畑ニ居リマス・田舎暮らしPHOTO日記

畑のかえるくんの楽しい日記です。

「ポツダム少尉68年ぶりのご挨拶-呉の奇蹟-」その3・学歴と戦後の食糧生産

2017年08月10日 | べんちゃん
宮内貞之介(ていのすけ)さんは、大正11年生まれ、茨木県立工業学校、その後多賀高等工業(現茨木大学工学部)を卒業されている。
多くの人は尋常小学校6年、高等小学校2年(昭和16年からは国民学校)を卒業後すぐ就職していた時代なので、貞之介さんは優秀な方だったことがわかる。
高等工業卒つまり今の大卒の人は士官、つまり少尉になる。
わたしの父親の場合、軍人履歴を見ると「高卒」となっているので、高等小学校を出たのが14歳、その後は青年学校に在学しつつ自宅で農業をしていたようである。
(当時、高等小学校は義務ではなかったので高等小学校にも行っていない人も多かった)

たぶんだが、16歳の年(3月生まれなので満15)に戦争になり、青年学校は卒業までたどりつけなかったのではないか。
軍人履歴に「工員」とあるので、以前同級性の方から聞いたお話と照合すると、おそらく水島(未確定)の軍需工場だろう。
そして19年5月25日に大竹海兵団に入っている。
高等小学校卒なので兵隊つまり二等兵からのたたき上げだ。


終戦直後は仕事も食べるものもなく、多くが農村で暮らすこととなった。
食糧難で農林漁業に期待がかかった。
この時代も詳細に記録されてしかるべきだ。

貞之介さんは、農業機械、主に耕耘機などを設計製作されていたようだ。
戦後から昭和30年代まで、わたしの地域では、農耕馬が中心だっだ。
牛と一緒の生活も今となっては懐かしいが、一方機械に対するあこがれは強かった。
この左上の〇に大のエンブレム、またステッカーを見るとワクワクする。
足踏みの脱穀機、その他農業機械・器具には、この字体で会社や製品の名前が書かれていた。

発動機のタンタンという音を思い出す。
発動機は稲刈り後の脱穀作業の時に付近の農家のものを借りていた、あるいは共同使用だったかもしれない。
ベルトをかけて脱穀機に繋いでいた。
そして汗まみれ、真っ黒になって働いた。

特に言いたいのは、この世代のみなさんは、戦中だけでなく、新生日本の担い手だった。
あの世代の人たちのおかげで今があると思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓦の交換にチャレンジ | トップ | お骨納め(おこつおさめ)・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