高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館
小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。禁 無断転載

 



 

ダイサギ、中サギ、コサギ、アマサギ、カラシラサギ、ムラサキサギ、アカガシラサギ
アオサギ、ヘラサギ、クロツラヘラサギ、ゴイサギなどは撮っていますが、 

クロサギは私に(連れの3人も)とってはライファーであり、珍鳥です。
千葉の片貝漁港で鳥友3人とグンカン鳥をほぼ撮り終わった頃、
今年5月に舳倉島でご一緒したMさん(奥様ご同伴)にばったりお会いしました。
お互いに高齢なために顔は覚えているが名前が突差に言えない、
いわゆる相貌的知覚の減衰で、
「お久しぶりです、Mです。失礼ですがお名前は?」と私。
「森・・です』と彼。続けて「お名前は?」と彼。「Mです!」と再度の返答。
その彼がグンカン鳥が現れないので、島の思い出話しを懐かしさを
噛み締めながらお互いに語りあった後、
覗いていたかなり遠くのターゲットを目ざとく見事に見つけ、親切に教えてくださったのです。
それがこのクロサギです。
望遠でも届きかねる距離だったので、 鳥友3人と対岸の入江の奥まで車に
機材を積み込み、距離を稼いで(約7分)接近することにし、
撮りに急ぎました。
クロサギその他の水鳥をひとしきり撮れました。

「Mさん、ありがとうございました。オタッシャで。またどこかでお逢いしましょう。
私は入江の元いた対岸の方向にレンズを向け、FInderを覗くと、
車のそばでこちらをジッと見つめてくださっていました。
「無事に撮れたのかな?」と。
それはそれはとても優しい、眼差しでした。 

森・・さんにはお別れの挨拶もせず、3連休最終日でもあったので、早めに帰路の混雑を避けるため、
入江の奥から九十九里海岸の車道に出て東京・杉並へハンドルを切りました。 




ひと休み






お立ち台






陸渡り







探餌






飛翔






飛び出し






着床






探餌






カルガモとクロサギ






ウミウとクロサギ





こちらを見守ってくれている対岸のMさん。ありがとうございました。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




繁殖は主に南中国。
南西諸島で見られることの多いアカガシラサギが
関東のある河川敷のサギ類のコロニーに出没するというので
行ってきました。
100羽以上いる白サギ類やゴイサギの親子などがいるfieldに
探餌に川に行ってしまったりするので、2、3時間に1度ほど
このfieldに現れるのでそれを待ちます。
1羽だけです。
待ち時間にはシラサギ類の子育て中の姿を具に観察することができ、
暑さも忘れ飽きることはありませんでした。
異種の若鳥たちへのヘルパーの行動も見られ
とても楽しく参考になりました。 

 





























 

 

 


 













 






 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




舳倉島で1度撮ったことのあるニュウナイスズメを
もう1度じっくり撮ってみたかったので、
桜の時期に活発になるシーンを 撮ってきました。
バックは快晴の空でした。
まずは雄ばかりです。






雄の背中







飛び出し







飛翔-1






飛翔-2







ホバリング





























スズメ(比較参考)


 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こちらは綺麗なオスでした。
サバクヒタキというくらいで茨城県の農耕地の荒れ地で発見。
雌も一見セグロサバクヒタキに似ていますが尾羽の色が違います。


 








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




滅多に日本に飛来しないセグロサバクヒタキ。
今度は雄がやってきてそれを撮りたいものだ。

 







クリックde拡大!
〜〜飛翔姿をまとめてみました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




私にとっては初撮りのホオジロガモの雌です。
もちろん雄を狙ってはいたのですが、どこかに遊びに飛んで行って、
不在でした。群馬県との県境の荒川の中流あたりですが、
地元の人は「まだ飛んできますよ!」

なんて言ってくれましたが諦めて撤収ました。























 
カワウもいました。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりに大陸南部から遠来の珍鳥カラムクドリに逢いに行ってきました。



漂鳥のムクドリもよくやる咥え直し





2羽のtwo shotは嬉しかったです。





ひと呼吸






目が厳しい感じ






飛翔時には翼の上部が白黒のパターン模様の雄




虹彩の淡い青灰色が美しい










ペリットを出す





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ツツドリは1週間前くらい前にはour fieldの樹間で飛んでいるのが
見えたので確かに入っているとは確信していても
木止まりが見つからなかった。
今日薄曇りの秋空の中で やっと撮ることができました。
鳥友のTさんに上流域の桜木に止まっていたと
教えていただいたのです。感謝、感謝です。



止まり心地良さそう!



















