明治学院大学体育会バスケットボール部

明治学院大学体育会バスケットボール部の練習日誌、日程、チーム、対戦結果など載せていきます★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

御礼

2011-11-26 16:31:51 | 明学バスケ部のご案内
コーチの深川です。

ご挨拶が遅くなり恐縮です。
今シーズンは、過日学生より報告いたしました入替戦をもって終了いたしました。
ご声援いただいたOG・OBの皆様はじめ、ご父兄、ご家族その他多数の皆様のお蔭で充実したシーズンを送ることができました。吉田監督はじめスタッフ一同、心より感謝申し上げます。
「1年間 ご声援、ご指導本当にありがとうございました。」
また、ベンチワークの未熟さから入替戦に於きまして、「3部昇格」を勝取れなかった事をこの場を借りてお詫び申し上げます。
「力不足でした、誠に申し訳ございませんでした。」

4年生3名(イチ、ノリコ、ユリ)及び3年生(ふらの)はこのゲームをもって引退することとなりました。4年生は今年、3月の東日本大震災のあと、チーム作りが遅れたにもかかわらず、1年生の勧誘や練習会場確保など本当に頑張ってくれました。お陰で優秀な1年生4名の入部をはじめチームのコミュニケーション形成に尽力し、戦えるチームの礎を作ってくれました。
「お疲れ様でした。至らぬコーチ陣でしたがよくチームをまとめてくれました。ありがとう!」
「OGとしてこれからも宜しくお願いします。」
また、3年生の「ふらの」は自分の夢に向かって、厳しい勉強等に向かっていきます。彼女は今年、海外留学等で満足な練習ができなかった中、リーグ戦~入替戦に於いて、貴重な6メンとして要所要所でチームを救ってくれました。引退するのは残念ですが、夢の実現に向けて頑張ってもらいたいと思います。
「ふらの!ありがとう、―夢の実現―願っています。」

残された2年生以下は、来季「3部昇格」を必須目標として、現在も自主トレに励んでおります。
我々スタッフ陣も今シーズンの反省を肝に銘じ、必ずや来季「3部昇格」を勝ち取るため、より一層の努力を重ねてまいります。
そして何よりも、「MEIGAKUスタイル」の「諦めないバスケット」を必ず来年も皆様の前でお見せすることを、ここに誓います。

これから年末にかけてお忙しい日々が続きます。皆様方におかれましては、お身体に留意され、風邪などひかぬようお過ごしください。
来季の活動方針等が決まりましたら、またこのブログに於きましてご報告いたします。
「1年間、明治学院体育会バスケット部に対する温かいご声援、本当にありがとうございました。」
「千葉大戦で流した涙を、来年は皆様とともに歓喜の涙に変えましょう。宜しくお願いいたします。」
コメント

女子3年挨拶

2011-11-10 11:58:02 | 明学バスケ部のご案内
3年生の武藤ふらのです。
突然ではありますが、4年生の先輩方と一緒に現役を引退させて頂くことになりました。
これから夢に向けて本腰をいれて就活に取り組みたいと思っています。
来シーズンはできる限り後輩達のサポートをしていきたいと思っております。
OB・OGの方々、監督・コーチ、先輩方、後輩達、
3年間大変お世話になりました。
明治学院の体育会バスケットボール部ではとても良い経験ができ、
今後の大きな糧になることと思います。

1年生で入部してから学年で1人になり、何度も辞めようと思いながらも
先輩、後輩の支えがありここまで続けることが出来ました。
今シーズンは短期留学の影響で練習に参加出来ないことが多く
チームに貢献できなかったことは残念ですが、
3部昇格の目標に近づくことができ嬉しく思います。

3年間ありがとうございました。
コメント (4)

女子4年生挨拶③

2011-11-06 01:06:23 | 明学バスケ部のご案内


【主将:水出早紀】
今シーズン女子バスケ部
主将を務めさせて頂いた
水出早紀(イチ)です。


まずはじめに、いつも
私達のことを応援し、
支えて下さったOBOGの皆さんや
父兄の皆さん、また、
練習相手になって
下さった皆さん、
本当にありがとうございました。
また、毎週指導に来て
私達を入れ替え戦へと
導いて下さった吉田監督、
深川コーチ、田部井Aコーチ、
本当にありがとうございました。


シーズンインしたときに
まずはじめに私達が
たてた目標は、「部員を10人
集める」というものでした。
トーナメントは、マネージャー
のユリを入れてようやく
試合に出られる状態でしたが、
1年生の加入により、
夏には「3部昇格」を
目標に出来るチームに
まで成長致しました。


最終的には入れ替え戦で
延長戦の末負けてしまい、
4部残留という結果でした。
しかし、1ピリで20点差つけ
られた厳しい状況の中、
応援席の声援に励まされながら
コーチの指示を信じ忠実に
プレーした結果、延長戦に
まで持ち込むことが出来ました。
負けは勿論悔しいですが、
私はこのメンバーで
最後まで諦めず気持ちの
こもったプレーをして
終われたことが、とても
嬉しく、明治学院のバスケ部で
取り組んできたことを
心から誇りに思いました。


