旅する鯉、睡眠中。

旅や広島カープ、映画など、いろいろ気の向くままに書いてみよう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」

2006年03月07日 | 映画
★★★☆☆

実在の歌手ジョニー・キャッシュの自伝的映画。
そして、昨日発表の米アカデミー賞で
リーズ・ウィザースプーンが主演女優賞を獲得した映画。

ホアキン・フェニックスが演じるジョニー・キャッシュがこれ、
とんでもないダメ男。
最初の方は男の存在感って感じをムンムンに放ってるんですが、
後半はもう、ダメダメ。

そんな男の隣に立つ女、
ウィザースプーンが演じたジューン・カーター。
この人がとにかく魅力的。

ホアキン・フェニックスもダメダメっぷりを見事に演じているのですが、
そのぶん隣のウィザースプーンがなんともまぶしく見える。
強くて優しい、とにかく芯のある女。
これぞ理想の女性、と思わせた。

ストーリーは、ありきたり。
女はべらして、
ドラッグにおぼれて、
子どもの頃の兄弟の事故がトラウマになってるってとこまで、
なぜか「Ray」にそっくり。

主演二人はがんばって吹き替えなしで歌声も披露した訳ですが、
こう鳥肌立つくらいのインパクトはない。
ここでもウィザースプーンはなかなかではあるけど。

リーズ・ウィザースプーン、
次回作のギャラは、ジュリア・ロバーツを抜いて、
過去最高額だそう。
オスカーもゲットして、もう飛ぶ鳥落とす勢い。
今後注目度ナンバーワン女優だろう。

そう、この映画、ウィザースプーンを観る価値はある。
残念ながらそれ以上でもそれ以下でもない。


追記
ブログで他の方のレビュー見て知りましたが、
主演のホアキン・フェニックスって、
リバー・フェニックスの弟なんですと!!
あれ?この映画観る人にとっては、そんなの常識なんすかね。
ちょっとびっくり。面影ないし。
何しろジョニー・キャッシュのことを全く知らないので、
ホアキン・フェニックスのなりきりっぷりも分からない俺。
それにしても兄貴は本当に惜しい俳優だった、
としみじみ。

コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 「クラッシュ」がオスカー作... | トップ | 北海道考 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ミチ)
2006-03-09 09:17:59
こんにちは♪

かくいう私もリバーとホアキンのことを記事に書いていた一人です(笑)

彼らが兄弟ということを知っているのはちょっと年齢の行っている人かもしれませんね~。

容貌も全く似ていないし。

でもリバーがクスリで亡くなった時にホアキンは一緒にいたんですよね。

そんな辛い過去も演技に反映されていたのかなと思いました。
Unknown (ef)
2006-03-09 17:20:01
コメントありがとうございます!

ほんと意外な発見でした。

クスリといい、兄の死といい、

フェニックス兄弟のことを知ってたら確実に

観ながら思い出したでしょうね。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

★「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」 (ひらりん的映画ブログ)
久しぶりのTOHOシネマズ川崎で鑑賞。 相変わらず、土曜のレイトショウでもすきすきの映画館。 0:50からの上映だったので5~6人くらいしかいなかったよっ。 しかし、2005年のアカデミー賞に5部門ノミネートされてる強豪ですぞっ。
ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 (ネタバレ映画館)
 兄ちゃんを失った悲しみを知るホアキン・フェニックスならではの演技。冒頭の電気ノコギリには近寄りたくもないぞ・・・
映画「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」★★★☆ 実在した1950年代のカントリー歌手、ジョニー・キャッシュの物語。 カントリーというジャンルには全く明るくないので、それほどまで親しみを感じることはなかったけれど、やはり歌はいい。ジョニー(ホアキン・フ
ウォーク・ザ・ライン 君につづく道(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジェームズ・マンゴールド 【出演】ホアキン・フェニックス/リーズ・ウィザースプーン/ジニファー・グッドマン/ロバート・パトリック 【公開日】2006/2.18 【製作】
ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 (toe@cinematiclife)
第78回 アカデミー賞   主演男優賞 ホアキン・フェニックス   主演女優賞 リース・ウィザースプーン   編集賞   衣装デザイン賞   音響賞 全5部門ノミネート作品 あぁ、なんだか羨ましいなぁ・・この二人。 見終わったとき、そんな感想が真っ先に思い浮かぶステ
【ウォーク・ザ・ライン/君につづく道】 (あ!CINEMA365DAYs)
評価★★★★★実在の人物ジョニー・キャッシュ彼について描かれた作品愛情のいろんな面が。愛の喜怒哀楽脚本・演技とっても良かったです泣きのポイントがあちこちに。【おまけのコメント】主演のホアキン彼の行動・セリフにホアキンの亡き兄、リバーを思い出させる場面が...
ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 (何曜ロードショー)
ジューン・カーター、ジューン・カーター時間を おくれ  June Carter, June Carter  Would you give me some time?いつまで待てば君は俺のものに?  How much longer will it be till  Till I can call you mine?ジョニーに会ったら伝えて彼のものになる ...
『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ'50年代アメリカ、妻ヴィヴィアン(ジニファー・グッドウィン)と暮らすセールスマンのジョニー(ホアキン・フェニックス)はミュージシャンになることを決意。彼は音楽への道を進むなかで、憧れの女性シンガージューン(リース・ウィザースプーン)を追 ...