カプアン通信

カプアンとは
なんちゃっテリア
カプアとアンジェロのコンビのこと
カプアンたちの日常と
犬好き親爺の犬話閑話

Cafe Blanc

2014年09月29日 23時03分03秒 | いぬねこよもやま話



きのうは、ちばわん品川ねこ親会いぬ親会でした。
家族を待つ犬猫たちに、たくさんのご縁が繋がったでしょうか?

私は、ねこ親会いぬ親会をお休みして ↑こんなところに出かけてました。

ちばわんのボランティアさん、おかもとさんの新プロジェクト
「カフェ ブラン」の工事現場です。

おかもとさんは、いまから8年くらい前、私がいぬ親会に通い出したのと同じ頃、
ちばわんで預かりボランティアを始められた
竹馬(ちくば)の友(?)みたいな方です。

最近は預かりをされてないので、最近ちばわんに加わったボランティアさんは
ご存知ないかもしれませんが、
以前は、すごい勢いで多数の保護犬のご縁を繋げた、ベテランの預かりボランティアさんです。
犬だけでなく、猫の預かりもされましたが、猫はみんな自分ちの子になりました(笑)

そのおかもとさんが、あるとき、「猫カフェを始めようと思っている」
とおっしゃいました。将来の希望かな? くらいに思っていたら
起業に向けて数年前から計画をしていたと聞いて仰天しました。

で、お店で使う什器の組み立て作業があると聞き、お手伝いがてら見学に行ったわけです。




場所は、東京からだと東名高速の「横浜青葉IC」で降りて、
厚木街道を渋谷方面にすこし戻り、東急田園都市線 荏田駅前を右折し
600メートルくらい走ったあたりです。

お店は思っていたより広く、西側に大きな窓があるとても明るい部屋です。
私は、開店準備はてっきり、什器を並べるだけなのかと思ったら
厨房・トイレ・内装など新たに施工する本格的な工事になるそうです。
一流の建築家の先生が設計・監理をされていて、
この日は、先生がお手伝いボランティア(私も含め6人)を指導し
家具類の組み立てをしました。




什器類はほとんどIKEAで揃えたとのこと。
たしかに、大工さんに発注すると材料代・工賃が張ります。
我が家の壁面収納もパーツとしてIKEA家具を利用しています。

IKEAは配送が有料ですが、工務店さんが運搬してくれたそうです。
(IKEAの家具はとても重いです)

IKEAの家具を買われた方はご存知でしょうが、組み立ては結構大変です。
私以外の5人(ちばわんボランティアさん一家)は腕に自信がある方達で
あっと言う間にたくさんの家具を組み立ててました。

カフェ ブランとは、フランス語で「白いカフェ」のことですから
家具類も白で統一しているようです。




私は、まさか使わないだろうと思いながらも電動ドリルなど持って行きましたが
意外とこれが役に立ちました。
パーツによっては、下穴の無い場所をビス留めするのですが
ドライバーで無理やりねじ込むのは難しいのです。
やはり下穴を開けてから、ネジ回しするのが簡単です。

このお店でどんなことが行われるのかは追々発表されると思いますが
けっこう本格的(?)なお店だ! と驚かされることばかりでした。

ちばわんのボランティアさんは、いろんな才能や優れた行動力を持っている方が
少なからずいらっしゃいますが、おかもとさんの行動力に驚かされています。
お店が発展するよう願っています。

まだ準備中ですが、ホームページもあります。
カフェ ブラン http://www.neko-cafe.info/

11月オープンを目指して鋭意準備中です。




昨夜のカプアンの散歩。

オフィスビル+高級マンションの公開空地を進んでいたら
なんだかすごいところに来てしまいました。




犬が入っていいのか? とも思いましたが
とくに、犬禁止とは書いてなかったので、いいのでしょう。

この場所はアメリカ大使館の隣の高層ビルです。
公開空地には、夜間、まっ暗になる遊歩道があるのですが
大使館を隔てる塀の下の陰で、おまわりさんが24時間警備をしています。

カップルなどが、暗がりでいいムードになろうと進むと
幽霊のようにおまわりさんが立っていて
「ぎゃぁぁぁぁぁ~」ってなるでしょうね(笑)




ビルの向いは再開発の工事中です。
ここも、きっとオリンピックの頃には完成しているはずです。
カプアンたちと散歩に来れるかな?




先日、スズメに食べられたかも。と書いた
アオスジアゲハの幼虫ですが、無事に蝶になりました。

今朝、ヤクルトおばさんが発見してくれました。
サナギの脇にいて、孵化したばかりのようです。




写真を撮っていたら、地面に落ちてしまいました。




カプアが踏みつけそうなのと、鳥などに襲われないよう
元の葉っぱに戻してあげました。
いまなら、花や蜜もたくさんありますね。
ぜひ、元気に育って、またここに戻ってきて欲しいです。


火山噴火は大変な災害になってしまいました。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

緊急災害時に飼い主と動物が同行避難し、
人と動物がともに調和して避難生活を送ることができるようサポートをする
NPO法人アナイスさんよりお願いがあります。

以下、Facebookより転記させていただきます。

御嶽山の噴火災害による被害を受けられた皆様に、お見舞い申し上げます。また、未だ安否が確認されていない方々が、一刻も早く救出されますよう、心より願っております。
近隣の町村にお住まいの方は、県や内閣府が発信する情報をこまめに確認し、火山灰による健康被害が生じる可能性がある地域では、屋外で飼育している犬や猫を室内に入れるなどの対策をお願いします。
身づくろいのために身体をひんぱんに舐める猫は、被毛に付着した火山灰を口にする可能性があります。地面に降り積もった灰が舞い上がり、継続的に呼吸器や目への被害が生じる可能性も考えられます。
家庭動物だけでなく、学校や公園などで飼育されている動物たちへの対応も、忘れずにお願いいたします。
飼い主の皆様も参考リンクをご覧いただき、それぞれの対策をご検討ください。

参考リンク
長野県
http://www.pref.nagano.lg.jp/bosai/kurashi/shobo/saigai/260927ontake.html

岐阜県
http://www.pref.gifu.lg.jp/emergency/jishin.html

内閣府
http://www.bousai.go.jp/updates/h26ontakesan/index.html

防災科学技術研究所
http://vivaweb2.bosai.go.jp/ash/

国際火山災害健康リスク評価ネットワーク 【火山灰による健康被害について】
http://www.geocities.jp/ychojp/ivhhn/guidelines/health/ash_health_japanese.html




さいごに、ささやかなGOOD NEWS

先日のNHKの放送「むっちゃんの幸せ~福島の被災犬がたどった数奇な運命~」
動画をアップされた方がいて「むっちゃんの幸せ  動画」で検索すると
閲覧ができます。削除される場合もありますのでお早めに。








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会(保護犬猫の譲渡会)のおしらせ


今週末開催! 参加わんこなどの詳細は↑バナーをクリック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
動物愛護センターで使用する古新聞紙を募集しています



●お手数ですがチラシの混入のないようお願いいたします。
●ちばわん各いぬ親会ねこ親会会場へお持ちください。
問い合わせ先:gluck_d_hund_lulu★excite.co.jp(★を@にかえて下さい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
犬猫たちのためのご支援をよろしくお願いいたします。



問い合わせ先:neko.busshi.toiawase@gmail.com
たくさんの猫を保護しております。よろしくお願いいたします。



gooブログは相性が悪く上記サイトにリンクできません。
http://chibawan.●cnk.net/
(●をo〈アルファベットの小文字のオー〉に変えてください。
どうぞよろしくお願いいたします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
アニマルチャリティジャパンさんのチャリティコンサートのお知らせ



第5回アニマルチャリティコンサート
2014年10月4日(土)
めぐろパーシモンホール・小ホール(東急東横線「都立大学」徒歩7分)
昼の部14:30開演(14:15開場)
夜の部18:30開演(18:15開場)

第1部 アマチュアクラシック愛好家有志による演奏(オペラアリア・ピアノ等)
第2部 作曲家兼ピアニスト中山博之氏とゲストによる演奏

全席自由 2,999円のご寄付で1名様ご招待とさせていただきます。(大人・子供共通)
※お子さまの入場は小学生以上とさせていただきます。※ペットの同伴はできません。
☆終演後、ホワイエにてカクテルパーティを予定しております。

会場費用その他すべての経費が出演者の皆さんの出資でまかなわれ
集まった寄付金全額が動物保護団体へのチャリティとなります。
今回はちばわんを含む4動物愛護団体へのチャリティになる予定です。
また、コンサートステージにてちばわんの紹介と募集犬猫数頭のご紹介もしてくださいます。

詳しくは、アニマルチャリティジャパンさんのホームページをご覧ください。
http://animal-cj.com/
コメント (4)

灰や歯の話

2014年09月27日 23時48分28秒 | わんこと病気の話

本日お昼頃、長野県と岐阜県の県境にある御嶽山(おんたけさん)が噴火しました。
登山客に大勢怪我人が出ていて、山から下りられない人もいるようで心配です。

噴火の影響で、国内線、国際線とも空の便に影響が出ています。
どうして?と思われる方もいらっしゃるでしょうが
火山灰がジェットエンジンに吸い込まれると、熱で溶け
内部部品に付着し、最悪エンジンが止まります。海外では多数事例があります。

火山灰は人体へも影響が出ます。

気管支ぜんそくなど呼吸器に持病がある方は、病状が悪化する場合があります。
また、火山灰はガラス質を含んでいて、細かくて鋭いため
目に入ると角膜を傷つけることがあります。
とくにコンタクトレンズをつけている方は悪化しやすいので
火山灰が降る場合は、外してください。
人によっては肌に触れただけで炎症を起こす場合もあります。

そして、気をつけたいのは、日ごろ草を食べることが多いわんちゃんです。
火山灰は、亜硫酸ガスや硫化水素、フッ化水素などの有害物質が付着しています。
火山灰が付着した草を食べるとひどい中毒を起こす場合があります。

さきほどのニュースでは山梨県の甲府で降灰を観測したそうです。
どこまで影響が広がるかわかりませんが、灰にはご用心ください。




きょうの画像はだいぶ前、まだ暑い頃に撮っていたものです。

シニア期に入り、歯が欠けたり、抜くようなことがあった
カプアとアンジェロですが
ようやくオーラルケアを真剣に考えるようになりました。

歯ブラシをすごく嫌がるアンジェロのために、
しばらくは歯磨き用シートなどをいろいろ試してましたが
ある日、ちばわんボランティアのちこさんのブログ
お預かり中の鉄平くんが、変わった歯ブラシを使っているのを見て
「それなんですか?」とコメントしたところ
なんと、後日、同じ歯ブラシをプレゼントされました。
(その節は、ありがとうございました!)