1、2の3







ワオ〜っ







樹間飛翔。 Cuckooイイ〜!!












 
開尾翼




樹間のくつろぎ






探餌。






いただきま〜す!






僕がツツドリです。





遠景もよく似合うでしょう!









 
ピンアマだね!?













こっそりエンジェルポ〜ズ!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




夏季に低山から亜高山にいるマミジロが
今初秋、渡りの途中にfieldに降り立ちました。
10年ぶりだそうです。
世界的に気候の変動が大きいのでこれから先も何が
入るか分かりません。楽しみでもあり、
大きな気候の変動が怖くもあり不安でもあります。 










































舳倉島のマミジロ♂






















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




孫娘の次女が今年の6/14に ひ孫の男児を出産しました。
ちょうど生後1ケ月くらいに母親に抱っこされたまま撮った写真を
シロチョウゲンボウの背に乗っけてみました。
私としては孫娘の長女が二人の女児を出産した後
継いで3人目のひ孫が生まれ、生命の継承が順調なことと、
この児の無垢な微笑みを見て、ただただ心から嬉しさがこみ上げてきたのです。

 ご笑覧ください。




シロチョウゲンボウに乗ったひ孫







カルガモの幼鳥〜〜「おしくらまんじゅう」 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年も諦めていたソリハシセイタカシギが
再度 元のfieldに戻ってきてくれました。

遅ればせながら・・
鳥友のKさんと2人で 徒歩とバスと電車とタクシーを
乗りついで、やっと念願が叶えられました。
誠に美しい 野鳥で、感動の連続でした。
まずは飛び姿ばかりの特集です。


























 











 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

今日も朝からカラフトムシクイを観ようと
大勢(約100人以上)の birderが朝から参集しましたが、
1日中 島の周りを100人の瞳をもってしても、
ついに見つかりませんでした。
謂わゆる野鳥観察業界用語で『ぬけた』ということになります。
それでも夕方5時過ぎまで粘った方々も10数人はいましたが、
見つけることができませんでした。
可愛い、美声の囀りも全く聞こえませんでした。
時々メジロやエナガの声を聞きちがえて、もしやと思い
悲しい幻聴まで聞こえるような始末です。
10年前の抜けた日の2008年4月12~13日と 今日の天気図を比較しながら
明日 “総まとめ”をして考察してみたいと思います。

折しも日本中のあちこちから野鳥の北帰行が始まったと
いう情報がネットや新聞やTVなどから流れ始めました。
また初春の使者のオオルリがお隣の井の頭公園に2羽入ったという
hot newsも耳にしました。
これからは暖かくなると東南アジアや南の島々で越冬を終えた
春の小鳥たちが次々にやってきて、森じゅうが華やいできます。

このところ ちょっぴり心配な人間社会のきな臭い匂いを払拭して
地球上の生きとし生けるもの皆な仲良くして野鳥を愛でて
楽しめる穏やかな気持ちを醸成したいものです。

10年前の2008年4月12日





10年前の2008年4月13日





 
日本付近の今日(2017/4/13)の天気図


10年前と今日の天気図を比較してみますと、おおむね南高北低型の暖かい春風を
呼び込む気圧配置になっています。北帰行の野鳥は この気象状況を熟知
しており、人間より200万年以上の地球史上の 生物の先輩であることが
裏打ちされるような優れた判断力を持ち合わせていることがわかります。
カラフトムシクイも昼夜は不明ですが、上空の北東へ向かう気流に乗って
やすやすと東シベリアやカラフトへ飛び立ったと思われます。
怪我のなきよう無事に繁殖地に着き、可愛い子供達をたくさん育ててください。
そして今年
の初冬には再度日本のどこかの越冬地に・ ・
できれば和田堀の森に帰ってきてくれるよう祈っています。
 あなた達との楽しい夢のような日々を持てたことを
心から感謝いたします。 


