アクセサリー&イラスト作家・悦のブログ

水と空気のきれいな神奈川県秦野の彫金工房【etsuspoon】です。銀、真鍮の手作りアクセサリー&イラスト作家です。

10✖️10版画展

2021年03月22日 | 版画
忙しくて久しぶりのブログ更新です。

3月25日から銀座中央ギャラリーにて版画展に参加します。

昨年は、初日と同時に緊急事態宣言のため
自分も行けませんでした。
今年こそは!のリベンジです。

作品は3点は新作、1点は過去作品です。

最近、新らしい版種にトライしています。
その名もキモプレート。
↑この名前見たら「気持ち悪いの?」とか「キモ!」とかみんな言うね。
キモプレートはきもとさんが作ったものらしいですよ。



キモプレートはリトグラフ版画です。
版面を薬品で油性と水性に分けて
インクの付くところとつかないところを作って刷ります。

↑わからないよね(-.-;)だいたいリトグラフ自体がマイナーな版画。

オフセット印刷の元祖って言えばわかる人もいるのかな?

キモプレートは今、実験段階なので
まとまったら冊子にしようと思っています。
不確かな部分がまだあるので研究中です。

でも、基本的に簡単な版画なので
版画や印刷好きな人には体験してもらいたいなあって思っています。

さてキモプレートの説明はまた今度にして展覧会のご案内です。

なんとかできた実験中の作品を展示します。
銀座中央ギャラリーは銀座1丁目奥野ビル4階にあります。
是非、体調管理の上お越しくださいませ。
他の作家さんのクオリティーが素晴らしくて
私も行くのが楽しみです。(行けるかな?)



こんな感じの作品がキモプレートのリトグラフです。

アルミ板のリトグラフと紙ドライポイントも出します。

よろしくお願いいたします。



コメント

寝床で養生お絵描き

2021年01月31日 | イラスト
喉が痛いです。
熱はないです。
更年期なのかな、なんか調子悪いです。
このなんかが、なんとなく曲者。
まあ、人生騙し騙しだと思っているのですけれど
やることが溜まっています。
そして2月3日は初午でイベントに出ますので
治さなくてはいけません。

こういう時は寝る。
そうは言っても一日中は寝られませんでした。
子供たちもいるしね。

なので
仕事も集中力なくてダメなので
最近覚え始めたお絵描きアプリアイビスペイントでお絵描きしました。

今までは「プロクリエイター」使っていたの。
今も一番慣れているし、描くってだけだったらいいのだけれど、
アイビスペイントは

漫画も描ける
ベジェ曲線も使える
ワープ変形もできる
選択したところがマスクした状態にできる(塗ったものがはみ出したりしない囲みができる)
フィルター機能で色補正ができる(主線を黒で描いた後好きな色に変更可能)
丸三角四角などもらくらく
左右対称もかける


こんなの描いてみました。


フィルターでいろいろやってみた↓





秒で色が変えられる。アイビス天才!
Photoshop使わなくても色々できるわい。
CMYKがあればなあ。(あるのかな?気づいてないだけ?)



などなど。
私のは1200円くらいの有料アプリなのですが
広告見たら使える無料版でもある程度のことができちゃう。

下書きはレイヤーというトレーシングペーパー重ねていくみたいな機能で描けば後で消せます。
チュートリアルもいっぱいみれるので
この二日くらいはアイビスデーでした。

まだ全回復出ないので・・・
寝るよ(( _ _ ))..zzzZZ

コメント

憧れのベーグル焼けた

2021年01月31日 | 美味しいおはなし
私は白い粉が好きです。

以前、粉のことを書いた記事はこちら


今日はずーっと焼こうと思っていたのに焼かなかった
憧れのベーグルを焼きました。

やったやったー!

最近太っちゃったのでパンも減らしていましたから
喜びはマシュマロマンのように大きいです!



じゃーん!

そうそう!このまったりしたと色!!
ずっしり感半端ないね!

普段、パンを焼く時
基本の量は粉200gベース
プチパン8個焼けます。
この量だと
フードプロセッサーでコネができるので
1分半くらいグリングリン回していればこねた感じになります。
発酵させる場合はこの中に入れたままモーターの熱で1次発酵です。

今回のベーグル

まずベーグルってものがどんなものかというと
発酵作業がないのが大きな特徴です。
そして、その代わりに茹でる!

