@CatNewsAgency

twitterまとめ投稿

仏ルモンド特派員フィリップ・メスメールの正体

2018-06-19 10:02:24 | 外国特派員協会


 フランスの新聞ル・モンドが、日本の総選挙に際し、安倍総理を「歴史修正主義者」などと誹謗する長文の記事を載せた。内容があまりに辛辣だったせいか、日本の反安倍左翼は大喜び。フェイクニュース・サイトのリテラがいい加減な抄訳記事まで出し、「安倍首相の改憲の本質は、大日本帝国の復活」「天皇が安倍の歴史修正主義に抗っている」と大書する始末。
  

s_ice_screenshot_20171026-060116


 内容は、外国特派員協会に巣食う極左活動家モドキの記者がこれまで書いてきたデマを踏襲しているだけなので、真新しくはない。が、これを機に、おフランスの新聞記事に大はしゃぎしてしまう「舶来信仰」日本左翼の幻想を覚ますべく、記者の素性を暴くことにしたい。

 記事は、フィリップ・ポンス記者とフィリップ・メスメール記者の連名。ポンス記者は、既に79歳。在日歴が数十年にもなる古株で、一貫して左翼偏向した記事を書き続けているが、高齢ゆえか記事の本数はもうかなり少ない。一方、メスメール記者は、安倍叩きの返す刀で麻生叩き記事を書き、伊藤詩織さんの記者会見についても、他のメジャーな海外メディアが報じない中で敢えて記事にするなど、活発に活動している。

 「報道ステーション」に出演しては、共謀罪法案に反対したり、週刊プレイボーイでも政府批判をするなど、日本の左翼メディアにとっては都合の良い代弁役を演じつつあるメスメール記者。だが、調べてみるとその経歴は、真っ当な特派員とは言えないような怪しいもの。

DCTl-MWVwAAhlRr


 そもそも、フランスには新聞の宅配という習慣が日本に比べて全く根付いておらず、全国紙といえど、その発行部数は極めて少ない。ル・モンド紙も名前だけは有名だが、その発行部数は30万部を切るような零細新聞社。そんな経営基盤の弱い新聞社が、自社の生え抜き記者を日本に派遣する余裕などあるはずがなく、自称特派員は、現地採用されたフランス人である。

 外国特派員協会会報「NO.1新聞」に載ったメスメールのインタビューによると、最初、メスメールは海軍に入隊。後にジャーナリストを志して進学し、フランス国内でしばらく働いた後、突然、来日する。理由は、「 due in part, he says, to a woman」とあるので、日本人の彼女を追ってきたか、フランスでの仕事が行き詰ったからだろう。「妻に勧められて、剣道を習い始めた」と言っているので、国際結婚で永住権を得たと思われる。

 仕事はルモンド記者以外にも、ナレーター業やフランス語講座講師、通訳、俳優もやっているそうで、真っ当なフルタイムの特派員像からはかけ離れている。どうせ、自分で取材もせず、ジャパンタイムズや朝日新聞英語版、他の外国人記者のフェイクニュースを読んで、フランス語の記事に仕立てているだけだろう。

mesmel


 
 メスメールは自分の記事の中で、マイケル・ペンというアメリカ人記者の言葉を引用しているが、これがまた、日本に流れてきて、英語講師などをやった挙句、見よう見まねでジャーナリストを始めたようないい加減なナンチャッテ記者。こんなのが、僅か数年で外国特派員協会の副会長に成り上がり、国境なき記者団の「報道の自由度ランキング」に大きな影響を与えてしまうまでになるのだから、外国特派員協会の内情は、過大評価されたゴロツキの掃き溜めとしか言いようがない。

fkasfa8923dl

 リテラの記事の3ページ目にも書かれてある通り、日本会議悪魔化陰謀論は、ルモンド紙独自の見方ではなく、これまで他の外国メディアが何度も報じてきた。名前が挙がっているエコノミスト誌(マクニール記者)、ガーディアン紙(マッカリー記者)も、メスメールやマイケル・ペン同様、流れ者外国人の現地採用組。こういった左翼活動家モドキの連中が徒党を組んで、日本に関するフェイクニュースの発信源になっている。情報源は、シールズの黒幕である中野晃一教授や、マクニールと一緒に反日論壇ジャパン・フォーカスを運営するキングストン教授。皆がグルになって、外国メディアの論調を安倍政権叩きの方向に誘導しているのが実態である。