これが、その歯ブラシのヘッドです。

軸のまわりに360度ブラシがついています。
一般の歯ブラシは、歯茎に向って45度の角度で当てましょう。など
使い方に工夫がいりますが、この歯ブラシはどの角度でも
うまい具合に歯や歯茎に当てられます。

主に、歯ブラシが上手に使えないお子さんや、介護用として開発されたようです。




実は、犬猫用としても販売されています。

もちろん、一般の方にもオススメです。
ブラシの太さが、普通の歯ブラシの半分以下の細さで歯茎に優しいそうです。
こんど自分用にも買おうかと思います。

カプアとアンジェロの歯ブラシと間違えないようにしないと・・・




いろいろ歯磨き粉を試しましたが、うちの子たちは
このビルバック-C-E-T-犬猫用歯磨き(チキンフレーバー)が好きみたいです。




この歯ブラシだと、たとえば奥歯の外側を磨いたあと
そのまま内側に回せば、軸の向きを変えなくてもブラシが歯に当たります。
反対側を磨くときもそのまま水平移動するだけです。

でも、カプアはあまり歯ブラシが好きでなく、さいごのほうでは
前脚を使って「やめれ」と抵抗してきます(汗)




アンジェロの歯ブラシはいままでたいへんでした。

いままで通っていたトリミングサロンでは、「咬み犬」とされてしまい
有料の歯磨きサービスを断られました。

でも、足を拭く台に乗せたら、いやいやながらやらせてくれるようになりました。
これが、室内で磨こうとすると、「咬み犬」に戻ってしまいます(涙)




奥歯はまだいいのですが、アンジェロもカプアも歯周ポケットを指摘された
前歯の裏側はちょっと面倒です。口の中側から外に弾くように磨いていますが
効果が出ているのかいまひとつわかりません。

来月は、歯の治療半年後の検診があるので、そのときわかるでしょう。


そんなこんなで、朝の散歩のあと、毎日1回は歯磨きをする習慣がつきました。
人間も犬も、歯は大事ですからね。

恐竜は歯周病で絶滅したという説があります。
なぜ、歯周病が蔓延したかというと、火山の噴火(もしくは隕石衝突)により
粉塵が地球を覆い、日照不足とともに紫外線が不足してビタミンD欠乏症にかかり、
歯周病、骨粗しょう症などに罹ってしまった。というのです。

おお! ここでも火山が








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんねこ親会いぬ親会(保護犬猫の譲渡会)のおしらせ


明日開催!
参加にゃんこの詳細はこちら→http://shinagawac.exblog.jp/
参加わんこの詳細はこちら→http://shinagawad.exblog.jp/
ウエルカムセンター周辺への路上駐車・駐輪はご遠慮ください


参加わんこなどの詳細は↑バナーをクリック!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
動物愛護センターで使用する古新聞紙を募集しています



●お手数ですがチラシの混入のないようお願いいたします。
●ちばわん各いぬ親会ねこ親会会場へお持ちください。
問い合わせ先:gluck_d_hund_lulu★excite.co.jp(★を@にかえて下さい)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
猫用物資のご支援をお願いしています



問い合わせ先:neko.busshi.toiawase@gmail.com
たくさんの猫を保護しております。よろしくお願いいたします。
コメント

Surprise !

2014年09月25日 20時34分04秒 | 犬じゃない話

NHKの「むっちゃんの幸せ~福島の被災犬がたどった数奇な運命~」を
たくさんの方がご覧になったのか、
昨日のカプアン通信への訪問者は661名、閲覧数は3,040ページビューでした。
PVが3,000を超えたのはひさびさだと思います。
やはりメジャーなメディアの反響は大きいです。

ご覧になれなかった場合は、
NHKのネットクラブの無料会員登録をすれば
1年以内に再放送がある場合はお知らせしてくれるようです。

Twitterから「再放送の要望」を伝える方法もあるようです。

番組内の、センターのシーンで最終部屋から救われたわんこがいました。
ちばわんの関係者は「どこかで見たわんこだ」と思われた方も多いと思います。
あのわんこは、くぅママさんが預かって、
くぅママさんちを卒業したAbbieちゃん(仮名:花恋)でした。

くぅママさんのブログに、Abbieちゃんの思い出が書かれています。




きょうは犬の話ばかりでなくて、
カプアンパパのささやかな「驚き」特集(笑)


まずは、小さなSurprise !

毎年、夏の終わり頃から秋にかけて、玄関先の木の下に小さなフンがたくさん落ちます。
これは、アオスジアゲハの幼虫フンです。
幼虫は擬態していてなかなか見つからないのですが、
先日ようやく会えました。(上の写真)

毎年、孵化して蝶になるのを見守るのですが
今年は、育つ間も無く、次々にいなくなりました。

木に下にスズメが来ているのを見たので、小鳥のご馳走になってしまったのかも・・・

アオスジアゲハの幼虫は大食漢です。
お腹いっぱいに食べるのは、いい香りのする「クスノキの葉っぱ」ですので
もしかしたらおいしいのかもしれません(汗)




ゴージャスなSurprise !

日曜の夜、カプアンたちと東京ミッドタウンを散歩したら
芝生広場にたくさんの車が停車してました。

よく見ると、全てロールスロイスなど英国の名車です。
私は、一番好きなのはドイツの車ですが、英国の車も好きです。
「英国車フェア2014」というイベントでした。




参加ブランドはアストンマーティン、ジャガー、ベントレー、
マクラーレン、レンジローバー、ロータス、ロールスロイス

できれば夕方までの明るい時間に見たかった!




しかし、イベント終了後だったので、すべての車が順番に退出するために
エンジン音を聞くことができました。

白い車はマクラーレンですね?
まあ凄いスーパーカーばかりです。




見づらくて恐縮ですが、中央の車は、もしかすると007の映画で有名になった
アストンマーティン DB5では!?
このクルマが生産されたのは今から50年くらい前のことです。
中古車の入手は難しいでしょうね。売られたとしても高額だと思います。
映画プロモーション用の007仕様のDB5は
いままでたびたびオークションに売りに出されていて
今年売りに出たときは、販売価格なんと5億1,600万円!!

他にも、ロータスのF1カーもあったので
エンジン音を聞きたかったのですが、車に興味がない家人と犬たちに
早く行こうと急かされて、しぶしぶ後にしました。(涙)
価値のわからない人たちだ。




この夜、テレビをつけたら「モヤモヤさまぁーず2」という番組で
赤坂の特集を放映してました。赤坂といっても広いエリアですが
カプアンの散歩コースの店ばかり出ました。
ふだん、外から見ていても入ったことがない店ばかりです。

上の写真は、番組公式サイトからお借りしたものですが
カプアンの散歩コースの脇にある「空手教室」のシーンです。
この道場の代表は、元空手世界チャンピオンの女性で
タレントとしても活躍しておられるようです。

振分親方(元 高見盛=ロボコップ) が出演しているお茶漬けのCMで
振分親方の花嫁役で出ているのもこの女性でした。
驚いたなぁもう。




テレビを見終わったら、けたたましいサイレンの音がたくさん寄ってきて
うちの近くに止まりました。
野次犬の習性で、見に行きましたが・・・




火災通報があったのは、なんと、
モヤさまの番組で紹介されたお店のビルでした。

結局、火も煙も見えなかったので、すぐに消し止められたのか誤報だったのか
放水は見られませんでした。

多摩のほうで放火が続いてますので、火災にはみんな敏感になってますね。
火の元には気をつけましょう。




ちょっぴりうれしいSurprise !

カプアの足の爪が生えてきた?・・・かもです。

わかりにくい写真ですが、わたしの爪の脇に「渦」のように見える
黒い部分が固くなっています。たぶん、爪が育っているのでしょう。
カプアの爪は、本来、毛と同じ「白」なんですが
怪我の影響か、まっ黒い爪が生えてきたようです。
まだ皮膚の一部が固い。というだけですので、
はっきり爪らしくなるのはまだしばらくかかりそうです。




話は変わりますが(変わってばかり・・・)

きょうはカプアンのおやじの誕生日です。
50もだいぶ過ぎましたので、じきに「中年おやじ」ではなく
「シニア」と呼ばれそうです(汗)

でも同世代の有名人はがんばってます。上の方々は、私と同い年の面々。
4月2日以降の誕生日の人ばかりなので、学年も一緒です。
ジョージは学年は関係ないか(笑)
こうして見ると、なんとなぁ~く、バブリーな香りが・・・

私が脱サラしたのはバブル時代でした。
とくに豪遊したわけではありませんが、仕事は今よりあったと思います。
やっぱり「バブル世代」なんて言われちゃうのでしょうか。心外だなぁ。




昨日、クミさんからバースデープレゼントとして大好物が届きました。

これが本当のSurprise !!

