おやじドラマー「ごんちゃん」のつぶやき

年とともに魂のタイコを叩けなくなったオヤジドラマーの呟きを、'80~'90年代のツボな音楽談義や馬鹿話にのせて。。。

大阪マラソンに出場します

2018-10-19 17:07:28 | マラソン・健康
今年は、大阪マラソンにエントリーしています。
11/25(日)です。

ですが…


過去3回、フルマラソンにエントリーしていますが、すべて走ることができていません。
1キロを7分ペースで走ることができれば、計算上は5時間を切ってゴールすることができるはずなのですが、
5時間はおろか6時間を切ることもできません。
当然のこと、30キロあたりでスタミナが切れて、歩いてしまうからです。


そうならないよう日々の練習をがんばっているつもりなのですが、どうもうまくいかない。


昨夜も、仕事場(京都 中書島)から四条河原町まで往復して帰ってくるルートを作成して、ランニング開始。
20キロの行程。走れない距離ではない。

河原町の繁華街を快調にすり抜けて折り返したまではよかったが、
やはり、17キロくらいでスタミナ切れ。


今回も、完全に走りきることは無理っぽいな・・・
コメント

バンドリハ

2018-10-15 14:44:37 | バンド
週末は、バンドリハでした。


最近よく使う、ベースオン〇ップのスタジオ。
低価格なのに、配備されている機材はそこそこ良い。
(少なくとも、ドラムはそう思う。ギターアンプなんかはピンキリのようですが)

ロックをやるときには、スリンガーランドのスネアを使用。
最近ご無沙汰できちんと整備していなかったせいか、スナッピーはゆるゆる、テンションはガタガタ。
でも、相変わらずの骨太なサウンドでした。
このスネアが、私と同い年ぐらいのものとは思えないくらい。





バンドサウンドは、コーラス隊が急きょ編成されたせいで、
何とも重厚な仕上がりになりました。
2週間前は、ほんとにどうなることかと思いましたが。


楽しみです。


コメント

我が故郷

2018-07-25 19:30:22 | どうでもいい話・・・
毎週金曜夜10時放送のTBS系ドラマ 「チア☆ダン」


舞台は、我が故郷、福井県福井市。
このドラマに先立ち、広瀬すずが主演の同名映画が封切られていたので、
映画のTV版かと思っていたら、全くの別ストーリーでしたね。
映画版は実話をもとに構成されたもの。
このTV版は、おそらく映画が好評だったため急きょ書き下ろされたストーリーだと思います。
土屋太凰ちゃん主演。

ざっくりとしたあらすじとしては、
映画版は、実在するチアダンス部「JETS」をモデルに、
アメリカまで行ってチアダンスの世界一(かな?)になった女子高生たちを描いたもので、
TV版は、そのメンバーだった女子高生の妹が、別の高校でJETSを越えることを目標に奮闘するというものですな。

JETSは、実在する福井商業高校のチアダンス部ですが、TV版は架空の高校なので、実在しない。う~む、残念。


何が言いたいかというと・・・・・

もう、ありとあらゆるシーンが、懐かしすぎるのであります!!


川べりの風景(足羽川)、橋を疾走するシーン(九十九橋?新橋?)、
学習塾の送り迎え(複合施設アオッサ(「会おうよ」の意味))、福井駅前の恐竜のモニュメント、など。
ちょっと違うのは、浜辺でチアダンスの練習をするシーン!
福井には歩いて行ける距離の海岸はないっ!!(笑)
おそらくは、敦賀の気比の松原であろうと予想できます。
あと、顧問の先生(オダギリジョー)の奥さんが大学の研究者なのですが、そのロケ場所はどうも福井県立大学のようですね。

広瀬すずが、JETSの顧問として登場するのは、ちょっと違和感ありますけどね(おそらく太凰ちゃんのほうが年上なり(笑))


福井弁の使い方はやはりイマイチ。完全に使えてたらそらアンタ、福井のひとなんけ?っていわれてまうもんのぉ。
完璧に使いこなさないところに、視聴者を引き込むゆとりを与えているのかもしれません。
ドラマのつくり自体はチープで、「そんなわけあるかいっ!!」というツッコミどころ満載なのではありますが。


