だいぢのEasyBassing

初めはバス釣行記のブログだったんですが…。
関東を中心に釣りや散策に出掛けていましたが…。
熊本県民になりました。

桜島 黒神埋没鳥居 (鹿児島県鹿児島市黒神町)

2021年11月24日 | 散策記
鹿児島県霧島市にある霧島神宮を参拝した後は、桜島方面に行ってみた。

まずは、桜島の黒神町にある「黒神埋没鳥居」に行ってみた。
「黒神埋没鳥居」は「腹五社神社」の鳥居で、1914年(大正3年)の桜島大噴火の軽石や火山灰で埋もれてしまった鳥居である。

 
桜島は、鹿児島県の鹿児島湾(錦江湾)にある火山である。

1914年(大正3年)の桜島大噴火は、完全な島だった桜島が大隅半島と陸続きになるほど大きな噴火で、
神社のあった黒神村の全687戸も同時に埋もれてしまったそうだ。
この鳥居は、当時の大噴火の猛威を後世に伝えようと噴火後も掘り起こさず、
当時のままの状態で現在まで残しているとのことである。

 
元々は3mの高さがあったが、現在では笠木の部分を約1m見せるだけになっている。鹿児島県の天然記念物に指定されている。


途中、2箇所の道の駅にも寄ってみた。

「道の駅たるみず」は、日本最大級かけ流しの足湯や温泉、地元の食材や特産品を販売する物産館、
レストラン、温泉施設などが整備された道の駅である。

 
無料の足湯につかりながら雄大な桜島を望むことができる。


「道の駅たるみずはまびら」は、3年前に開駅した比較的新しい道の駅で、地元の食材や特産品を販売する物産館や
レストランなどが整備されている。桜島は正面には見えないが、鹿児島湾(錦江湾)を望む展望デッキがある。

 
養殖のブランドブリとカンパチの海鮮丼を食べた。

関東で暮らしているときは、まさか桜島に訪れるとは思ってもみなかった。
初めて見る桜島の景色はとても雄大で感動的であった。



【散策地データ】
名称:「黒神埋没鳥居」
所在地:鹿児島県鹿児島市黒神町262(黒神中学校横)
形態:神社
見学可能時間:常時見学可
見学料:無料
駐車場:有(無料)
コメント

霧島神宮 (鹿児島県霧島市)

2021年11月24日 | 散策記
新型コロナが落ち着いてきたので、今回は隣県の鹿児島県に行ってみた。
まずは、鹿児島県霧島市にある「霧島神宮」を参拝してみた。

 
天孫降臨の神話にまつわる古社である

霧島神宮は、鹿児島県霧島市に鎮座する神社で、創建は欽明天皇元年(540年)と伝えられ、
主祭神として天饒石国饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を祀っている。
延喜式内社の論社であり、旧社格は官幣大社である。

 
立地を活かして高低差を表現した社殿構成が素晴らしい。

現在の朱塗りの華麗な社殿は島津氏第21代当主(第4代薩摩藩主)島津吉貴が1715年(正徳5年)に造営寄進したものである。
霧島神宮本殿・幣殿・拝殿は、令和3年11月19日に文化審議会の審議・議決を経て、文部科学大臣に国宝に指定するように答申され、
今後、官報告示を経て正式に国宝に指定される予定である。

 
なんと国宝に指定されるようである。

【神社データ】
名称:「霧島神宮」
所在地: 鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
主祭神:天饒石国饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊(あめにぎしくににぎしあまつひたかほこほのににぎみのみこと)・
相殿神:木花咲耶姫尊(このはなさくやひめのみこと)・彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)・
     豊玉姫尊(とよたまひめのみこと)・鸕鶿草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)
     玉依姫尊(たまよりひめのみこと)・神倭磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)
社格等:式内社・官幣大社・別表神社
創建:伝欽明天皇元年(540年)
駐車場:有(無料)
コメント

お祭りでんでん館(八代市民俗伝統芸能伝承館) 無料開放日 (熊本県八代市)

