日々緩々。

もっとゆったり、のんびり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鹿男あをによし 第2話

2008-01-24 23:40:44 | TV・ドラマ
喋る鹿から“運び番”に選ばれた小川

狐の使い番の女??サンカクって何ぞや?
全くもって何を言ってるのかわからない、と思いつつ見ていましたが

京都伏見の狐、大阪のねずみとか、その地域に関連した逸話のような説明は
聞いてるだけで面白いですね

大和杯のプレートが“サンカク”を指すということがわかり… ん?怪しいのはリチャード??
いや、でも大阪のねずみの仕業ということは、あの南場って人なのか??

道子の酔っ払いっぷりがホンワカして可愛いかったなぁ
長岡との扱いの差が露骨すぎたけど(笑

結局、長岡=狐の使い番ではあったのかな?
八つ橋のオチも可笑しかった~
…てゆーか福原どんだけ食べるんだよ(笑

結果としてモノを奪われてしまった小川が付けられたしるし
鼻だけ鹿の鼻になるのかな?と思ったら、甘かった…

頭全部鹿かい!(爆

いやぁ~。一回鏡見てからもう一度ってのが良かったですね
で、愕然とした表情のところにあのエンディングテーマが重なって!!
ハマってしまって、もう大爆笑でした
このエンディングはしばらく後を引きそうです。。。

サンカクを取り戻すには大和杯で勝って、という展開になるのかな??
堀田は初回に剣道やってましたよね?
彼女が剣道部に入ってくるんでしょうかね

うむぅ、ますます原作読みたくなってきましたー
ドラマ見た後の方が良いのか…悩みます

コメント   この記事についてブログを書く
« あしたの、喜多善男 第3話 | トップ | 薔薇のない花屋 第3話 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

TV・ドラマ」カテゴリの最新記事