日々緩々。

もっとゆったり、のんびり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ、引越します

2008-04-12 09:47:14 | お知らせ
2008年春ドラマも、ぼちぼち始まって…
そんなわけで、ブログの体裁にも急に焦りが出始めました

宣言してからけっこう時間が経ってしまい、何だか
このままでも良い様なテンションになりつつありますが…?!
そこは騙し騙し行くとして(爆

えー、引越し先の準備がほぼ整ったので、
この記事アップ以後はそちらへと移行致します

こちらのブログは、更新ストップのまま削除はしないつもりでいます。
完全放置はせず、今までと同様のペースでチェックはしていく予定ですので
ここにTBやコメントをくださった際には、こちらからお返しできると思います。

過去記事の移動、できればしたいのですが…
fc2がgooに対応してくれれば、その機にやりたいと思います。
少しずつ手動でというのには気が向かないもので

しばらくは安定しないかもしれないので、
お越しくださっている皆様には、ご迷惑をおかけするかもしれませんが…
その辺りはご容赦くださいませ

では、今後ともよろしくお願い致します


引越し先↓

日々緩々。(FC2blog)
http://hibiyuru.blog10.fc2.com/

コメント

ロス:タイム:ライフ 第9話

2008-04-06 10:33:37 | TV・ドラマ
楽しみにしていた大泉さんの回!

なのに…眠気に勝てず…最初の方は白目むきながら見てました(涙

このドラマ、何回か見逃していたのですが
けっこうバラエティに富んだルールが色々出てきてたんでしょうか?

今回はロスタイムの単位が“年”という…
確かに引き篭もってしまってからの年数をそのまま当てると
そのくらい?になるんでしょうけど…

Q&Aサイトに出すのとか、夢うつつで見ていながらも笑っていました(気味悪い
大泉さんのことだから、他にも色々面白いところがあったんだろうなぁ~
今さら悔やんでます

母が倒れたことがきっかけとなって、とうとう部屋から外の世界へと踏み出した…
玄関で裸足で躊躇する様子には、殻を破りたいけど破れない、
長年のジレンマと闘う姿がすごく伝わってきて、じれったいながらも涙が出そうになりました

それから11年後。
社会復帰して、夢であった医者になった謙太郎。

それまでの彼とは打って変わって、意欲に満ちて仕事に取り組んでいました
看護士さんたちからの評判も少なからず良い感じ。

家に帰ると、妹が食事の支度をしていて…
母がいない…助かったのか?!もしかして?!と思ったら
別宅?にいたらしく、一安心。

母に当時のことを謝り、妹には結婚おめでとうと伝え
ロスタイムを全うし、まさに天国への階段を上っていった謙太郎。

ある一つの形を築いたところで、残念ながらも潔い結果と言うか…
切ないけれど良いお話でした~

で、これで終わりかと思っていたら、特別編というものがあるようで。
これを見たら、色んな謎が解けたりするんでしょうかね??
ちょっと興味あり…時間が合えば、見てみようと思います
コメント   トラックバック (16)

今さらながらドラマ感想

2008-04-02 23:11:20 | TV・ドラマ
旅行中に録画したドラマ、ようやく見終わりました~

厳選して、
『薔薇のない花屋』、『あしたの、喜多善男』、『鹿男あをによし』の
計3本(薔薇に関しては2週分)を撮っておいたわけですが。

一番最初に見たのは『善男ちゃん』でしたよ
回を重ねるごとに面白い面白い、と一緒に見るようになった夫に
「まずは善男でしょ」と先導されて見始めました(笑

しのぶの朗読、みずほの気付きにはじんわり涙。
あの絵に似た場所にたどり着き、煙突に上ってネガティブを呼ぶ様。
自らが決めた唯一のことを、最後には分裂した人格に背中を押してもらおうとする善男の姿には、
なんとも言えない寂寥感のようなものが湧いてきましたね…

彼を止めたのはやっぱり平太。
二人の間には並々ならぬ友情が芽生えていたんですね~
善男の明日が続いていく、希望の有るラストには大満足でした


そしてお次は『鹿男~』。
これは原作既読なので、儀式がどう映像化されるのかと、
藤原が女性というところでどう持っていくのかが期待でした

儀式は意外に時間を取らず、けっこうあっさりと済んだ感が。
この辺のCGはもう少し丁寧に作ってほしかった気も…

道子と堀田と小川のやり取りは思った以上にじっくり描かれていました。

道子の告白をすんなり?受け入れる小川はちょっと意外でしたが
お似合いな二人がハッピーエンドで何よりでした

堀田がぎこちなくキスするシーンは甘酸っぱーな気分に(爆
ホームに残された彼女の切ない視線がすごく良かったです

強いて言うなら最後、指輪までは見せなくても…
その辺はボカシても良かったかなぁと思っちゃいましたね

シゲさんは思わせぶりな発言連発でも、あれが素だったということで!?
しかしあのキャラは新しかったな~(笑


で、最後は『薔薇~』。

舜が頑なに自分の生き方を貫いていたのはわかったのですが、
英治からもらったROMで涙するには早い気がしました
心が解けたという描写が少なくて、急にまとめた感が否めなかったというか…

美桜と父のバラ園も、1年であんなにうまく行くの?!と突っ込みたいところですが
実はメールで繋がっていたという居場所の謎解きや
忘れてしまおうの花言葉はロマンチックで良かったです

英治の影のあるキャラは最後まで馴染めなかった気もしますが…
幸せの真ん中に佇み涙する彼を見ていると、もしかしてスゴク悪いヤツなんじゃないかとか
一時でも疑って悪かった!と謝りたくなりました(爆

ま、何はともあれ雫の笑顔があればオールオッケーってとこです


冬ドラマ、いつのまにか見なくなってしまったものも多かったですが、
逆に最後まで見続けていたものは中身が濃くて充実してました~!

もう少しで春ドラマが始まりますが、チェックの時間が無く
どんなのがあるのか全くわかりません
またハマれるものが一本でもあるといいな~。

無理せずのんびり視聴していければと思います
コメント (2)   トラックバック (1)