2021年11月21日 | 散策記
今回は、入館が無料になっていた「お祭りでんでん館(八代市民俗伝統芸能伝承館)」に行ってみた。

「お祭りでんでん館(八代市民俗伝統芸能伝承館)」は、2016年に登録されたユネスコの無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」を
構成する行事の1つである八代神社(妙見宮)の祭礼「八代妙見祭の神幸行事」をはじめとした
八代市の民俗芸能の展示と保存継承を目的とした施設である。

 
波打った屋根が特徴的な「お祭りでんでん館」         妙見祭の神幸行列の出し物「亀蛇(ガメ)」

施設は展示収蔵棟と会議棟からなるが、一般に公開されているのは展示棟の1階と2階のみで、
1階の展示室「お祭り体感シアター」では、八代妙見祭の神幸行事の出し物である「笠鉾」が展示され、
笠鉾を囲むように配置された大きなスクリーンに八代妙見祭の様子などが映し出される。
2階の展示室「お宝ギャラリー」では笠鉾の上部に据える人形などの笠鉾を構成する部品などが展示されている。

 
1階展示室                              2階展示室

八代市には昨年の2月に引っ越してきたが、妙見祭は昨年も今年も新型コロナウィルスの影響で中止になり、
まだ実際の祭りは見ていない。来年は開催されるであろうか。少し待ち遠しい。

【散策地データ】
名称:「お祭りでんでん館(八代市民俗伝統芸能伝承館)」
所在地:熊本県八代市西松江城町1−47
形態:資料館
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料:大人300円 高大生200円 中学生以下無料
※2021年11月21日(日)・23日(火・祝)は入館無料
休館日:月曜日(月曜日が祝日・休日の場合はその翌日)・年末年始(12月29日~1月3日)
駐車場:有(無料)
コメント

国指定名勝 千厳山 (熊本県上天草市)

2021年11月20日 | 散策記
郡浦神社を参拝した後は、国指定名勝「千厳山」に行ってみた。

 
標高162mの山頂までの遊歩道には大きな岩がゴロゴロしている。

(現地解説板) 
   千厳山(せんがんざん)  国指定名勝(昭和10年6月指定)  標高162m
 江戸時代初期の寛永14年(1637年)、 天草島原の乱の総大将天草四郎時貞が信徒を集め、
島原出陣の祝酒を手酌子で酌み交わしたという伝承から手酌子山と呼ばれていましたが、
日本国立公園生みの親田村剛博士がこの山に登山して、あまりの奇岩怪石に感嘆し千巌山と命名しました。
 千巌山は、昭和10年6月名勝に指定され、昭和31年には国立公園に指定されていますが、呼び名のとおり岩石が多く、
その岩間には自然に整枝された姫小松が生育しています。
また、眼下には青い海に形よく点在する天草松島の島々と天草五橋が見渡され ます。
  熊本県 (観)

 
山頂からの眺望。何時間でも眺めていられそうな絶景である。

山頂からは、西には有明海と雲仙、 北には大矢野島や三角港、東には八代海をへだてて八代平野を望むことができる。
天気の良いときは、遠くはるかに阿蘇の噴煙までも見ることもできるようだ。



【文化財データ】
名称:国指定名勝「千厳山」
所在地:熊本県上天草市松島町合津
形態:絶景
見学可能時間:常時開放
駐車場:有(無料)
コメント

肥後国三宮 郡浦神社 (熊本県宇城市)

