盲導犬のたまご達

パピーウォーカーを思いっきり楽しんでいます♪ 1頭目は盲導犬、2頭目は看板犬として活躍中☆

悲しいお別れ…

2006年03月10日 | Weblog
昨日、ブログで知り合った「やっさんと元盲導犬モントレーの徒然日記!」のモントレー君が、安らかな眠りについてしまったそうです。
2005年10月末まで盲導犬として人のために頑張ってきたモントレー君。これからは、のんびり残りの犬生を送るはずだったのに…。

盲導犬は2歳で視覚障害者との生活が始まるので、10年経つとちょうど12歳、人間に例えると60~70歳ぐらいの年齢になります。犬も年をとると、いろんな老化現象で視覚障害者を安全に誘導できなくなります。そこで、センターとユーザーさんの話し合いのもと引退が決まるのですが、中には若くても病気になったりして引退する犬もいます。そういった犬達も引退犬としてボランティア(リタイア犬ボランティア)に預けられ、家庭犬として余生を過ごすのです。

dannosukeは、リタイア犬ポランティアの方々は、すごいな…って思います。何故なら、パピーウォーカーは「育ての親」ですが、リタイア犬ボランティアは「看取りの親」ってことになりますから…。同じお別れでも育ての親の方は、10ヶ月間育てたパピーが盲導犬として頑張ってもらうための希望に満ちたお別れになりますが、看取りの親の方は本当に最後のお別れをしなくてはならないじゃないですか、ツライですよね。

やっさんのブログを読むと、モントレー君を短いながらも一生懸命お世話していたことがわかります。だからきっと、モントレー君も最後にやっさんのところに来れて幸せだったと思います。

人の為にすばらしい働き終えたこのような犬達を家族の一員として最後までお世話をしてくれる「リタイア犬ボランティア」。本当に頭の下がる思いです。


最新の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご冥福をお祈りします (shino)
2006-03-10 20:59:38
実はうちは以前リタイア犬ボランティアを

やってみたいなと主人と話したことがあります。

盲導犬だった子ならしつけも入っててお利口だからって。

でも私はその後、倉敷市でリタイア犬ボランティアをしている方の書かれた本を拝読して、このボランティアはそんな生半可な気持ちでできるものではないことがわかりました。

その子達がお家に慣れるまでひたすら待つ姿勢は献身そのものでした。

本当、尊敬に値する方だと思いました。



モントレー君、本当におつかれ様でした。

どうか虹の橋でホームズくんたち、たまごちゃんたちがモントレー君の後に続けるよう、見守っていて下さいね。

謹んでモントレー君のご冥福をお祈りいたします。
どちらもえらい! (ラヴママ)
2006-03-10 22:54:24
本当に盲導犬は皆の力で育てられていると思います。繁殖犬ボランティアの方も産後から1ヶ月半寝る間も無く育児をして送り出し、パピーウォーカーさんも1歳前後まで育てて送り出す、嬉しいとともに別れは悲しいものでしょう。

リタイア犬ボランティアの方たちは仕事を終えた犬達に安らぎを与え、最期を看取る、辛い事ですがどのボランティアもそれぞれ大変で尊敬できる活動だと思います。



モントレー君も皆の愛に支えられて立派に仕事をなし終え満足して旅だった事と思います。
Unknown (らぶはな)
2006-03-10 23:11:33
私も、偶然この方のブログを見つけて、読み始めたところでした。

あまりにも早いお別れに愕然としてしまいました。

でも最後にやっさんと出会えて、モントレーちゃんも幸せだったでしょう。



今頃は、虹の橋で先に行った仲間達を、楽しく遊んでる事でしょう。
リタイア犬ボランティア様 (いよかん)
2006-03-11 15:27:12
モントレー君ご苦労様でした。たくさんの優しい方々に出会えてよかったね。

リタイア犬ボランティアの皆様、リタイア犬を受け入れてくださってありがとうございます。

特別なことではなく家族の一員として過ごされているのでしょうけれど、私にはまだその覚悟がありません。もう十年以上も前に義父の介護に当たった経験上介護は、とても大変だと思うからです。

いつかは私もリタイア犬を受け入れるつもりですが、もう少し自身が成長しなければと思っています。
ごくろうさま、モントレーくん (janysk)
2006-03-11 16:51:25
モントレー君、ようやくほっと一息ついてこれからのシニアライフを楽しめるかな、というところで力が尽きてしまったのですね。もう少しだけ、やっさんという方と一緒の時間が長くあったら良かったのにと残念です。

モントレー君、おつかれさま。やっさんと会えてよかったね。ゆっくり休もうね。
Re:ご冥福をお祈りします (dannosuke)
2006-03-11 19:40:30
shinoさん、やっさんの所に行ってくれたのですね。ありがとう。

さっき、コメント入れようとしたら、先にshinoさんの名前があったので、ビックリしました。

そして、涙がでるくらい嬉しかったです。



少しでも盲導犬に関わるボランティアについて知ってもらえて、よかったです。



Re:どちらもえらい! (dannosuke)
2006-03-11 19:47:10
ホント、盲導犬ってたくさんの人たちに育てられて支えられているんですよね。

1頭でも多くの盲導犬を育てるには、1人でも多くのボランティアが必要なのですが、なかなかいないのが現状なんですよね。。。
Re:Unknown (dannosuke)
2006-03-11 19:52:21
モントレーくん、やっさんの所に来てまだ4ヵ月くらいしか経っていなかったんですよね。

盲導犬として、すごく頑張っていたんでしょうね。



お空の上から、ホームズ達を応援していてくれると信じています。
Re:リタイア犬ボランティア様 (dannosuke)
2006-03-11 19:59:41
本当に、人間同様「介護」は大変だと思います。

すべてボランティアに任せるのではなく、

もう少し行政も協力してくれれば、

たくさんの犬や人が幸せになれると思うのですが…。





Re:ごくろうさま、モントレーくん (dannosuke)
2006-03-11 20:07:22
モントレーくん、やっさんに出会えてホント良かったと思います。

一生懸命お世話してもらったしね。

今は、お空の上でのんびりしているのかな!?