囲碁漂流の記

週末に対局を楽しむアマ有段者が、棋力不問の話題を提供します。初二段・上級向け即効上達法あり、懐古趣味の諸事雑観あり

カミソリ坂田の技<下>

2019年09月23日 12時08分04秒 | 【カベ突破道場】即効編

 

▼黒先

初段以上向け(解答は末尾にあります)

実戦で、これが出来たら、相当に強い人でしょう。


 

名著・碁の詰めとヨセの巻】

 

 

■今度は再び「有段者向け」の問題です。

私はもちろんできませんでした。

 

         ◇

 

■“エンドロール”に「1978年 92版発行」とは、驚異的に売れたのでしょう。

昭和の人には、碁が身近にあったことが分かります。

むろん坂田が超ビッグネームだったことも。

 

■以下、本文から抜粋します。 

 

勘は知識から生まれる

どんな天才でも、教わらないで詰碁がすらすら解けるはずはありません。

私たちでも最初は先輩に石を殺され、くやし涙のうちに形は手をおぼえたのです。

多くの形に接するうちに、詰めの勘は、次第に養われていきます。

 

 

 

▼解答

黒❶の突き当りに気が付きましたか?

こういうところは「二子にして捨てる」から考えます。

黒は「奇跡の生還」です。

昨日の「駅前碁会」でも、これを応用しました。

 

黒⓫のアトキリまで11手で、そう長くはありませんが

サッと読めて正解を出せたら「初段」どころか、

今なら「五段」ではないでしょうか。


昭和の初段は、高いハードルでした。

なにしろ上級を超え「免許皆伝」ですから。

 

コメント

カミソリ坂田の技<中>

2019年09月23日 11時17分52秒 | 【カベ突破道場】即効編

 

▼黒先

6級~1級向け(解答は末尾にあります)

外側に味方があるのと、ないのとでは、全く条件が違います。

 

 

 

名著・碁の詰めとヨセの巻】

 

■前回、不正解だった方。

自信回復のため、少しやさしい問題を出します。

ただし、これができなかったらダメというわけではなく、

「もう少し勉強しなければならない」と考えてください。

 

そして問題→解答→問題→解答と何度もみて、

解答の1、3、5の位置の映像を

頭の中に「定着」させてください。

初手が分からないと迷路に入ります。

 

わたし? 最初、不正解でした。

 

■本書の「はしがき」で坂田栄男はこう書いています。(抜粋)

 

本書は、初段を目指す人々のために、詰めの問題を解説し、

自然に要領がマスターできるよう考慮して作ってある。

実戦に生じやすい形をあつめ、基礎の完全習得を心掛けた。

 

碁は戦いで、地の侵略ですから、

基本的な死活、攻め合い、ヨセの正しい手筋を習熟することは、

中盤戦闘力の向上に直結する、地味ではあるが大切な手段である

と信じます。

 

 

 

▼解答

上段の「正解図」

黒は単独では生きがありません

でも、外の黒石2子が頼みの綱です。

白の形の不備を突いて、生きてしまいます。

「❺が先手で打てる」のがポイント。

これがシノギの基本技です。

次にaとbが見合いです。

 

下段の「参考図」

古典「碁経衆妙」の問題です。

白先ですが、

白aとハネ、黒bとオサエ、白c、黒d、白eと打ち欠く。

これで、辺にとらわれていた白4子が生還する。

分からなければ、碁盤に並べて確かめてください。

形は違いますが、この「筋」と同じ考え方、と坂田は言います 

 

 

コメント

カミソリ坂田の技<上>

2019年09月23日 09時57分58秒 | 【カベ突破道場】即効編

▼黒先

初段以上向け(解答は末尾にあります)

多くの詰碁本に出ている形です。

面白い筋で、楽しめます。

 

名著・碁の詰めとヨセの巻】

  

■古い本で活字が小さいのですが、中身は濃い。

多くは古典詰碁から採譜しているようですが、

昭和最強の本因坊・坂田榮寿の「解説」が素晴らしい。

 

