たっかしのチラシの裏。

画像サイズは長辺を640に。13年前から偏った情報を配信中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神待ちサナちゃん レビュー

2019年03月04日 17時56分20秒 | 感想


2018年5月25日発売の本作品。
円交少女2でFrillにはいい印象があったので、購入検討はしていたのですが、
先日ようやく購入しプレイしました。

プレイ時間は低価格帯のため短め。
土日数時間のプレイで1か月もしないで終わると思います。
正直、歳取るとフルパッケージの長さきついんだよねー。目とか痛くなるし。

タイトル通り「神待ち」がキーワードの本作ですが、「神様」の意味が重要なポイント。

・音楽
円交少女2と同様、OPがめっちゃカッコいい。
☆5つ

・シナリオ
サナの母親がいわゆる支配系の毒親なんですが、TRUE√の引き際が結構あっさりしていて…。
毒親がこんなに簡単に改心したら苦労しねーよ!とツッコみをいれてしまいたくなりました。
今回のケースではサナが母親にまだ愛情があったっていうところが大きいんでしょうかね。
エロゲにリアリティ求めるなよって感じなんですが、母親の空回った愛情がやけにリアルだったので
余計に。
でも、前作がシナリオもすごく良かっただけに、親子関係はもう少し丁寧に描いても良かったのでは?
と思いました。
ゆうかが結構いいやつだった。幸せになれよ!

・システム
バルーンウィンドウっていうんですね、吹き出しでセリフが出てくるやつ。
Frillでしかやったことないけど、他のブランドもやってるんですかね、これ。
最近エロゲ全然やっていなかったんで分からないんですが、どうなんでしょう?

・シーン
エロかったですよ。おもちゃ使ったプレイとか王道メイドコスとか、おもらしプレイとかアナル調教とか。
あー、できればアナル洗浄も見たかったなぁ。
試着室とか満喫とかでセックスするのは絶対ばれるだろwwwと思いながらも、エロかわいかった。
あと!!下着が何着かあって毎回同じじゃなかったのはすっごく高ポイントです!!!

一言でいうと、
神待ちしてる処女JKを自分好みに調教開発する上に毒親から解放されるお手伝いをするADV
でした。

web拍手を送る

コメント

夜巡る、僕らの迷子教室 感想

2019年03月04日 17時54分20秒 | 感想


ご無沙汰してます。副管理人です。
今回は、あのB〇MPに曲がそっくりだと噂の「夜巡る、僕らの迷子教室」をプレイしたのでネタバレ込の感想を書きたいと思います。


はやて√
はやて父の身の翻し方が…
はやてが自分の気持ちを爆発させ、学校の担任が子供の気持ちも分かってやれよ!と啖呵をきったぐらいで「俺が悪かったんだ、私も自分の殻を破ります」とか言うくらいなら、はやてが軟禁されてる段階で家族の危機を感じてどうにかしてるんじゃないかと。
そもそも、ああいう糞な母親は周りが何を言おうが全く響かないので家族の縁を切るのが嫌なら距離をもつのが得策かと(経験談)
はやての立ち絵はあまり可愛いと思わなかったのですが、イベント絵は結構可愛いなと思う表情がありました。
柔らかい表情すると可愛い子です。
はやて√だと、主人公の父が死ぬのですが、死んでから嫌いだった父の本心に気付くといった流れもありきたりなのかなぁと。

りこ√
一番気になっていたりこ。
ロリに実は闇があるっていうパターン大好きです。大好物です。
綾子がりこのことを愛してるだけでも救いでした。お互いがお互いを大切に思っているからこそ自分を責めちゃうんでしょうけど。
りこシーンは思っていたより犯罪でしたね。自分の子持ちの教え子が免許合宿行く間子供を預かったはいいけど犯しちゃいましたって。まぁ、働きすぎて疲れていたんでしょう。社畜経験がある人は分かるかと思いますが、疲労が溜まると判断能力鈍るもんね。あとさー、りこちゃんみたいに小さい子が初めてするんだからもっと慣らしてからしなさいよ、我慢してじゃねーんだよ、可愛そうに。


公園でりこが養護学級の子をかばってた辺りとかの流れがちょっと難しくて何回か読み直しました(馬鹿)
自分が教師として言っていた綺麗ごととつい口に出てしまった本心が矛盾しているってことなのかな。
父親はもとより、母親も自分の教え子のことばかり見ていて愛してもらえなかった(愛したかったのに?)。で、親からなにも託されないまま死ぬ間際に「あなたも教師になって大事なものを見つけてね」って亡くなってしまってバカヤローって話なのかなと思いました(語彙力)
結構一生懸命考えたんですけど違かったらごめんなさい。
概ねシナリオは良かったんですが、この√って結局みんな卒業できたの?できないの?って分からなくて不満。
せめて綾子が卒業できたのかの描写くらいあってもよかったのではないかと。

きな√
女のいじめって怖いですね。途中までなんとなく想像していたのですが、その斜め上をいくエグさ。
きな生きてるだけで褒められるべきレベル。ほんとに偉い。
母親が理解ありそうでまだ救いあったかな…。
いじめ加害者である橘との対峙についてはちょっと不満が残りますが、落としどころとしてはああするしかなかったのかな。
グリザイアの蒔菜母にエロシーンがあったように、橘にもシーンがあってちょっとひどい目に犯してやれば少しはユーザーもすっきりしたのになぁ(私だけか?)
シナリオ的には一番好きでした。はやてがメインヒロインだと思っていたけど、きな√のほうが充実していたと思います。
ヒロインのトラウマにも主人公のトラウマにもきちんと触れられていたし、お互いの展望がきちんと見える形でのエンドだったと思います。

