中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

北海道:ニセコアンヌプリ・後方羊蹄山登頂(5)

2006年09月29日 20時57分44秒 | 北海道・東北・北陸
北海道:ニセコアンヌプリ・後方羊蹄山登頂(6) (クラブツーリズム東京量販) 第2日目:2006年9月12日 ■バリエーションコース  当初予定は,半月湖登山口からピストンで羊蹄山に登る予定であったが,横須賀ガイドの発案で,下山は真狩コースを利用することになった。  真狩コースのプロフィールは,上記の図の通りである。半月湖コースよりも10mだけ,高度差が小さい。  真狩コースは,半月湖コースより . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

北海道:ニセコアンヌプリ・後方羊蹄山登頂(4)

2006年09月29日 20時33分26秒 | 北海道・東北・北陸
北海道:ニセコアンヌプリ・後方羊蹄山登頂(3) (クラブツーリズム東京量販) 第2日目:2006年9月12日(火) ■行程  昆布温泉ニセコグランドホテル==(バス)==>羊蹄山登山口→羊蹄山山頂→羊蹄山登山口==(バス)==>千歳空港==(JL)==>羽田(解散) ■プロフィールマップ(上記参照) ■山行概要  早朝,3時56分に,貸切バスでニセコグランドホテルを出発して,半月湖登山口に向 . . . 本文を読む
コメント

北海道:ニセコアンヌプリ・後方羊蹄山(3)番外編

2006年09月27日 18時02分34秒 | 北海道・東北・北陸
<キタキツネが挨拶> 私達が登山口に到着すると,どこからともなくキタキツネが2匹現れる。 私達から,30~40メートルほど離れたところに座って,私の様子を伺うように覗いている。  「うわ~ぁ・・・・キタキツネだ・・!」 一同,嬉しそうに,はしゃいでいる。 暫くの間,キタキツネは,私達の方を眺めていたが,誰もエサをやらないので,諦めたのか,スタスタと茂みの方へ去っていった。 . . . 本文を読む
コメント

北海道:ニセコアンヌプリ・後方羊蹄山登頂(3)

2006年09月27日 11時07分32秒 | 北海道・東北・北陸
北海道:ニセコアンヌプリ・後方羊蹄山(3) (クラブツーリズム東京量販) 第1日目 2006年9月11日(月) ■ニセコアンヌプリのプロフィールマップ  五色温泉山の家付近のニセコアンヌプリ登山口から山頂までのピストン経路である。  ●高度差  555m  ●標準所要時間    登攀:1時間50分(1.83(h))    下降:1時間15分(1.25(h))  ●標準速度    登攀速度 . . . 本文を読む
コメント

北海道:ニセコアンヌプリ・後方羊蹄山登頂(2)

2006年09月27日 10時50分19秒 | 北海道・東北・北陸
北海道:ニセコアンヌプリ・後方羊蹄山登頂(2) (クラブツーリズム東京量販) 第1日目:2006年9月11日(月) ■行程  東京(羽田)==(JL)==>札幌(千歳)==(バス)==>ニセコアンヌプリ登山口→ニセコアンヌプリ山頂→ニセコアンヌプリ登山口==(バス)==>ニセコグランドホテル(ニセコ昆布温泉)[泊] ■プロフィールマップ  別途掲載 ■山行概要  羽田集合が6時15分。鎌倉の山奥 . . . 本文を読む
コメント

北海道:ニセコアンヌプリ・後方羊蹄山登頂(2)

2006年09月27日 10時49分22秒 | 北海道・東北・北陸
北海道:ニセコアンヌプリ・後方羊蹄山登頂(2) (クラブツーリズム東京量販) 第1日目:2006年9月11日(月) ※写真は次のブログに逐次掲載しますので,こちらのブログもご覧ください。    http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005 ■行程  東京(羽田)==(JL)==>札幌(千歳)==(バス)==>ニセコアンヌプリ登山口→ニセコアンヌプリ山頂→ニセコア . . . 本文を読む
コメント

ニセコアンヌプリ・後方羊蹄山登頂(1)

2006年09月27日 07時34分22秒 | 北海道・東北・北陸
ニセコアンヌプリ・後方羊蹄山登頂(1) (クラブツーリズム東京量販) 2006年9月11日(月)~12日(火) 1.主催  クラブツーリズム(東京)量販(長谷川ガイド) 2.コース概況 (1)第1日目  羽田=>千歳空港=>ニセコアンヌプリ登山=>ニセコグランドホテル(泊) (2)第2日目  羊蹄山半月湖登山口→後方羊蹄山山頂-(真狩コース)→羊蹄自然の家==>千歳空港==>羽田 3.行動実 . . . 本文を読む
コメント

龍口寺(藤沢)・満福寺・江ノ島周遊(9)

2006年09月27日 07時22分28秒 | 鎌倉あれこれ
龍口寺・満福寺・江ノ島周遊(9) (鎌っこ倉ぶ) 2006年9月21日(土) ■江ノ島アイランドスパ(江ノ島温泉Enospal)でお茶  石段を下り,参道を抜けて,江ノ島アイランドスパ1階のコーヒーショップで一休みする。私見だが,けばけばしく見える建物である。江ノ島の風景にはそぐわないような気がしてならない。保守的な年輩者の勝手な意見だが・・・  ここで解散となる。 [ラップタイム] 10: . . . 本文を読む
コメント