■わたしが「覚えるべし」と思った「3問」を選んで、

自分なりに理解したところをワンポイントのみ示します。

 

■60秒ほど凝視し、

自分なりの答えを出し、

解答をご覧ください。

詰碁は「アテもの」ではありません。

解答を「覚えて、実戦で使って」ください。

 

 

▼解答

上段の「正解図」で

黒❶は、手が滑ってしまったわけではありません。

黒先で「コウ」になります。

 

下段の「変化図」の手順では

「白は無条件で全滅」となります。

手拍子で、白➃とやらかしちゃいそうですよね。

 

コメント

【反復】続・シチョウ効果3止

2019年07月07日 04時36分00秒 | 【カベ突破道場】即効編

 

 

さらにさらにヨミを鍛えましょう/解答の巻】


■手数は短いのですが、錯覚しやすい問題でした。

■でも解答を見ると、意外に簡単でしょう?

■同じような形が実戦終盤で時々出てきます。昨年の対三段戦で、わたしが慎重に読むことなく打って潰されたことがありました。

■「続けて打っても、よくなる図がない」と分かっていたら、手抜きでした。盤上に石がある限り、何らか役に立つ時がくるとも限りません。全部取られてはコウ材にもなりません。読むことなく形と筋だけの感覚で最後まで打ってしまうのは、負け碁への近道です。


………………………………………………………………………………



■これで「13路盤を使ったシチョウ問題」は終了します。

■「計3題の問題・解答」を毎日1回を何日間か目で追ってみましょう。碁の筋肉トレーニングです。ひたすら反復、反復。一カ月後、あらら不思議。「3手のヨミ」どころか、一本道なら10手先までスラスラ読めるようになっている自分に気づくはずです

■「カネも人もあなたを裏切ることがあるが、筋肉は裏切らない」のです。 

 

コメント

【反復】シチョウ効果3

2019年07月07日 04時24分51秒 | 【カベ突破道場】即効編

 

さらにさらにヨミを鍛えましょう/問題の巻】


■黒先でどうなりますか? 双方「最善手」を示してください。

■「13路盤のシチョウ」問題は、これが最後です。

 

       ◇

 

■半年前の出題を「即効編」に昇格させました。

■シチョウも何通りかの変化がありますが、すべて対応できれば、結果的に数十手のヨミができたことになります。

■既に出題したものを含め、三つのシチョウ問題を繰り返し眺めてください。

そして苦手を苦手でなくすれば「有段者のヨミ」になることでしょう。

そうすれば、一段レベルアップし、囲碁の楽しみが広がります。

 

 

コメント (2)

最強だニャン

2019年06月30日 06時10分42秒 | 【カベ突破道場】即効編
▼誰が一番強いのか? 僕だ、ニャン!
 
 
 
 
終盤の一手で逆転を! おさらいの巻】



まずは、下図をよくご覧ください。


▼白番。
ダメが詰まっています。白はうっかりすると……

 
▼白は、スミをツグことはできません。(点の石)
 
 
▼黒1のツケ!
将棋なら「大手飛車」ですね。
実戦で気が付きますか? (問題として出されたら分かりますよね?)
ちなみに白は、どちらをツグのが最善でしょうか? 考えてください。
被害を最小限にします。ヒント「大きい方を助けます」 つまり白2。
 
 
▼どうたって、こうなちゃいます。白はトホホ。
ところで黒1の価値は? これは「算数」の問題になります。
 
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
 
 
 
▲上の図と▼下の図を比べ、その差を数えてみてください。
数えずともパッと見て分かれば構いません。
(出来上がり図を再掲しました)
 
 
 
 
 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
■昨日29日の例会で、K初段に3子置いてもらいました。3子以上置くと、僭越ながら「指導碁」と決まっています。Kさんは「教えてほしい」とおっしゃったので、局後の検討で、そうさせていただきました。この一局の結果は「黒54目」「白63目」。わたしの「9目勝ち
 