2021年11月20日 | 散策記
今回は熊本県宇城市にある「郡浦神社(こうのうらじんじゃ)」に行ってみた。

 
社殿脇にあるイチョウの巨木の紅葉が美しかった。

郡浦神社は、熊本県宇城市三角町郡浦に鎮座する神社で、創建は1144年(天養元年)と伝えられ、
祭神は蒲智比咩命・健磐龍命・速瓶玉命・神武天皇の四柱を祀る。

 
中世当時の社領は、宇土半島の大半に渡り、社田350町、網田に80町を有する大社であったとされる。

肥後国三宮と伝えられ、旧社格は郷社。
また、阿蘇神社(阿蘇市)、甲佐神社(甲佐町)、健軍神社(熊本市)と共に「阿蘇四社」のひとつに数えられている。
境内には、平安時代初期のものとされる石造の五重塔や、1876年(明治9年)に熊本で起こった「神風連の変」において、
宇城市三角町大岳山頂で自刃した六烈士ゆかりの石碑、殉国の碑などがある。



郡浦神社を参拝した後は、まだ時間が早かったので少し天草方面へ足を伸ばしてみた。
上天草市にある「道の駅さんぱーる」に寄って海鮮丼を食べてみた。

 
物産館では地元の農産物や天草で水揚げされた新鮮な魚介類を中心に取り扱っている。

【神社データ】
名称:「郡浦神社」
所在地:熊本県宇城市三角町郡浦2666
祭神:蒲智比咩命(カマチヒメノミコト)・健磐龍命(タケイワタツノミコト)・速瓶玉命(ハヤミカタマノミコト)・神武天皇
社格等:郷社・肥後国三宮・阿蘇四社
創建:1144年(天養元年)
駐車場:有(無料)
コメント

日奈久温泉 (熊本県八代市)

2021年11月13日 | 散策記
今回は、特に温泉に入るわけではないが熊本県八代市にある「日奈久温泉(ひなぐおんせん)」を軽く散歩してみた。

 
日奈久温泉は今住んでいる所から車で20分位の所にある。

日奈久温泉(ひなぐおんせん)は、熊本県で最も古い歴史を持つ温泉街で、江戸時代初期には熊本藩細川氏の藩営温泉になり、
八代城主の松井氏や参勤途中の島津氏も良く利用した温泉である。
現在源泉は16あり、湯量が豊富で温泉宿のほとんどが「かけ流し」の湯である。
泉質は弱アルカリ性単純泉で、関節痛、神経痛、リウマチ、冷え症などに効くと言われている。
冬期には八代市特産の晩白柚風呂が楽しめ、また、日奈久の名産として竹細工や日奈久ちくわが知られている。

 
1909年(明治42年)に建てられた旅館「金波楼」。国の有形文化財に登録されている。

日奈久温泉の高台には温泉神社が鎮座している。
日奈久温泉神社は、1409年(応永16年)に浜田六郎左衛門が父の刀傷の平癒を祈願したところ、
神夢によるお告げがあり日奈久温泉を発見したことに始まり、1419年(応永26年)に、この御神徳に感謝する者たちにより
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)を祭神とする弁天社を現在の温泉センター近くに建立した。
1785年(天明4年)の大火災による弁天社類焼後、1822年(文政5年)に現在地に社殿建立、遷座した。
その後、改築され現在に至っている。

 

神社からは日奈久の町を眼下に一望でき、春には桜の名所として、夏には不知火の観望所としてにぎわうようだ。

 
 
ひなびた温泉街というより、寂れた温泉街である。
自分はじっとしていられない性分なので、温泉はあまり好きではないが、一度は日奈久の温泉に浸かってみたいと思う。

【神社データ】
名称:「日奈久温泉神社」
所在地:熊本県八代市日奈久上西町401
主祭神:市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
創建:1419年(応永26年)
駐車場:有(無料)
コメント

氷川ダム (熊本県八代市)

2021年11月07日 | 散策記
今回は、熊本県八代市にある「氷川ダム」に行ってみた。
「氷川ダム」は熊本県八代市泉町にある、二級河川の氷川 上流部に建設された多目的ダムである。

 
湖面では一時間毎に噴水が上がる。

熊本県が管理する県営のダムであり、洪水調節、不特定用水、かんがい用水、水道用水の補給などを目的とする
重力式コンクリートダムで、堤頂長は202m、堤高は58.5m、ダム湖の肥後平家湖の総貯水容量は710万㎥である。