ありがとうございました。









■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんねこ親会いぬ親会(保護犬猫の譲渡会)のおしらせ


今週末開催!
参加にゃんこの詳細はこちら→http://shinagawac.exblog.jp/
参加わんこの詳細はこちら→http://shinagawad.exblog.jp/
ウエルカムセンター周辺への路上駐車・駐輪はご遠慮ください


詳細情報は後日お知らせいたします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんがご支援いただいているイベントのおしらせ



明日開催!
エントラプーレさんは、保護犬のことをあまり知らない方たちにも
知っていただけるように、毎年、チャリティコンサートを開催しています。
また、得られた収益金の一部を保護団体などに寄付してくださっています。
コンサートでは「Happy Smiles」と題して
保護された犬猫と新しくご家族になられた皆様との幸せな姿を
素敵な音色と共に大スクリーンに映し出されます。
(詳しくは上記バナーをクリックしてください)
コメント (4)

むっちゃんの幸せ~福島の被災犬がたどった数奇な運命~

2014年09月23日 23時19分35秒 | カプアンパパの犬話

きょうの午後、NHK総合テレビで
「むっちゃんの幸せ~福島の被災犬がたどった数奇な運命~」を観ました。

一昨年、犬や猫と入居できる特別養護老人ホーム
「さくらの里山科」が神奈川県横須賀市に開設され
昨年、施設をお借りしてちばわんいぬ親会ねこ親会が開催されたとき
犬や猫と生活ができる部屋を見学させていただきました

このとき、室内で穏やかに歩き回っていたのがむっちゃんでした。
発作で倒れた直後でしたが、とても元気そうでした。
私は、むっちゃんの生い立ちを知りませんでしたが
今回の番組で、詳しく知ることができました。




私が会ったむっちゃん


番組の前半は、犬猫みなしご救援隊の東北でのレスキュー活動の紹介
後半で、ちばわんのブリーダーレスキューや
センターからの引き出し活動などの紹介をはさんで
むっちゃんの「さくらの里山科」での生活に焦点を当てます。

ちばわんは年間40回ちかい譲渡会を関東各地で開き
ボランティア家庭でお世話している保護犬保護猫を
希望家族に譲渡する活動が知られてますが
TNR活動にも力を入れ、日本全国で、みなしごさんとともに活動しています。

その活動の一部は以下のブログでご紹介しています。
ちばわんTNR活動報告(風と光と猫たちと・・・)

みなしごさんとのコラボレーションは東日本大震災がきっかけになりました。
むっちゃんは、被災犬猫救済のひとつの象徴となったわんこでした。

みなしごさんに救助され、ちばわんを通して終の住家を得られたむっちゃんでしたが
物おじしない、穏やかな性格が、障害を持つ老人たちとの暮らしにぴったりでした。


以前、セラピードッグに関する本を読んだとき、セラピードッグに関わる医師が
お年寄りは、自分よりずっと若くて健康な介護職員によるお世話より
自分より弱い立場の犬の言うこと(リハビリのサポート)によく応える
と話してました。

うちの父を見ていてもわかりますが、お年寄りは身体が動かなくなっても
耳が聞こえ難くなって、目が悪くなっても、尊厳を強く持っています。

セラピードッグが人間より忍耐強く、リハビリに付きあうということもありますが
お年寄りは、小さい弱い生き物が一生懸命自分に向きあってくれることに対し
やはり一生懸命応えようとします。

そのことは今回の番組にもよく現れてました。

入居時、家に帰りたくて、部屋にこもり泣いてばかりいた高齢女性は
以前、むっちゃんに似た犬を飼っていたことから
むっちゃんとの交流を通して、気持ちが明るくなり
他の入居者さんとも交流ができるようになります。

他にも、脳梗塞で倒れ、身体がほとんど動かなかった高齢男性が
犬に触りたい一心で、手が動くようになったケースなど
犬が人間を変える“力”を証明しています。

今年の5月、むっちゃんは突然、天国に旅立ちますが
そのときの老人たちの悲しがりようは、
むっちゃんが入居者さんたちの家族だったことを証明しています。

私ももらい泣きしそうでした。


番組で使われた写真のいくつかは、
さくらの里山科で、お散歩ボランティアをされているBJAmomさんのブログ
「衣笠山でおさんぽ」からお借りしたものだそうです。

こちらのブログでむっちゃんの旅立ちの様子がとても丁寧に書かれています。

むっちゃんの旅立ち

犬の死はとても悲しいものですが、
むっちゃんの犬生は幸せな晩年で終わったと思います。

むっちゃんや、施設の犬たちを通じて
人間と犬の関係について、ぜひ何かを感じて欲しいと思います。


祝日の昼間の番組でしたので、きっと多くの方が観られたと思いますが
ぜひ、再放送をゴールデンアワーなどで流してもらい
全国民に観ていただきたい番組だと思いました。


今回の番組は、ちばわんの活動を追ったドキュメンタリー映画の一部を編集して
NHKで放映したものです。映画の公開は来年を予定しているそうです。
詳しいことがわかりましたら、カプアン通信で改めてご紹介いたします。







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんねこ親会いぬ親会(保護犬猫の譲渡会)のおしらせ


今週末開催!
参加にゃんこの詳細はこちら→http://shinagawac.exblog.jp/
参加わんこの詳細はこちら→http://shinagawad.exblog.jp/
ウエルカムセンター周辺への路上駐車・駐輪はご遠慮ください


詳細情報は後日お知らせいたします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんがご支援いただいているイベントのおしらせ



エントラプーレさんは、保護犬のことをあまり知らない方たちにも
知っていただけるように、毎年、チャリティコンサートを開催しています。
また、得られた収益金の一部を保護団体などに寄付してくださっています。
コンサートでは「Happy Smiles」と題して
保護された犬猫と新しくご家族になられた皆様との幸せな姿を
素敵な音色と共に大スクリーンに映し出されます。
(詳しくは上記バナーをクリックしてください)

コメント (10)

9月の定例いぬ親会

2014年09月21日 23時44分30秒 | いぬ親会



きょうは、ちばわん定例いぬ親会(保護犬の譲渡会)にお邪魔してきました。
気持ちのいい秋晴れでしたが、わんこたちにとっては
少々暑かったかもしれません。




たくさんの来場者さんたちが、保護犬のことを熱心に質問してました。

本日参加の家族を待つわんこはおよそ70頭。
そのうち半分くらいしか写真を撮れませんでした。
写せなかったわんこさん、ごめんなさい。

↓わんこの名前をクリックすると
預かりさんのブログに飛びます。わんこによっては、いぬ親会では緊張して
本来の姿を見せられない子もいます、ぜひ預かりさんのブログもご覧ください。




珀亜(はくあ)くん
かわいいポメラニアンの子犬・・・ではなくて〈汗)
30キロ台の秋田犬さん(汗)でも、子犬みたいですね。




茜(あかね)ちゃん
こちらもラブリー




アイスちゃん




みつまめちゃん




ごん太くん
黒い子はよく晴れた日は暑くて大変。写真も難しい・・・。




ゆりぃちゃんミミちゃんのかわいこちゃんコンビ。




性格抜群のももたんちゃん




不思議な存在感がある五郎ぽん(ごろぽん)くん




本日、送迎のお手伝いをしたウルくん
臆病な面や、ポジティブな面や遊び好きの面などいろんな性格が見られて
万華鏡(?)のように面白い子です。




似た子シリーズ(1)
ブンくん




似た子シリーズ(2)
ききちゃん




似た子シリーズ(3)
りぼんシトロンちゃん

3頭とも、体格や年齢も同じくらい。
みんな親戚?




アネラちゃんカルナちゃん
臆病だったおもかげはもう見られません。




マールちゃん
やや小柄なラブラドールMIXさん。




いつも元気な剣心くん




いぬ親会では紳士な鉄平くん




前回のいぬ親会より、びびり具合が20%OFFくらいだったプリンちゃん




「セミハンター」だなんて信じられないくらい
いぬ親会ではおしとやかなマリアちゃん




さこちゃん、かこちゃん
どうしてもカメラを向けられるのが嫌なわんこも多いですが
さこちゃん、かこちゃんはカメラを凝視してしまうので
カメラ目線の写真を撮るのが簡単です(笑)




いつも朗らか、一段と可愛くなったおもちちゃん




まだ2ヶ月くらいですが、約5キロと大型な美月(みずき)ちゃん
アンジェロもそれくらいでした。つまりアンジェロくらい(約15キロ)
になる可能性があると思います。




こちらはやや小柄(というか普通サイズ)の秋月(あずき)ちゃん




杏子ちゃん




ソランくん




ちょっとピンボケでごめんね、めだかちゃん
すごく元気で、大きなわんことも激しく遊びます。




こちらは、いつも猫のように預かりさんの膝に乗るユリネちゃん




白犬シリーズ(1)
フルークくん




白犬シリーズ(2)
ジェフくん




白犬シリーズ(3)
チックくん




白犬シリーズ(3)
タックくん




白犬シリーズ(4)
ひなちゃん




白犬シリーズ(5)
ぼん天くん。(トリミングケアを我慢しています。笑)

黒犬の写真も難しいけれど、まっ白い犬も調子が飛びがちなので
晴れた日の撮影は難しいです。




人間よりわんこと遊ぶのが好きそうなくるるんちゃん

同居しているぼん天くんは、わんこより人間が好き。




男前なミロくん
お顔の印象よりずっと穏やかなわんこです。




名前も素敵なアンジェリーナちゃん
女優さんの名前から取られたのかもしれませんが
アンジェロが男の名前、アンジェリーナは女の子の名前です。
どちらも「天使」という意味です(アンジェリーナは小っちゃい天使)。
アンジェロと同じ太めのアイラインも魅力(笑)




最近人気の鼻黒わんこ拓斗くん




こちらも見事な鼻黒わんこ、しなこちゃん




個性的なヒューマくん




むぎこちゃん




シリウスくん




くぅママさんちを卒業した、ちばわんの有名卒業犬クリスくん。
みんなから「太った」と言われていぬ親さんが心外そうでした。
たぶん、幸せ生活で性格が「丸く」なったのでしょう(笑)




ERIさんちを卒業した、なつ(仮名 ニーナ)ちゃん
実家のお母さんに、私、シアワセよ。と伝えているようです(笑)




篠崎緑地はバッタ(キリギリス?)がいっぱいいます。
これから秋本番ですね。

秋の休日に、ちばわん定例いぬ親会にいらした皆さま、ありがとうございました。







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんが関係するイベントのおしらせ



エントラプーレさんは、保護犬のことをあまり知らない方たちにも
知っていただけるように、毎年、チャリティコンサートを開催しています。
また、得られた収益金の一部を保護団体などに寄付してくださっています。
コンサートでは「Happy Smiles」と題して
保護された犬猫と新しくご家族になられた皆様との幸せな姿を
素敵な音色と共に大スクリーンに映し出されます。
(詳しくは上記バナーをクリックしてください)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわん紹介のテレビ番組放送のおしらせ



動物愛護週間に、NHKテレビで「ちばわん」と「犬猫みなしご救援隊」さんの
活動を紹介する放送があります。(詳細は↑バナーをクリック)

神奈川県横須賀市にある、犬や猫と暮らせる老人ホーム。
そこで暮らす「むっちゃん」という犬は、
福島県の原発20キロ圏内に残された被災犬でした。
いつ命を落としても不思議ではなかった「むっちゃん」が生き延びたのには、
動物救済をするボランティアや獣医師、
被災犬を積極的に預かる老人ホームの職員などさまざまな人の協力がありました。
震災によって数奇な運命を生きることになった「むっちゃん」の語りによって
犬という、人生を通して人間にもっとも身近な動物と
その命をおろそかにする社会について、問いかけます。

ナレーター 滝川クリステル
むっちゃんの声 小林聡美

どうぞご覧ください。

コメント (2)