私は途中からバスケ部に
入った身ですが、今シーズンは
主将という大役を任せて貰い、
真剣に明治学院大学の
バスケットボール部と
向き合うことで、今まで
先輩方が築き上げて来た
伝統の重さを実感しました。
また、なかなか人数が
集まらないなか、最後まで
一緒に頑張ってきた
のりこ、ゆり、ふらの、けい、
本当にありがとうございました。
試合前緊張しているときも、
皆のおかげで緊張がほぐれました。
試合中厳しい展開になっても、
交代でのりこ、ふらの、けいが
入ってくれると、とても安心したし、
ベンチからゆりの声が聞こえると、
絶対に次のシュートも
決めてやる!って気持ちになりました。


今年入ってきた、ハチ、
のぞみ、ルイ、クーも
本当にありがとうございました。
1年生とプレー出来た
数ヵ月間は、正直本当に
楽しかったです。
どんどん上手くなっていく
1年生を見ているのも
楽しかったし、それに
負けないように自分自身
必死に練習したのも
本当に楽しかったです。


私は主将として至らない点も
多々ありましたが、心配
して下さったり、支えて
下さったOBOGの皆さん、
本当にありがとうございました。
これからは、私もOGとして、
後輩達の力になって
いきたいと思っています。


今年は3部昇格を果たせ
ませんでしたが、来シーズンも
3部昇格を目標に、後輩達が
頑張ってくれると思います。
OBOGの皆さん、父兄の皆さん、
来シーズンも、引き続き
バスケットボール部の応援を
よろしくお願いします!


今まで本当にありがとうございました。

コメント

女子4年生挨拶②

2011-11-06 01:03:55 | 明学バスケ部のご案内


【副将:川添典子】
女子バスケットボール部副将の川添典子です。
今年は1年生がたくさん入ったこともあり、
やっとのことで入れ替え戦まで行くことができました。
最終的には三部昇格には至ることができませんでしたが、
今年は本当にチーム一丸となってバスケットをすることができたと思います。
最後の試合はみんなにとって忘れられない試合になりました。
4年間を振り返ってみると、本当に色々な問題など抱えたりしながら、バスケットの厳しい練習をこなし
時には本当に辞めたいと思うことも多々ありました。
だけど終わって引退してみると、得られたものがとても大きいことに気付き、
明学バスケット部での思い出がとても大きくて、引退するときには思わず涙が溢れてきました。
私にとって、きっとイチとゆりにとっても素敵な引退試合になったと思います。
このような経験ができたのは、4年間たくさん面倒見てくれたスタッフの皆さん、応援してくれたOB、OGや父兄の皆さん、そして一緒に頑張ってきた部員のおかげだと強く思っています。
私は明治学院大学のバスケットボール部に4年間携わることができたことを誇りに思います。
これからはOGの立場として明治学院大学バスケットボール部を支えていきたいと思います。
4年間通してたくさん迷惑をかけてしまいましたが、技術面だけでなく、人間関係や礼儀など本当に様々なことを学ばさせていただき感謝しております。
この経験は社会人になっても生かしていけるだろうし、生かしていき立派な社会人になりたいと思っています。
本当に4年間ありがとうございました!


コメント

女子4年生挨拶①

2011-11-06 00:53:36 | 明学バスケ部のご案内


10月29日の入れ替え戦で
引退となった女子4年生からの
応援して下さった
皆様への感謝の気持ちや、
今までの思い等を綴った
挨拶の文章を掲載させて頂きます。
挨拶が遅くなってしまい
申し訳ございませんでした。


【マネージャー:宇内優理】
4年・女子バスケ部マネージャーのゆりです。

29日の入れ替え戦を以て、引退することになりました。
まず、私が居た3年間、女子バスケ部にご声援、ご協力をして下さったOB・OGの皆様、関係者の皆様、関わって下さったスタッフの皆様に御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

そして、こんな私に付き合ってくれたバスケ部のみんな、本当にありがとうございました
バスケまっさらの素人だった私が続けてこれたのは確実にみんなのおかげです。バスケ部ために奔走できたのもそんな仲間がいたからだと思います。

マネージャーの仕事は地味で、見返りがあるわけではありません。
でも、選手が活躍する姿を見て、チームが勝って、自分が少しでも役に立てたと思える瞬間が一番の喜びでした。
そんな気持ちを味わうことが、明治学院のバスケ部でできてすごく幸せでした。

今はもうみんなとバスケができない寂しさと、みんなへの感謝の気持ちでいっぱいです。


ブログにて挨拶をしようと書いていると言いたいことがたくさんありすぎて納まり切れません。それほど私のバスケ部での3年間は充実していました。

3部に昇格できず悔しい気持ちもありますが、なぜか清々しい気持ちで満たされています。
また来年後輩たちが3部に上がってくれることを信じています。

明学バスケ部での経験を糧にして、また少しずつ自分の目標に向かって進んでいきたいと思います。

本当にたくさん、たくさん、ありがとうございました!
コメント (4)