 
ダム湖の周囲には桜が植えられ桜の名所としても知られている。バス釣りができる湖としても知られている。

管理棟は、「くまもとアートポリスプロジェクト」に参加しているため、
特徴的な形状をしておりダム湖を一望できる展望デッキ等も備えている。

実は氷川ダムにはダムカードをもらおうと数回訪れていたが、今までは新型コロナの感染防止対策で
ダムカードの配布を中止しておりもらう事ができなかった。最近になってやっと配布が再開された様だ。

 
氷川ダム堤体                              ダムカード



氷川ダムを見た後は「笠松橋」にも寄ってみた。
「笠松橋」は、1869年(明治2年)に、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した種山石工であり、
霊台橋通潤橋の他、東京でも石橋の建設に参加した橋本勘五郎によって架橋されたと記録されている石橋である。

日本遺産「八代を創造した石工たちの軌跡 ~石工の郷に息づく石造りのレガシー~」の構成文化財の一つにもなっている。
また、熊本県人吉市出身の漫画家である、緑川ゆきさんの「夏目友人帳」のモデルになっている聖地の一つでもある。

 
イチョウが黄色く紅葉しておりきれいだった。

【ダムデータ】
名称:「氷川ダム」
所在地:熊本県八代市泉町下岳2886
(氷川ダム管理所)
河川名:氷川水系氷川(2級河川)
ダム湖名:肥後平家湖
ダム型式:重力式コンクリートダム
ダム目的:F洪水調節・N流水の正常な機能の維持・Aかんがい用水・W水道用水
コメント

古小代の里公園 (熊本県南関町)

2021年11月06日 | 散策記
熊本県荒尾市で「万田坑」を見学した後は、南関町にある「古小代の里公園」にも行ってみた。

 

「古小代の里公園」は、1632年(寛永9年)、細川忠利公が肥後の国に入国の際に、
豊前の国から移り住んだ陶工の手によって始められた肥後熊本を代表する小代焼の発祥の地にある公園である。
自然の傾斜地を利用した江戸時代の連房式登り窯や陶土の水漉し場、ロクロ場跡が、
熊本県指定史跡「小代焼窯跡群」(瀬上窯、瓶焼窯)として、整備保存されている。

 
毎年3月中旬には、荒尾・玉名地域の窯元が一同に集まる陶器・梅まつりが開催されるようだ。

瀬上窯跡は、窯跡のほか陶土の水漉し場やロクロ場跡などの付属する作業場跡まではっきり確認できる全国的にも珍しい遺跡ようだ。

 
瀬上窯跡

 
陶土の水漉し場跡                          ロクロ場跡

瀬上窯跡から少し離れた場所には、小代焼き発祥の窯と云われている瓶焼窯跡がある。

 
瓶焼窯

いままで窯跡もいくつか見学したことはあるが、窯跡以外の作業場まで広く保存されている遺跡を見るのは初めてである。
結構きちんと保存整備されているようだが、焼物の歴史などの興味がない自分のような者には価値が分からない。

【文化財データ】
名称:古小代の里公園
所在地:熊本県玉名郡南関町大字宮尾479-1
時代区分:江戸時代初期
形態:窯跡 歴史公園
見学可能時間:常時開放
駐車場:有(無料)
コメント

世界遺産 万田坑 (熊本県荒尾市)

2021年11月06日 | 散策記
荒尾干潟を散策した後は、熊本県荒尾市にある世界遺産「 万田坑」に行ってみた。
「万田坑」は、熊本県荒尾市と福岡県大牟田市に点在した三井三池炭鉱の坑口の一つで、
石炭や人や資材などを炭坑内まで昇降させるための縦穴である。

 
万田坑ステーション 万田坑のガイダンス施設である。館内では資料や映像で万田坑の概要を解説している。

万田坑は、1902年(明治35年)に出炭を開始し、1900年代前半には採炭の最盛期を迎えたが、
その後、エネルギーの主役が石炭から石油に移行したことなどもあり、1951年(昭和26年)には採炭が中止、
1997年(平成9年)には坑口が閉鎖され閉山となった。