龍口寺(藤沢)・満福寺・江ノ島周遊(8)

2006年09月27日 07時14分49秒 | 鎌倉あれこれ
龍口寺・満福寺・江ノ島周遊(8) (鎌っこ倉ぶ) 2006年9月21日(土) ■江ノ島の野良猫  江ノ島には可愛い野良猫が沢山居る。  野良猫は,江ノ島住民にとっては,とても厄介な存在だといわれている。確かに”猫害”には悩まされているだろう。噂では,最近,かなり駆除されているという。  それでも,あちこちで野良猫を見かける。いじめられることもないようで,どの猫も,とても人なつっこい。  猫好きの . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

龍口寺(藤沢)・満福寺・江ノ島周遊(7)

2006年09月27日 07時04分26秒 | 鎌倉あれこれ
龍口寺・満福寺・江ノ島周遊(7) (鎌っこ倉ぶ) 2006年9月21日(土) ■江ノ島サムエルコッキング苑で昼寝  江ノ島サムエルコッキング苑に入る。木戸銭は200円。園内のマイアミビーチ広場という怪しげな名前の展望台から,片瀬海岸と七里ヶ浜海岸を見下ろす。弧を描く長い海岸線が光っている。素晴らしい眺望である。  ブラブラと園内の遊歩道を歩いて,松本広場を抜け,江ノ島展望灯台に向かう。  先着の . . . 本文を読む
コメント

龍口寺(藤沢)・満福寺・江ノ島周遊(6)

2006年09月27日 06時55分58秒 | 鎌倉あれこれ
龍口寺・満福寺・江ノ島周遊(6) (鎌っこ倉ぶ) 2006年9月21日(土) ■江ノ島大師参拝  私達は,商店街を海寄りに入ったところにある江ノ島大師を参拝する。ここには国宝級の仏像が祀られているという。  境内入口に立っている赤鬼の立像(閻魔様?)が印象的である。本堂では沢山の信者が集まってお焚き上げの行事を行っている。信心が足りない私には,何とも異様な雰囲気に感じてしまう・・・・と,言いなが . . . 本文を読む
コメント

龍口寺(藤沢)・満福寺・江ノ島周遊(5)

2006年09月27日 06時40分37秒 | 鎌倉あれこれ
龍口寺・満福寺・江ノ島周遊(5) (鎌っこ倉ぶ) 2006年9月21日(土) ■江ノ島神社  再び引き返して,長い階段を登って,商店街に入る。軒を並べる飲食店から盛んに声が掛かる。美味しそうな匂いが漂ってくる。シラス丼900円に思わず引き込まれそうになる。そんな誘惑を断ち切って,江ノ島山頂にある江ノ島神社(中津宮)で小休止する。広い境内である。立派な社殿は平成3年に大改造を終えたとお師匠さんが説 . . . 本文を読む
コメント

龍口寺(藤沢)・満福寺・江ノ島周遊(4)

2006年09月27日 06時24分30秒 | 鎌倉あれこれ
龍口寺・満福寺・江ノ島周遊(4) (鎌っこ倉ぶ) 2006年9月21日(土) ■江ノ島へ  満福寺を出てから,電車道を横切って,腰越橋を渡る。  スケルトン氏と私は,砂浜を通って江ノ島大橋に向かう。その他の方々は国道134号線沿いの遊歩道を歩いて江ノ島大橋に向かう。残念ながら,江ノ島へ向かう遊覧船は就航していない。長い江ノ島大橋をブラブラと渡る。  途中で,十王岩グループのT氏とバッタリ会う。懐 . . . 本文を読む
コメント

龍口寺(藤沢)・満福寺・江ノ島周遊(3)

2006年09月26日 19時39分03秒 | 鎌倉あれこれ
 参拝料を支払って,満福寺を見学する。  廊下で可愛い猫が香箱を作って,のんびりと昼寝をしている。昔から,夏の暑い時期には,  「涼しいところは猫に聞け・・・」 とよく言われる。  私は,犬よりも猫が好きである。ノッタリと気儘に振る舞う猫に大変な魅力を感じている。気持ちよさそうに寝ている猫を,起こさないように気を遣いながら,写真に収める。 . . . 本文を読む
コメント

龍口寺(藤沢)・満福寺・江ノ島周遊(2)

2006年09月26日 09時35分01秒 | 鎌倉あれこれ
龍口寺・満福寺・江ノ島周遊(2) (鎌っこ倉ぶ) 2006年9月21日(土) (つづき) ■満福寺参拝  龍口寺を後にした私達は,龍口寺輪番寺が立ち並ぶ腰越3丁目と5丁目の境に沿った小径を通って,満福寺へ向かう。住宅地の中の狭い道は静かだが,時折自動車が通るので避けるのに往生する。折からお彼岸とあって,何時も閉まっている霊鷲寺の山門が開いている。この寺の境内を覗くのははじめてなので,境内の風景 . . . 本文を読む
コメント