広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ミッション」 (映画)鑑賞評価&初回

2017-06-25 00:03:13 | 映画の紹介

 

 

こんにちは!

 

今日映画紹介するのは、
ミッション(The Mission)です。
1750年イエズス会ポルトガルの宣教師たちが、イギリスの植民地、ここでインディアンに宣教をすると愛を施す映画です。
実際に基づいて作成された映画だとします。

 

 

 ミッション』(The Mission)は、1986年のイギリス映画。1750年代、スペイン植民地下の南米・パラナ川上流域(現在のパラグアイ付近)を舞台に、先住民グアラニー族へのキリスト教布教に従事するイエズス会宣教師たちの生き様、彼らの理想と植民地社会の現実や政治権力者の思惑との葛藤を描く。

1986年度カンヌ国際映画祭パルム・ドール、アカデミー撮影賞、ゴールデングローブ賞脚本賞受賞。

The Mission: On Earth As It Is In Heaven 出典: https://youtu.be/KUy5D0RKvfk

 

 1750年、南米でのミッションに行ったイエズス会宣教師(ジュリアン花嫁)が殉教を受けるようになる。

ガブリエル花嫁(ジェイミーアイオンス)ジュリアン花嫁を引き続き南米にグアラニー族をミッションに行く出発することになる。

グアラニー族に福音が入り始めるようになる。

 

 


傭兵出身のロドリゴメンドーサ(ローバーデ・ニーロ)は、グアラニー族を保持が商人に売るれる。

ある日、自分の恋人と浮気を異母弟と決闘をすることを異母弟に死に罪悪感に

半年の間に死が来るまでの刑務所に収容される。

 


ガブリエル花嫁(ジェイミーアイオンス)を介して、自分の罪悪感を洗浄のために、自分の剣、甲冑などを身にメン体グアラニー族が住むジャングルに

イエズス会宣教師(フィールディング花嫁(リーアムニーソン)、ガブリ円花嫁(ジェイミーアイオンス))のように訪ねて行くとする。

 グアラニー族がロドリゴメンドーサ(ローバーデ・ニーロ)を調べるようになった興奮し、ロドリゴメンドーサ(ローバーデ・ニーロ)の首に刀をが大地が、

ロドリゴメンドーサ(ローバーデ・ニーロ)を許し、ナイフ、ロープを切ってネットに包まれ甲冑と武器区を川に捨ててしまう。

 


ロドリゴメンドーサ(ローバーデ・ニーロ)悔い改めて花嫁になることを決めたことになる。

ロドリゴは村に同化されて、残りの3花嫁と一緒にジャングルの中に住んでいたグアラニー族を引き出して村を設立し、大聖堂を建設する。

ロドリゴメンドーサはグアラニー族と一緒に住んで、この言葉を読んで場面がある。

 

コリントの信徒への手紙一 第 13 章中。。。

 

 

一方、村には枢機卿が到着する。枢機卿の使命は、ポルトガルとスペイン両国の利益を相互尊重し、教皇庁の権威を守ることだった。

スペインの領土で、ポルトガルの領土への切り替えがされたポルトガル共和国の植民地支配がグアラニー族を含む領土をすべて占め始めた。

 グアラニー族を獣以下に取り扱いをする植民地支配者たちは、「イエズス会宣教師は原住民から撤退せよ」と指示をしたが

教も宣教会のガブリエル花嫁が「グアラニー族の子供は絶対に獣ではない」と言いながら、子供が美しい歌を歌い始める。

「彼らは神の子であり、愛の霊的存在である」であることを言うことになる。

霊的な存在であるという言葉にかっとなっ植民地支配者側が「子を殺すも?」と言うとガブリエル神父は「第三から殺すだろう、それは親のそれぞれが1人ずつ背負って逃げるためで、すなわち種保存のためのやむを得ない選択である。誰から?まさに私たちから!」で一喝する。

 

決定拳士は枢機卿(ローマ大使)にかかっていた。枢機卿は苦悩に陥ることになる。

ガブリエル神父は宣教の働きがどのように良いか直接行って見てくれる。

枢機卿はガブリエル神父を通じて宣教の働きがどのように良いかを認識してくれるようなった

植民地支配者を説得をしようとしたが、反対が激しく大きく起きるされ

国と教会の政治的関係のため、仕方なく、植民地支配者側の手を挙げてくれるようになって

枢機卿は、最終的に、イエズス会の宣教師に復帰命令を下す。

 そして枢機卿はグアラニー族に残すと言う時ガブリエル花嫁が直接グアラニに通訳をしてくれる。

 

 

グアラニー族はこれを不服と村を守るという決意をする。

ガブリエル花嫁、フィールディング花嫁、ロドリゴ捜査もこれを不服と地元の人々と一緒に戦うことを決定する。

このときガブリエル花嫁と他の2つの立場が分かれるのがされた

ガブリエル花嫁は非暴力と平和に解決しようとしたが、ロドリゴ、フィールディング花嫁は積極的な抵抗で立場が分かれることになる。

 


結局、支配者側の攻勢が開始され、まず、スペインとポルトガルブカルの植民地で南米の最初の求心点となった信仰の本拠地が廃墟になって

 グアラニー族の村を攻撃する。この過程で、三宣教師すべて壮烈に殉教することになるすべての銃弾に死亡することになる。

 


ロドリゴは束の銃弾によってで目を閉じうと瞬間ガブリエル花嫁が批評化戦うことを見るようになった

最終的にはガブリエル花嫁が殉教する場面を見て、ロドリゴ花嫁も殉教することになる。

 

 本当に感動的な映画でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「フォレストガンプ」 鑑賞評... | トップ | ハクソー・リッジ(映画)鑑... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画の紹介」カテゴリの最新記事