。
しまなみ海道、全長約70キロ!
体力なし子な私ですがなんとか完走してきました。
めちゃめちゃつかれましたが、ほんとに良い景色ですっごく楽しかったです!

プランは、前日の夜に大阪港を出て、フェリーで愛媛の東予港へ。
愛媛側から、広島側に渡って、広島で一泊して翌日帰るというものでした。

早朝6時すぎごろに東予港に着いて、そのまま今治へ向かいます。
ここでマウンテンバイクをレンタルして、サイクリングスタート!!
レンタサイクルは、しまなみ海道のいろんな所で借りることができて、乗り捨てが可能なので、
今治で借りて尾道のターミナルで返却する予定でした。
この返却予定のターミナルが18時なので、約10時間以内に到着するということになります。

しまなみ海道の公式サイトによると、本気ライダーなら約3時間、早い人で4~5時間、
体力に自信のある人で5~6時間、初心者やゆっくり走って8~10時間とありました。

けんけんは、10時間なんてそんなにはかからないと予想していたのですが、
結果的にまるまる10時間走りました。体力なし子のせいです。
朝8時に今治のレンタサイクル屋さんの営業開始とともにレンタルしてサイクリングをスタートし、
17時50分にぎりぎり尾道に到着したのでした。

というのは、途中まではすごく快調で、景色も楽しみながらさわやかなサイクリングを楽しんでいたのですが、寄り道をしたりと前半にのんびりしすぎて、後半ちょっとペースあげないといけないねっていっていたところで私が50キロをすぎたあたりから負傷(ペダルをこぐたびに左足の土踏まずの後ろがズキズキする)、必死で漕ぐのですが「イヤイヤ、歩いた方がはやいやろ」並のスピードしか出なくなり、特に最後の1時間は気力でこぎました。

そんなわけで、各島の思い出を一言で。

大島 絶好調!景色を満喫。

伯方島 塩ラーメンおいしかった!まだまだ元気

大三島 寄り道してちょっと体力と時間を消費

生口島 正念場 アミノバイタル2個目補給

因島 限界 

向島 気力

でした。

最後の島、向島は景色を楽しむ余裕は全くなくて(すでに日も暮れはじめていた)目の前の道しか見ていませんでした。
後半、足が痛むことを伝えると、けんけんからリタイアを勧められたのですが
会社の人たちにさんざんしまなみアピールしてきたので、意地でも完走する必要がありました。
そんな私につきあってゆっくり走ってくれて、負担軽減のためリュックを二つ持って走ってくれたり、
残り時間と現在地の確認をしてくれたりと、かなりフォローしてもらいました。ありがとう。

到着した後は、足裏だけでなくて太もも、肩、腕、おしり、そしてなぜかお腹とあちこち痛くて、
いすから立ち上がるのに10秒以上かかったり、ご飯を食べるのにも腕が疲れる位疲れ切っていましたが
翌日は想像以上に回復して、尾道を少し観光して帰りました。

ちなみに、ゴール直後はもう二度としないと思っていましたが、筋肉痛や足の痛みもなくなったら
自転車楽しい!また走りたい!と思うようになりました。



しまなみ海道、また行きたいなぁ。
しんどかったことを強調して書いてしまいましたが、島々や海を見ながら整備された道を走り抜けるのは
最高に気持ちよかったです。また、橋と地上の高低差が最大7、80メートル位あるので
橋の高さまで上るのがしんどい反面、橋の上についた時、橋を渡りきって滑り台のような下り坂を降りる時の爽快さは格別でした。
登るだけの価値あり!

ここは途中一泊して、二日かけてゆっくり景色を楽しんだり写真をとりながら行くのも楽しそうです。
あれからやたらと街ゆく人の自転車の機種?が気になる私です。

淡路島もサイクリングにすごく良いと聞いたので、いつか淡路島も行ってみたいな。
でも150キロ位あるそうなので、1日では到底無理ですね。。

そんなわけで、誕生日サイクリングという名の30歳はじめての試練、おわり(笑)

以下、フォトまとめです。


スタート!一つ目の橋、来島海峡大橋。


来島海峡大橋の高さまであがってきました。気持ちいい!


大島。絶景なり


二つ目の橋、伯方・大島大橋。ここで、体力を消耗しないうちに、二人のサイクリング証拠写真をとりました。


証拠写真。


伯方島で、伯方の塩ラーメン!うまし。


三つ目の大三島橋。橋の形も作りもそれぞれ違うようです。


四つ目の多々羅大橋を渡る前。
ほとんど迷わず走っていけたのですが、この直後だけ橋の自転車用の入り口がわかりづらく、少し迷いました。


道には、このようにちょくちょく残りの距離を教えてくれます。終盤はこの目印を見つけるたびに励まされました。


五つ目の橋、生口橋。 会話と写真の量がぐっと減ったものです。


最後の橋、因島大橋。ここだけ、自動車道の下を走ります。小雨がふっていたので、助かりました。


尾道へ着いて、いそいでターミナルへ。真っ暗!間に合ってよかった!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« マカー | トップ | お引っ越し »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいなぁ~!! (ヤマC)
2011-11-30 22:58:56
俺も行きたいなぁ。


今年の夏休みは結石で寝込んでたから何処にも行けなかったから、来年は行きたいなぁ。

ちなみにウチの弟は琵琶湖一周220キロを休憩込みで10時間で走るらしいけど、俺は倍かかりました・・・・・。まぁ、釣りもしながらでしたが。


いつか、香川にうどんサイクリングに行きたいなぁ。


Unknown (わかめ)
2011-12-15 22:23:51
220キロを10時間ってすごいですね!!
香川もいいですね~

コメントを投稿

日本(06.08~」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事