アリ@チャピ&りりぃ日記

ウェルシュコギー・ペンブロークのチャッピーとりりぃ、そして
カーディガンのアリスのお気楽な日々を綴る

ちょっと困った書評「龍のすむ家」

2010年01月28日 | 本の話
今回は犬の話でなく本の話

※追記です 2011年9月1日
 ここに書かれている「龍のすむ家」の書評に対して不快に思われる方がおられるようです。
 「龍の棲む家」第1巻については大変高い評価をしておりますが、シリーズとしての第2巻以降について批判的に書いています。
 読後感はそれぞれ読者によって大きく異なるもので、折角好感を持ってその世界に浸っている方にとっては、ここで書いた内容は「不快」と思われるもののようです。
 それを承知して読み進めていただくか、「龍のすむ家」をシリーズとして評価されそのイメージを大切にされる方は読まれないようお願いいたします。 追記ここまで-

「龍のすむ家」シリーズの第4巻「永遠の炎」が出たのが昨年の秋
ようやく読み終えました・・
ようやくと言うべきか、放棄しいてたというべきか
このシリーズはとても困った印象を与えてくれ
こんな残念な感想を持った本はめずらしい
ので、ひと言言いたい気分になりました

第1巻で止めておいてくれれば良かった
龍のすむ家
クリス ダレーシー
竹書房

このアイテムの詳細を見る

第2巻はとてもはらはらどきどきさせる展開を期待させ
龍のすむ家〈2〉氷の伝説
クリス ダレーシー
竹書房

このアイテムの詳細を見る

第3巻でひどい落胆を味わい
龍のすむ家(3) 炎の星
クリス・ダレーシー
竹書房

このアイテムの詳細を見る

第4巻は義務感のみで、本を読むのに苦痛を感じるとは・・
龍のすむ家4 永遠の炎
クリス・ダレーシー
竹書房

このアイテムの詳細を見る

第5巻には手を出すまいと決心したのでした

作者は第1巻を書き終えるのに15年を費やしたとのこと
推敲され巧妙に隠された登場人物(龍?)たちの登場が
楽しく待ち望まれ、しっかりしたテンポで物語が進んでいく
大変秀作です

第2作があるととても期待し、そこまでは裏切られなかった・かな
しかし、すでに第2作の中にも破綻の前兆はあったわけです
長編ファンタジー(普通に童話ですか)のヒット作
ハリー・ポッターやダレン・シャン
映画でこけたライラシリーズやエラゴンシリーズを意識して
作者が道を間違えたとしか思えない
とにかく宇宙人はないだろう
龍や白熊といった地道な地球の生き物たちの伝説を
わけのわからない宇宙生命?地球外生物の意味不明な悪意で汚してよいのか?
なぜ温暖化が宇宙人のせいなのか??
これは単純に作者の環境問題へのセンスを疑わせます

1巻は良いです
作者が手塩にかけた登場人物も素敵です
これで完結した物語だと
そう思って次の良書を探されることをお勧めします
(停滞をもたらした本へのやるせなさを
ブログで憂さ晴らしをしている・・困った書評です)

お勧めの本の紹介につづく 「盗神伝」です
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 4コマアリ@チャピ日記 ア... | トップ | 困った書評の後は、これはお... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ここらど)
2011-07-28 13:00:12
僕も4巻は義務感で読みきりました
長かったし、くたくたになりました

でも、この本をそこまでけなさなくてもいいと思います
まぁ、人の自由ですから
僕は5巻を読みます
Unknown (チャッピー父)
2011-07-28 15:47:15
コメントありがとうございます

おっしゃるとおり「そこまで言わなくても」とも思います

ただ、1巻がとてもよかっただけに
作者の意図をはかりかね、いささか言葉が過ぎたでしょうか
楽しみにされている方には申し訳ありません

ただ、今、北極のシロクマたちが温暖化のために
たどり着く氷棚を失い泳ぎ疲れ溺れていく姿をイメージすると
作者の意識がどの辺にあるのか・・
この辺りはファンタジーの素材にするにはあまりにも苛烈な現実もあります
その辺りも言葉を強める理由になったかもしれません
無題 (T-GA)
2011-08-31 23:27:25
そこまで貶す必要はないだろ。

そんなに読むのが嫌だったなら、
3巻で悪く感じた時点で読むのやめるべきだったと思うね。


ダレーシーさんにも、この本が好きで面白くて読んでる人にも失礼だと思うけど。


Unknown (チャッピー父)
2011-08-31 23:50:44
気分を害されたら申し訳ありません

あくまで個人の感想ですので
受け流していただければ幸いです

4巻までは義務感を感じ読んでしまいました
以降は義務と思うことなく解放されました

すべてを良いとばかりはいえません
嘘をつくこともまた失礼になる場合があります
このような書評にこだわらず
楽しんでおられることを大切にしてください
Unknown (ガルダン)
2014-11-23 22:07:14
T-GAってやつどう見ても竹書房の無能編集が個人ブログに突撃してるとしか思えないんだけど
気にしないで駄作は駄作と言うべきですな
Unknown (チャッピー父)
2014-11-23 22:33:04
コメントありがとうございます

1作目はとても良い物語だと思っています
2作目から明らかに物語の世界が変わってしまいましたね
そしてそれが功を奏していないように思われます

1作目だけを単独の完結した作品として
評価したいなと思っております
Unknown (たつのこ)
2015-01-23 11:44:34
僕だけではなかったんですね。
『宇宙人はないだろう』と思ったのは。

読み始めた当時は龍の話に関心があったのももちろん、北極の伝説やシロクマの事に強い関心があった頃なので夢中になって読んでいました。

けど、宇宙人が出てきたあたりですーっと読む気が失せました。本当に残念です。

シリーズ物が肌に合わないせいもあるんだと思います。
龍の話からシロクマの話になって、魔術師が出てきて、シロクマに変身できる教授が出てきて、とうとう宇宙人が出てきて、物語の広がりに着いていけませんでした。
たつのこ様 (チャッピー父)
2015-01-23 23:24:33
コメントありがとうございます

ご感想のように思いました

改めて読んでも1巻は
とても秀逸な物語ですね
これもとても素敵な映画になりそうです

謎や不可思議にへんな辻褄を求め
さらにCGを駆使したSFアドヴェンチャーに
仕立て上げようとしたところから
混乱が始まったような気がします
とても残念に思います
同感です (匿名匿子)
2016-03-08 14:02:26
1巻は確かに面白かったです。その後は、やや期待外れに思いつつ、3巻まで読みました。きっと、4巻5巻まで読めば、3巻までの断片がつながって物語が劇的な展開を見せてくれるのだろうと、期待して読んでしまいました。幻想でした。5巻が最終巻なのかと思っていたのですが、終わったという感じがしない終わり方なので、この続きがあるのだろうなという感じです。宇宙や時空を飛び越えるところまで話を広げてしまっているので、この先、収拾をつけるのは難しいと思います。作者は読者の期待に押しつぶされそうになりながら、苦しんで書いているように思います。物語に出てくる、ひらめきの言葉を書く龍(ガズークス)を最も必要としているのは、作者なのかもしれません。
匿名匿子様 (チャッピー父)
2016-03-08 22:41:49
コメントありがとうございます

私の思いが全く見当違いでなかったのだと
意を強くするとこです
同時に1巻目の良さを多くの方が感じておられることと
その後の展開は作者自身が収拾がつかなくってしまったのかとても残念です
シリーズとしてではなく「龍の棲む家」という一作品の物語の醸し出す良さを
改めて評価しお伝えしたいものだと思います

コメントを投稿

本の話」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事