 
■局後の検討を終え、「パソコンをおやりになるのでたら、ブログをご覧ください」と申し上げました。
 
         ◇
 
■K初段の改善点は「布石の考え方」と「終盤の一手」です。
 
■「布石の考え方」は、前回投稿をお目通しください。
今回は「終盤の一手」を取り上げます。
 
■終盤に形勢判断したところ、わたしが10目ほどよかったのです。もしKさんが「この手」に気が付くと「細かくなっていた」「逆転だったかもしれません」とご説明しました。わたしは「ジゴか、逆転かな」と思っていました。
申し訳ないのですが、スミの1子を助けてみましたが、Kさんはほかの小さい手を打ちましたので、わたしも「手入れ」しました。こうなればスミも助けた手がトクになってしまいました。
 
■ちなみに形勢判断についても、ご質問がありました。
ざっくり地の大きさを目視で比べるという方法」と「実際に数える方法」のどちらがいいのか?です。
わたしは前者を「ときどき」、後者を「節目で何回か」やっています。
前者だけでは誤差が多く、あてになりません。
 
 
 
 
 
質問 「一つ一つ、目を数えるのですか?」

回答 「数えます。慣れたら1分もかかりません


 
質問 「二つずつ数える方法もありますか?」

回答 「出来るのでしたら、その方が早いです。わたしはできません。途中で、こがらかります」「プロでも『二つずつ数える』のは人間コンピューター石田芳夫ぐらいらしいです。多くのプロは、盤の陰で指でリズムを取って『一つずつ』数えています」
 
 
コメント (2)

一手の価値

2019年06月29日 21時43分16秒 | 【カベ突破道場】即効編
 
 とりあえず布石のコツの巻】

■囲碁は「大きい手」を打っていけば、勝てます。理屈では。

■しかし、それが分からないので苦労します。

■序盤は地を囲ってばかりでは勝てません。
また形がよくても周囲の状況や全体のバランスが悪ければ、苦しくなります。
 
■最初は大体、盤の端から「4線」か「3線」の手に価値があります。
4線」は「盤の端まで」と「中央」のどちらにも影響を及ぼしますが、
やや「盤の端まで」の守りが甘く、侵入される可能性があります。
3線」はその逆です。ボウシやカタツキされ、圧迫されると、中央への発展性がなくなります。
 
■従って「4線」と「3線」をジグザグに打つのが、基本的な布石のコツになります。

         ◇

■布石の一手の価値は「20目見当」。

■でも数手目から「25目見当」の手が出てきます。

■石が混み合ってくると、「30目見当」か、それ以上の手が出てきます。

■一局平均230手。相手の手の近くばかりを打っていると、少しずつ小さい手になっていきます。1目ずつ相手より小さい手を打っていますと、アッという間に20目、30目の差が付きます。置き碁では、すぐに追い付かれてしまいます。相手の手に付いていくばかりでなく、ひどいことになりそうもなければ「手抜き」が必要なわけです。

「大きい手」を感覚的に覚えておきましょう。手の価値を大まかに分類しておきます。
 
大 場=20目
好 点=22~23目
絶好点=25目
急 場=25目以上
(急場は根拠の必争点ですから、最も価値があリます)
 
 
 
 
 
▼黒1は右上スミ星、白2は左下スミ星。
黒3で脇小目が出てきました。
白4の対小目もいい形。
黒5のケイマジマリもいい形です。
白6のワリウチは昔からある大きい手です。
すべて「20目」見当の手です。
 
 
 
 
▼黒は三連星、白は二連星。
いずれも「20目」の手です。
白の次の一手で、碁の方向性がはっきりしていきます。
 
 
 
 
▼さて白5は?
上辺星の、下辺星の、左辺のは「4線」の高さ。
どれも「20目」の手です。
3線」でも、ほぼ同じ価値があります。
しかし右上星か右下星に対し、小ゲイマガカリするのも、スピードがあります。
 
 
 
