◆白金台の正規時計専門店・ビジューワタナベ◆

質の高い腕時計・革製品にこだわってみませんか?
盛り沢山の「特典」も見逃せません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ペキニエ トライオン by ビジューワタナベ・白金台オルロジュリ開催のご案内

2020年02月10日 16時52分02秒 | 日記

 

 ペキニエ トライオン by ビジューワタナベ・白金台オルロジュリ

      2020年2月15日(土) 11:00~18:00

 (15日はペキニエ日本トップアドバイザー「カリブルヴァンテアン」代表が一日ご質問等にお答えします)

     ※ 2月16日(日)~ 24日(月・祝) 引き続きフェア開催

生涯使い続けることを考えれば腕時計は機械式になるでしょう。

ただ、100以上もの部品が噛み合い時間を作る構造では、常に部品として使用される金属同士の摩耗を如何に解決するかが時計の歴史で最大の課題だったと言えるでしょう。

250年以上もの間どこのブランドもできなかったこの命題を、伝統的な機械式時計の構造を見直す革新的な構造で最小限の摩耗ストレスまで減らせた功績は計り知れません。

今まで機械式時計の所有者は2~3年に一度のオーバーホールは覚悟しなければならず、時計メーカーも当然のように推奨してきました。

オーバーホールに1か月以上の日数もさることながら、修理にかかる費用は高くなる一方で大きな負担を強いられます。

ペキニエのこの革新的なムーブメントであれば、オーバーホールは早くて6年、場合によっては10年もの間それが不要です。

以前にもお話ししましたように、それ以外にも世界初の特許機能がいくつもこのムーブメントには備わっています。機械式時計の歴史が大きく塗り替えられたといっても過言ではないかもしれません。

今回のご案内は、その最新作「ロワイヤル サフィール」です。

複雑な機械式時計は美しく配列された各機能の構造に目を奪われます。

新作「サフィール」はこうした時計ファンの思いに応えるべく、文字盤に01㎜のサファイアガラスを採用し、段差のない3枚のディスクが瞬時に変わる世界初のジャンピングデイデイトカレンダーや誤差が122,5年に1日のムーンフェイズ構造を文字盤上から惜しげもなく見せています。

サファイアガラス文字盤の下に見えるデイデイトカレンダーやムーンフェイズ機能は、少しスモークがかかり控えめな微光沢で主たる表示と絶妙なコントラストを演出しています。

昨年秋に発表したブラック文字盤に加え、新たにブルーの文字盤が登場しますのでご期待ください。本邦初公開です。

 

なお、期間中ご来場のお客様には簡単なアンケートにご記入いただきますと、フランス製(Made in FRANCE)で最も評価の高いシューケア・レザーケアブランド「サフィール」のワニ・ストラップに使用できる(爬虫類専用)ケアクリームをもれなく進呈させていただきます。時計をご購入のお客様には「サフィール ノワール」とシューホーン(水牛角)をプレゼント。

 

カップルでご来店いただけるよう、ペキニエ レディースコレクションからスクエアケースの新作 「ATTELAGE /アテラージュ」(初公開)も展示させていただきます。

ストラップが自分で簡単に付け替えができ、装いで雰囲気を変えるのも楽しいですね。

レディスの時計は意外と選択肢が多くありません。カルティエ、エルメス、シャネルといったいくつかの有名ブランドに偏り、ご不満の女性も少なくないでしょう。

ペキニエは当初はレディスモデルが中心で定評があり、フランスの洗練されたデザインで人と差をつけてみてはいかがでしょうか?

 

ペキニエ・ロワイヤルの全モデルが集結するまたとない機会に是非ともご来店ください。お待ちしています!

