中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

モロッコ訪問記(43):目次(兼索引)(2)

2010年01月30日 20時00分35秒 | モロッコ;ツブカル山

                    <ツブカル山山頂>

         モロッコ訪問記(43):目次(兼索引)(2)
              (アルパインツアー)
          2009年6月7日(日)~18日(木)


(つづき)

          第6日目:2009年6月12日(金)

モロッコ訪問記(17):第6日目:イメリルを目指して下山

<ツブカル小屋の朝>
■朝の食堂
■簡素なコンチネンタルブレックファスト
■幕営地の朝
<シディチャマロウ小屋を目指して>
■アプローチシューズを履いて・・・
■最初の休憩
■対岸のヤギの群
■大きな岩
■おびただしい数のヤギとすれちがう
■シディチャマロウ小屋のオレンジジュース
<広い河原を渡ってアラウドへ>
■川の右岸へ
■広い河原が見下ろせる
■河原に降り立つ
■村人からサクランボを貰う
■アラウドの郊外
■アラウドの集落
■緑陰の生活道路
<やっとイメリル>
■緑陰の中の散策路
■イメリル小屋に到着

モロッコ訪問記(18):第6日目:専用車でマラケシュへ
<イメリル小屋>
■イメリル小屋に到着
■醤油が活躍する昼食
<専用車でマラケシュへ>
■重い荷物を背負って駐車場へ
■専用車に乗車
■川の右岸に沿って谷間を下る
■アスニで舗装道路に合流
■川を渡って右岸へ
■マラケシュに到着
<ホテルアミン>
■お湯の出ないシャワー
■無愛想な売店
■長い沿海
■漸く就寝


          第7日目:2009年6月13日(土)

モロッコ訪問記(19):第7日目:世界遺産アイドベンハットゥを目指して(1)

<オテルアミンの朝>
■バイキング形式の朝食
■出かける前のひととき
<いよいよ出発>
■バゲージダウン
■専用車で発車
■マラケシュの郊外
■サボテンが群生する丘で休憩

モロッコ訪問記(20):第7日目;世界遺産アイドベンハットゥを目指して(2)
<一路南南東へ下る>
■美しいサボテン
■道路をカメが歩いている
■峠のホテルで休憩
■コスメティックを売る店
■九十九折りの峠へ
■標高2260メートルに峠を散策
■化石・鉱物に販売店
■ワルサザードに街
■広い河川敷に出る
<アイドベンハットゥが見える>
■傾いた地層が見える丘陵
■アイドベンハットゥの遠望

モロッコ訪問記(21):第7日目:世界遺産アイドベンハットゥ
<クサル村>
■レストランで遅めの昼食
■集落の中を行く
■披露宴会場
<アイドベンハットゥ>
■マレ川を渡る
■アイドベンハットゥの中に入る
■山頂からの眺望
■アイドベンハットゥのから下山する

モロッコ訪問記(22):第7日目:アイドベンハットゥの仔猫
<可愛い仔猫>
■よちよちと寄ってくる
■クサル村を出発

モロッコ訪問記(23):第7日目:ワルサザード
<ワルサザード市街略図>
<ディフォルテカスバ>
■アイドベンハットゥを出発
■ティフォルテカスパを見学
■コウノトリの巣
■素晴らしい展望
■甘いお茶
<ワルサザードを目指して>
■ワルサザード川を渡る
■タウリルトのカスパ
<オテルフィント>
■オテルフィントに到着
■落ち着いた部屋
■お湯が出ない
■プールサイドのレストラン
■駄洒落を聞きながら


         第8日目:2009年6月14日(日)

モロッコ訪問記(24):第8日目:エルフードへ向けて出発

<ワルサザードの朝>
■時間を持て余す朝
■素晴らしい朝食
■出発前の一時
■立派なホテルの建物
<いよいよ出発>
■今日の行動予定

モロッコ訪問記(25):第8日目:ティフルトゥカスバ・ブーマロンタベス
<ティフルトゥカスバ>
■小さなオアシスを通過する
■ティフルトゥカスパに到着
■カスバの内部
■素晴らしい展望の屋上でお茶
<アロマオイルと小高い丘>
■アロマオイルを売る店で休憩
■小高い丘に登る
<ブーマロンタベス>
■沢山のオアシスの街を抜ける
■標高1500メートルのブーマロンタベス

ロッコ訪問記(26):第8日目:カスバ街道を経由してトドラ渓谷へ
<カスバ街道を行く>
■オアシスが連なるカスバ街道
■標高1342mの峠を越える
■両側から禿げ山が迫る
<切り立った岸壁のトドラ渓谷>
■ヤシの林を抜ける
■クライマーのメッカ
■オテルレストランで昼食

モロッコ訪問記(27):第8日目:トドラ渓谷
<トドラ渓谷の風景>
■トドラ渓谷を散策
■トドラ渓谷を出発

モロッコ訪問記(28):第8日目:エルフードへ
<荒野を行く>
■トドラ渓谷を出発する
■強い雨が降り始める
■ガソリンスタンドで休憩
■延々と広がる荒野
■エルフードに到着
<サラムオテル>
■サラムオテルに到着
■大きなプールのある中庭
■ドルをDHに交換
■夕食
■クーラーが利かない


         第9日目:2009年6月15日(月)

モロッコ訪問記(29):第9日目:メルスーガ大砂漠(1)

<仏暁の出発>
■蒸し暑い一夜
■いかめしいジープに分乗
<メルスーガ大砂漠の夜明け>
■闇の中を疾走
■メルスーガ大砂漠に到着
■ラクダの後にくっついて歩き出す
■標高1000メートルの砂丘山脈
■砂丘の稜線を散策
■砂丘の日の出