なんでこんなこと考えたんでしょうね。
元は東欧系ユダヤ人の食べ物だったようです。
塩気強めで油を使っていないので
湿気を防げば長持ちするとか。

今回作ったベーグルは
300gの強力粉
ドライイースト5g
砂糖20g
塩3g
50度のお湯180cc

粉類を全てフードプロセッサーにぶち込んで撹拌
長押ししない1秒押しを繰り返しながら蓋の注ぎ口から
コーヒー豆に注ぐみたいにお湯を注いで
その後1分半ほど長押ししたら取り出す
4分の1ずつに分ける
丸めてラップかけて4分ほどしたら
2センチぐらいの平円盤に伸ばしくるくるクッキーみたいに巻き
端に端を詰めてドーナツ形にし繋いだところは指で摘んで密着させる
ぐらぐらしない沸騰したお湯に蜂蜜を大さじ4杯
そのお湯で表裏各1分ぐらい茹でて網パッドにあげ水気を切り
クッキングシートを敷いた天板に乗せ
200度のオーブンで15分焼いた

ザザっと一気に書いたのは
わかりやすい記事をあげてる人がいっぱいいるから
そして、ザザっと書いた通り工程がシンプル

●量る1分
●混ぜる2分
●だして4等分に丸めてベンチタイム4分
●茹でる2分
●円盤に伸ばして巻いて繋げる作業5分くらい
●オーブンタイム15分

ね?
30分あれば余裕でできる!
通常パンを焼くとなんだかんだと3時間ぐらいかかるのに
お好み焼きとかの勢いで焼けちゃった


投稿する予定じゃなかったから皿ダサ!!

ストレスフリーな粉遊びの時間でした。
ちょっと遅めのお昼にも間に合ってハッピー満腹。








コメント

コーヒーのラベルを描いています

2021年01月26日 | チョコレート・コーヒー・バナナ

カフェえんぴつ猫さんにはカフェインレスのコーヒーがあります。
それに伴ってギフトラベルを作っています。


ブラジル

かわいいでしょ?

若かりし頃
「ママは九の一」というギャグ漫画をちらっと考えたんですけど
そこからの展開です。
突然のトラブルが起こる育児もやりこなしながら
クノイチとしての先鋭な直感力もある
そんなお話でございました。



コロンビア

私が育児・授乳中はスリングが流行っていました。
ほいっと袋に入れ込んで
さささっと出かけていました。

おんぎゃーと泣けば
またまた袋に入れ込んで
くるっと回しておんぶしお料理

またくるっと回して
ぺろっと出して授乳

スリングは幅が広いから広げれば
おっぱいなんて見えないしね

なんて楽なんだろうって感動したけれど

最近は使っている人見かけないなあ。

子供がいるから〇〇できないとかも
探り出せばいっぱいあるかもしれないけど
ささっと忍術を使うように
颯爽とできることを楽しんで欲しいなあ。
というような気持ちを込めたラベルです。

スリングは育児後もちょっと重い段ボール箱を運んだりするのに重宝です。
荷物の下ををスリングに引っ掛けると軽々と運べるので
今も1つだけお部屋に置いてあります。

育児は楽しく楽にやりたいね。

日光江戸村とか行きたいなあ。
太りすぎて飛び回れないなあ。
シニア忍者目指して少し動こう。


【↓お仕事のお知らせだよ】

自分でホームページやりたいけどなんかうまくいかない、とか
センス良い感じにしたい、とか
イラストで雰囲気あるバナーを入れたい、とか
雰囲気の良いチラシが作りたい、とか
オリジナルグッズを作りたいけど入稿できない、とか
お手伝いをお仕事にしています。
相談してみて下さいね。

 




パンフレットも作れますよ
コメント

肉を抜いたら「まん」

2021年01月11日 | 美味しいおはなし
今日の粉遊び、花巻。

肉まんの皮のレシピをくるくるっと巻いてきってひねって
お花のような形にします。

もちもちして美味しいけれど。
ただの塩味だから物足りないだけかしら?
前回作った肉まんが美味すぎたんだわさ。

息子に見せたら
「肉まんか」っていうので
「肉なしだよ」って言ったら
「・・・ただの“まん”か」
「・・・・・」

酢豚の酢を入れ忘れたこともあるけどね。
そちらは“ただのブタ”。

ケーキに小麦粉入れ忘れたことあったけど
それはなんていうんだろうか・・・・
コメント

成長した子どものおやつ

2021年01月11日 | 美味しいおはなし
最近、粉遊びを復活している。

例の白い粉。

うちには長女中2と長男小4がいる

それぞれ好みが違っていて
長女はジャンクが大好き
ペ〇〇グとか〇ックのナゲットとか
気がつくとべ〇〇スターとか貪り食べている

一方、長男はチョコレートやグミが大好き
お腹が空いたらロールパンを齧る

子どもの頃はおやつをいろいろ作っていたけれど
お勤めを始めたらそんな暇がなくて
お休みの日に、なんて思ったけれど
「お休みの日ぐらい好きなお菓子が食べたい」っていうんでね
作らなくなりました。

