ゆみなのteatime

飼い猫なっちゃんの写真 淀川長治映画友の会で育った映画好き 全国一の宮神社巡り などなど・・・

水戸岡鋭治著「鉄道デザインの心」

2017年04月24日 | 読書
 「鉄道デザインの心」

 水戸岡鋭治著 日経BP社 2000円

 

 文庫ではないので図書館で借りて読む

 ななつぼしやそのほかの車両デザインの
 
 制作過程や苦労話などいろいろ載っていて

 鉄道好きなファンにとっては面白い本だけど

 その中で読みながら「うんうん」と

 うなずいてしまう箇所があったので

 ちょっと抜粋!

  コンピューターに関する話です

 ・・・略 コンピューターっていうものは

 労働時間をぐっと節約するために造った機械じゃない

 かと思うのに、一生懸命使って時間ばかり増えて、

 そのうえ エネルギーや紙やインクも増えているって

 そんなバカな事はないですよね。

 だから6時間労働にして 仕事中は話もしないで

 コンピューターを使ってもう本気で必死にやって

 6時間で帰るようにすべきです。・・・

 ~なーんていう箇所があるんです!

 日ごろ 私も なんのためにPCを仕事に導入したのか

 世間は勘違いしているんじゃないか と。。

 思っているのです。

 近頃は 町内会もPC使っていて 今年は役員なので

 毎週のように委員会があるのだけど。。

 これも議事録がPCで ノートなら1冊で何年も

 使えるだろうに・・ 会議のたびに 印刷するから

 なんて紙を浪費する事か!

 こんなに紙を浪費していいものだろうか?

 なあんて 考える機会が増えました。

 大きく脱線しましたが・・

 鉄道オタクでなくても十分楽しめる本です

 読み終われば 乗りに行きたくなるかも・・

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャッキー ファーストレディ最後の使命

2017年04月09日 | 映画
  「ジャッキー」
  ファーストレディ 最後の使命
 2016年制作 アメリカ・チリ・フランス合作映画
 監督 パブロ・ラライン
 脚本 ノア・オッペンハイム
 主演 ナタリーポートマン

 

 小さめの劇場で平日に見たのでそれ程の入り
 ではなかったけれど 男性客が思ったより多い
 ので ほおーっと思った・・
 去年の制作だから 大統領選挙のタイミングで
 企画されたのかなと想像・・

 
 制作がアメリカ・チリ・フランスというのが
 面白いし 監督もまたチリ・サンチャゴ生まれ
 パブロ・ラライン は初の英語作品という事で
 彼はチリのピノチェト大統領の独裁政権3部作
 を描いて過去にアカデミー外国語映画賞にノミ
 ネートされた事があるという経歴の持ち主
 他にも賞を取っているから 実力は充分と
 いうところなのだろうが・・
 初の映画製作が 政治的な作品から入っている
 ので これは単に大統領夫人を描くのではなく
 彼女を通して ホワイトハウスの真実の
 ような物を描きたかったのかな?
 或は ケネディの今も残る残像を~

 ナタリーポートマン の演技が光る映画に
 仕上がっている。
 レオンのあの彼女が こんなにいい女優に
 なったのね・・

 ケネディ暗殺のニュースは ほぼ記憶
 しているので 葬列のパレードのシーン
 などでは少し違和感があったり・・
 もっと見送る人は多かった気がするのね

 あの当時は 本当に世界中が衝撃を受けて
 まさかと思う ニュースだった

 ケネディーは若く 演説が上手で
 人々を惹きつける魅力があり 将来を
 期待されていた時だった

 過去のニュースを思い出しながら
 映画を見る私の世代と・・

 ケネディーを知らない世代が見る
 のは どんな風に違うのだろうか?

 いろいろ思い出しながら映画に
 浸りましたが・・

 映画としては 70点くらい
 神父に語る場面はいるのかな?

 音楽も不安や哀しみを表現している
 のだけど 今ひとつ・・

 ナタリーポートマンのファンには
 お勧め

 それと あの時代を知っている世代
 も 見るといいかもしれない

 うーん 最近 映画見終わって
 ~良かったあ~ の感想がなかなか
 湧いてこない

 今年はまだ これ!という映画に
 出会わない・・

 なんだか物足りないなあ
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同じ手法の小説 

2017年03月26日 | 読書
  
 本は映画に比べて最近よく読んでます
 なかなかこれという本に出会わず・・

 横溝正史ミステリ大賞受賞の
 「神様の裏の顔」 藤崎 翔 著 680円
          角川文庫
  
 

 一人称の語り手の話が次々にバトンタッチ
 しながら物語が進んでいき 本筋が
 鮮やかに浮かび上がってくる~という形
 珍しい 語り口で 上手だとは思ったけれど
 この形式は 昔 他の小説で読んだ事が
 あり その小説はとても記憶に残っていて
 いつもは読んだら古本屋に売ってしまうのに
 その文庫だけは ずっと手元に置いて
 ありました。

 「神様の裏の顔」よりも
 こちらのほうが私にとってはレベルが高く
 雰囲気もあり 言葉も豊富 しかも
 印象的な主人公でもありました。
 それは・・

  「吉原手引草」 松井今朝子著 680円
 こちらは137回直木賞受賞作品で 幻冬舎出版
 
  