 
▼白6は、右上星や右下星にケイマガカリの方が多いのではないかと思います。
わたしなら、カカリます。
白も三連星にした場合、黒7は下辺星もいいところです。
白8は左下星からのケイマジマリが「25目」の大場。
上辺星打っても「25目」です。
 
 
 
 
▼配石が違います。
左下をよく見てください。
白7は?
白は下辺星に打てば「」と「高さ」があり、立体的になります。
つまり黒が打っても、白が打っても、盤上最大です。
中央がふっくらする手が出てきたら、いい流れになります。
 
 
 
 
         ◇
 
■今日の例会で、K初段に3子置いてもらいました。

■整地して数えて「黒54目」「白63目」。わたしの「9目勝ち」でした。

■検討で、手の価値(大きさ)を、ざっくりと説明させていただきました。
上の図は基本的な考え方のおさらいです。頑張ってください。この辺がすっと分かってくれば、二段、三段が視界に入ってきます。大場より急場をいつも意識してください。
 
コメント

【反復】続・シチョウ効果2止

2019年06月29日 11時10分42秒 | 【カベ突破道場】即効編

 

シチョウでヨミを鍛えましょう/解答の巻】

■手数が長くなりました。折り返すのも、ヨミの裏付けが要ります。

■もし白4で黒の一子を抜けば、黒は4にアテ。簡単に白がツブレます。

         ◇

碁会の前のウオーミングアップにどうぞ。

「シチョウをうっかり」はプロ・アマ問わず、です。「シチョウ」と「手抜き」がいつも頭の片隅にあれば、思いのほか棋力は伸びています。きっと、碁盤の対角線、碁盤全体を見るクセが自然についたからでしょうね。

わたしは「問題・解答の紙」をトイレの壁に貼っています。効果あり!


コメント (2)

【反復】シチョウ効果2

2019年06月29日 11時03分26秒 | 【カベ突破道場】即効編


シチョウでヨミを鍛えましょう/問題の巻】

■黒先でどうなりますか?

■よくみて「最初の着点」を探しましょう。

■少し複雑になりましたが、全部ヨミきれますか。

         ◇

以前に出題しました。覚えておられますか?

問題と解答を何度か見比べてください。

一週間ほど毎日何回か繰り返すと、同じような形になったとき「これはシチョウかも?」と勘が働くはずです。しばらくするとシチョウが読めることに気が付きます。

 

コメント

ラッキーパンチ2

2019年06月09日 04時48分35秒 | 【カベ突破道場】即効編
 
続・勝負を決める手を覚えちゃいましょうの巻】

■「強烈パンチ」を、もう一つ。

■覚えるコツは前回と同じ。「問題→正解→問題→正解」と毎日毎日繰り返して、形を目に焼き付けましょう。だまされたと思って、一週間眺めてみてください

■ワリコミ→ハネダシ→アテなどと声に出してアタマに定着するのも有効です。

■前回と今回の難解手筋を覚えてしまうと、四段以上の世界に突入です。もちろん「級位者は初段へ」、「初二段は三段へ」の道に踏み出す足掛かりとなるでしょう。ほかにもやることはいっぱいありますが、パンチ力をつけると道が開けます。

■読み切れなくて失敗しても構いません。チャレンジしているうちに身についてきて、「ラッキーパンチ」ではなく、「実力」になっていきます。
 
■上手が乱暴できなくなったとき、強くなってきた自分に気が付きます。
 
 
 
 
▼問題 黒先でどうなりますか? 左辺の黒大石は取られていますか?
 
