ゆみなのteatime

飼い猫なっちゃんの写真 淀川長治映画友の会で育った映画好き 全国一の宮神社巡り などなど・・・

2月のなっちゃん

2017年02月16日 | なっちゃん猫


  去年の暮れにニトリで買った
  モフモフのフットウオーマー

  なっちゃんが気にいって
  専用座布団になってます!

  私が使う時は
  なっちゃんをどかすのに
  一苦労です

  仕方ないからもうひとつ
  買ったんだけど~

  すごく気にいってます!!

   

 

 これ あったかいんだよねえ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ローグワン スターウオーズ

2017年01月09日 | 映画

  「ローグ・ワン」 スターウオーズ

 監督 ギャレス・エトワーズ
 
   この監督の名前は聞いた事がなかったけれど
   調べてみると ハリウッド版のゴジラを監督
   した人・・デビュー作の「モンスターズ
   地球外生命体」は低予算ながら高く評価され
   ていろいろな賞をとっている。
   ・・んでも 抜擢だね 

   盛り上げかたはなかなか良かったもの
   
   ~で

   改めまして 遅まきながら
  
   明けましておめでとうございます

   ローグワンはそれ程盛り上がっていないかの
   ように見えたけど・・

    

   今回のシリーズは
   大好きなドニーイェンが出ていてしかも
   良い役!

   ドニーイェンは 「英雄」や「イップマン」
   で有名なカンフーの達人

   そのかっこよさに魅せられて
   公開を待っていたので 年末に見に行ったの
   ですが 思っていたより 活躍してる!

   もっと脇役かと思っていたので・・

   それでもメインのキャストではないので
   もう一度 良く見るために 映画館には
   2度 足を運びました

   映画の中のドニーは目が見えず気配だけで
   敵を倒す かっこいい 決まってる!

   

   今回のスターウオーズは 話がさかのぼって
   いるから レイア姫が デススターズ の
   設計図を託されるまでの物語なので

   その設計図を奪う反乱軍の決死の闘い
   最後は壮絶に 死んでいくというストーリー

   上手な展開 でもドニーイェンはこの回で
   終わりでもう出てこない。

   まあ~ 私にとってはこのスターウオーズは
   ドニーイェンのスターウオーズかな

   どうやらこの春には「イップマン」が
   公開されるらしいので そちらも楽しみ!

   ドニーイェンを知っている人は
   スターウオーズを見逃さないでね

   2度 見に行ったのだけど 入りは満員では
   なかったから もうすぐ終わりかもね

   スターウオーズも 遠くなったなあ・・

   あの懐かしの有楽町のマリオンビル
   非常階段で徹夜しながら待った先行ロードショウ
   山のようなマスコミのカメラのフラッシュに
   驚きながら 映画が始まった時の皆の歓声と
   一斉にあがったライトセーバー

   今はもう昔話ね・・

   ~というわけで 年末に2回 スターウオーズを
   見て お正月は 駅伝を応援に行き
   路線バスの旅をテレビで見てその結果に嘆き
   大食いのアメリカ決戦にも がっかりし・・・

   本屋で 佐藤愛子の文庫本 私の遺書 を
   買って 読み (中身は面白いのです)

   今年は淡々と健康第一に あせらず行こうと
   決めました。

   皆さんも 風邪をひかないようにして
   今を大事に過ごしてください

   淀川さんがいつも言ってた言葉・・

   「今という時は二度とやってこない
    今を大事にしなさい!」

  一日一生 という千日回峰をされた
  酒井阿闍梨さんの言葉もあるしね・・

   今年も一日々を大事に !

   I'm one with the Force
    and the Force is with me

   我はフォースと共に
   フォースは我と共に

  映画の中でドニ―イェンが呪文のように
  唱え続ける台詞です


   
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奥鬼怒温泉 加仁湯

2016年12月06日 | 旅行
 
 11月18日 鬼怒川温泉駅に13:10分到着

  

  乗ったのは東武快速 会津田島行 
  
  駅前から女夫渕行きのバスに乗車
  バスは 13:25分発 乗客は10名程度
  途中でトイレ休憩します~と運転手さんが
  案内してくれる
  女夫渕には 15:00着の予定

 最初は温泉町をいくつも通り過ぎて
 普通の道だったのだけど・・

 途中から細い道になり 山間の小さな
 集落みたいなところを いくつも
 通り抜け・・ 車がすれ違えないような
 山道も通り・・ 滝を見たり 
 ダムもみたり・・川治ダムというらしい
 大きなダムです。

 

 周囲は紅葉がまだ残りきれい
 でもどんどん山奥に入っていくと
 紅葉は散り もはや初冬の雰囲気

 

 女夫渕に着くと ここからは一般の車が
 入れないという看板があり・・
 旅館からの送迎車が待っています
 奥には 4軒の温泉旅館があって
 (加仁湯 日光沢 手白沢 八丁の湯)
 加仁湯と八丁の湯だけが送迎車を
 出しているよう。。