モロッコ訪問記(30):第9日目:メルスーガ大砂漠(2)
<メルスーガ大砂漠を散策する>
■果てしなく続く砂丘
■凸凹の砂丘を辿る
■ビッシリとラクダの糞
<サラムオテルへ戻る>
■砂漠の中をひた走る
■化石屋で一休み
■サラムオテルに戻る
■朝食

モロッコ訪問記(31):第9日目:フェズへ(1)
<モロッコの概要図>
<月世界を連想する平野を進む>
■サラムオテルを出発
■見晴らしの良い高台
■エルラヂディア郊外のガソリンスタンドで休憩
<アトラス山脈を越える>
■次第に山岳地帯に入る
■リッチのガソリンスタンドで休憩
■アトラス山脈を越える
■オテルカサバアマアで昼食

モロッコ訪問記(32):第9日目:フェズへ(2)
<避暑地イフレン>
■デミルトを出発
■夏の宮殿と素晴らしい森
■オテルシャモニー
<今日の宿泊地:フェズ>
■カンダの露店
■フェズに到着
<オテルメンゼザラ>
■ホテルにチェックイン
■熱いお湯がたっぷりのバス
■醤油が味を引き立てる夕食
■ギャグの連発でイライラしながら就寝


          第10日目:2009年6月16日(火)

モロッコ訪問記(33):第10日目:フェズ市内観光(1)
<フェズの朝>
■早朝の散策
■簡素な朝食
■フェズ観光に出発
<フェズエルジェディドを廻る>
■王宮近くで下車
■観光客が集まっている
■耐震建築
■良い味を示す煉瓦街
■可愛いネコ
■イスラム教徒に5カ条

モロッコ訪問記(34):第10日目:フェズ市内観光(2)
<フェズエルジェディドの概念図>
<フェルエルジェディドを散策する>
■ユダヤ人街
■異臭漂う歯科医の多い街
<ブジュールド門>
■仲間が迷子になる
■フェズ最大のブジュールド門
■ブジュールド門の装飾
■商店街を行く
<ボナビヤ神学校>
■神学校の入口
■「ロ」の字形の建物
■神学校の教授と学生
■宿舎
■祭壇
■沢山の観光客
<板金の装飾品>
■板金屋が多い街
■明るい店内
■バスに戻る

モロッコ訪問記(35):第10日目;フェズ市内観光(4)
<フェズエルバリに入る>
■小高い丘
■素晴らしい眺望
<焼き物屋>
■焼き物屋に入る
■焼き物の工場
■細かい細工
<狭くて,臭くて,猥雑な街>
■迷路を進む
■青物市場・金物屋の街
<スークダッパーギーン>
■ビルの狭い階段を登る
■強烈な風景
■皮革製品の売店
<元将軍の家のレストラン>
■猥雑で狭い道
■立派なレストランで昼食

モロッコ訪問記(36):第10日目:フェズ市内観光(5)
<可愛いネコ>
■黒いネコ
■迷路を闊歩するネコ
■この道は俺の縄張りだ
■ボスネコかな
■ついでに犬

モロッコ訪問記(37):第10日目:フェズからメグネスへ
<フェズを出発>
■市内観光を終えてバスに乗車
■これまでのモロッコの印象
<メグネスへ>
■のどかな牧草地が続く
■メグネスに到着

モロッコ訪問記(38):第10日目:メグネスからラバドへ
<メグネスの王宮>
■ララアウダ広場
■王宮を見学する
■王家の墓
■ハーレム
■勝手が良く分からないトイレ
<ラバド観光>
■ラバドへ
■ムハンマド5世霊廟に到着
■円柱が立ち並ぶ広場
■ムハンマド5世の石棺
■ハッサンの塔
■バスに戻る

モロッコ訪問記(39):カサブランカ
<カサブランカに到着>
■西日を浴びながらバスは走る
■汚い街並み
<オテルリボリ>
■ホテルにチェックイン
■遅い夕食
■アブダラさんと同じテーブルで食事
■お湯がまともに出ない


         第11日目:2009年6月17日(水)

モロッコ訪問記(40):第11日目:カサブランカ観光

<カサブランカの朝>
■ホテルの朝
■レストランで朝食
<カサブランカ市内観光>
■アインティアブの高級ホテル
■マイアミビーチ
■ハッサン2世モスク
■ムハンマド5世広場
<ムハンマド5世空港>
■空港に向かう
■いきなりセキュリティチェック
■やっと手続が終わる

モロッコ訪問記(41):第11日目:モロッコから帰国
<ムハンマド5世空港>
■ぼんやりと時間つぶし
■漸く搭乗
<ドバイ空港>
■映画『パリーのアメリカ人』と食事
■スナックサービス
■退屈な機内
■ドバイ空港に到着


           第12日目:2009年6月18日(木)

<機中泊>
<ドバイ空港でトランシット>
■不夜城のドバイ空港
■成田行に搭乗
<退屈な機内>
■気になるワインの匂い
■また食事
■複雑な質問票
<関西空港>
■関空に着陸
■大阪組とお別れ
■久々のうどん
<羽田空港>
■不都合な隣の人
■無事,羽田空港に到着
■やれ,やれ,やっとわが家に辿り着く

モロッコ訪問記(42):エピローグはプロローグ
 帰国後1日目:2009年6月19日(金)

モロッコ訪問記(43):ラップタイム
                                (おわり)
「モロッコ訪問記」の前回の記事
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/c1e820830f29f43d2168109cee1262d6
「モロッコ訪問記」の最初の記事
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/31b79faa79d02b8fe28dc5177880d2e4

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« モロッコ訪問記(42):目次(... | トップ | 初春の丹沢:登山道の整備が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

モロッコ;ツブカル山」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事