 




▼正解 黒1→黒3が筋です。白ツブレ。左下スミは黒地になりました

白8(1のところ)


▼変化 これも黒の攻め合い勝ち

白6(1のところ)
 

▼参考 これはちょっと緩い。白も生きてしまいます。普通のヨミなら、こうなっちゃいます。もっとも、黒3で5に打てば正解と同じになりますが

 
 
コメント

ラッキーパンチ

2019年06月08日 19時44分13秒 | 【カベ突破道場】即効編
 
勝負を決める手を覚えちゃいましょうの巻】

「高段者に一泡吹かせたい」
「7子、9子も置かせる碁でも、スカッと勝負を決めたい」

そんな願いをかなえる「強烈パンチ」です。


■「手筋・詰碁は簡単なものから始めましょう」というのは、長続きさせるためのものです。今回は「難解手筋」です。答えを覚えてしまい、実戦に出てきたら「ワン・ツー・スリー」の強打をお見舞いしましょう。

■この問題を少考で分かれば四段以上。六段なら「ひと目」でしょう。最初の着点が見つからない人が多いのでは? であれば「問題→正解→問題→正解」の繰り返しで、形を目に焼き付けましょう。

キリ→ワリコミ→アテなどと声に出して脳ミソに定着させるのも有効です。
 
 
 
▼問題=白先でどうなりますか? 黒に包囲されてピンチのようですが……

▼正解=白7のアテを発見できましたか? 白9のアテに黒はツグことができません。ツグと黒は全滅します。従って黒10とカカえざるを得ません。白11で2子をヌキ、2眼が出来て生きてしまいます。
白11(3の地点に打ってヌク) 
 

▼変化=黒6と頑張っても、白は余裕の攻め合い勝ち。白1→白3→白5の手順の威力です。
黒8(3の地点にツグ)
コメント

人類の英知、AIの知見

2019年05月30日 06時20分08秒 | 【カベ突破道場】即効編

 

どの定石も使い方がある の巻】

■「AI(人工知能)の考え方」を少し復習しておきましょう。

■テーマ図は

・昭和期から連綿と続いてきた「星に三々入りからの手順=人間の場合」

・3年前に登場した新型AIの「星に三々入りからの手順=AIの場合」

 

 ▲▼二つの図をよく眺めてください。どこがどう違いますか?

 

上の図(旧定石)白4と二目のアタマを押さえています。黒は5、7、そして絶対とされてきた9、11のハネツギ。黒は10目強の地を「稼ぎ」、白は10、12とカケツギで「外が厚い」。これが相場の分かれとされてきました。

■ところがです。絶対とされてきた黒9、黒11の「ハネツギは損」とAI先生は見ているようなのです。

■この図なら、黒9を打たずに黒A、白Bで先手を取り、他の大きな手へ。つまり早い段階の三々入り(ダイレクト三々)は「稼ぎ」ではなく、「荒らし」なのでしょう。 黒Cに手が回れば、白の厚みもぼやけてしまいます。

下の図(AI定石)を見てください。白4は、ゆるめて先手を取るための手。白は、6の位置にノビる手もあります。図は最近のプロの碁でよく見られますが、変化もあります。

■と言っても、われらのヘボ碁では、どちらがいい、悪い、というほどの問題ではないように思います。それよりも……。

 

         ◇

 

■もう一度、二つの図をじっと見てください。 気が付きましたか?

 

■上の図は、左辺(図の上の方)に白の勢力ができました。

■下の図は、下辺(図の右の方)に白の勢力ができました。

■左上スミあるいは右下スミの石との関係を考えると、どう打てば白模様が大きくなりますか? 例えば左上スミの星あたりにあるのは白石か? 黒石か? あるいは石がないのか? 石がない状態で、いきなり左下スミの星に三々入りするのが、AI流です。過去、人間はこういう打ち方は悪いとしてきたのですが……。

■「盤の全体を見て、定石を選択する」ということは、こういうことなのでしょうね。

■これをしっかり考えて打つのか、部分だけを見てポンポン打つのか。カベを破れる人破れない人の違い、ではないでしょうか。 

 

 

久しぶりの「カベ突破劇場」もとい「カベ突破道場」でした。 

それではまた次回をお楽しみに、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ!