 

閉山となった後は、施設と設備が良好に残っていたことから、
日本の近代化を支えた場所の一つとして国の重要文化財と史跡に指定され、
また、2015年(平成27年)7月には、ユネスコの世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の
構成資産の一つとしてに登録された。

 
第二竪坑櫓と第二竪坑巻揚機室                 第二竪坑巻揚機室

現存するレンガ造りの建物や坑口、機械室などの施設や機械は、当時のまま保存され見学できるようになっている。

 
第二竪坑口                              第二竪坑櫓内

 
第二竪坑櫓内 炭坑内には入る事はできない。

「韮山反射炉」「三角西港」などと同じ
ユネスコの世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の一つである。



荒尾市に行ったついでに、荒尾市企業局に寄ってマンホールカードをもらった。



荒尾市にある世界遺産「万田坑」と市の鳥「シロチドリ」が生息するラムサール条約湿地「荒尾湿地」を背景に、
市の花「梨の花」や特産の「荒尾梨」を中心に、市の木「小岱松(しょうだいまつ)」を周囲に配置した絵柄に、
市の魚「マジャク」をモデルにした荒尾市キャラクター「マジャッキー」と企画局広報係長「あらぞうくん」を加えたデザインになっている。

【文化財データ】
名称:世界遺産「万田坑」
所在地:熊本県荒尾市原万田200-2(万田坑ステーション)
時代区分:明治時代~昭和初期
形態:炭鉱跡
見学可能時間:9:30~17:00(最終入場は16:30まで)
入館料:大人410円 高校生310円 小・中学生210円 乳幼児(小学生未満)無料 
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日から翌年1月3日)
駐車場:有(無料)
コメント

荒尾干潟 (熊本県荒尾市)

2021年11月06日 | 散策記
今回は、熊本県荒尾市にある「荒尾干潟」に行ってみた。
荒尾干潟は有明海の中央部東側、熊本県荒尾市に位置する、南北約9.1km、東西約3.2km、面積約1,656haの
国内最大規模の干潟で「ラムサール条約湿地」に登録されている。

 
有明海の干満差は国内最大で約6mもあり、特に大潮の干潮時には広大な干潟を見る事ができる。

「ラムサール条約湿地」とはラムサール条約に基づく「国際的に重要な湿地に係る登録簿」に登録された湿地のことである。
ラムサール条約は正式名称を「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」といい、
特に水鳥の生息地等として国際的に重要な湿地及びそこに生息生育する動植物を、国際的に協力して保全することを目的としている。
イランのラムサールで開催された国際会議において条約が採択されたことから、ラムサール条約と呼ばれているとのことである。

 
大潮干潮時は大きな干潟が広がる。 ほぼ同じ場所の写真だが、大潮満潮時は、足元まで波が打ち寄せ、干潟は全く見えない

荒尾干潟の目の前にはガイダンス施設として「荒尾干潟水鳥・湿地センター」が整備されている。
館内では、渡り鳥や干潟の生き物、干潟で行われている漁業、時間や季節で変化する美しい景色などを
パネルや映像、水槽での飼育展示などで解説している。

 
荒尾干潟に関するガイダンス施設である。            ムツゴロウやトビハゼなども飼育展示されている。

午前10時ごろに訪れたが、大潮の満潮だったため干潟が全く見られなかった。
残念なので、午後3時ごろに再度訪れてみると大きな干潟が姿を見せていた。
干潟では貝やカニ、ハゼ科の小魚、アナジャコなどが観察できた。

【散策地データ】
名称:「荒尾干潟水鳥・湿地センター」
所在地:熊本県荒尾市蔵満20-1
形態:ガイダンス施設
開館時間:9:00~17:00
入館料:無料
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日から1月3日)
駐車場:有(無料)
コメント