 

※ フェアの詳細はペキニエ日本総代理店のホームページでもご覧いただけます。

  https://www.calibre21.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

夏に向けてお薦めのダイバーズウォッチをご紹介します

2019年07月03日 15時42分15秒 | 日記

今年も暑い季節がやってきました。

南国のような突然のシャワー、そしてじっとしてても汗が滴り落ちる猛暑の長い期間が始まりました。

防水性の少ない時計(3気圧防水以下)は6月後半~9月後半の間は休ませてあげましょう。

この時期活躍するのがダイバーズウォッチであり、ラバーベルトが付いた防汗仕様の夏に映える時計です。

夏用の時計をお考えの方、比較的買いやすい値段帯のモデルをご紹介しますので参考にしてください。

 

まずは最近の時計雑誌に頻繁に露出しているU-BOAT。

今年発表の新作が入荷しています。

新商品は今までのモデルに比べると価格も良心的に設定され、U-BOATのトレードマークである左リューズは装着しててもリューズが手首に当たらず快適な着け心地です。

U-BOATは第2次世界大戦末期にイタリア海軍のためデザインされたのですが、ムッソリーニが投降しイタリアが敗戦することにより生産されなくなった幻の時計です。

ダイバーズウォッチはどこも似たり寄ったりのデザインが多い中、U-BOATはイタリアンテイストの個性的でちょっと目を引くお洒落な時計です。

  価格: SSブレスタイプ 35万円+税  ラバーベルトタイプ 32万円+税 

次にご紹介するのは、これもできたてほやほやのITAの新作です。

              価格:いづれも57,000円+税

ダイバーズほどの防水性はありません(5気圧防水)が、短パンとTシャツでラフに着こなすにはもってこいです。

その名も「ディスコ・ボランテ」。

イタリア語で「空飛ぶ円盤」を意味し、まるでUFO・宇宙船のようなデザインはインパクトがあります。

インデックスの刻みがベゼルから突出し、ガラスも丸いドーム型で斜めから見るとまさに空飛ぶ円盤です。

秒針も自動巻きの様な流れる動きのスイープセコンドになっているのもいいですね。

 

最後にコストパフォーマンス抜群の2ブランドのご紹介です。

一つは機械式時計に拘るスイスブランド「エポス」のダイバーズです。

機械式時計に足を踏み入れると初めに出会うのが「エポス」。

これだけ拘ってこの価格かと思うほどの良心的な価格設定です。

しかもムーブメントはETAを使用し、防水500mは驚きですね。

 価格:SSブレスタイプ 128,000円+税 ラバーベルトタイプ 122,000円+税 

 

もう一つは日本の時計ブランド「ケンテックス」のマリンマンです。

この2~3年でぐんと知名度を上げている今注目の国産ブランドです。

自衛隊に納品していることでご存知の方も多いと思いますが、時として隊員が死と向き合わねばならない最も過酷な状況でもそれに耐えうる時計です。

現在、映画館で上映されている「空母いぶき」に出演している俳優の皆さんが着用されているのもケンテックスの自衛隊モデルです。

ダイバーズモデル「マリンマン」は、ケンテックスのラインナップでは比較的新しいモデルですが、その物作りの完成度の高さには脱帽です。

200m防水でもちろんサファイアガラス、さらに特筆すべきは回転ベゼルに特殊セラミックを採用することによりほとんど傷が入らないことです。

アウトドアで装着する場合は時計をぶつけまくることも多く、大半のダイバーズはベゼルが傷だらけになり、見るも無残な形相に変わっていきます。

ベゼルに傷が入らないのは長く使えば使うほどありがたいですね。

 価格:SSブレスタイプ 65,000円+税より ラバーベルトタイプ 60,000円+税より

ダイバーズはねじ込みリューズで湿気が入りにくいためオーバーホールの頻度も少なく、電池交換に手間と時間のかかるクォーツではなく、コストの高い機械式(自動巻)に拘わりながらこの価格には敬服します。

程よい大きさで分厚くもなく日本人の体型にはベストなサイズ。デイリーユーズには一番重宝します。

時計を知っている人であれば誰もがこのコストパフォーマンスに勝る時計は他にないと思うでしょう。

 

※ 他にもここでご紹介できていないブランドのダイバーズを多数品揃えしていますので是非とも足を運んでください。 

お待ちしています!

 

「36回まで無金利フェア開催中」

 6月29日(土曜)~8月31日(土曜)の期間、ショッピングローン無金利フェアを開催していますので、36回分割まで無金利でご購入いただけます!