 

「どの映画にも見所がある」

 ――淀川長治(1909~98年)の言葉

 

コメント

ノゾキの魔力

2019年05月20日 06時20分31秒 | 【カベ突破道場】即効編
即効上達法その2の巻】
 
■本拠地の同好会で、来週25日(土)は今年度最初の「棋力別トーナメント戦」です。
 
■開催要領によると「初段~三段=優勝者のみ昇段」「級位者=優勝者・準優勝者は昇級」とあります。(四段以上は昇段なし?のようです) そこで即効上達法はないか、少考しました。
 
■一つは「シチョウ」。
 
■カテゴリー【カベ突破道場】即効編で、5月11日出題分を毎日眺めた方。そろそろヨミの効果が出始めたのではないでしょうか。今週も毎日眺めてください。本番に効果あることは間違いなしですから。
 
■もう一つ、役立つ問題を出しておきます。
 
        ◇
 
■「ノゾキに継ぐか? 継がないか?
 
■ノゾキは、一間トビの隙間あるいは断点の一路ズレた位置に置く一手。「相手が手を抜けば、次に切りますよ」と言う手です。戦いの基本は「相手の石の分断」そして「自分の石の連絡」です。さて、どうしますか?
 
■囲碁の格言で「ノゾキに継がぬ馬鹿はなし」というのがあって、ノゾキを打たれると、初級者は反射的にすぐに継ぎます。級位者も同様です。有段者はツグか、ツガぬか、ヨミを入れて決めます。
 
■ところが逆に「ノゾキにつがぬこともある」という格言もあるから、ややこしい。
 
        ◇
 
■一方、ノゾク側の問題点は何か。
 
■二段までの方で、ノゾキには相手がツグものと決めて、ヨミも入れずにノゾくヒトがすごく多いです。手を抜かれて大勢に遅れたり、反発されて戦いに引きずり込まれたり、そんな光景をよくみます。
 
        ◇
 
■結論。「直覚→分析」です。
 
第一感を大事にし、次にヨミを入れる。こうすれば「ポカ」も「打ち直し」も減ってきます。(かくいうわたしも、ポカだらけですから、自省を込めて……)
 
 

そこで出題。黒の次の一手は? 

「解答」と「失敗」を先に見てもいいですよ。
あれれと思ったヒトがおられるはずです。
全部アタマに焼き付けてください


▼問題 黒番です (Aの左の白石がノゾキの手)
 

▼解答 黒1でハネ。一手勝ち。白は全滅  (黒5のホウリコミが打てますか)
 

▼解答(変化) 白2でも、今度は黒3とツグ。スミの白はこのままで死。2眼できません


▼失敗 黒1のツギは、白2と生きられて何事もなし。実戦で見かける「緩手」です
 
 

コメント

【反復】続・シチョウ効果1止

2019年05月11日 02時44分37秒 | 【カベ突破道場】即効編



ヨミを鍛えましょう/解答の巻】

■シチョウが読めましたか?

■シチョウは一本道です。初手が分かれば、後は、ていねいに読んでいけば、石が取れます。と言っても、実戦ではなかなかできませんよね。

                   ◇

■最初の段階では、石がありません。「アタマのなかの碁盤」に石を置いていくわけです。白18が利かず、次の黒の一手で全部取られてしまうのが分かれば成功です。

■繰り返してください。何日かすると、ヨミの力がアタマに定着してきたことが実感できる瞬間がやってきます。

コメント

【反復】シチョウ効果1

2019年05月11日 02時33分37秒 | 【カベ突破道場】即効編



ヨミを鍛えましょう/問題の巻】

■黒先でどうなりますか?

■シチョウです。

         ◇

【カベ突破道場】即効編の最初は「シチョウ」です。

■「シチョウ知らずに碁を打つな」という格言がありますが、プロでも時々うっかり見落とすことがあります。複雑なシチョウは、日中韓の世界戦でも出現して勝負が一発で決まったこともありました。

■シチョウは一本道です。読もうとすれば読めるようになります。読まなければいつまでも読めません。つまりヨミの基本なのです。

問題と解答を見比べ、解答を頭に入れてから、問題に取り組んでください。これは即効性が高いですよ。

 

コメント