だいぢのEasyBassing

初めはバス釣行記のブログだったんですが…。
関東を中心に釣りや散策に出掛けていましたが…。
熊本県民になりました。

2021.10.02 近所 ハゼ釣行

2021年10月02日 | 釣行記
近所の堤防でハゼが釣れているとのことなので、久しぶりに少し釣りに出掛けてみた。
チョイ投げで15cmを超える良型のマハゼがコンスタントに釣れてきた。


八代海に面した樋門付近。正面には天草地方、その向こうには長崎県にある雲仙普賢岳が見える。

ハゼなどあんまり釣っても困るだけなので、1時間ちょっとで終了。
数えるのを忘れてしまったが20匹程であっただろうか。


みんな良型である。ハゼ釣りは手軽である。

天ぷらにして食べてみた。
たまには釣りも良い。

コメント

2020.05.16 八代港堤防釣行

2020年05月16日 | 釣行記
時間が少しできたので、熊本県に引っ越して初めての釣りに出掛けてみた。

引っ越し後に色々とポイント調査だけはしていたので、
今回は、住んでいる所から車で10分位の所にある、コウイカが釣れている堤防に行ってみた。



とりあえず3.5号のピンクのエギを放っては底をとりながらゆっくりズル引き。の繰り返し。
しばらくすると、隣の人がメタルジグでコウイカを釣り上げた。
ヒラメやマゴチを狙っていたらイカが掛かったそうだ。

確実にイカが居ることが分かったので、より丁寧にエギを放っていると。すぐに重たくなった。
「乗った!」
エギを巻いてくるが予想以上に重い。大物か?

上がってきたのは、なんとタコであった。


テナガダコというタコのようだ。立派なタコであった。

結局、イカではなかったが、つまみには十分過ぎるので、タコ1匹だけで帰路についた。
30分ほどの釣行であった。

帰宅後は塩で揉んでヌメリを取って茹でて食べてみた。
マダコよりも水っぽくて味が薄い。マダコの方が美味い。

つまみだけでは食べきれないので明日は唐揚げなどにして食べる。
コメント

2019.9.17 水郷バス釣行

2019年09月17日 | 釣行記
久しぶりにはしぞう氏と水郷方面にバス釣行した。

TVのニュースなどでは、霞ヶ浦への流入河川は台風と稲渋による酸欠で魚達が大量に浮いているらしい。
そこで、釣れている情報がある北浦に朝一から行ってみた。



北浦へはほとんど行ったことがない。
ポイントが分からぬままに、良さそうな場所をランガンして行く。
しかし、鹿行大橋から神宮橋までの西岸を一通り攻めてみたが全く反応はなかった。

その後はいつものポイントを回ってみた。
鰐川の旧L特急前のテトラ帯ではしぞう氏が1匹。
常陸利根川に寄ったあと、純輝でみそごま大盛。

午後からは与田浦、横利根川。
帰路途中で小野川に寄るも反応なし。

悪あがきで、帰宅直前に家のすぐ近くの水路にも寄ってみた。
すると1投目で簡単にバスが釣れた。
何のためにわざわざ水郷まで行くのか分からなくなる。



結局、自分もはしぞう氏も1匹づつの釣果。
自分にとっては今期初釣行初バスである。

久しぶりの釣行なんてこんなもんであろう。
コメント

2018.9.18 小貝川フローター釣行(出家)

2018年09月18日 | 釣行記
釣れてないので簡単に。
今回は、はしぞう氏と小貝川へフローター釣行した。
5時前に集合して、入水は5時半ごろ。

自分はひたすらピーナッツのシャロークランクを岸際に放り、ゆっくりと巻いてくるの繰り返し。
ルアーを追ってくる小バスは時々確認できたが、食ってこなかった。


この時期のフローターは気持ちが良い。

ギルが1匹釣れたがそれだけ。



上陸は12時半ごろ。
結局、自分はギル1匹のみ。はしぞう氏は白いスピナベを放り続けて2匹の釣果。
ラーメンショップでネギみそラーメンを食べて帰路についた。
釣れなかったが快適な釣行であった。
コメント

2018.06.13 マルイカ船釣行 (神奈川県三浦市松輪)

2018年06月13日 | 釣行記
久しぶりに、前の職場の釣り仲間達5人で船釣行した。
今回は神奈川県三浦市南下浦町松輪にある「成銀丸」さんのマルイカ船に乗ってみた。
牛久沼のほとりを夜中の1時過ぎに出発して、途中で仲間一人を拾って、現地到着は4時前。
出船は5時半。ポイントまでは20分くらい。



タックルはライトタックル用のロッドに手巻きの小型両軸リール、仕掛けは市販のマルイカ用の直ブラスッテセット、オモリは40号。
船長の合図で仕掛け投入。水深は40mほど。
オモリの着底後、糸ふけを取り、着アタリを待つ。その後は叩きを入れてステイ。アタリがなければ数m上げて再度落とすの繰り返し。

しかし、釣れない。
船中でも、ごくたまにあがる程度。
船長も困ったようで群れを探して迷走。



13時に納竿。
結局、手慣れた方が竿頭で23杯釣ったようだが。その方だけ。
自分はたったの2杯の釣果。一緒に行った仲間達も0~2匹。
同船していた釣船屋の乗組員ですら5杯ほど。
乗組員が釣ったイカを1杯づつもらって、お土産は3杯。

こんなに釣れない日は珍しいらしい。
二日前の台風の影響だったのであろうか。

帰宅後はチャチャっと刺身にしてペロッと食べてしまった。
コメント