New Rainwear

2014年09月19日 23時51分45秒 | いぬねこよもやま話



しばらく前の話ですが・・・
ちばわんProject Kチームのリーダー、ちぽマーさんから
新作のレインウェアが届きました。




なんと今度は、「足つき」です。




先にいただいていた「雨用スヌード」と合わせたところ。
ちょっと「キャディーさん」みたい(笑)

9月は台風シーズンでもあります。
これなら、強い雨でもへっちゃらです。
雪の日のお散歩にも良さそうです。

なぜ、わざわざ雨の中、散歩をするのか? というと
室内のトイレが使えないからです。
雨が降っているからと、お散歩に行かないと「ボーコー炎」になりそうです。




あらためて、カプア、アンジェロの体のサイズを計測し直してお伝えし
数回の試作を経て完成しました。
お手数おかけしました。




初めて着用した雨の散歩。カプアはけっこう早歩きです。
爪の怪我の直後なので、ゴムの靴を履いています。




アンジェロは室内トイレが使えるので
基本的には、強い雨の日の散歩はカプアだけですが
アンジェロにも、おそろいのレインウェアを作ってもらいました。

山などに旅行に行くと、突然強い雨が降ることがよくありますので
こういうしっかりしたレインウェアがすごく欲しかったのです。




からだの長さはカプアとほとんど同じですが
胴回りは全然違います。体重差は6キロちかくありますからね。




二頭で揃って着てみました。




腰の部分に「反射素材」が縫い付けてあるので、よく光ります。




ここは、六本木通りを渡るための地下道。

なぜかカプアンたちは、この地下道を歩きたがります。




足の袖の長さはよく検討したので、階段も問題なく上り下りできます。

このウェアは将来、「Project K」のラインナップに加わるかもしれませんが
足の長さや胴体の長さ、胸囲など、犬によってサイズがまちまちですので
「レディーメード」での商品化は難しいだろう。とのことです。

「オーダーメード」のみの対応になり、型紙から作らないとならないので
制作時間もかなりかかるかもしれないとのことです。

でも、かなり良い商品ですので、ぜひ商品化を期待したいです。




動画のとおり、カプアのスヌードが折り畳まれて首巻きみたいになってしまうので
ちぽマーさんに相談して、クリアファイルをカットして「芯材」に使いました。

私は「裁縫」が苦手なので、ステンレス製のホッチキスの針を取り寄せ
ホッチキス留めしました。




もちろん「綴じ針の端」は外側に出しました。

まだ使ってないのですが、これで雨の日の散歩も快適になるかな?


ちぽマーさん、いろいろありがとうございました。









■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんねこ親会いぬ親会(保護猫・保護犬の譲渡会)のおしらせ

動物愛護週間はイベント盛りだくさん!


ちばわんブースでは、プチいぬ親会、パネル展、フリマ販売、子供向けゲーム等の
イベントを予定しています! 明日開催!
参加わんこなどフェスティバルの詳細は↑バナーをクリック!
千葉県による開催概要はこちら→http://www.pref.chiba.lg.jp/aigo/festival.html


神奈川県横須賀市の、犬猫と入居できる老人ホームで明日開催!
参加にゃんこなどの詳細は↑バナーをクリック!


明後日9月21日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!
今回は70頭近い参加! 参加わんこなどの詳細は↑バナーをクリック!
私も顔を出します。(カプアンは来ません)



エントラプーレさんは、保護犬のことをあまり知らない方たちにも
知っていただけるように、毎年、チャリティコンサートを開催しています。
また、得られた収益金の一部を保護団体などに寄付してくださっています。
コンサートでは「Happy Smiles」と題して
保護された犬猫と新しくご家族になられた皆様との幸せな姿を
素敵な音色と共に大スクリーンに映し出されます。
(詳しくは上記バナーをクリックしてください)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわん紹介のテレビ番組放送のおしらせ



動物愛護週間に、NHKテレビで「ちばわん」と「犬猫みなしご救援隊」さんの
活動を紹介する放送があります。(詳細は↑バナーをクリック)

神奈川県横須賀市にある、犬や猫と暮らせる老人ホーム。
そこで暮らす「むっちゃん」という犬は、
福島県の原発20キロ圏内に残された被災犬でした。
いつ命を落としても不思議ではなかった「むっちゃん」が生き延びたのには、
動物救済をするボランティアや獣医師、
被災犬を積極的に預かる老人ホームの職員などさまざまな人の協力がありました。
震災によって数奇な運命を生きることになった「むっちゃん」の語りによって
犬という、人生を通して人間にもっとも身近な動物と
その命をおろそかにする社会について、問いかけます。

ナレーター 滝川クリステル
むっちゃんの声 小林聡美

どうぞご覧ください。


コメント (4)

お祭りの続きや敬老

2014年09月17日 13時54分16秒 | 犬じゃない話



昨日の昼過ぎ頃、関東地方で大きな地震がありました。
皆さんのお宅は大丈夫だったでしょうか?

カプアン家がある港区は震度3くらいだったらしく
たぶん、何も被害はなかったはずですが、
ひさびさの大きな揺れだったので東日本大震災のときを思い出しました。




アンジェロは、揺れが大きくなるすこし前にソファから飛び降りて
私の方に来たので、「何?」と思ったら
揺れが大きくなりました。やはり動物の感覚は鋭いです。

カプアもやってきたので、二頭の首輪を掴んだら
カプアはクレートに入り、そのあとアンジェロも一緒に入りました。

カプアン家は鉄筋コンクリート造で、ただちに崩壊する危険は少ないので
初動の対処としては正しい行動だと思います。(笑)

昔は、「地震のときは机の下にもぐって」などと教わりましたが
建物が崩壊する危険がある場合は、壊れやすい机などよりも、大型の家具のそばに寄り
屋根や天井が落ちても空間がつくれるようにするほうがいい。という説もあります。
(あくまで外国の研究です。定説ではありません)

まだ2~3日は、余震が起る可能性があるそうです。ご用心を!




連休中のお祭などの様子を駆け足でご紹介します。

朝の散歩のときに、「氷川山車」を運ぶ人たちと一緒になりました。
これは「お祭」ではありません。お祭の準備です。

山車の人形は「恵比寿様」
台に飾られた、イシダイ、イセエビ、ウミガメなどが妙にリアルです。
香港の「タイガーバームガーデン」を思い出しました。(閉鎖されたそうですね)




赤坂サカスに着きました。午後にここから山車や神輿が出発します。




夕方。東京ミッドタウンなどを巡行してきた山車が戻ってきました。
氷川神社に入る直前です。




この山車には「狐」が乗って舞ってました。

「天狐」と言って、1,000年以上生きた位の高い狐だそうです。




「高張(提灯)」の女の子たちが独特なステップで現れました。

他にも、顔を白塗りした「芸者衆」などいろんな人が通りました。




通常「町会神輿」は、そろいの「町会半纏」を着て担ぐのがルールです。
このお神輿は「氷川連」と言う団体が、神輿も袢纏も各町会から借りて担いでいます。
だから格好がまちまちなんです。
都会は、人口減や「祭事」の意識の変化で、
地元民だけでは「お祭」は成り立たなくなっています。

ともあれ、氷川神社祭りは無事終りました。
また来年、今度は表(おもて)ですので、凄いことになると思います。




敬老の日。
私の姉も千葉からかけつけ、じじばばの長寿を祝いました。
あと、ついでに、もうじき迫った私の誕生祝いも兼ねて(笑)

カプアンたちは残念ながらお留守番です。

場所は、「HAL YAMASHITA 東京」
車で行けて、車椅子で入れて、障害者用トイレがあるところといえば
デパートなど大型商業施設しかありません。
ここは、カプアンの散歩で毎日(外に)来ている東京ミッドタウンです。




父は93歳。母は88歳。
母は目が悪いだけで体は元気ですが、父はもう自力歩行ができません。
介助しても10メートル歩くのがやっとだと思います。

多いときは週に2、3回病院のお世話になりますが
このように、外食ができるのは大したものだと思います。




両親が食べたのは夏冷香味白そば




穴子牛蒡飯

ふたりとも歯が悪いので、ゴボウは細かくしてもらいました。




両親以外は「新和食ライトコース」

やさいたっぷり海老とアボガドのシェフズサラダ
兵庫県淡路産玉葱ドレッシング




うっかり写真を撮るのを忘れましたが
「岐阜県産有機干椎茸とコシヒカリのポタージュ」がおいしかったです。

写真は、目鯛の南蛮揚げ精進野菜と和風シノアの銀餡がけ生姜の風味




すごく小さな
特選 神戸牛の小さなカレーライス

ぴり辛の一品です。

他にデザートなど。ランチということで軽めのコースでした。




家に戻ると、カプアとアンジェロが大騒ぎ!

実は出かける前、2頭だけリビングに残して、両親の世帯に行くと
2頭で「わおおおぉぉぉぉ~ん!!」とハモって「遠吠え」を始めました。

止めさせようと戻ると、アンジェロは、びくっ!と驚いて
「まだ居たんかい!」って顔で見ました(苦笑)




でも、食事が終わり戻ってから見ても、部屋の真ん中に「○ンコ」がしてあるとか
家具を咬み壊すなんてことはなく、お利口でお留守番していたようです。

偉かったね!




氷川神社の盆踊りを見に行きました。

散歩で毎晩のように通る神社が、すごい賑わいで驚くカプアン。




氷川山車の展示もありました。




「盆踊り」は現代は「オバQ音頭」など賑やかで明るい踊りですが
本来は、お盆の時期に死者を供養するための行事です。
ここは神社ですが、もともとは仏教行事だそうです。
そして、明治時代の頃には警察の取り締まり対象になるほど
「いかがわしい」風習だった時代もあるようです。
風習は変化していくものですね。




同じ夜。東京ミッドタウンの芝生広場では、こんな行事が。

和紙キャンドルガーデン -TOHOKU 2014-

和紙キャンドルガーデン2010年からはじまり、今年は5年目です。




2011年からは東日本大震災復興支援イベントとして開催されています。




通路にもたくさんのキャンドルが並び
カプアンたちは芝生に入れません。
(もともと芝生は立入禁止ですけどね、汗)

今年の「和紙キャンドルガーデン」は終了しました。




お祭が終って翌朝の朝散歩。

たくさんの人がいたのは「夢」だったのだろうか・・・




氷川山車の展示スペースも解体中。




いつものキャラスがいました。

ああ、やっと静かになった。と思っているのでしょうか?









■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんねこ親会いぬ親会(保護猫・保護犬の譲渡会)のおしらせ

動物愛護週間はイベント盛りだくさん!