一週間の仕事の疲れを癒しながら、ノスタルジックな気分に浸してくれる楽しみなドラマです。


これから、どんどん懐かしい風景が登場することを期待してやまないドラマなのであります。







コメント

逃げるは恥だが・・・

2018-06-29 13:59:24 | マジメな話
ロシアワールドカップ、サムライジャパンがグループリーグを2位で通過し、決勝トーナメントに進出しました。


私は正直言って、この試合にまったく興味がありませんでした。
というか、誤解を恐れずに言えば、
申し訳ないですが、今の日本代表には正直全く期待をしていません。
ですので、夕べも22時ぐらいにはグースカ爆睡開始。
ほんと、サッカーファンの方にはすみません。


で、めでたく決勝トーナメント進出した、ということなので、心境を書き込みます。


これが今の日本の立ち位置なんですね。やはり。


初戦のコロンビア戦に勝ったのは素晴らしいことですが、これは、幸運にも開始早々のファウル退場により、
少ない相手と数的有位の中で戦えたことと、相手エースのハメス・ロドリゲスが不調だったことによる賜物。

第二戦のセネガル戦、二度のビハインドを追いついたことに世界中から驚嘆と賛辞が送られましたが、
裏を返せば、一度も優位に試合を進められなかったということ。

そして昨夜のポーランド戦。
引き分け以上でグループリーグ突破という比較的有利な状況の中で、後半開始早々先制点を許してしまう、という
相変わらずの試合運びで、このままではグループリーグ敗退してしまうことに。
だが、同時期に行われていたコロンビア対セネガルで、コロンビアが先制点を入れたという情報が入ったところで、
状況が変わったため、西野監督は、このまま時間をつぶして負けを受け入れる戦術を取った。


私は、このことに関しては、否定も肯定もしません。

ひと昔はやった、ドラマのタイトルを思い出しましたが・・・




何が言いたいかというと・・・


日本は、まだまだそれだけの実力、ということ。

他カードの状況がどうであれ、勝てる自信があるならば、あそこでも攻めて勝ち点3を取りに行くでしょう。
下手してカウンター攻撃にあい、さらに追加点を許してしまうような、自分たちのディフェンスに自信がないから、守らざるを得ない。
言い換えれば、西野監督はそんな日本の現状を十分に把握しているクレバーな監督といえる。


だから、日本を非難する世界中の人たちは、変な言い方だが、日本を買いかぶりすぎているんだと思います。


ともあれ、決勝トーナメントにコマを進めたサムライジャパン。
これで、トーナメントでは無様な負け方だけはできなくなりました。


これからが本当の闘いです。がんばれ、ニッポン!!

コメント (2)

発作的にブログアップします!

2018-06-07 14:11:27 | Weblog
長年凍結状態にあったこのブログを、ついに再始動することにいたしました。

Facebookを始めてから、以前やっていたこのブログのことをほとんどFacebookでやるようになっちゃって、
すっかりこのブログで書き込むことがなくなってしまい、自然消滅状態に。

前回の投稿は、2016年の新年!
ということは、2年以上放置していたんですね。
その間に、ブログの説明文にある「40代」が「50代」に代わってしまいましたね(笑)

ま、誰も読んでいる人なんかいないだろうから、別にいいでしょうけど…


バンド活動は相変わらずですが、去年の夏ごろから、BigBandに入団いたしました。

SwingJazzって、ほんとに難しい!!なかなか4ビートのノリが出ません。
しかし、新しいことにチャレンジするのは、やっぱり楽しいですね~。


とにかく、ここではしょうもないことをだらだらと書き込んでいこうと思いますんで、
よろしくお願いいたします。

コメント (2)

新春放談2016

2016-01-01 11:23:11 | マジメな話
新年明けましておめでとうございます。

今年も、なにとぞよろしくお願いいたします。


今年は、7年ぶりに近所の海岸に初日の出を拝みに行きました。
今年の元日はとっても穏やかに晴れわたり、とってもすがすがしい気分になれました。
最高のスタートが切れたと思います。


ここで、昨年の目標がどれぐらい達成できたか、振り返ってみましょー・・・


1.何があっても悠々と

・・・いっつも悠々としてますけどねぇ。あ、それってただの、のんびり屋さん?(笑)
50点


2.ライブ4回以上

昨年は、トータル4回実現できました。
ただし、正月早々やらかした交通事故のために、一回ドタキャンしてしまったので、
減点して80点


3.ハーフ2時間切り → (達成できたら)マラソン完走(全部走る)

