たっかしのチラシの裏。

画像サイズは長辺を640に。13年前から偏った情報を配信中。

夜巡る、僕らの迷子教室 感想

2019年03月04日 17時54分20秒 | 感想


ご無沙汰してます。副管理人です。
今回は、あのB〇MPに曲がそっくりだと噂の「夜巡る、僕らの迷子教室」をプレイしたのでネタバレ込の感想を書きたいと思います。


はやて√
はやて父の身の翻し方が…
はやてが自分の気持ちを爆発させ、学校の担任が子供の気持ちも分かってやれよ!と啖呵をきったぐらいで「俺が悪かったんだ、私も自分の殻を破ります」とか言うくらいなら、はやてが軟禁されてる段階で家族の危機を感じてどうにかしてるんじゃないかと。
そもそも、ああいう糞な母親は周りが何を言おうが全く響かないので家族の縁を切るのが嫌なら距離をもつのが得策かと(経験談)
はやての立ち絵はあまり可愛いと思わなかったのですが、イベント絵は結構可愛いなと思う表情がありました。
柔らかい表情すると可愛い子です。
はやて√だと、主人公の父が死ぬのですが、死んでから嫌いだった父の本心に気付くといった流れもありきたりなのかなぁと。

りこ√
一番気になっていたりこ。
ロリに実は闇があるっていうパターン大好きです。大好物です。
綾子がりこのことを愛してるだけでも救いでした。お互いがお互いを大切に思っているからこそ自分を責めちゃうんでしょうけど。
りこシーンは思っていたより犯罪でしたね。自分の子持ちの教え子が免許合宿行く間子供を預かったはいいけど犯しちゃいましたって。まぁ、働きすぎて疲れていたんでしょう。社畜経験がある人は分かるかと思いますが、疲労が溜まると判断能力鈍るもんね。あとさー、りこちゃんみたいに小さい子が初めてするんだからもっと慣らしてからしなさいよ、我慢してじゃねーんだよ、可愛そうに。


公園でりこが養護学級の子をかばってた辺りとかの流れがちょっと難しくて何回か読み直しました(馬鹿)
自分が教師として言っていた綺麗ごととつい口に出てしまった本心が矛盾しているってことなのかな。
父親はもとより、母親も自分の教え子のことばかり見ていて愛してもらえなかった(愛したかったのに?)。で、親からなにも託されないまま死ぬ間際に「あなたも教師になって大事なものを見つけてね」って亡くなってしまってバカヤローって話なのかなと思いました(語彙力)
結構一生懸命考えたんですけど違かったらごめんなさい。
概ねシナリオは良かったんですが、この√って結局みんな卒業できたの?できないの?って分からなくて不満。
せめて綾子が卒業できたのかの描写くらいあってもよかったのではないかと。

きな√
女のいじめって怖いですね。途中までなんとなく想像していたのですが、その斜め上をいくエグさ。
きな生きてるだけで褒められるべきレベル。ほんとに偉い。
母親が理解ありそうでまだ救いあったかな…。
いじめ加害者である橘との対峙についてはちょっと不満が残りますが、落としどころとしてはああするしかなかったのかな。
グリザイアの蒔菜母にエロシーンがあったように、橘にもシーンがあってちょっとひどい目に犯してやれば少しはユーザーもすっきりしたのになぁ(私だけか?)
シナリオ的には一番好きでした。はやてがメインヒロインだと思っていたけど、きな√のほうが充実していたと思います。
ヒロインのトラウマにも主人公のトラウマにもきちんと触れられていたし、お互いの展望がきちんと見える形でのエンドだったと思います。

総合
管理人からおすすめされて、私これ絶対好きだわー!って直感してプレイしましたが正解でした。
シナリオについて文句色々書いてしまいましたが、こういう主人公とヒロインがお互い精神的な傷を抱えつつも成長していくADVは難しいんですよね。グリザイアが凄すぎたんだと思うの。
グリザイアの雄二は特殊な環境でしたが、迷子教室の藤原くんは社会人なら理解できるような心情も結構あるように思います。
システムはがんばりま賞。タイトルに戻れないバグはパッチ当てれば治ったから目をつぶるとして、せめてオートセーブくらいあってもいいじゃないの。
ゲーム自体の長さですが、休日に少しずつやって2週間で全√終わったのですごくちょうどよかったです。
話題の曲ですが、私はOPのメモリーと星団歩行とオートモービルが好き。
星団歩行はアマゾンで衝動買いしましたが、他の曲もフルで聞きたいな。

web拍手を送る

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 17年3月~12月のつくれぽ。 | トップ | 神待ちサナちゃん レビュー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

感想」カテゴリの最新記事