ちばわんブースでは、プチいぬ親会、パネル展、フリマ販売、子供向けゲーム等の
イベントを予定しています! 
参加わんこなどフェスティバルの詳細は↑バナーをクリック!
千葉県による開催概要はこちら→http://www.pref.chiba.lg.jp/aigo/festival.html


神奈川県横須賀市の、犬猫と入居できる老人ホームで開催です。
参加にゃんこなどの詳細は↑バナーをクリック!


9月21日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!
参加わんこなどの詳細は↑バナーをクリック!



エントラプーレさんは、保護犬のことをあまり知らない方たちにも
知っていただけるように、毎年、チャリティコンサートを開催しています。
また、得られた収益金の一部を保護団体などに寄付してくださっています。
コンサートでは「Happy Smiles」と題して
保護された犬猫と新しくご家族になられた皆様との幸せな姿を
素敵な音色と共に大スクリーンに映し出されます。
(詳しくは上記バナーをクリックしてください)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわん紹介のテレビ番組放送のおしらせ



動物愛護週間に、NHKテレビで「ちばわん」と「犬猫みなしご救援隊」さんの
活動を紹介する放送があります。(詳細は↑バナーをクリック)

神奈川県横須賀市にある、犬や猫と暮らせる老人ホーム。
そこで暮らす「むっちゃん」という犬は、
福島県の原発20キロ圏内に残された被災犬でした。
いつ命を落としても不思議ではなかった「むっちゃん」が生き延びたのには、
動物救済をするボランティアや獣医師、
被災犬を積極的に預かる老人ホームの職員などさまざまな人の協力がありました。
震災によって数奇な運命を生きることになった「むっちゃん」の語りによって
犬という、人生を通して人間にもっとも身近な動物と
その命をおろそかにする社会について、問いかけます。

ナレーター 滝川クリステル
むっちゃんの声 小林聡美

どうぞご覧ください。



コメント

jeeco

2014年09月15日 00時50分18秒 | カプアンのグルめぐり



カプアン家の近所に、わんこと食べられるお店ができ、
一昨日カプアンたちと行ってきました。

炭火網焼き肉バル jeeco

ワインバーです。
jeecoは「ジーコ」と読み、オーナーの愛称だそうです。
つい最近までこの場所はドトールコーヒー店でしたが
閉店し、すぐに改装がはじまり、先月くらいにオープンしました。




店員さんはみんなわんこ好き。




レモンで茹でたタコのシャンパンがけ

柔らかくてさっぱりしていておいしかったです。




ホワイトサラダ(カッテージチーズ、レンコン、ホワイトアスパラ)

レンコンとアスパラガスが意外と合います。




ブルターニュ産ゲランド塩のフライドポテト

細いフレンチフライですが、ポテトの味がしっかりしていて
おかわりしてしまいました。




店員さんたちが何度も撫でてくれました。




店内の様子。




壁一面のワイン! まるで酒屋さんのようです。

全部値札がついてますが、ボトル注文の値段だそうです。
でも、お持ち帰りのワインとしても売ってくれるそうです。(内緒で)




アンジェロはいつの間にか、お隣のファミリーの子に(笑)
こちらのご家族は以前、ゴールデンレトリーバーを飼われていたそうです。

この場所は、ドトールコーヒーのときから犬連れのお客が多かったです。
これからも、犬連れの憩いのbarになれたらいいと思います。




お隣さんの女の子が何度もきて、アンジェロとカプアを撫でてくれました。

小さい子は、だいたいカプア好みです。
白くて大きいから「クマさん」みたいだからかな?




自慢の炭火網焼き肉、まずは「シャクシ(ウデ肉)」
お薦めのソースは、カベルネソーヴィニヨンソース。




ランプ肉 ソースは、山梨デラウェアソース

つい、ワインが進みます。肉料理だけどあえて白ワイン「レミーパニエ・ミュスカデ」




イチボ! ソースは、シャルドネソース
おいしうございました。




きまぐれ肉串
大山さんがやりたかったキノコ串

大山さんというのは、シェフの名前です。




グラスで飲める世界のワインが十数種類あります。

スッキリとした辛口の赤「シラー」。




お隣に外国人の男性たちがきたら、
また、おじさんの又の間に・・・(汗)

ずっと、おじさんに撫でられてました。

英語が苦手なクセに、酔った勢いで
彼らは「ストレイドッグ(捨て犬)」だったんだよ。と教えてあげると
「(このへんでは)見かけないが?」と言われ、一瞬、英語が出ませんでしたが
「カントリー(サイド)」と言ったらわかってもらえました。




イケメンの店員さんに可愛がってもらえて
嬉しそうなカプア。

またいつか来たいです。

場所は、地下鉄千代田線 赤坂駅上「国際新赤坂ビル東館」裏の交差点です。
日曜定休。金曜の夜は朝4時まで営業しています。









■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんねこ親会いぬ親会(保護猫・保護犬の譲渡会)のおしらせ

動物愛護週間はイベント盛りだくさん!


ちばわんブースでは、プチいぬ親会、パネル展、フリマ販売、子供向けゲーム等の
イベントを予定しています! 
参加わんこなどフェスティバルの詳細は↑バナーをクリック!
千葉県による開催概要はこちら→http://www.pref.chiba.lg.jp/aigo/festival.html


神奈川県横須賀市の、犬猫と入居できる老人ホームで開催です。
参加にゃんこなどの詳細は↑バナーをクリック!


9月21日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!
参加わんこなどの詳細は↑バナーをクリック!



エントラプーレさんは、保護犬のことをあまり知らない方たちにも
知っていただけるように、毎年、チャリティコンサートを開催しています。
また、得られた収益金の一部を保護団体などに寄付してくださっています。
コンサートでは「Happy Smiles」と題して
保護された犬猫と新しくご家族になられた皆様との幸せな姿を
素敵な音色と共に大スクリーンに映し出されます。
(詳しくは上記バナーをクリックしてください)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわん紹介のテレビ番組放送のおしらせ



動物愛護週間に、NHKテレビで「ちばわん」と「犬猫みなしご救援隊」さんの
活動を紹介する放送があります。

神奈川県横須賀市にある、犬や猫と暮らせる老人ホーム。
そこで暮らす「むっちゃん」という犬は、
福島県の原発20キロ圏内に残された被災犬でした。
いつ命を落としても不思議ではなかった「むっちゃん」が生き延びたのには、
動物救済をするボランティアや獣医師、
被災犬を積極的に預かる老人ホームの職員などさまざまな人の協力がありました。
震災によって数奇な運命を生きることになった「むっちゃん」の語りによって
犬という、人生を通して人間にもっとも身近な動物と
その命をおろそかにする社会について、問いかけます。

ナレーター 滝川クリステル
むっちゃんの声 小林聡美

どうぞご覧ください。

コメント (6)

氷川神社祭

2014年09月13日 18時58分49秒 | カプアンの散歩



きのうの夜から、地元の「お祭」がはじまりました。

赤坂氷川神社のお祭は、例祭(本祭り)を隔年(2年に一度)に行ないます。
人によっては、表(おもて)と裏(うら)などと言いますが
今年は「裏」。正式には陰祭(かげまつり)と言い簡素なお祭になります。
カプアンたちが住んでいる町会も、お神輿や御神酒所は出しません。

しかし、いろいろ事情があるようで、今年はずいぶん盛大に行われています。

もっとも、本祭りでは、すべての氏子町が神輿を出しますが
今年は、町会神輿は一基ずつしか出しません。

祭り自体は大掛かりですので、全町会からかなりの人員が応援に出ているようです。




昨夜は、「宵宮巡行」でした。

いつものカプアンたちの散歩コースですので
散歩がてら、お祭を見に行きました。




氷川山車とお神輿の連合巡行が見えてきました。




ここは、地下鉄「赤坂見附駅」の前です。
こんなところを、大きな犬は散歩しませんので
お神輿と練り歩く人たちが、かわるがわるカプアンたちを撫でにきました。

カプアンはなぜか、人込みも、音も平気で
むしろお祭を楽しんでいます。




なぜか、ビックカメラに入ろうとするカプアン。
携帯アクセサリーが欲しいのか?




金曜の夜ですから繁華街は混んでますが
お祭の行列が巡行するのは、非日常的でいいです(笑)

赤い服の人たちは、犯罪防止ボランティア団体「ガーディアン・エンジェルス」
の人たちです。




近くにSoftBankのお店があるせいか
カプアを見た大勢の人から「お父さん!」と呼びかけられました。
メス犬だっちゅうに!




ビルの上のほうで飲んでいる人も声援を送っています。




赤坂は外国人が多いです。みんな喜んでました。
とくに旅行者はいい思いでになったでしょう。




知り合いにもけっこう会いました。

こちらの方はカプアン家の向いのおじさん。
「お祭ディレクター」と呼ばれるほど祭り好きなおじさんです。




今年も会いました。わんこ友だち「ひなちゃん」のお父さん
赤坂の繁華街の「えらい」人なんです。




都会らしい風景ですね。近代と伝統の融合。なんちゃって(笑)




きのうは「Swing赤坂2014」も同時開催しました。
赤坂の6箇所のステージで同時に音楽イベントが行われました。

上の写真は、浄土寺ステージ。

赤坂は、芸能事務所や音楽事務所がたくさんあります。
このお祭は毎年、地元に住む宇崎竜童さんがプロデュースしてくださっています。




赤坂サカスステージ




雨よけのテントが邪魔でステージが良く見えませんでした。




西館ステージ。

イベント名に「Swing」という名前がついてますので、最初はジャズのお祭でしたが
いまは、音楽ジャンルはさまざまです。ま、そのほうがいろんな人が楽しめるでしょうね。




赤坂小路ステージ

ステージといっても、単に店先(笑)
おまけに、ライブ演奏がはじまる前は、子どもたちがドラムを叩いて遊んでました。
お祭の太鼓山車じゃないんだから(笑)




カプアンたちは大人気。

アンジェロもきれいなお姉さんに撫でてもらってご満悦!




お散歩で良く会う外国人親子(たぶんフランス人)さんたちにも
撫でてもらえました。




おいしそうな屋台に視線がくぎづけの二頭(汗)




カプア、必死に凝視(滝汗)

すぐにごはん作るから、さあ帰ろう。と引っ張って帰りました。




今朝の散歩で、六本木アークヒルズに行ったら
ここでもお祭の準備をしてました。




この太鼓山車の町名は、
なんでこんなモダンな書体にしたんでしょう。毛筆体のほうがいいんでね?