ハーフ2時間きり、どころか、昨年は一回もレースに出ませんでした・・・  0点


4.ゴルフ90切り、じゃなくってまずはアベレージ90台

・・・アベレージ105少々・・・(涙) 継続します。0点


去年はいろんな面でグダグダの年でしたんで、今年は、いつもより気合入れたいと思います。
それでは今年の目標


1.正直に生きる

感じたことを正直に、自分の思ったことに正直に生きること。これを目指します。
アカンものはアカン、いいものはいいと。


2.新しいことにチャレンジ

資格取得とか、スポーツとか、新しい楽器とか、作曲(!)とか・・・
なんでもいい、何か新しいことに挑戦します。


4.ハーフ2回以上、フルは1回以上レースに出ます(苦笑)

とにかく、そういうことです。
ゴルフスコアは、もう目標に挙げる、というより、少し練習します、まじめに。


では、恒例の紅白レビュー。
なんかめんどくさかったので、毒舌いつもより満載ですが、お許しください(笑)

・総合司会の黒柳徹子は、入れ歯が落ちたり、へんなこと言わないかいろんな意味でどきどきした。
 嵐は5人で仲良く司会してたが、今年はイノッチ一人。V6のほかのメンバーはどう思っているんだろうね。
 有働アナ、ぱっくりスリットから、今年は背中パックリ。いい女だと思うよ。
・ひろみ郷、トップバッターにはもったいないね。どこかと掛け持ちかな?
・バナナマンは今年も出演。失言少ないから採用率高いのか?
・正直、Sexy ZoneはHey!Say!Jumpより売れると思ってたけど・・・どうなのかな?
・E-Girlとか乃木坂とか、いろんな大所帯グループ出てくるけど、飽きた。4人ぐらいで勝負してくれ。
・今年は演歌系の新人の躍進が目立ちましたね。みんないい曲歌ってるし、表情がよかった。
・星野源さん、曲はよく知ってたけど、本人はイメージと違ってた。芸人ぽかった(すんません)
・MIWAの今年のギターはグレッチ。去年はフライングV。なんかバブリーだな。
・細川たかしのデビュー曲熱唱は、結構新鮮でした。
・関ジャニ∞は、やはりオチャラケ路線が似合う。生き生きしてる。
・福山雅治、メドレーの曲詰め込みすぎ。そういえば今年はメドレーが多すぎていやになった。
・いきものがかり、本音は新曲歌いたかっただろうけど、水木しげる先生のために歌い上げてくれた。
・TOKIO、またアンビシャスジャパンかいっっ!椎名林檎、なんかイッちゃってるね
・小林幸子、貫禄の復活。そのあおりを受けて、変な立ち位置になっちゃったのが水森かおり。センスの違いを感じた。
・SuperflyとMishaは、圧倒的な歌唱力。感動
・金爆、今回も女々しくてかいっ!又吉、芥川賞とっても汚れ役やれるって、素晴らしいね。
・XJapan、あれぐらいのバンドなのに、演奏してないのか・・・がっかりだね。
・今井美樹と、森進一は老けたね。ヨーダかと思った。
・中居、きっと一生懸命歌練習してんだろうね。うまくなってるよ。
・マッチは貫禄だね。聖子ちゃんは、おばちゃんになって歌い方がしつこくなってしまって残念。キーも落ちてたし。


こんなところです。



コメント (1)

新しい試み

2015-12-11 14:17:55 | バンド
ひっさびさに、個々のブログを更新いたします。

先週の週末、神戸でライブをしてきました。
バンド仲間の方で、めちゃくちゃエンターテナーな方をボーカルに据え、自分の会社の友達やその友達など、いつものメンバーとは違った方々と組み、昭和歌謡やブルース、’80洋楽を演奏する企画バンドです。

とても新鮮でした。

セットリストは、

・Oh Pretty Woman
・フレンズ
・Unchain My Heart
・銃爪

今回はほんの一部で、来年の10月に、さらに10曲ほどレパートリーを増やして、2部構成で大々的にライブをする予定です。

楽しみです~











フレンズ
コメント

神戸のB面 新開地ライブ

2015-07-20 18:53:44 | バンド
先週の土曜日、『神戸のB面』新開地にてライブしてきました。


今回の出演は、全部で4バンド。
もうすっかり仲良くなった友達バンドばかり。
ハコも、ホームグラウンドとなりつつある『一番星食堂』というライブハウスなんで、
とてもリラックスできました。






ではライブ後記。


①BAY AREA

もう共演4回目。相変わらずのエンターテイナーぶり。
フロントマンのおかもっちゃんにばかり注目が集まりますが、
リーダーの渋いボーカル、シゲさんのキラキラギター、
カマタニさんはスタインバーガーのうねるベース、
ドラマーながら名コンポーザーのたちなおさん、
いつ聴いても勉強になります。