コメント

ゴールデンウィーク期間中は休まず営業いたします!

2019年04月19日 13時56分02秒 | 日記

今年のゴールデンウィークは10連休です。

かなり割高ですが、海外でゆっくり過ごす予定の方もおいででしょう。

実はゴールデンウィーク期間中は東京が穴場です。

銀座や新宿・渋谷・池袋等の密集地を除けば通行人を気にすることもなく、普段味わうことができない快適な別世界を体験していただけるでしょう。

 

弊店は毎年ゴールデンウィークは休まず営業  していますので、東京散策の途中に是非ともお立ち寄りください。

 

東京人でも弊店の所在地「白金台」が東京のどのあたりに位置するのか、またどうやって行くのか説明できる人はそんなに多くはないかもしれませんね。

ざっと説明すると、山手線の内側でJRであれば最寄り駅は目黒、徒歩まっすぐ7分です。

進行方向左側には東京都庭園美術館見えてきます。

旧朝香宮邸跡で、後に宰相吉田茂の仮住まいでもありました。

様々な芸術が定期的に展示され、毎日多くの都民が訪れるアール・デコ様式の内装は一度見る価値があるでしょう。

 その先には広大な自然教育園があり、都心では珍しく存分に緑を堪能しながらゆっくり園内を散策するすることができます。

弊店の斜め前には公園があり、ショップから毎日自然を楽しんでいます。

JR品川駅からも都バスで15分ほど、タクシーなら1,000円ぐらいで到着します。

地下鉄も都営三田線もしくは南北線「白金台駅」1番出口から徒歩4分ほどです。

 

ビジューワタナベ・白金台オルロジュリのホームページのショップ情報に分かり易い地図最寄り駅からの道順が以下にシミュレーションできます。

■「目黒」駅をご利用の方はこちらhttp://www.bw-shiroganedai-horlogerie.co.jp/shop/map3.html目黒駅前は高層ビルが建ち風景が全く変わりましたが高層ビル1階のみずほ銀行が目印になるでしょう。


■「白金台駅」をご利用の方はこちらhttp://www.bw-shiroganedai-horlogerie.co.jp/shop/map4.html東急ストアが「プラチナドンキ」に変わり、ザ・ガーデンが「いなげや」に変わってしまっていますのでご注意ください。


■「品川駅」をご利用の方はこちらhttp://www.bw-shiroganedai-horlogerie.co.jp/shop/map2.html

 

お待ちしています!

コメント

究極の選択、世界で1個だけのオートクチュール「オリヴィエ・サヴェオ」

2019年03月26日 16時04分23秒 | 日記

同じ時間を確認する道具でありながら、何千円~何億円まで限りがありません。

そして時計を極めれば極めるほど一般に手に入れられない時計に目が向くのです。どこの時計ブランドも限定モデルが好調なのはそのためです。

一部のセレブの間ではある特定の超高額時計ブランドを身に着けるのが一つのステイタスになっているようです。

安くとも1千万円以上の時計ですから自尊心を満たすには十分なのでしょう。

今回ご紹介するのは全くコンセプトが異なる、世の中に1個しかない時計です。

しかもブランドが事前に用意したモデルではなく、注文者の世界観がそのまま時計の世界に立体的に表現されるその人だけのためのオートクチュールです。

その名も「オリヴィエ・サヴェオ」

自らの名をブランド名にしているのですが、フランス人である彼はフランス文化の最も優れた継承者たるにふさわしい高度な技術を持つ職人に授与される賞・国家最優秀職人賞(フランスでも最も権威のあるMeilleur Ouvrier de France、MOF)を受賞した芸術家です。