そんな子ども達も
長女は趣味ジャンクなので食べますが
作ったものの美味しさにも目覚めたのか
作ると美味しく食べてくれるようになりました。

ふと思い出して
子どものおやつの本を見る👀



うーん、すっごく便利にまとめられてる!!
すっごく簡単におまんじゅうの作り方なんて載ってるわけです。

読み返していたら楽しくなっちゃって。
今頃「子どものおやつ」を作りたくなっています。

【子どものおやつの本の良いところ】
●材料が凝ってない←いつでも作りやすい
●レシピの量が少ない←失敗しても食べ切れちゃう量、笑笑
●アレンジがいろいろのってる←何やってもいい感じが敷居が低い

今日は何を作ろうかな。
いちごジャム煮たので
いちごジャム花巻なんてどうかしら?
ベロベロしちゃうかな?
少し何か粉を混ぜて・・・・・妄想

コメント

捨てる?捨てない?

2021年01月10日 | デザイナー日記
最近、いろんなものを捨てている。

20代の頃はこれのいろんな太さで絵を描いていました。
1本3000円前後するペンなのですが、
最近使ってなかったら固まってた(´;ω;`)

10本ぐらい捨てた。チーン・・・・

使わなかったからしょうがないよね。
また使いたくなったら買うでしょう。

このペンの良いところは
ひたすら細いことと
黒い線のインクの厚み。
しっかりと黒いので
漫画みたいなモノクロイラスト描いた時
物凄く綺麗な線です。

で、こんなにたかいペン達を捨てているにも関わらず
折れた木のフォークが捨てられなかったのです。

なんででしょうねぇ 謎。


多分、この辺の紐うねうね巻き塗り塗りした感じが捨てられなかった要因。

取っておいても仕方ないけど
捨てられなかったので「つけペンの軸」にしました。

つけペン自体、最近使ってない(^_^;)のに

でも良い感じでハマったので
これを機につけペンも楽しんじゃおっかな。

便利だからiPadばっかりだったけど
アナログのいいんだよね
墨の匂いとか

描き心地はどんなもんじゃろ

描き心地は次回(ほんとかな)





コメント

白い粉は至福の時間

2021年01月09日 | 美味しいおはなし

コメント

今年のキーワードは?

2021年01月04日 | デザイナー日記
正月も明けたので
そろそろ始動準備。

昨年末から年始にかけて
よく耳にした言葉・・・

じわる
そうなのね。
じわるってワードも最近の言葉なのかな?

どうやらじわじわくるってことらしいですね。

私の作品は「じわる」らしいです。

なるほどなるほど。

なんとなくその指摘にしっくりきたので
今年のキーワードは「じわる」で行きたいと思います。

ついつい見ちゃう
それによって化学変化が起こる
作品が誰かにじわってしっくりくるといいな


コメント

2021年もよろしく

2021年01月02日 | デザイナー日記


元旦に初版画刷りました、笑笑

おせちを食べ
お雑煮を食べ
ゴロゴロ
洗濯
プチ掃除
ゴロゴロ
届いた年賀状を見て
版画を刷る

そんな元日でした

元旦は実母の誕生日なので
毎年の集まりには姉妹3人でケーキやプレゼントを用意しますが
今年はコロナ禍とあって
母は肺が弱いので怖がっているので集まりは無しです

31日に秦野に住む3姉妹で実家でワイワイおせちを作っているんだから
もう無礼講な気もしちゃうんですけども

そんなわけでどうも、子供たちにお年玉の機会が・・・ない?
何かこれからあるのかな〜
子供たちも何も言わないのですけれど・・・

さ!今年も刷るぞー
(今も刷ってて休憩中)




コメント

人物FOOD記 その後

2020年12月14日 | 秦野の仲間たち
応募頂いている版画企画「人物FOOD記」。

あっさり「鰻!」っていう方もいれば、
化粧の濃いMおばちゃんの作る静岡おでんだの、濃厚なネタを繰り出してくださる方もいらして
調べないとかけねー!
おばちゃんの似顔絵描いて!だの
和気あいあいと進めています。

皆さんの記憶もいただけちゃって
ほんと、楽しい企画です
考えた私天才かも?