②Lookher Band

ウチのリーダーの幼馴染「きよポン」さん率いる、某酒造メーカーの社員さんで構成されたバンド。変わった名前のバンド名も、その酒造名に由来します。
カタカナに書いて、逆さから発音したらわかる、かな(笑)
ビートルズ中心のセットリスト。
さすが、と唸らせるほど、コーラスバンドであるビートルズの真髄を
聴かせてくれました。
みんな、ポール、ジョージ、ジョン、リンゴ、あと、ヨーコかな?を
演じてくれてます。
ジョージ担当の真ん中の彼、またウチのバンドのファンクラブ会員になってくれました。




③The Broad Band

このバンドも共演3回目。
昨年末の年忘れライブの時に、今回のブッキングを約束いたしました。
前の週に三宮でライブがあり、その勢いを持ち込んだ迫力あるステージ。
メンバーは総勢8人にもなる大バンドで、
フロントマンが入れ替わり立ち代わり華やかなステージを展開してくれます。
時間の都合でコラボができませんでした。
次回はぜひ!!




④Hine's Club

我がバンドもこのハコで演るのは今回で3回目。
今回は、あるテーマを胸に挑みました。
それは・・・「鳴り」です。
このハコは、マイクでベードラやスネアを拾うわけじゃありません。
ですんで、いかにタイコ本来の鳴りを出せるか、常に試されるわけです。
それに、お世辞にもハイスペックなタイコではないんで、
ヘッドもゆるゆる、シェルも何の素材かわからんようなシロモノですわ。
しかしながら、スティッキングや重心の位置、ダイナミクスなどを駆使して、
色気あるドラミングを展開できるか・・・
秘かに実験しようとしてました。

結果は・・・ま、まだまだってことですね!(笑)

でも、50歳近くになり、これからの方向性が垣間見えたような気がしました。

これからも精進あるのみです!




リーダーやKenkenは、しきりに失敗した、って言ってますけど、
断言します!「最高でした!」



コメント (2)

知らんかった・・・

2015-07-08 13:58:53 | 音楽全般
Charとも親交厚く、ギターデュオ「BAHO」で味のあるアコースティックサウンドを聴かしてくれた関西ギタリストの兄貴、石田長生氏が、7/8早朝に食道がんのためお亡くなりになりました。

享年62歳。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150708-00000040-mai-soci





う~ん、若いですよね・・・


BAHOのアルバム「tremendos」がリリースされて間もない頃、大阪心斎橋のクラブクアトロのライブに観に行ったことを覚えています。
Charとヨっちゃん(野村義男)とでギターバトルを繰り広げてましたが、
トークも最高にオモロかった。

::::::::::::::

Char:そういえば、最近姪っ子が生まれたんですがね。すごい難産だったようなんですよ。
石田:へぇ~
C:なんでも陣痛から13時間ぐらいかかったそうで、しかも逆子(さかご)でね。
石:あぁ、学生ンときよくコピーしたよなぁ。トランペットのうまいやつがなかなかいなくてね。苦労しましたよ。
C:そうそう・・・って、それ「シカゴ」やん!


;;;;;;;;;;;;;;;


ヨっちゃん:どうです?僕のギター、最近うまくなったでしょ?
C:うーん、そうやな。ギター2級ぐらいはいってるんちゃう?
石:俺は2段だけどね(笑)
C:そうかなぁ。ま、俺は8段だけどね。訂正。よっちゃんギター序二段!
ヨ:ギャフン!





ま、こんなやり取りがライブ2時間のうち述べ40分ぐらい続くんですわ。
最高でした。



残念だね、ほんとに残念だ。

合掌




BAHO CHAR All around me②
コメント

3つのKINGのうち2つ

2015-05-15 16:38:36 | 音楽全般
ブルースギタリストの巨匠、B・B・キングがお亡くなりになりました。
享年89歳

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150515-00010000-yjnews-int.view-000



三大キングといえば、アルバート・キング、ベン・E・キング、そしてこのB・B・キングとなるのですかね。
今年に入って、3人のうち2人が天国へ召されたことになりますな。


高校生の時、いちびってブルースにかぶれた時がありました。
その時、このBBキングを含めいろんなアルバムを当時のアナログレコードで買いあさり、
聴いていました。


・・・・んが、


正直、当時の青臭い子供のアタシには、あの深い枯れたギターの音色は難しかったです。(笑)

久しぶりに押入れの中から引っ張り出して、聴いてみようかな。





ん~む、マンダム。




コメント (4)