たっかしのチラシの裏。

画像サイズは長辺を640に。13年前から偏った情報を配信中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神待ちサナちゃん レビュー

2019年03月04日 17時56分20秒 | 感想


2018年5月25日発売の本作品。
円交少女2でFrillにはいい印象があったので、購入検討はしていたのですが、
先日ようやく購入しプレイしました。

プレイ時間は低価格帯のため短め。
土日数時間のプレイで1か月もしないで終わると思います。
正直、歳取るとフルパッケージの長さきついんだよねー。目とか痛くなるし。

タイトル通り「神待ち」がキーワードの本作ですが、「神様」の意味が重要なポイント。

・音楽
円交少女2と同様、OPがめっちゃカッコいい。
☆5つ

・シナリオ
サナの母親がいわゆる支配系の毒親なんですが、TRUE√の引き際が結構あっさりしていて…。
毒親がこんなに簡単に改心したら苦労しねーよ!とツッコみをいれてしまいたくなりました。
今回のケースではサナが母親にまだ愛情があったっていうところが大きいんでしょうかね。
エロゲにリアリティ求めるなよって感じなんですが、母親の空回った愛情がやけにリアルだったので
余計に。
でも、前作がシナリオもすごく良かっただけに、親子関係はもう少し丁寧に描いても良かったのでは?
と思いました。
ゆうかが結構いいやつだった。幸せになれよ!

・システム
バルーンウィンドウっていうんですね、吹き出しでセリフが出てくるやつ。
Frillでしかやったことないけど、他のブランドもやってるんですかね、これ。
最近エロゲ全然やっていなかったんで分からないんですが、どうなんでしょう?

・シーン
エロかったですよ。おもちゃ使ったプレイとか王道メイドコスとか、おもらしプレイとかアナル調教とか。
あー、できればアナル洗浄も見たかったなぁ。
試着室とか満喫とかでセックスするのは絶対ばれるだろwwwと思いながらも、エロかわいかった。
あと!!下着が何着かあって毎回同じじゃなかったのはすっごく高ポイントです!!!

一言でいうと、
神待ちしてる処女JKを自分好みに調教開発する上に毒親から解放されるお手伝いをするADV
でした。

web拍手を送る

コメント   この記事についてブログを書く
« 夜巡る、僕らの迷子教室 感想 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

感想」カテゴリの最新記事