ハンドチャリダー

伊勢志摩発!鳥羽から生まれるハンドサイクル!
そのテストチャリダーの開発報告!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ちょっと違うが、WCV

2010年12月23日 | 情報
佐賀嬉野での全国UD大会で、まさかのWCV(S-01R)に、試乗して来た!

これは、面白い!
ハンドサイクルもいいが、これは、これでありだなと!
WCV


2日目は、突貫のハの字使用にも最後乗った、あれやってしまうとモワパワーが、いるね!
安定してしまうから、加速感が足りなくなる。
もしかしたら、セッティングで行けるかもしれないど、物足りなかった。
乗り込みのスロープは、裏をデュフーザーっぽく板をつけると感じが良くなりそうで、サイドの板類をカーボン使用にすると、いいおもちゃには、もってこいの素材になり得る乗り物だね!
そうそう、ショックは、丸々モンキー用が、使えるようにしてあるらしい!(パーツ選びが、どツボにハマるかもね!)
この辺は、ツボが押さえてあるようでした。
そうそう、会社がコンセプトカーを主に作って来たらしく、一層の事フロントは、片持ちにして欲しいね!
せめて、倒立とか!?(笑)
とっ、考えると切りがなくなる、乗って楽しい、いじって楽しい!いいおもちゃの気がします。

後は、航続距離や、モアパワーをどうするかですね!
今回、旭川チームにレンタカーでどうって聞いたら、100kmは走らないと、ちょっと辛いかも?ってことで、今後の課題かな?
しかし、世代的には、みつばち族等の方で、昔バイクで一周したとかの方なら、車いすでまた一周ってのも、いい観光になると思うが!
まだまだ、いろいろ考えるといいアイデア出てきそうですね!
みなさんは、どう感じているのだろう?!

航続距離を伸ばすのに、現在の2本+αってのも有ったり、バッテリーを2本パラレルで積んであるので、スクエアにしたり、置き方でE/G見たく書けば、その世代には、受けそうな気もする。(笑)

何はともあれ、全く車いすユーザーには、健常者で言う自転車や、バイクにあたる乗り物が無かったので、スクーター感覚で乗れるWCVは、なかなかありかなと!今後に期待です!
来春が、待ちどおしい。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神宮参拝サイクリング | トップ | WCV(YDS S-01) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

情報」カテゴリの最新記事