あおぞらブログ

発達障害やグレーゾーンなど、ちょっと個性の強いお子さんのパパママを応援する「パパママサポート あおぞら」です。

卒園、卒業、修了式

2012-03-24 10:50:41 | スタッフのひとりごと
卒園、卒業、修了のみなさん、
おめでとうございます

市内の保育園は
今日が卒園式。
雨が恨めしいですね

幼稚園はもう
卒園式は終わったかな?


中学校の卒業式は8日に、
小学校の卒業式は19日にありました

どちらも晴れだったけど、
かなり風が冷たくて
寒い日でしたね


私の記憶でも
子供たちの卒園、卒業の日はいつも
風が強かった気がします





毎年この時期になると
思い出す光景があります。





ADHDの長男の
保育園の卒園式。




卒園を機に
お引越しが決まっていた男の子がいました。


同じ市内だし
そんなに遠くへ行くわけではなかったけれど
みんなと違う小学校へ行く、
という寂しさで
式の間ずっと泣いていました。


普段から
物静かでとても優しい子でした。

それだけに
その涙はとても切なく、
またほかの子供たちも
肩を抱いたり頭をなでたりしていて、
その姿がさらに
周りの涙を誘っていました




その中で。





泣いているその子の
うつむいた顔を下から覗き込んだり
涙している大人たちをぐるりと見渡しながら
ニヤニヤと面白そうに笑う長男・・・


まったく空気が読めていない様子、
忘れられないですね~



多動真っ盛りの頃でしたけど、
あの頃はまだ
ADHDなんて言葉とは無縁の私たち親子でしたから
長男のその行為が
私にはとても腹立たしく、
大事な卒園式だというのに
わが子の姿を見ないようにしていたものです







さらに衝撃的だったのは、
長男より2つ年上の
長女の小学校の卒業式



4年生なので
卒業生を送る側として出席だった長男。



3年生の時に学校で問題を起こし
要注意人物とされていた長男。

授業中も校内を走り回ったりするほど
座っていられない子でしたから
こんな大事な場で
大丈夫なのかと
保護者席にいた私は
絵に描いた優等生タイプの娘より、
長男の方が気になっていました



娘の
卒業証書授与を見終えて
ふと在校生の席に目をやると
中に一人だけ
上下にぴょこぴょこと揺れている頭が・・・




それが長男だということは
すぐに分かりました



まだADHDの診断を受けていなかった頃ですが
貧乏ゆすりがひどく
絶えず体が上下している子だったのです




目が釘付けになりました



卒業式そっちのけで
もう長男しか見えません


だんだんと動きが激しくなり
そのうちに
白目になってきました
まるでトランス状態
もう意識がどこかに行ってる感じです



私の心臓はバクバク
喉はカラカラ
頭に血がのぼっていくのが分かりました



止めたい
彼を呼び戻したい


思わず椅子から立ち上がりそうになった時、
担任の先生が後ろから来て
長男の肩をぽんぽんと叩きました。


ハッと我に返った様子の長男。
本当に
自分でも驚いてる感じでした。


無意識なんだ・・・


後でそのことを長男に話しても
覚えていない、と言っていました。







長男を
普通じゃないと確信し、
診断を受けたいと思ったきっかけです。







今思えば、

彼にとって
緊張状態がMAXだったんだろうな
と思います。



3月は
卒園や卒業、修了式の練習があり
また、
授業も今までとは違った内容になったりして
園でも学校でも
疲れや緊張が続く時です。



何らかの障がいのある子にとっては
苦手なこと、叱られることが増え、
さらに苦痛ではないかと思われます。




そこらへんの理解とフォローが
学校でも家でもしてあげられたら
彼らの苦痛も少しは
軽くなるかなと思います。





4月もまだまだ
緊張状態が続きますね。



入園や入学を迎えるお子さんにとっては
未知への遭遇です



園や学校へ下見に行ったり
こんなことをするんだよと
文字や絵も使って予備知識を与えたりして
その先が見えるようにしてあげると
少しは不安も和らぐかな



心配の大きいお子さんなら
園や学校側へ
あらかじめその旨を伝えておく方が
いいと思います。




お子さん方にとって
よいスタートとなりますように
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 茶話会 | トップ | 切ない母 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あおぞらさんこんにちは (しゅうもと)
2014-07-05 05:24:08
あおぞらさん初めまして

外国に住んでいるので卒園式がもう直ぐで
今日園長先生から他の園児さんのご両親が不愉快になると思うのでADHDの息子がちょっかいを出す様だったら参加させないと言われました

私が子供の頃はそんなに卒園式が大変だった思いはなく普通にやっていたことなのでそんな事を言われるとは思いもよらなかったです

恥ずかしいなぐらいで…

ちゃんとした状況を把握しているのは私と母だけで
大切な卒園式を台無しにされる他の園児さんのご両親の気持ちもかりますが母はそんな権限があるのかと言っていました

舅と父親は冗談だと思っているのか気にするな
息子に恥ずかしくないのか?とか言っていますが
普通にできないから問題がある事をまったく理解できません

あおぞらさんの言葉が励みになりました
ありがとうございました
まさに疲れや緊張が続くと思います
普通の年長さんでも一時間集中するなんて
大変な事なのにADHDの子なんて無理に決っています

本当に理解とフォローがあればと思います

これからも参考にさせてください

コメントを投稿

スタッフのひとりごと」カテゴリの最新記事