午後から、虎ノ門町会・溜池町会への巡行がはじまりました。




大型の氷川山車が六本木通りに出ました。
山車でお囃子を担当しているのは、アンジェロが大好きな近所のゆきちゃんです。

氷川山車が虎ノ門まで巡行するのは初めてとのこと。




人形は「油圧」で上げ下げできる仕組みで、標識やケーブルの下を通るときだけ
エレベーターのように降ります。




明日と明後日は、氷川神社の盆踊りと赤坂名店の出店があります。
詳しくはこちらのページをご覧ください。






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんねこ親会いぬ親会(保護猫・保護犬の譲渡会)のおしらせ

動物愛護週間はイベント盛りだくさん!


ちばわんブースでは、プチいぬ親会、パネル展、フリマ販売、子供向けゲーム等の
イベントを予定しています! 
参加わんこなどフェスティバルの詳細は↑バナーをクリック!
千葉県による開催概要はこちら→http://www.pref.chiba.lg.jp/aigo/festival.html


神奈川県横須賀市の、犬猫と入居できる老人ホームで開催です。


9月21日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!



エントラプーレさんは、保護犬のことをあまり知らない方たちにも
知っていただけるように、毎年、チャリティコンサートを開催しています。
また、得られた収益金の一部を保護団体などに寄付してくださっています。
コンサートでは「Happy Smiles」と題して
保護された犬猫と新しくご家族になられた皆様との幸せな姿を
素敵な音色と共に大スクリーンに映し出されます。
(詳しくは上記バナーをクリックしてください)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわん紹介のテレビ番組放送のおしらせ



動物愛護週間に、NHKテレビで「ちばわん」と「犬猫みなしご救援隊」さんの
活動を紹介する放送があります。

神奈川県横須賀市にある、犬や猫と暮らせる老人ホーム。
そこで暮らす「むっちゃん」という犬は、
福島県の原発20キロ圏内に残された被災犬でした。
いつ命を落としても不思議ではなかった「むっちゃん」が生き延びたのには、
動物救済をするボランティアや獣医師、
被災犬を積極的に預かる老人ホームの職員などさまざまな人の協力がありました。
震災によって数奇な運命を生きることになった「むっちゃん」の語りによって
犬という、人生を通して人間にもっとも身近な動物と
その命をおろそかにする社会について、問いかけます。

ナレーター 滝川クリステル
むっちゃんの声 小林聡美

どうぞご覧ください。
コメント (4)

通院

2014年09月11日 18時13分19秒 | わんこと病気の話



きのうは、カプアの前回の診察から1週間後の診察でした。

アンジェロは付添いできています。




アンジェロは、病院が大好きです。

さっそく、前に座っているおじさんに飛びつきたくてしょうがありません〔汗)

カプアが、兄ちゃん変だよ。って顔をしています。




カプアはアンジェロと違い、病院はあまり好きではありません。
もっとも、病院好きなわんこは少ないでしょう。




カプアを毎回診ていただいているK先生は最近この病院に加わった先生です。

ここ、赤坂動物病院は、施設自体はそれほど大きくありませんが、
24時間の医療態勢であり、トリミングサロン、しつけ教室も兼ねているせいか
スタッフが大勢いらっしゃいます。

現在、獣医師15名、看護士13名、トリマー4人、ドッグインストラクター2名
ほかにレセプショニスト、秘書など事務関係のスタッフも7名 計41名です。

院長先生が女性ということもあり、スタッフの90%以上は女性です。
ことし創立50周年だそうです。




アンジェロもカプアも、子犬の頃からずっとお世話になってますので
ほとんどのスタッフが顔見知りです。
それに、二頭とも供血ドナー犬として長年こちらの病院で活躍したのでした。




カプアは、最初に爪の処置をしていただいた先生にも診ていただくために
奥の処置室に連れていかれました。
嫌がって、大暴れ(汗)




カプアを待つアンジェロ。

途中、良く鳴く猫ちゃんが来たので、
アンジェロは見たくて鼻鳴きしてしまいました(汗)

さいわいアンジェロもカプアも大きな怪我や病気で来たことはありませんが
ここは病院ですので、当然、重篤な患者さんも来ます。
そして、老犬、老猫の患者さんが多いと思います。

飼い主さんが暗い気持ちにならないよう、スタッフの皆さん
獣医師の先生方は常に明るくふるまっているようです。
待合室も、医療機関というより「サロン(談話室)」のような雰囲気があります。

そして、虹の橋に向ってしまった犬猫の飼い主さんたちから贈られた
感謝の手紙や写真などの贈り物が、部屋の一角にたくさん展示してあり、
待合い室で読むことができます。




カプアが先生を引きずりながら帰ってきました(汗)




カプアの患部の治りは順調ですので、今後は何かなければ
通院は必要ないことになりました。

しかし、折れたのは外に出ている爪ではなくて
指の深い部分の爪の根元なので
爪が抜けた部分がふさがりかけています。
いずれ、爪が伸びてきたら、くっついた肉を押し分けながら伸びるので
もしかしたら痛むかもしれないとのことです。
気にしたり、脚をあげるようになったら再通院です。

カプアは「そんなの嫌だあ」って顔をしています(笑)








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんねこ親会いぬ親会(保護猫・保護犬の譲渡会)のおしらせ

動物愛護週間はイベント盛りだくさん!


ちばわんブースでは、プチいぬ親会、パネル展、フリマ販売、子供向けゲーム等の
イベントを予定しています! フェスティバルの詳細は↑バナーをクリック!


神奈川県横須賀市の、犬猫と入居できる老人ホームで開催です。


9月21日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!



エントラプーレさんは、保護犬のことをあまり知らない方たちにも
知っていただけるように、毎年、チャリティコンサートを開催しています。
また、得られた収益金の一部を保護団体などに寄付してくださっています。
コンサートでは「Happy Smiles」と題して
保護された犬猫と新しくご家族になられた皆様との幸せな姿を
素敵な音色と共に大スクリーンに映し出されます。
(詳しくは上記バナーをクリックしてください)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわん紹介のテレビ番組放送のおしらせ



動物愛護週間に、NHKテレビで「ちばわん」と「犬猫みなしご救援隊」さんの
活動を紹介する放送があります。

神奈川県横須賀市にある、犬や猫と暮らせる老人ホーム。
そこで暮らす「むっちゃん」という犬は、
福島県の原発20キロ圏内に残された被災犬でした。
いつ命を落としても不思議ではなかった「むっちゃん」が生き延びたのには、
動物救済をするボランティアや獣医師、
被災犬を積極的に預かる老人ホームの職員などさまざまな人の協力がありました。
震災によって数奇な運命を生きることになった「むっちゃん」の語りによって
犬という、人生を通して人間にもっとも身近な動物と
その命をおろそかにする社会について、問いかけます。

ナレーター 滝川クリステル
むっちゃんの声 小林聡美

どうぞご覧ください。
コメント

コルクマット

2014年09月09日 23時02分07秒 | カプアとアンジェロの紹介



きのうの夜あたりから、ようやく秋らしい過しやすい気候となりました。
一年中こんな気候ならいいんですけどねぇ。




今朝の散歩の動画とは関係ない話題ですが
蚊の騒動が起きてますね。

さぞ、代々木公園のドッグランファンのわんこたちは
つまらない思いをしてるでしょうね。

代々木公園の次は、新宿中央公園、新宿御苑、神宮外苑と、
だんだんカプアン家に迫っております。(汗)

ところで、デング熱の主な症状は、高熱や、頭痛など風邪と似ています。
国内初発生と言われてますが、200年くらい前から文献では知られていた病気ですので
いまさら今年初というのは、変な気もします。
もしかして、いままでも発生していたのに、風邪として扱われていた
なんてことはないでしょうか?
風邪だって、こじらせれば重篤になったりしますしね。

とりあえず、蚊取り線香(自然成分の)を毎日焚いています。




仕事場のカプアンゾーンに敷いていたコルクマットが汚くなったので
保存していた予備と替えました。

前から気になっていたのですが、カプアの血がついてしまったので
よくやく取り替える気になりました。

新品ではなく、リビングのサイザル麻カーペットをクリーニングしたとき
替わりに敷いていたお古のコルクマットです。




コルクマットは、安いですし、汚れたり壊れたりしたところだけ
取り替え可能です。

犬の足に優しいし、冬は暖かいです。
うちの寝室の床は、コルクマットではなくコルク材を直接コンクリートの構造体に
接着しましたが、けっこう保温になっています。

カッターで簡単に切れますので、家具に合わせてカットしました。

ただし、中には、コルクを食べてしまうワンコもいますので要注意です。




クレートを置いたところ。

このクレートの背面に犬用トイレトレーが置いてあるのですが
いつの間にかアンジェロが使わなくなり
カプアのベッドになってしまいました(汗)




カプアは日中だいたいクレートの裏で寝ています。
アンジェロはクレートの中が多いです。




カプアはソファにも乗りますが
この日は傷口を舐めてしまったのでエリカラをつけられました。




アンジェロは、犬用ベッドも使います。
でも、ここは寝るところというより
爪でカシカシしたり、べろべろ舐めたりする場所です。(汗)

アンジェロはいつも、枕や床などを舐めるので
お母さんに怒られます。


きょうは、ちょっとバタバタしておりまして
短めの更新でした。






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんねこ親会いぬ親会(保護猫・保護犬の譲渡会)のおしらせ

9月第3週の土・日(動物愛護週間)は、なんとイベントが3つ!


ちばわんブースでは、プチいぬ親会、パネル展、フリマ販売、子供向けゲーム等の
イベントを予定しています! フェスティバルの詳細は↑バナーをクリック!