総合
管理人からおすすめされて、私これ絶対好きだわー!って直感してプレイしましたが正解でした。
シナリオについて文句色々書いてしまいましたが、こういう主人公とヒロインがお互い精神的な傷を抱えつつも成長していくADVは難しいんですよね。グリザイアが凄すぎたんだと思うの。
グリザイアの雄二は特殊な環境でしたが、迷子教室の藤原くんは社会人なら理解できるような心情も結構あるように思います。
システムはがんばりま賞。タイトルに戻れないバグはパッチ当てれば治ったから目をつぶるとして、せめてオートセーブくらいあってもいいじゃないの。
ゲーム自体の長さですが、休日に少しずつやって2週間で全√終わったのですごくちょうどよかったです。
話題の曲ですが、私はOPのメモリーと星団歩行とオートモービルが好き。
星団歩行はアマゾンで衝動買いしましたが、他の曲もフルで聞きたいな。

web拍手を送る

コメント

17年3月~12月のつくれぽ。

2018年03月10日 23時19分47秒 | 食べもの

2017年に作ってもらった物から、思い出深い物たちをば。


お誕生日にミルクレープ!
間にフルーツも入っていて美味しかったです☆


チーズケーキ!!!
温かいままでも、冷めてしっとりしたのでも、どちらも美味しかった!


オムライスってご飯が完全に覆われているのばかりだと思っていたんですが、この形もなかなか…。
タマゴを開いたときの半熟具合が良かった~。



海老フライにお肉を巻くと満足感アップ♪
食べごたえもあるので、高いお店みたいな大海老じゃなくても満足ですよー。


春巻きってお家でも出来るんですね。
揚げたてサクサク、いただきました。


チーズケーキは焼くまで10分くらいでした。焼きたてもいいけど、冷やすとむっちりした食感で中々美味しかったです。
スコーンは久しぶりに作りましたが、結構簡単に出来たので、この日からしょっちゅう作っています。
強力粉を入れると食べる時にぽろぽろしないとの情報を得てやってみました。確かにぽろぽろしなかったけど、隣で食べこぼす子が…。

web拍手を送る

コメント

17年5月~11月の外食。

2018年03月09日 19時50分18秒 | 食べもの

昨年の振り返りは今月中に終わるのかなぁ…色々と後回しにしすぎたorz


クーロンヌのパンは全体的にお高めなんですが、どれを取っても美味しい!
店内で食べる際に温めてくれるサービスも〇。



ひたち野うしくにあった「さくら」。
食べ放題がやっているので勇んで行くことに……焼き鳥食べ過ぎたーっ!
でも、最後に頼んでしまった釜飯は優しい味わいで美味しかったでし。
あ、某小説を原作に漫画になったり映画になったりした作品の影響で電気ブラン頼んでみたんですが、凄いっすねw



道の駅しもつけでは食べ歩きをば。
あゆにケバブにジェラートと食べ合わせは気にせずに、食べたいものを食べるスタイルで。
ジェラートは小さいおまけも乗せてくれたし、美味しくって満足!



つくばにある「さらしなの里」お蕎麦屋さん。
普段高くて「鍋焼きうどん」なんか食べれないんですが、清水の舞台から飛び降りる覚悟で注文…!
美味しかったんですが、シイタケいらない(副管理人はシイタケが嫌い苦手)
上の写真の天ぷらで目を引くのはなんと「素麺の天麩羅」。洋風にいうと揚げパスタみたいな?いい食感して美味しかった!


昔々ヒルナンデスの特集を見てから気になってた京浜急行の「みさきまぐろきっぷ」を使ってマグロへ!
現地では「おもひで券」の引換でレンタサイクルを借り、三崎口駅から三崎港までサイクリング。
お腹を空かせて入ったのは「庄和丸」さん。刺身!揚げ!角煮!どれをとっても☆三つ。
僕は鮪の角煮が好きなんですが、中々食べる機会がないので、美味しい角煮に出会えてよかったです!


久しぶりに牛久の「ポケットファームどきどき」へも行きました!
アイスが無くなっててソフトクリームになっているなど軽微な変更点もありましたが、梨が並んでいるのは大きかった…。

web拍手を送る

コメント

17年7月~12月の甘い物

2018年03月09日 19時40分38秒 | 食べもの

3月ですね。年度末\(^o^)/


コートダジュール。例年通りの桃の美味しいケーキでした(7月のことなので名前は失念(^_^;)
桃を丸ごと使っているので、とってもジューシーで美味しい!
桃の中はクリームとベリー系のジャムが入っていて下の土台はタルトと、とにかく食べづらく倒れやすい…。


天使のおやつ。はじっこシリーズのパフェっぽいの(9月のことなので詳細失念(^_^;)
クリームやスポンジがきちんと層になっていて、しかも甘すぎずにペロッと。
詳細失念ですが、美味しかった記憶しかない!!



龍ヶ崎にあるなんか凄いケーキ屋さん、アルドゥールのアップルパイ。
アップルパイに煩い副管理人曰く…
下のパイがぺったんこで、パイ自体のしっとり感が少なくあんまり好きな感じじゃなかった。全部パリパリって感じ。
リンゴのフィリングは、中のカスタードと相性が良く美味しかったです。



牛久の住宅街に10月にオープンした「焼菓子家 泉」。
上写真のいちごのタルトはカスタードが程よく、甘すぎずコクがあって美味しかったの。
下写真のアップルパイはテイクアウトにしたものを嫁がトースターで温めすぎたの…。
アップルパイに厳しい副管理人曰く…
とっても美味しい!
リンゴの酸味が程よく甘すぎない、紅茶に良く合うし、温めるとバターがじゅわっと滲み出て美味しい!美味しい!
よつ葉バターをたっぷり使うなど国産に拘った一品500円也。

web拍手を送る

コメント