人生100年時代を生き抜くための事業日誌

人生100年と言いながら酒とたばことコーヒーを止められず、自営業をしながら60歳からの人生を楽しむ方法を模索中。

#1694 太陽光販売会社との交渉

2018-09-24 | 最新情報

本日、重要なMeetingにために都内に出動。

千葉県にある2基の太陽光発電所のうち、1基が北西にある林の影響を受けて発電量が10%ぐらい落ちている。と言ってもそう悪くないレベルにはあるが、ここでActionを取る必要があると判断。

6月にこの林の伐採を販売会社の負担で行う事で合意したが、林のある土地所有者がなかなかしぶとくて了承しない。

このままでは損失が長引きそうなので販売会社と交渉を開始。

交渉内容は実にシンプル。この業者が林の伐採までまでの期間、日陰による損失を補てんする事を了承すれば良いのである。

そこで購買歴30万年の私が今回のトラブルの経緯と合意内容、補償内容を書いた合意書を作成した。

このような場合、補償金を取るのはなかなか難しいが、幸いこの会社に毎年支払っている借地代金を利用して、減額する案を提案。

これらを文書化するときに過去のメールが非常に重要。メールも証拠になるのである。

この会社の人たちは非常にまじめで頑張っていて良い人たちだ。なのであまり揉めたくもない。今後10年以上この会社と一緒に発電所を運営していく必要があるし、トラブル時にはお世話になる事もある。

しかし補償問題は全くの別物で私とこの会社間の問題である。そこをうまく切り離さないといけない。

業者も準備をしていた。もう1基太陽光発電所を購入してくれれば、日陰による発電量低下の補償費20年分を減額しますと言ってきた。

良く考えられたナイスな提案である。しかしお断りする予定。

それでも借地料の減額に応じない場合には簡単でやりたくないが、借地代金を踏み倒せばいいのである。

さてこのバトルはどのようになるのか楽しみである。このような場合には少し時間をかけて対応した方が良い。円満に解決したい。

 

Comment

#1693 必要経費

2018-09-20 | 最新情報

先日実家で行った不要物の処分費用は税込み7万両だった。

廃却物は3トンLong Bodyのトラックに満載になり、家電リサイクル品や古い灯油入りのストーブやポリタンクがあったので結構安くして頂いたと思う。ありがたい。良心的な地元業者様である。次回も御願いしよう。

さて太陽光発電のCash Flow改善活動は時間が掛かっているものの順調に進んできたが、単に節減だけをしている訳ではない。

節減できた費用の一部で「施設所有管理者賠償責任保険」(略称:施設賠償保険)に加入する。

現在の保険内容は、自然災害補償や設備故障等で売電ができなかった際に最大1万円/日補償してくれる売電補償であるが、台風でパネルが飛び、家や人に被害を与えた場合の補償は含まれていない。

この部分を補償するのがこの施設賠償保険。今年の自然災害では多くの太陽光パネルが飛ばされたが、人にぶつかったらかなりの補償が必要である。

保険金が安い事もあり、最悪の事態を1億円/人補償で3名まで合計3億円の補償を想定した。その他お見舞金、訴訟費用など色々とカバーしてくれるが、保険料は2500円/年。

しかもこれに加入しておけば台風が来た時でも心配せずに安心して眠れる。

実は太陽光発電所の所有者は経費節減のために保険に入らない人も多いと聞く。

なので発電監視装置を付けないのはもちろんのこと、現在は法律で設置義務となったフェンスさえも付けていなかった。

投資は必要経費、特に保険に躊躇してはけない。しかも株や投資信託と違い、保険が付保できる投資は良い投資と考えている。 

投資はどこに経費をかけるのかが難しいが、日々の経費節減だけは続け、必要な時にいつでも出費できるようにしようと思う。

 

Comment

#1692 実家の不要物処理の日

2018-09-17 | 最新情報

この3連休は、実家の不要物処理のために群馬県へ帰省。

母が介護施設に入居してから早くも1年。人が住まない築50万年の家はホコリとカビに支配され、ゴキブリの館にもなっていると思う。

そこで1年前から帰省の度に少しずつ片付けを行ってきたが、かなりまとまったので一括廃棄することにした。

昭和の人は、物を大事にするので廃却しない。50万年間積り積もったものは家のいたる所にある。

以前デジタル放送になる前にアナログテレビを家中から集めたらなんと6台もあった。

今回処分したものは、40万年前の冷蔵庫3台、扇風機3台、洗濯機1台、食器棚3個、食器は段ボール10個、燃えるゴミ30袋。他に亡き父が購入したランニングマシンなどなど。

それに加え、一番廃却したかったのが、灯油が残っている10万年前の石油ストーブ4台と古い灯油入りポリタンク6個。

もし火事なったら大変なことになると心配していた。

考えてみればこれらの一部が1年前まで使われていたのもすごいが、92歳の高齢者が使っていたのでかなり危険でもあった。これまで運よく事故が無くて良かった。

廃却物は3トン車1台に満載になった。それでも足りず、1.5トン車にも積み込む。処分費用は10万両以上かも。。。

  