神奈川県横須賀市の、犬猫と入居できる老人ホームで開催です。


9月21日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわん紹介のテレビ番組放送のおしらせ



動物愛護週間に、NHKテレビで「ちばわん」と「犬猫みなしご救援隊」さんの
活動を紹介する放送があります。

神奈川県横須賀市にある、犬や猫と暮らせる老人ホーム。
そこで暮らす「むっちゃん」という犬は、
福島県の原発20キロ圏内に残された被災犬でした。
いつ命を落としても不思議ではなかった「むっちゃん」が生き延びたのには、
動物救済をするボランティアや獣医師、
被災犬を積極的に預かる老人ホームの職員などさまざまな人の協力がありました。
震災によって数奇な運命を生きることになった「むっちゃん」の語りによって
犬という、人生を通して人間にもっとも身近な動物と
その命をおろそかにする社会について、問いかけます。

ナレーター 滝川クリステル
むっちゃんの声 小林聡美

どうぞご覧ください。
コメント (2)

9月の臨時篠崎いぬ親会

2014年09月07日 22時28分37秒 | いぬ親会



カプアの怪我にたくさんのお見舞いコメントありがとうございました。

今朝の様子です。雨だったのでカプアひとりの散歩ですがしっかり歩いています。
ばい菌が入らないように、「パウズ」のゴム靴を履かせています。

傷口を舐めるのは傷が治り難くなるので
医者からやめさせるよう言われてます。

でも、傷口が痒くなるようで、たまに舐めてしまいます。
「ダメ!」って言うとすぐやめるのですが・・・
爪が生えてくるとまた痒くなるかもしれませんね。

そうそう、カプアが着ているのは新しいレインウェアです。
その話はまた今度。




きょうは、江戸川区篠崎で開催された「臨時篠崎いぬ親会」にお邪魔してきました。

あいにくの天気になってしまいましたが、保護犬たちに会いに
熱心な来場者さまが大勢いらっしゃいました。

きょうは、受付とアンケート記入テント以外は
雨が吹き込まないように、半分の高さでした。
保護犬が見づらかったかもしれませんが
びびりっ子のわんちゃんたちには、低い天井空間が落ち着けたかもしれません。

本日参加のわんこは25頭。全頭ご紹介します。
いつものように「名前」をクリックすると
預かりさんのブログに飛びます。ぜひふだんの様子もご覧ください。




おもちちゃん。ふわふわの被毛。
わんこも人間も大好き。




くりもちゃん。すごく人懐っこいわんこです。




くろあんちゃん。甘えん坊さん。
預かり母さんがいなくなるとぴーぴー鳴いてました。




EO(イオ)ちゃん
もしかして、ビーグルの血が入ったダックスちゃん?




カブくん。たぶんはじめてのいぬ親会参加は5月でした。
そのときも、ダイエットが進んでましたが
さらにぐっとスリムになりました。
カブくんもがんばったけど、預かりさんの努力の賜物です。
(2014.9.10追記:初参加は4月の間違いでした。こちらのカブくんをご覧ください)




性格抜群。ももたんちゃん




はじめてのいぬ親会がんばりました。ゆりぃちゃん




すぐに、ぐりぐりお顔を押し付けてくれたアネラちゃん
いい子です!




アンジェロみたいに、お尻から迫ってくれたカルナちゃん

この2頭はびびりさんだったはずなのに、いぬ親会に何度も参加しているうちに
すごく性格が変化しました。個犬差はありますが、みんな成長します。




きょうもイケメン。マウくん




らっこちゃん。落ち着いた子犬さんです。いい伴侶になれそうです。




慎重さと大胆さが同居しているようなおもしろい性格のしなこちゃん
いろんな犬種が混ざっていそうです。




ご存知元気娘ちゅちゅちゃん。楽しい子ですよ~




活発で、わんこと遊ぶのが大好きな、くるるんちゃん




ザ・日本男児、ぼん天くん




いつも静かに笑っている、ソランくん




スカイくんロックくん
スカイくんは9ヶ月。ロックくんは5ヶ月。
でもロックくんのほうが仮宿の先輩。
スカイくんもロックくんを立てているような雰囲気。




いぬ親会初参加のプリンちゃん。ちょっと緊張しちゃったね。
でもがんばりました!




推定2-3歳ながら、子犬のような雰囲気のクロリンちゃん
可愛い女の子です。




落ち着いた成犬の柴MIX、明鈴(めいりん)ちゃん




元気な成犬の柴犬、もんじゃくん




ラブの子犬?と思ってしまうむぎこちゃん。元気です!
でも、1歳で13キロのラブはたぶんいませんので
ミニチュア・ラブラドールレトリバー?




仮父さんの肩の上で落ち着く犬として有名な颯(はやて)くん。
仮母さんも抱っこ!
大型犬に見えますが、13キロ台と意外と軽いのです。




こんなポーズでも落ち着くらしい(笑)




個性的な風貌のヒューマくん
星飛雄馬から取ったのかと思ったら・・
前に卒業したわんこが「プーマ」だったから・・・って、理由がよくわかりません(笑)




雨が降っていたときは結構お客さんも大勢いらしていたのですが
後半、雨があがった頃は、お客さまが少なくなり
あちこちで、気の合ったわんこを見つけて遊ぶ犬多し。

写真は、くるるんちゃんと、おもちちゃん。

他会場では、混んでいるので、こんな光景は少ないです。
ゆったりと保護犬と触れ合える「臨時篠崎いぬ親会」に
ぜひお越しください。

足元の悪い中、いぬ親会にいらした皆様、ありがとうございました!






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんねこ親会いぬ親会(保護猫・保護犬の譲渡会)のおしらせ

9月第3週の土・日(動物愛護週間)は、なんとイベントが3つ!


ちばわんブースでは、プチいぬ親会、パネル展、フリマ販売、子供向けゲーム等の
イベントを予定しています! フェスティバルの詳細は↑バナーをクリック!


神奈川県横須賀市の、犬猫と入居できる老人ホームで開催です。


9月21日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわん紹介のテレビ番組放送のおしらせ



動物愛護週間に、NHKテレビで「ちばわん」と「犬猫みなしご救援隊」さんの
活動を紹介する放送があります。

神奈川県横須賀市にある、犬や猫と暮らせる老人ホーム。
そこで暮らす「むっちゃん」という犬は、
福島県の原発20キロ圏内に残された被災犬でした。
いつ命を落としても不思議ではなかった「むっちゃん」が生き延びたのには、
動物救済をするボランティアや獣医師、
被災犬を積極的に預かる老人ホームの職員などさまざまな人の協力がありました。
震災によって数奇な運命を生きることになった「むっちゃん」の語りによって
犬という、人生を通して人間にもっとも身近な動物と
その命をおろそかにする社会について、問いかけます。

ナレーター 滝川クリステル
むっちゃんの声 小林聡美

どうぞご覧ください。

コメント (2)

カプア怪我をする

2014年09月05日 14時49分26秒 | わんこと病気の話



今週の月曜の夜、7時半頃のことです。

カプアンママが仕事から帰ってきたとき
私の仕事場にいたアンジェロとカプアがいつものように大興奮し
ママに飛びついたり、走り回りました。

カプアはいつものように、自分のおもちゃを取りに走って
再び、ママのところに走っていくとき
途中の階段でちょっとコケました。



その階段。

外は雨が降っていたので、カプアだけシッコ散歩に行かせるため
首輪を掴んで捕獲しました。
(アンジェロは室内トイレができるので、雨の日は散歩なしです)

そのとき、時代劇の殺陣のシーンみたいに
空中に血が飛び散るのが見えました。
カプアの足の裏が出血していて、
コルクタイルやモルタルの床が赤く染まっていきました。

あわてて、ティッシュを取ってきて、カプアの足の裏を押さえ
インターホンでカプアンママに「早く来て!」と呼びました。

どこで切ったのか、刃物でも落ちていたのか
最初は全然理由がわかりませんでした。

でも、階段の上に小さな物が落ちているのが見えて
カプアンママに確認してもらうと・・・・

こんなものが落ちてました!!!
           ↑
※カプアの身体の一部(爪)の写真です、苦手な人はクリックしないでください

この階段は、自分で改造して物入れになっているのですが、
目隠しにパンチングボードで蓋をしています。
そのすき間に後脚外側の爪をはさんでしまったようです。
爪が入らないように、リフォームする必要がありますね・・。



くっつく包帯で、ティッシュごと足を巻いてから
すぐに赤坂動物病院に電話して
カプアを車に乗せて、カプアンママと連れていきました。




時間外の当直だった、ベテランのI先生が、すぐに診察してくださり
我々も立ち会い、折れた爪の処置をしました。
爪は、ほぼ根元で折れてました。

場合によっては、局部麻酔をして爪が抜けた穴を縫う場合もあるそうですが
先生の判断で、残った爪を少し切除するだけで、自然治癒にまかせることにしました。
そのほうが治りがはやいそうです。

スプレー麻酔だけで処置したので、爪を切るときに少し鳴きましたが
カプアは強い子です。じっと我慢してました。
そういえば、折ったときも、全然鳴きませんでした。

アンジェロだったらこうはいきません。
触診や、歯磨きでさえも、咬んでくることがあります。

奥にいた外科の名医O先生が、笑いながら
「阿部さんちのわんこ? どっち?」と最初に聞いたよ。と教えてくれました。

アンジェロだったら、眠らせる鎮静剤が必要になってしまいます(汗)




先生に、「(爪は)また生えてきますよね?」と聞きました。

生えてこないこともあるそうです。
また、細いひょろっとして爪が生えることがあったり
変な方向に生えてしまう場合もあるそうです。

でも、とくに力がかかる爪は4本のうち真ん中の2本だそうで
肉球がちゃんとしていたら、爪がなくても
歩くのには不自由はしないそうです。

痛み止めと、化膿止めの注射をしてもらい
エコーで尿の量を調べ、まだ満杯でないので
この日のお散歩はしないことになりました。




カプアよくがんばったね。




かかりつけのお医者さんが24時間営業なので
本当に助かりました。




アンジェロは、お利口にお留守番してました。
ママが「カプアが怪我したから病院に行ってくるよ」と
言い聞かせて出たそうです。
アンジェロは車が大好きですから、自分だけ置いてかれて
みんなが車ででかけたら、半狂乱になるはずですが
おとなしく待っていて、帰ってきたカプアに
「大丈夫?」というように、舐めてあげました(涙)




ちょっと患部を気にしていたので、エリカラをつけました。
この大きなエリカラは、先代のサリーがつけていたものです。

ママが寝室に行ったら、カプアが人間のベッドに乗っていたそうです。
そんなことは滅多にしません。
特別にこの日だけベッドで寝ることを許しました。
一晩中、ぐっぐっと呻いたり、ヨダレが大量に出たのでタオルを当てましたが
寝苦しそうだったので、翌日からエリカラはやめました。




2日目の診察。

緑の包帯は、外を歩くためにうちで巻いたものです。




処置室のカプア。

傷の治りは順調のようです。
外の散歩は自由にしていいことになりました。




3日目の朝。

すこし脚を浮かせましたが、
包帯で引っ張られて違和感があったのかもしれません。




散歩はけっこう遠くまで歩けました。




3日目の診察には、アンジェロも付添いました。




アンジェロがいてくれると
カプアの落ち着きが全然違います。




診察が終って。

包帯も取れて、血が滲んだとき用の患部シートと包帯だけもらいました。
あとは1週間後の診察だけです。

いちおう、あまり汚い草むらなどに入らないようにさせるのと
興奮してよその犬を追いかけないよう注意しています。

爪が抜けたところは、暗いトンネルみたいになっていて
ちょっと怖いです。
いつになったら生えてくるんでしょうか?