CGKNTQUVAAAuOnd

 英語にしろ、フランス語にしろ、外国メディアにおける日本報道が滅茶苦茶なのは、世界的なメディアの経営不振により「特派員」の質がガタ落ちしているから。そもそも、特派員の意見が尊重されてきた理由は、ゆくゆくは本社に栄転し、外信部長ぐらいに出世する大物記者が「特派員」として派遣されてきたから。現在、「特派員」を自称する外国人記者の多くは、「特派」なんかされていない。転勤も栄転もない、流れ者外国人のナンチャッテ現地採用記者に過ぎない。ジャーナリストづらできるのは、日本国内のみで、母国に帰ったら、ただの人。彼らは日本に来て、日本人に使われて働くことにストレスを貯めた挙句、日本を歴史問題を叩くことで道徳的優越感を得る快感にとりつかれている。「歴史修正主義」などのレッテルを貼って上から目線で日本人を攻撃するのは、戦勝国史観を悪用した一種のモラル・ハラスメントといえよう。そんな連中の記事を読んで、「海外ではこう見ている」「これが国際社会の評価」などとしたり顔で有り難がる日本人は、100年前の舶来信仰から全く進歩していない。

mesmackkk
左から、メスメール、李淼(香港フェニックスTV)、マクニール
 
コメント

「特派員」を詐称する外国人フリー記者の悪弊

2017-08-23 13:15:06 | 外国特派員協会
 






 

jflajdlfjald
元英語講師出身。ガーディアンの契約記者。転勤なし。

jfalkdjsljd
数年前に怪しい通信社を自分で作ったフリーランス

マイケルペン特派員
『特派員』と大きく銘打ちながら、特派員でもないフリー記者を使う詐欺

ジェイクTBS特派員
これはTBSのBS番組
ジェイク・エーデルスタイン記者は「デイリービースト」特派員を自称しているが、現地採用だと思われる。他にLAタイムズなど複数社に寄稿するフリー。その他、韓国系アメリカ人が立ち上げた人権団体日本支部の理事を務め、アメリカ国務省が発表する『人身売買報告書』で日本に人身売買国家のレッテルを貼るのに暗躍している。 


NPOライトハウス(旧名ポラリス)代表が藤原志帆子。役員の一人が外国特派員協会のジェイク・エーデルスタイン記者。


 

CGKNTQUVAAAuOnd
2015年6月会長選挙前にスキャンダル記事
この当時、元副会長マイケル・ペンだけでなく、バーミンガム元会長もフリーランスを名乗りながら海外メディアに全く記事を発信していない休業状態だったと内部告発されている。元々、日本に流れてきて、ホステスなど職を転々としてきたような女性なのに、何故か『特派員協会』会長

『卒業後たまたま友人を訪ねた場所が日本文化の首都京都。英語教師やホステスのアルバイトなどしながら2年余に渡って異文化を楽しむ』


その後2015年9月に外国特派員協会でクーデター発生。新会長シムズ氏が失脚した。協会には金銭問題の闇がある。元会長が傀儡を使って退任後も秘密を守ろうとしたが、反発を買ったか?
『日本外国特派員協会で「クーデター」勃発 海外メディアの本丸で何が起きているのか』

faklsdjalsdjal

【ディビッド・マクニール】 フリージャーナリスト アイルランド出身
ジャパン・タイムズ 元記者
英インデペンデント紙 『特派員』 (実態は現地採用契約記者だと思われる)
エコノミスト誌 現地採用契約記者
アイリッシュタイムズ 現地採用契約記者
外国特派員協会 元理事 記者会見部門責任者
上智大学非常勤講師
反日サイトThe Asia-Pacific Journal: Japan Focus 編集者