 


 






 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日は1日中雨が降り続きました。
私は所用があり、1日中在宅。強い雨の中公園には出かけませんでした。
今日はカラリと晴れ、春の日差しが眩いばかりでした。
公園へは午後から行きましたが、池の周りは今日もカラフトムシクイを
撮ろうとbirderが120人以上いました。
暫く待機していると15時8分頃
やっと西側の島の木の枝に飛び回ってきました。
数秒間でしたがとても緊張感のあるスリルを味わいました。
10年前の明日は4月13日なのでこの地を抜けた日ですが、
明日もまだ日本海上空には強い寒気があるため滞在しそうです。
 今日の成果です。ご笑味ください


























































「ヤマブキ」が満開になり、カラフトムシクイが現れない長い間、
「カワセミ」を撮っていました。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




早朝、気温は8℃とやや寒い朝だが、気持ちよく晴れ。
昨夜は早く就寝したので朝5時半に起床。
ゆったりと体操の後は食事を十分にとり、
新聞も休みなので、カラフトムシクイの出るfieldに着いたのが
7時過ぎ。
今日もvisitorが多いことに驚き。
遠く栃木や群馬からの方もいらっしゃいました。
どこかでお会いした懐かしい顔ばかりです。
どうぞ ご存分に珍鳥のお土産を撮ってお帰りください。
とは いうものの 午前中は6:30頃 島の東側に1度出たきりで、
2度目のお出ましの時間は午後2時10分過ぎ。
午前中に諦めて帰路に着いた方もいらっしゃいました。
私自身、あまりにも長時間、間が空いたのでもうこのfieldから
抜けたのではと思い始めました。
しかし皆さん2回目の出現まで 我慢強く待機され,
見事に心地よいシャッター音が鳴り響き、ホッと一安心。
この時間帯にbirderが大勢いたおかげで島の西側と東側で 
ほぼ同時に別個体のカラフトムシクイが撮影されていたことが
わかりました。 
それから池の周囲に3〜4回くらいお出まし。

地元のbirderがカラフトムシクイの囀り声を聞き逃さず、
その現れる場所を懇切丁寧に教示した上、100人以上の
birderの瞳で可愛いカラフトムシクイを見事に見失うことなく、
ほぼ満足に撮影できたようです。
最終は5時過ぎまで撮影でき笑顔で帰られました。 

因みにmyblogの過去記録を見ると、
丁度10年前の2008年4月13日に和田堀周辺から
 珍鳥カラフトムシクイが抜けたことがわかります。
拙い私の過去データや写真ですがお時間がありましたら、
ご覧下さい 。(下記lineをクリック!)

◆カラフトムシクイ 現在も滞在中---2008.4.6(日)〜13(日)---




14:15撮影のカラフトムシクイ 



 
囀り






正面顔






頭央線













羽繕い






羽ばたき







































囀り






ヤマブキ






カワセミ雌




桜にシジュウガラ





cherry wormを捕らえた瞬間









 

 




 
アトリはまだいます。 






100人以上のbirderが美しく可愛い珍鳥を狙って視線は一点集中。

 



 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




午後3時頃までは雨が降ったり止んだりの中、
日曜日とあって、朝から関東地域や近場のbirder方が
大勢カラフトムシクイに逢いにやってきて楽しみました。











春紅葉(イロハカエデ)と雨粒の中を逞しく飛び回ります。





 
枯れ木で一休み






日毎に葉の大きくなるイロハカエデの中を探餌移動中


































新芽の木の中で高い大声で囀っています。





 
小昆虫のいる樹木や葉っぱを求めて探餌移動














雨具を付けて待機するbirder






目線の方角にカラフトムシクイを見つけると一斉にshutter 音が聞こえます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