チラ見せ、笑
濃いおばちゃんの顔はまだ秘密

参加者、まだまだ募集中です
お待ちしています


コメント

コブナ染め

2020年12月14日 | デザイナー日記
本当は秋の草らしい「コブナグサ」
って歌ったら
「えっちゃん、違うわよ」って上品に否定されまして。
(ちょっと考えればわかるもんね)


淡水魚の淡水魚のフナ似いているところからの名前らしいので
100%違ってたわけでもないのかな


モサッ

雑草・・・なのよね。
野の草って雑草呼ばわりしたくないんだけど
あちらこちらに生えている
(探そうとすると案外ないかったけども)

その草を使って染物をしました

モワモワもわー

鍋にギッチリ入れましたよ

【染めの工程】
基本は染めるものの重さ1 : コブナグサ1
この日は草がいっぱいあるとのことでコブナグサ2の割合で煮出しました。

一煎目とニ煎目を足して使うとのことで2回煮出しました。

お水はヒタヒタ。ギッチリ詰めてやっと浸かるくらいでオッケイ
お水から煮込んで15分沸騰→濾して
またコブナグサを戻してヒタヒタでもう1回同じようににて濾します。

染める布地は水につけてよく馴染ませておきます。
水の染み具合にムラがあると染めの仕上がりにも影響してしまいますので。

アルミ媒染のためにミョウバン5〜10g(布の量による)を熱湯で溶かして布が浸るくらいまでの水を足しておきます

ここで本当は中媒染の予定だったらしく
コブナ液→媒染液→媒染液ごとコブナ液に再投入という過程で煮る予定だったのですが

間違えて媒染液にどっぶーん

ええ!違ったの?となりましたが
これって先媒染っていうらしいです。

そしてラッキーなことに染めやすかった!


ムッチャすぐに染まり出した!


中媒染の人もちゃんと染まってた

簡単でしたよ、コブナ染。


後日、コブナグサを探しつつお散歩したのですが
なかなか見つからず、帰り道に1箇所ある場所を見つけて
「コブナ通り」と名づけて帰ってきました。
来年季節になったら「コブナ通り」に行けば会えるでしょう。

染物で季節が感じられるっていいですね(^^)










自分でホームページやりたいけどなんかうまくいかない、とか
センス良い感じにしたい、とか
イラストで雰囲気あるバナーを入れたい、とか
雰囲気の良いチラシが作りたい、とか
オリジナルグッズを作りたいけど入稿できない、とか
お手伝いをお仕事にしています。
相談してみて下さいね。

 




パンフレットも作れますよ
コメント

版画企画始めました

2020年11月24日 | 版画
365日版画に向き合ってみたい

頼まれたら休めないもんね

そんな単純な理由で始めました






そしたら

食いしん坊さんは
湧き出るようにおいしいものの話をしてくれて
楽しいこと楽しいこと

知らない食べ物
調べないとわからないもの
時代が古くて資料送ってもらうもの
わんさか出てきました

登場人物が限定で特殊だと
自分の中のイメージとなんとかつなぎ合わせて
よっしゃって形にする
勇気もいるわー

でもすっごく楽しい

美味しいものってマイナスがない
ハッピーなんだよね

始めてよかったなあ

会ったことある人優先ですが
我こそは!っていう人もお声かけください



コメント

切手が大好き

2020年11月04日 | デザイナー日記
久しぶりにお手紙を書きました。

メールで手っ取り早い時代だけれど
アナログな郵便物が大好きです。

昔はサイズなどにもおおらかで
かなり厚めの板でもハガキサイズで通常価格で届いていたような気がします。

箱に針金でタグをつけたレトロなものなども出しましたし
変な形のハガキも作って出しました

今も変形ハガキは届きますが 通用するのは日本だけのようです

もう30年も前になりますが 
友達は旅行先の海の町から スルメに切手を貼って出したとか
ぺったりと重なって回収された中に「香りの封筒」のラブレターとかあったら
悲惨な状態になりそうだなあ・・・

郵便物の良いところは「質感」が届けられるということ

スルメは別として 紙の手触り 厚み 匂い 温度 時間までも届けられる

真夏には夏の温度で届くし
雨の日はしっとりと空気の水分と共に届く
その時の温度や自分の状態も記憶に残る

葉書に関しては紙がペラっと届くという風情も素晴らしい


烏滸がましく郵便物を語ってしまいました

でも欠かせないのが切手!