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんねこ親会いぬ親会(保護猫・保護犬の譲渡会)のおしらせ


今週末開催!参加犬など詳しくはバナー(↑)をクリック!


9月第3週の土・日(動物愛護週間)は、なんとイベントが3つ!


ちばわんブースでは、プチいぬ親会、パネル展、フリマ販売、子供向けゲーム等の
イベントを予定しています! フェスティバルの詳細は↑バナーをクリック!


神奈川県横須賀市の、犬猫と入居できる老人ホームで開催です。


9月21日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!





コメント (16)

8月の品川ねこ親会いぬ親会-猫篇 ~カプアントリミング

2014年09月03日 23時35分35秒 | ねこ親会



前回の続きです。今日はねこ親会の様子をお伝えします。

いぬ親会会場と違い、猫たちは脱走防止のためにケージに入っています。
猫と触れ合いたい場合は、左後方に見える「触れ合いコーナー(テント)」の中に
ケージごと移動し、このテントの中で猫ちゃんを出して、抱っこしたりできます。

今回の参加にゃんこは21匹。全員ご紹介します。
預かりブログがある場合は、名前をクリックすると預かりさんのブログに飛びます。




メイちゃん
トライアル決定だそうです。おめでとうございます!




ほっけくん
いつもねこ親会で難しい顔をしてるように見えるのは、緊張してるんだそうです。
本当は、遊び好きの甘えん坊だそうです。




めかぶちゃん(左)と、おくらくんの兄妹は見分けるのがたいへんです。
おくらくんの方が男の子なので大きいそうです。




ハルちゃん、ナツくん、フユくん、アキちゃん。

毛色の明るいのがナツくん、こっちを向いているのはたぶんハルちゃん
あとは・・・すみませんわかりません。
小さいですが、離乳済みだそうです。




つくしちゃん
ゴージャスなお姉さん。




右から左に、りとちゃん、つぐみちゃん、えーすくん

りとちゃん2ヶ月半約700g、つぐみちゃん3ヶ月半1.2kg、写真のとおり仲良しです。
えーすくんは推定4ヶ月1.8kg




チャッシーくん
草食系男子だそうです。




トト吉くん
人間も子猫も大好き。




シナモンくん




バニラくん
シナモンくんとバニラくんは兄弟です。
一緒に迎えてくれる家族を探しています。




もみじちゃん
三毛の子はかわいいなあ(笑)




あまねちゃん
甘えん坊で、おもちゃが大好き。




アッサムくん
6キロと大型猫ながらさびしがり屋さん。




うわ、近すぎた! ウバくん
人間大好き!




ダージリンちゃん
ツンデレちゃんだそうです(笑)



ねこ親会にいらした皆さま、ありがとうございました。

次回、ちばわんねこ親会は、
今月20日(土)神奈川県横須賀市の「さくらの里山科」で開催予定です。
詳しくは下記欄外バナーをご覧ください。





さて、時間が前後しますが、8月29日(金)に
カプアンたちはシャンプー&トリミングをしてもらうために
動物病院に向いました。
前回のトリミングが6月2日だったので、2ヶ月ちかく空いてしまいましたが
予約がいっぱいで、この日まで取れなかったのです。




病院はうちから早歩きで20分くらいです。

動物病院でシャンプー&トリミングをしてもらうのは
獣医師による健康チェックを受けられるからです。
事前に気になる箇所を伝えておいてもチェックしてもらえます。

カプアンママが、トリミングにうるさいので
健康と髪形のどっちが大事だと思ってるの? と聞いたら

どっちも大事だ! と言い切られました。

しばし、女性はそういう主張をします。(汗)




カプアはあまりシャンプー&トリミングが好きじゃないみたいで
後ろを向いて帰ろうとしましたが
お兄ちゃんがすたすた行ってしまうので、
しかたなく、すごすご入っていきます(笑)


↓夜に迎えに行ったら・・・びっくり箱だ!!






翌朝の散歩。




トリミングの長さは前回と同じ5ミリ。




ビロードのような不思議な光沢があります。
触っても、ビロードのように柔らかいんですよ。




顔が丸くなって、シーズーか、ヨーキーみたいな感じですね。




こんなことを書くと小さいのか、と誤解されそうですが
先月より500グラムくらい増えて、約14.5キロです。
中型犬としては大きいほうだと思います。




カプアは、眉毛とヒゲがなくなってしまったので
カプアンママには不評でした。
次回、またトリマーさんにお願いしないと・・・




カプアは太ってるように見えませんよね?
え? 太ってる??

体重はまた増加して20.14キロでした。
もう体重だけは大型犬の部類ですね(涙)

写真で気がつかれた方がいるかもですが
浴室前に置いていた「オーガスタ」の葉がとうとう天井についてしまったので
中庭に出しました。零下での越冬はできませんので
冬はまた室内にいれますが、さらに巨大化したらどうしょう。




ジゴロのような不敵な笑みを浮かべるアンジェロ。




愛らしい表情を見せるカプア。

しかし・・・この数日後、カプアに災難が・・・


(次回に続きます)







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんねこ親会いぬ親会(保護猫・保護犬の譲渡会)のおしらせ


今週末開催!参加犬など詳しくはバナー(↑)をクリック!


9月第3週の土・日(動物愛護週間)は、なんとイベントが3つ!


ちばわんブースでは、プチいぬ親会、パネル展、フリマ販売、子供向けゲーム等の
イベントを予定しています! フェスティバルの詳細は↑バナーをクリック!


神奈川県横須賀市の、犬猫と入居できる老人ホームで開催です。


9月21日(日)12:00~15:00  江戸川河川敷 篠崎緑地にて開催!

コメント

8月の品川ねこ親会いぬ親会-犬篇

2014年09月01日 23時05分38秒 | いぬ親会



きのうの日曜日、品川区西大井で開催された
品川ねこ親会いぬ親会にお邪魔してきました。
お天気が心配でしたが、雨も降らず暑くもなくちょうどいい譲渡会日和でした。

さて、今回いぬ親会に参加したわんこは23頭
全頭をご紹介します。
(一部を除き、名前をクリックすると預かりさんのブログに飛びます)




フルークくん。ラブのようなわんこ。子犬なのに落ち着いています。




ジェフくん。フルークとソックリですが、兄弟ではないとのこと。
こちらもおとなしいです。




ユリネちゃん。ちょっと怖がりさんですが人間は好きなようです。




ニュイちゃん。かなりな怖がりさんですが、いぬ親会に出られるまで成長しました。
ほかにも怖がりの子はいっぱいいますが、みんな成長します。
ニュイちゃんも全然問題ないと思います。




ロックくん。名前は“ロック”ですが、ちょっと“邦楽”の香りがする鼻黒くん。




モロちゃん。人間大好き。美白美少女。




ルチアくん。甘えん坊の男の子。




鼻黒美少女。みつまめちゃん




ちばわんメンバーから大人気。マリアちゃん




サービスで、こんなあられもない格好も載せちゃいます(笑)




しなこちゃん。元気で愉快な子です。写真に収めるのがひと苦労。




ヒューマくんは不思議なわんこです。
お顔を見ると「ダックス」ですが・・・




立つと足が長い! こんなに大きなダックスはいません。(笑)




こちらはプロフィールは「ダックスMIX」となっているEO(イオ)ちゃん
この子はダックスでしょう? くりくりのお目目がチャーミングです。




イケメンわんこのマウくん。穏やかな子です。




いつもはプロフィール写真みたいに左耳が垂れ耳な藤子ちゃん
トライアル決定だそうです。おめでとう!
嬉しくて、両耳垂れちゃったのかな?




びっくりさせちゃってごめんね。涼香(すずか)ちゃん

私は犬の写真を撮るときは、シャッターボタンに指をかけて
正面に立った瞬間に撮ります。
コンデジなので、AF(オートフォーカス)の時間がやや遅く
シャッターチャンスはあまり考えず
犬の動きを予測しながらファインダー(液晶画面)を見ないで撮ることも多いです。
それでも面白い表情が撮れることがあります。




たまりちゃんも驚かしちゃったね(笑)




いつも怖がって隅にいることが多いさやちゃん
この日はだいぶ余裕を感じました。




さやちゃんに輪をかけて怖がりなぷあーちゃんですが
こんな真正面顔が撮れました。可愛いお顔ですね。




3本足でも、元気に活動しているくろあんちゃん
お散歩も問題ないそうです。
後ろ脚をすこし広げて、うまくバランスを取ってますね。




くろあんちゃんのところにやってきたくりもちゃん
犬も人間も好きな社交的な女の子。




もうすっかりいぬ親会では「びびり」を克服した、カルナちゃん(左)とアネラちゃん
こうして並ぶと、アネラちゃんのほうが、ちょっぴり大きいんですね。




美犬柴犬の沙理奈(さりな)ちゃん
柴丸先生の飼い主のおかもとさんによると
柴犬は「タヌキ顔」と「キツネ顔」があり、キツネ顔は「縄文柴犬」と言われる
古代犬の系統だそうです。沙理奈ちゃんはややキツネ顔かな?




会場の雰囲気。(もう一部屋、おもに子犬が集まる小部屋があります)

品川いぬ親会にいらした皆さま、ありがとうございました。

ねこ親会の様子は次回お届けします。




いぬ親会のあと、夕暮れどきのカプアンの散歩です。

きのうは「ゴジラ」の最終日でした。
最終日のせいかカメラマンがたくさん来てました。




カメラマンを見ると、つい邪魔したくなってしまうアンジェロ。

そういえば、先代のサリーもそうだった。




写真でわかるとおり、アンジェロ(とカプア)はトリミングしました。
その話はいずれまた。




きのうはゴジラが現れそうな空でした。
もう猛暑にはならないそうです。8月の終わりとともに夏が去ったようです。

きょうは「防災の日」でした。
カプアンたちはとくに防災訓練はしませんでしたが
室内でも、電話番号をつけた首輪は忘れないでつけています。
「大震災」がきても離ればなれにならないように願ってます。








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちばわんいぬ親会(保護犬の譲渡会)のおしらせ



今週末開催!参加犬など詳しくはバナー(↑)をクリック!
コメント (2)