風景倉庫

気ままな風景画像集
photo by avalon

大塚国際美術館#16

2007年09月18日 | 大塚国際美術館

大塚国際美術館シリーズ最終は、再度システィーナ・ホール。

コンサートが終わった後をホワイトバランスを変えて撮ってます。
それにしても#16まで大塚国際美術館でよくひっぱりました(笑)
記事へのリンクをお許し頂いたおりひめさん&choraさんにあらためて感謝

 

 参加中です。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

大塚国際美術館#15

2007年09月15日 | 大塚国際美術館

環境展示特集!?

↑聖マルタン聖堂

例によってchoraさんの記事をご覧下さい。

聖ニコラオス・オルファノス聖堂

これもchoraさんの記事をご覧下さい。

秘儀の間

ポンペイ、イタリア
世界遺産 「ポンペイの赤」が有名らしいです。

↓環境展示ではないですが、からくり時計のように時間が来ると開きました。
肝心の作品名は忘れたぁ~だんだん記憶がうすれていく~ぅ~

 参加中です。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大塚国際美術館#14

2007年09月06日 | 大塚国際美術館

ピカソ、パブロ 「ゲルニカ」

地上1階 作品の反対側には、芝生の庭園が広がってます。
「ゲルニカ」についてもおりひめさんの記事をご参考にしてください。

そして、ようやく地上2階の現代系統展示へ到着。

ピカソ 「ダンス」

シャガール 「イカロスの墜落」
「シャガールは、青!」だと自分勝手に思い込んでいる

 参加しています。
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大塚国際美術館#13

2007年09月06日 | 大塚国際美術館

ゴッホ 「オーヴェールの教会」

ゴッホの絵は、予想外にサイズが小さいなぁという印象でした。
その他のゴッホの作品は、おりひめさんの記事でご覧ください。

 参加中です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大塚国際美術館#12

2007年09月01日 | 大塚国際美術館

ダヴィッド、ジャック=ルイ 「皇帝ナポレオンと皇后ジャセフィーヌの戴冠」

この絵が、こんなに大きいと思わなかったぁ~
隣にいた人は、「ルーヴル美術館で本物見たなぁ~」なんて言ってた。
そうですか。自慢ですか?

 全体を広角で撮って歪んでますが

 参加中。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大塚国際美術館#11

2007年08月30日 | 大塚国際美術館

ルノワール 「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」

ROD STEWART ’76の名作「ア・ナイト・オン・ザ・タウン」
アルバムジャケットには、ロッドがいる!

 参加中です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大塚国際美術館#10

2007年08月30日 | 大塚国際美術館

近代 チョット気になった作品

 ライト・オブ・ダービー 「空気ポンプの実験」

↓アングル、ドミニック 「泉」

アイヴァゾフスキー、イヴァン 「第九の怒濤」 ↓

 参加中です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大塚国際美術館#9

2007年08月30日 | 大塚国際美術館

レオナルド・ダ・ヴィンチ 最後の晩餐

↑修復前 ↓修復後

 話題になっていたダ・ヴィンチ・コードの事など
すっかり忘れていたので、感想は、「綺麗になったなぁ~」(笑)
歴史を感じる修復前の方が、好みです。
本物は、世界遺産なのですよねぇ~

美術館を出てから思い出したのですが、「モナ・リザ」を見てない!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大塚国際美術館#8

2007年08月22日 | 大塚国際美術館

睡蓮の続きです。
「青い睡蓮」と言われますが、どう見ても紫なんだけど。。

ノーマルの白 泳いでいるのはメダカかな?

モネの睡蓮 バラ色のハーモニー(左)と緑のハーモニー(右)

 ←参加中です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大塚国際美術館#7

2007年08月21日 | 大塚国際美術館

モネの「大睡蓮」 (環境展示)

大きいので撮れません。
仕方なく全景を上の庭園から撮影しました。
でも、これだと絵が解からない!

そして、周りの睡蓮
水が綺麗過ぎて、プールのような青いタイルがまる見えなのは、好みじゃないなぁ~

↓奥のこの赤が、夜咲く睡蓮だったようです。
またしてもchoraさんの記事をご覧下さい。

 

 参加しています 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大塚国際美術館#6

2007年08月21日 | 大塚国際美術館

エル・グレコの祭壇衝立復元 (環境展示)

「エル・グレコの部屋」にありました。
エル・グレコ・・・・知らない・・・
部屋が、あるくらいなので、かなり有名なのでしょう!?
説明を読みましたが、ふ~ん。そうか。でもピンとこない。
知らない俺には、金箔を使った豪華な仏壇のように見えてしまう。
な~んて、無知を世間に大告白

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大塚国際美術館#5

2007年08月20日 | 大塚国際美術館

聖テオドール聖堂壁画 カッパドキア、トルコ(環境展示)

実は、美術館へ来る前、ローカルTV(徳島放送)で再放送の「世界ふしぎ発見」を見ていました。
放送されていたのは、世界遺産「カッパドキア」
ただそれだけで、見た撮った(笑)
また詳しくは、choraさんの記事を参考にしてください。

人に頼ってばかりじゃ駄目ですね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大塚国際美術館#4

2007年08月20日 | 大塚国際美術館

スクロヴェーニ礼拝堂壁画 (環境展示)

パンフレットの表紙にもなっているので、環境展示の代表格だろう・・・

 詳しくは、choraさんの記事を参考に

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大塚国際美術館#3

2007年08月20日 | 大塚国際美術館

遅くなりましたが、大塚国際美術館の続きです。

ここ大塚国際美術館は、環境展示、系統展示、テーマ展示の3つの展示方法が特徴。

環境展示は、遺跡や教会などの壁画を再現。
系統展示は、古代~中世~ルネッサンス~バロック~近代~現代と史的に展示。
テーマ展示は、普遍的主題を時代を超えて展示。
などと解かったように書いてますが、勿論美術館のパンフレットを参考にしてます。

↑は、古代展示室で↓は、中世展示室。

 西洋美術について知識も関心も余りないので、古代~中世は???
ルネサンス以降も??ですが・・・
そして、この日の朝、訃報を聞いたばかりだったので、
中世あたりのキリスト教など宗教的な絵画は、あまり見たい気分にならなかった。
強いて言うなら、近代(ルノワールなど)の印象派が好きかな・・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大塚国際美術館#2

2007年08月11日 | 大塚国際美術館

大塚国際美術館シリーズ
でも早速、展示品の紹介とならないことろが、俺流(笑)

ここは、山を丸ごと美術館にしたような感じなので、
地下3階が、入り口になっていて、地上2階まで展示スペースになっています。
グルグル館内を巡って、地上1階のこの庭園に出ると曇り空なのに、
なんだかとても晴れ晴れした気分になれた。

↓美術館入り口。みんな浴衣姿で、入場待ち。

↓入り口入ってすぐの長いエスカレーター。フライングの浴衣美女2人発見。

↓トイレにも陶板

↓庭園から見える亀浦漁港 

↓巨匠の描いたひまわり。
このひまわりは、ゴッホ、ゴーギャンじゃなくて、モネだったかな・・・

 参加中です。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加