あるまこ~

ITコンサルタント&山岳ガイド協会公認 山岳ガイド&インターネットショップ ラブジアース店長&LOC代表の徒然日記。

【ラブジアース】サレワ(SALEWA)のセルフ・ロック・ビレイ器 エルゴ・ビレイ・システム(ERGO belay system) インプレッション

2016年07月24日 20時22分37秒 | インターネットショップ ラブジアース

クライミングのビレイデバイス(確保器・下降器)は、ATC、ルベルソ、エイト環、ジジ等、多くの製品があり、使い勝手、デザイン、カラー、ブレーキの効き具合、対応ロープ径等、製品によって、それぞれ特徴があります。

セルフ・ロック・ビレイ器としては、ペツルのグリグリが長い間、その代名詞として存在していましたが、それ以外として、サレワのエルゴ・ビレイ・システム(ERGO belay system)があります。インドアのクライミングジム、外岩で実際に使ったインプレッションをご紹介します。

サレワ(SALEWA)のエルゴ・ビレイ・システム(ERGO belay system)の詳細、ご購入はこちらのページから。


1.構造がシンプル

 ビレイ器として、本体と側面をリベットで止めているシンプルな構造です。シンプルと言うことは、使い方も難しくなく、外・中の構造を目で見ることができるので、ビレイ器自体の作りが分かります。稼働する部分もないので壊れにくく、ゴミ・ホコリ・砂等をブラッシングで洗い落とせたり、メンテナンスが簡単です。
 構造がシンプルなので軽量です。ペツルのグリグリ2は185g、クライミングテクノロジーのクリックアップキットは115g、トランゴのシンチは182gなのに対し、エルゴ・ビレイ・システムは76gです。ロープ、カム、クイックドロー、ナッツ等、多くの登攀具を必要とするクライミングおいて、「軽い」というのは、とても助かります。

↓見てのとおり、構造はシンプル。動作もシンプルです。目で見て動きが分かることは重要です。


2.使い方が直観的

 トップロープのビレイは、ATCのような従来のビレイデバイスと同様の動作でロープを手繰ることができます。クライマーが滑落した場合、セルフ・ロック機能で滑落を止めることができます(※セルフロックという意味は、常にロープを握っていることによって、ロックがかかります。なので、絶対にロープから手を離してはいけません。これは他のビレイデバイスも同様です)。ロックしたビレイ器はビレイ器本体を回転することによって、ロープのロックが徐々に解除されていきます。本体全体を手でつかむので、手の力が弱い女性でも簡単に使うことができるでしょう。

↓従来のビレイデバイスと同様のポジション。

↓ロワーダウンの時は本体を持って回転させると、ロックが徐々に解除されます。こういう写真を見ると、どこのジムか?と思いますよね・・・。


3.リードのビレイも可能

 リードクライミングのビレイも可能です。ただし、使い方にコツがあるので、簡単なルートで練習しておきましょう。ロープを繰り出す時に、ビレイ器本体下のカーブに親指をかけて、ビレイ器を上方に持ち上げます。こうするとロックは解除され、反対の手でロープを繰り出すことができます。
 ただし、トラッドクライミング、アイスクライミング、ナチプロを使ったクラッククライミング等には、不向きです。これらのクライミングは、支点の強度が比較的弱いため、ダイナミックビレイ(制動確保)というビレイ方法をすることがあるためです。支点の強度が弱いルートでは、滑落時に支点への衝撃を弱めるためにわざとロープを出すことがあります。そういった操作はこのエルゴ・ビレイ・システムは不向きです。

↓下の手の親指を本体のカーブ(黄色い部分)に引っかけて、上方に持ち上げると、ロープを繰り出すことができます。


4.ロープ適用径が8.6~11mmと広い

ペツルのグリグリ2は8.9~11mm。クライミングテクノロジーのクリックアップ キットは8.9~10.5mm。トランゴのシンチは、9.4~11mm。これ等のセルフ・ロック・ビレイ器と比較しても適用径が最も広い。しかも、広いほうじゃなくて細いほうなので、昨今のロープ軽量化の流れに乗っており、とても助かります。ビレイ器本体の大型の穴は、ロープ径の広さに対応されて設計されているのでしょう。


5.値段が安い

使ったインプレッションではないが、セルフ・ロック・ビレイ器としては安い。ペツルのグリグリ2は本体のみで約12,000円(税込)。クライミングテクノロジーのクリックアップ キットは安全環付カラビナ付きで11,880円(税込)。トランゴのシンチは本体のみで12,852円(税込)。それに比べ、エルゴ・ビレイ・システム(ERGO belay system)は10,260円(税込)です。安全環付カラビナが約3,000円なので、本体価格は約7,000円です。


lovzearth. ラブジアース

コメント   この記事についてブログを書く
« 【LOC】7/23 インドアクライ... | トップ | 【予告】8/16(火) 20thボルダ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

インターネットショップ ラブジアース」カテゴリの最新記事