gjlkjglsdjla

gkhjkhk
エコノミスト記者の肩書を最大限利用しているが、実は特派員でさえない。




screencapture-www-japanfocus-org-site-view-4216-1451988712866

The Asia-Pacific Journal: Japan Focusとは、世界中の左翼学者が参加するネット論壇が、完全に反日サイトと化している。元朝日新聞記者・植村隆が訪米して身の潔白を訴える講演ツアーに行けたのは、文春に載った手記をフェミニスト学者の山口智美が翻訳してココに掲載したところ、アメリカの学者の興味を惹いたから。慰安婦問題に関して欧米学者の日本への圧力『187人声明』が取りまとめられたのも、ココの関係していると思われる。

820c2401c93ca3245888032ea0529f88ecaad1de
英語版『OPEN LETTER IN SUPPORT OF HISTORIANS IN JAPAN』
日本語版『日本の歴史家を支持する声明』


Untitled
マクニールも非常勤講師のくせにチャッカリ署名に加わっているが、ナント英語版では教授だと詐称。見栄っ張りというか、肩書コンプレックスなのかもしれませんね。



『Settled history?』 Andrzej Kozlowski, The University of Warsaw

18ページ
『 I found it intriguing, for I know this particular section of this journal (The Asia Pacific Journal:
Japan Focus) as a stronghold of the “party line” on the comfort women issue,』 





正論

極東に優秀な記者は来ない
留学や物見遊山で日本に来た輩が巣食い
協会幹部を独占して滅茶苦茶に










コメント

外国特派員協会元副会長マイケル・ペンとの対話

2017-08-23 13:14:35 | 外国特派員協会

外国特派員協会の元副会長マイケル・ペン記者が私のツイートに絡んできました。
【読みづらい場合は、画像を「右クリックしてT」(新しいタブで開く)】


ペンとの対話
 
gkjjkhk
 

コメント

外国特派員協会の元理事マクニールとの対話

2017-08-23 13:13:24 | 外国特派員協会

外国特派員協会の元理事でエコノミストやインデペンデントに寄稿するデービッド・マクニール記者が私のツイートに絡んできました。
【読みづらい場合は、画像を「右クリックしてT」(新しいタブで開く)】


 マクニールと対話

コメント

批判に対し『トロール』認定する外国人記者

2017-08-23 13:12:46 | 外国特派員協会


外国特派員協会会報『NO.1新聞』新年号に掲載されたマクニールの記事
『Into the Valley of the Trolls』 
トロールという敵だらけの世界で

 近年、外国特派員協会に巣食っている外国人記者の偏向記事が頻繁にネットで批判されるるようになったが、彼らはそれらを、『Troll』(釣り、荒らし)だと決めつけ、素直に反省する気が全くないようですね。ファクラー氏だけはマトモなことを言っているが。


As Martin Fackler, a former Tokyo bureau chief of the New York Times notes: “You’re walking a fine line. Journalists dish out criticism, and need to take it with the same grace. Otherwise, we look hypocritical. And we need to support freedom of speech, even for our critics.”

マクニールが書いた原文

『Still, popular Twitter accounts (one attacking the FCCJ and specific journalists recently boasted 18,000 followers) can creep up Google searches, leaving freelancers more vulnerable. As Michael Penn of Shingetsu News Agency says: “Anyone searching my name on Google in either English or in Japanese is going to find this garbage among the top results.”』


 凍結された私の旧アカウン「catbsky」のフォロワー数が18,000だったので、それを指していると思われる。これに関し、マクニールと以下のような会話をしている。凍結されたことを『爪を切られた』と揶揄してますね。
troll



 外国特派員協会の記者たちは、日本政府や安倍首相に対して執拗に誹謗中傷を繰り返しているくせに、自分たちが批判されると血相変えて罵倒してくる。以下はそんな事例。

 

コメント