  

 当時の直木賞選考委員は
  五木寛之 平岩弓枝 浅田次郎 井上ひさし

  井上ひさしは 「面白さとその見事な仕上がり
  に勇んで票を投じた・・」とまで言っている

  
 こちらは花の吉原を舞台にした時代小説
 主人公も あでやかな花魁 と設定が全く
 違っているから 単純に比較できないのかも
 しれないが 「神様の・・」のほうは
 途中から結末が見えてくるような気が
 するし 現代を舞台にしているので
 印象が薄くなる

 吉原手引草 のほうは 読みながら
 場面が彷彿と浮かぶようで その筆さばきは
 見事というよりほかにありません

 時代小説という舞台も影響が大きいとは思うけど

 私としては 全く同じ手法で書かれた小説
 で 面白さ レベルの高さという点で

 「吉原手引草」松井今朝子著 をお勧め!

 スト―リーを紹介するとネタばれに
 なりそうだから 興味のある人は本屋さんで
 ちょっとのぞいてみてください

  
  


 
 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この世界の片隅に

2017年03月10日 | 映画
 「この世界の片隅に」

原作/こうの史代 監督・脚本/片渕須直 

 随分前に公開されていて 気になっていたの
 だけど 時間がなくてとうとうミニシアターに
 まわってきた時に やっと見ました!

 日本アカデミー賞を受賞したんですね
 あの「君の名は」より ずっといい

 受賞して良かったな と思いました
 周囲にも お勧めと宣伝してた割に
 私は 見るのが遅かった!

 主題曲の「悲しくてやりきれない」は
 私の若い頃 フォーク クルセダーズが
 歌って 流行した曲ですが・・

 改めてこの映画にぴったりだと思い
 家に帰って納戸を探したら
 出てきました!
 ドーナツ盤のレコード!です

 久しぶりにかけて聴いてみたりしました

 今じゃ もう売ってない代物だから貴重!

 映画は昭和の初めごろからあの終戦までの
 広島を背景に そこに住む一人の女性の
 人生を追ってゆきます。
 
 

 戦争に巻き込まれながらも
 日々 日常を重ねて行く 
 暮らしを描きながら 鮮やかな反戦映画にも
 なっているし ひとりではどうしようもない
 世の流れの中で 生き続ける事の
 強さ 哀しさ そして喜び 美しさ

 見事な映画でした。

 まだあちこちで 上映しているようです
 これは長く 上映してほしい映画です。

 監督は随分 苦労してこれを制作したらしい
 ので 賞をとって おめでとうございました。


 色がいいです
 全体に 優しい色使いで
 殊更に 哀しさや苦しさを強調しない事が
 却って それを 感じさせて
 じわーっとくるんですね 

 今年は 年明けからそれ程映画を見ていません
 アメリカのアカデミー賞も終わりましたね

 気になる映画はこれからくるようです
 「ララランド」は 公開日に行ってきました。
 アカデミー賞の前です。
 受賞の呼び声高く 随分宣伝されていたけど
 それ程 期待せず 行って・・

 案の定 私としては そうだなあ・・50点
 これが今年のアカデミー賞なら もはや
 アメリカのアカデミー賞は 大した事はない
 と思っていました。
 
 近頃は 選考する人数が多すぎて あれでは
 只の人気投票です。
 昔は 少人数のプロの精鋭たちが選んでました
 
 受賞式のスピーチも もっと個性的で
 面白かった!

 今では名前と感謝の連呼で終わります。
 ちっともエンターテイメントじゃない

 ララランドでの収穫は 夕暮れをバックにした
 ダンスシーン けれど私がいいと思ったのは
 ダンスではなく バックの夕焼けです
 CGではなく 実際の夕暮れらしい・・
 見事なバックです。
 ミュージカルとうたっているけれど
 これを見終わった後 不完全燃焼で
 昔の ミュージカルを見たくなりました。 
 
 なぜこれがあんなに絶賛されたのか
 理解に苦しむところです。

 他には「王様のホログラム」というのも
 見ました。こちらはトムハンクス 
 上手な展開で まあまあでしたが
 中年から初老にかけての男性に見て
 もらうと 元気が出る映画かもしれないと
 思いました。 多少 地味な映画ですが
 通には良いかな・・

 3月までの映画は これ位

 もっと映画館に行きたいな
 淀川さんは 月に2回は映画を見なさいと
 言ってましたね

 映画は「今」を伝えてくれる・・からと

 そろそろ桜の時期ですね

 あのJRの広告の名台詞 蘇ります
 東北の桜並木をバックに 

 「冬は必ず春を連れてやってくる」


 

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月のなっちゃん

2017年02月16日 | なっちゃん猫


  去年の暮れにニトリで買った
  モフモフのフットウオーマー

  なっちゃんが気にいって
  専用座布団になってます!

  私が使う時は
  なっちゃんをどかすのに
  一苦労です

  仕方ないからもうひとつ
  買ったんだけど~

  すごく気にいってます!!

   

 

 これ あったかいんだよねえ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加