かつてはヴァンクリフ&アーペル、その他の有名ブランドのモチーフをデザインするなど、その世界では知られた存在。

まずは注文者本人から時計に表現したい題材やその背景を十分に伺い、数種類のイラスト画を描いてもらいます。

イラスト画を見て再度注文者の要望と突き合わせ、最後に最終的なイラストをお見せしオーダーします。

完成までおよそ3~4か月。

単に文字盤に絵を描くのではなく、「オリヴィエ・サヴェオ」オリジナルのサファイアガラスケースの中に立体的にお望みのモチーフが表現されます。

全面スケルトンの時計の裏側にも手を抜くことなく同様に立体的な3Dモチーフが表現された、時計のデザインを根本から覆すオンリーワンのオートクチュールです。

日本では弊店のお客様以外「オリヴィエ・サヴェオ」のオートクチュールを所有される時計ファンはいません。

価格も気になるところですが、ダイヤモンドや色石の入れ方により異なりますが、およそ1千万円代後半ぐらいだと思ってください。

かつて時計デザイン界の神様と言われたジェラルド・ジェンタさんがご存命の頃たびたび弊店に足を運んでいただき、お客様と話をしながらデザイン画を描き上げその方だけの時計を製作したことがありました。

今となっては叶わぬオートクチュールですが、時代の流行に左右されない工芸品として後世に伝えていける名品だったと思います。

オリヴィエ・サヴェオがかつて手掛けた作品の一部を以下にご覧ください。

   この作品はアラブの石油王よりの注文で、モチーフは石油の精錬所です

 

注文者の発想は自由です。

恐らく納品された作品を初めて手にした時、想像以上の驚きと感動に心躍るでしょう。

 

コメント

その起源はスイスより古く、イギリス大航海時代に遡る時計ブランド「ケンドル」

2019年03月14日 22時16分31秒 | 日記

スイスに時計産業が栄える前、すでにイギリスでは世界の時計の半数が作られていました。

スイス時計の起源は宗教改革により弾圧、迫害された知識階級の新教徒(プロテスタント)が難を逃れるためにスイスやイギリスに亡命したことから始まっています。
貴族の嗜好品として宮廷文化から始まった時計はドイツやフランスで1つの産業となり、宗教改革を契機にイギリス、のちにスイスへと変遷していくのです。

一般には世界最古のブランドがスイスのブランパンそしてバシュロン・コンスタンタンと言われていますが、当時は時計は一部特権階級のための贅沢品にすぎず、スイスで産業として確立されたのはそれから数十年も後のことです。
一方、イギリスでは大英帝国の名のもとに帆船で世界をまたにかけた大航海時代の後期の時代でした。

そして、その帆船に設置されていたのがマリンクロノメーター。
正確な時間をもとに緯度、経度を計測し世界地図を作成しながら航海の安全に多大な寄与をしたのです。

今回ご紹介する「ケンドル」はスイス創成期のブランドよりさらに古く、創業1742年。
その時代に活躍した探検家であり船長であったキャプテン・クックの大航海にマリンクロノメーターとしてお供したのです。

現代に蘇った「ケンドル」は、凝りに凝った作りで、文字盤にはマザーオブパールが使用され、針の形状はまさに良き時代の装飾針。

レトロで温かみがある時計です。

航海用のマリンクロノメーターをルーツにもつ「ケンドル」は、時計の裏蓋に厚手のサファイアガラスが敷き詰められ、手に着けた時にサファイアガラスに光が入り、まるで海に浮かんだ時計のようにです。

すべてのモデルが少量限定生産。

ヨーロッパでは新作が発表されるや、早々に完売しています。

新作モデルが出来上がり入荷しましたのでご覧ください。

さあ!ケンドルの時計を着けて18世紀の冒険の世界へ旅立ちましょう!

 

ケース素材: ステンレススチール AISI 316
ベルト: カーフストラップ
ムーブメント: Automatic(自動巻) AJS Kendall モデル 925シルバーローター
機能: レギュレーター・ビッグデイト or クロノグラフ
ケースサイズ: 直径46mm
ケース厚: 厚さ20mm
防水: 10 ATM(100m)
ガラス: サファイアガラス
文字盤: マザーオブパール、Kendallデザインオリジナル六分儀針
メーカー保証: 2年間
価格

K6(レギュレーター・ビッグデイト)770,000円+税 K8(クロノグラフ)920,000円+税 

限定品 世界限定300個
コメント