今回処分したものは、家の中にある荷物全体のまだ1/3ぐらいと思う。

これから処分しなければいけないのは、山のような寝具、本、本箱、衣類、洋服ダンス、装飾品などなど。

大物はピアノ。珍品は鳥のはく製2個と亡き父がタイから輸送した木彫りの象。

まさにバブルと昭和の置き土産満載である。

今回の廃棄の仕上げは、荷物を全部運び出した後に台所にゴキブリジェットのバツーカ砲を5発発射。

国連の決まりを無視して化学兵器を使用したが、反政府軍のゴキたちもかなりダメージを受けたと期待したい。

かなりすっきりしたが、まだまだ途中。第2弾の処分は来年予定。

 

Comment

#1691 Cash Flow改善活動の続き

2018-09-13 | 最新情報

9月の発電は天気が安定せず、全く伸びない。思ったように7.8月の猛暑の反動が来たようだ。自然とはこういうものかもしれない。

このような悪天候に対処するには、太陽光事業のローン借り換えをして金利を下げた後は、次のCash Flow改善活動(パワコンの電気料金削減)を進めないといけない。

課題1
2基のパワコン電気料金(定額電灯)が他の同一仕様の発電所よりも約500円/月高い。2700円 vs 2200円?(TEPCOさんに問い合わせ中)

結果
2200円の電気料金は間違いで本来は2700円と回答有。原因はパワコン台数の入力間違い。

やぶ蛇だった。聞かなければ良かった。調子に乗ってしまった。

しかしこのままの料金で行きますという非常に優しい解答。ありがたい。たぶん課題2の対応があるので変更の手間を考えたように思う。

従って現状維持。 仕方が無いので次の課題2で対応する。

課題2
パワコン電気契約を定額から従量電灯に変更して約2000円/月の削減する。

結果
すでにこの活動は5ケ月目になった。当初申請方法が解らず、試行錯誤でTEPCOさんへ申請するも3度も書き直しを命ぜられ、イエローカードに近い教育的指導を受ける。

このハードルを歯を食いしばりながら根性で乗り越え、2週間前にようやく条件付きでOKを頂いた。何度も話す中で電気の会話も少しできるようになった。やはり何でもトライすると勉強になる。

予定では月額2700円/2200円の電気代が500円ぐらいまで下がる。理由は太陽光発電のパワコンは夜は待機電力だけでほぼ電気を使っておらず、1日の約半分は動いていない。

つまり定額電灯では高くなり、使った分だけ支払う従量電灯の方が安いという当たり前の話。

しかし当たり前の事に気付かず、或いは気が付いていても何もしないのがビジネスの世界。

では各県の進捗状況です。

千葉県
ここは太陽光発電2基を所有。ブレーカーの設置工事が必要で今月実施予定。

栃木県
ここは5基所有。なので非常に大事。
こちらはブレーカーの設置は不要で現地での立ち合い確認が必要。工事が無くて費用的にも大助かり。来月立ち合い予定。

正直本当に安くなるのか不安はあるが、あと1歩のところまで来ている。寒くなる前に完了したい。

 

Comment

#1690 エアコンとありがたい業者さん

2018-09-10 | 最新情報

今年の夏は、貸家のエアコンがいつ壊れてもおかしくないぐらいの猛暑だったので、毎日ハラハラ、ドキドキしていた。

借家7棟で私が取り付けたエアコン(大家責任)は14台ある。特にアパート(8台)はすでに12年間使用しており、いつ壊れてもおかしくない。

戸建の場合、もし壊れたらエアコンのある部屋へ移動してもらえば良いが、ワンルームのアパートはそうはいかない。

しかもエアコンの発注、取り付けには数週間かかる。今年は猛暑の影響で7月上旬には2017年モデルのエアコンが早々と完売する事態で、取り付けにも昨年の倍以上の期間が必要と言われた。

当然2018年モデルは2017年モデルより高い。

そんな中で先月東京戸建2のエアコンが1基故障。この戸建は2年前まで自宅で使用していたのでこのエアコンはすでに15年間使用していた。寿命と思い、新規に発注する事にした。

そこでいつもの業者さんへ依頼。

この業者さんは必要な商品をヤフオクで競り落として、作業賃だけ請求してくれる実にありがたい大家の味方の業者さんである。

今回も10-12畳用のエアコン2.8kw仕様 2018モデル新品を5万円以下で競り落としてくれた。モーレツに安いと思う。

これまで給湯器を2台やはりヤフオクで安く購入して取り付けてくれた。なので色々なお客さんに大人気で今年も休暇はまだ2日だけという忙しさ。

しかし、すでに70歳近い年齢。

なので関係者の皆さんは、この業者さんの体調を心配している。今年はこの業者さんの体力が尽きるか、エアコンが壊れるか、どちらが先かという状態だった。

自宅のリフォームも何度もして頂いており、支払いはいつも多めにしているが、それでも足りないぐらい感謝している。

この業者さんは、利益優先ではなく、お客さんから重宝されている事が長く働けるコツである事を教えてくれているようだ。

 

Comment