この印刷の特色をチェックするためのマルポチがたまらなく好きです

「ああ この赤を出すためにはマゼンタの部分を少し朱色がかった色に変えているんだな」とか
「この粋なグレーは特色追加して印刷したんだな」とか
「金色にも緑っぽいとか赤っぽいとか使い分けているんだな」とか
「黄土色を下地に入れるとこんな高貴な色合いにできるんだな」とか とかとか
見ていて飽きません

なので懐に余裕があればシートで購入が基本です
マルポチをゲットするために

しかし近年の切手の価格変動が大きかったため
昔の切手が1枚では使えなくなりました
なので
もう少し4円とか半端な切手にも素敵なデザインを投入していただきたい!
と切に思っています

そういえば郵政のサイトでオリジナルの切手も作れるようです
やってみたいなあ ちょっと割高だけど







家でできるお仕事募集中です💗
 


□パソコンが苦手な方のフォロー
□ホームページのクオリティーをあげたい人向けバナー作成
□DM・チラシ・パンフレットのデザインからデータ作成・入稿まで
□オリジナルグッズなどを作りたい人の入稿フォロー
□イラストレーション
などできます
 
********************
 
コメント

続・お菓子屋さんの軒先で布ラップ作り

2020年10月01日 | デザイナー日記
みんなで
お菓子屋さん『丹沢講房』さんの軒先で
布ラップ作りやりました。


夏蜜柑の木の下で。

やる人が立ってて
喋ってる人だけ座ってるってすごいね、笑。

椅子、勧めたのですけどいらないってことでした。
虐待ワークショップではありません。


当日は気を抜くと(誰が?)雨が降りそうなお天気でしたけど
結局3時過ぎぐらいまで
チョコチョコと途切れることなく
人が来て
材料もちょうどいい感じで終わって
気持ちの良いワークショップでした。

ネット検索すると
松ヤニ混ぜたりオイル混ぜたり
鍋でやったり
オーブンで溶かしたり
いろいろ出てくるのよー

みんな言うのよね
「どれがいいのかわからない」って。

実は私はどれでもいいと思ってる。

まず始めてみて
楽な方が続く・・・と

慣れたらレベルアップしたり
工夫したらいいんじゃないかな。

なんて言ったって
現時点、出発点はゼロなんですから
いきなり完璧じゃなくてもいいかなって。

って事で
今回は
精製蜜蝋ワックスのみを使用して
布ラップ作りました!

🌿準備したもの🌿🌿🌿🌿🌿

●アイロン
●クッキングシート
●蜜蝋(精製)
●布

🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿




クッキングシートを大きめに切って広げたら

だいたい20センチ角程度の布に蜜蝋チップ15グラムを用意。
パラパラと蜜蝋チップを広げていきます。
チップだと目分量で覚えていける。
10粒くらい修正用にパラパラせず取っておきます。


ジュージュー

蜜蝋がしっかり溶けたら均一に広がるようにします。
足りないところは一粒ずつ再度乗せて溶かすといいですよ。

できたら冷まします。

冷めたらクッキングシートをはがして
余分なワックスを取り除いて完成ですw。

簡単です❤️

↓で、こんな感じ

手で温めて馴染ませて使います。
はっきりした柄が映えますね!




ここが丹沢大山国定公園入口、蓑毛にある『丹沢講房』さん。

今日のおやつ兼ごはんはカボチャぷりん。
濃いカボチャプリンにね〜
むっちりした生クリームがのってて
そこにシナモンクランブルを振りかけていただきました。
「カボチャタルトの味になる」ってことでしたけど
うーーーーん、考える前にとにかく美味しくて食べ終わっちゃった。




何故かいつも立ってやっちゃうって言う習性の方もいらっしゃいました
オモロ。プレーリードックか。

お誘いがあったので次回は10月18日に
秦野の五十嵐商店さんにて猫ちゃん譲渡会にて
猫布ラップ予定しています。

あそびにきてね。





ホームページのバナーを作ったり
無料サイトを使用してホームページ作ったり
基本、自分でやりたいけど
なんとなくうまくいかない、とか
センス良い感じにしたい、とか
イラストで雰囲気出したいとか
そういうのできます。
家でできるお仕事募集中です💗
 


□パソコンが苦手な方のフォロー
□ホームページのクオリティーをあげたい人向けバナー作成
□DM・チラシ・パンフレットのデザインからデータ作成・入稿まで
□オリジナルグッズなどを作りたい人の入稿フォロー
□イラストレーション
などできます
 
********************
 
コメント