 ~で加仁湯のマイクロバスに
 乗り換えて そこから急な山道を
 崖の下に落ちるんじゃないか!というような
 道を・・30分ガタゴトと揺れていきます
 バスって 乗ると心地よい眠りを誘うのが
 通常だけど この旅は全く眠れない!
 こわいのと 不安なのとで・・
 目は開けっ放しです!!
 ガードレールみたいなのが崖側に
 ついているのだけど それがほぼ全部
 ぐにゃっと曲がってます
 雪の重みのせいらしいのだけど・・

 そんなこんなで3時半過ぎに着いた時は
 ほっとしました。

 

 加仁湯の玄関の脇には熊の毛皮を
 敷いたいろりばたに火が燃えていました

 
 
 通ってきた村落の中には
 マタギの里という表示もあったし
 バス停には クマ注意! という
 看板もあったから この辺は
 熊がでるのですね・・

 熊の毛皮は大小そろって結構
 ありました。。

 加仁湯のHPをみてもらうと
 わかるけれど・・
 ここは源泉かけ流しで実に
 5つの種類の源泉があります
 体を洗えるのは内湯だけで 
 内湯は唯一 透明なお湯ですが
 それでも硫黄の匂いがして
 お肌がすべすべになる良いお湯です

 露天は洗い場がなく つかるだけ
 女性用の露天は屋根があり
 熱いお湯とぬるめのお湯に分かれて
 いて良い感じなので 私はここが
 気にいりました

 

 お風呂の写真はとれないので
 加仁湯のHPの写真を借りました
 良い風情でしょう

 大きな露天は入口が男女別々ですが
 湯船は一緒・・でも濁り湯なので
 大丈夫みたい
 しかもこの日は平日でお客も
 10組程度 皆 年配です
 年よりはお風呂が好きと言っても
 そうそう何回も入れないのかな?
 ~というわけで 夕方をはずせば
 夜は満天の星を見ながら
 広い露天風呂も独り占め状態
 あちこち入っても 誰もいない!
 これは贅沢でした!

 夕食は山奥なのに結構品数が多く
 お腹いっぱいになりました

 

 翌朝は朝9時の送迎バスに乗り
 山道を揺られて降りてゆくと
 バスが坂の途中で停車したので
 前方を見ると 可愛い小鹿が
 道を横切って山の奥へと走り
 去っていきました・・

 翌日は小雨が振っていて
 バス停に着いた時は
 霧の中にバスが・・

 

 バスはまた時間をかけて鬼怒川温泉へ

 鬼怒川温泉に11:25分到着
 ここで ちょっと軽くランチして
 立ち寄り湯をしてから帰ろうと
 思います。

 駅前のバームクーヘン工房はちやは
 行列ができている人気のお店
 2階がレストランなのだけど
 混んでいるので諦めて
  
 駅から7,8分歩くのですが
 ギャラリーカフエ パントエ という
 お店がありました

 そこで日光豚のチャーシューサンドが
 美味しそうだったので コーヒーと
 一緒に頂きました。
 お店の雰囲気も良いし 小物や絵画も
 売っていて 焼きたてのパンも
 ありました。
 ここは穴場かもしれません。

 パントエを出てすぐ右の道を曲がると
 鬼怒川パークホテルがあります
 ここで12時から立ち寄り湯をして
 いるので利用しました
 タオルを持っていれば864円で
 温泉に入れます。
 ここのお湯は透明ですが 
 自家源泉を持っていてなめらかなとても
 良いお湯でした。

 温泉を堪能し 午後2:15分
 浅草行のきぬ126号に乗車
 浅草到着 午後4:15分で
 戻ってきました。

 いつも1泊2日の短い参拝旅行ですが 
 
 忙しい日常を離れて
 ゆっくり温泉に浸かれる至福の
 ひと時となりました。

 
 
 
 


 
 

 
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日光二荒山神社 下野国一宮(しもつけのくに)

2016年11月24日 | 神社
 
 下野国一宮 日光二荒山神社 参拝

 年の吉方位と月の吉方位が重なったので
 吉日を選んで 日光二荒山神社に参拝してきました
 
 祭神は 大己貴命 おおなむちのみこと
     田心姫命 たごころひめのみこと
     味耜高彦根命 あじすきたかひこねのみこと

   三柱の神様で 古くから日光三社権現と呼ばれていました

 田心姫命は大己貴命の妃で 味耜高彦根命はその息子にあたります
 親子3人が祀られているところから 良縁祈願に良い神様として
 人気があるそうですが・・・

 元々は 男体山 女峰山 太郎山 の山々が
 修験者の聖地だったところから始まっているとすれば
 日光の山そのものが 強い霊気を発していたのでは
 なかろうかと 考えます。

 山そのものがご神体と考えて良さそうですね
 日本は 本当に自然崇拝の国なのですね
 太陽 山 川 滝 海 そして大木
 それらのパワーがこの国を支えています。

 全国104箇所ある一宮の内
 ここで やっと68箇所目になりました。
 目標は80箇所と今のところ思っているので
 あともう少しかな・・・
 なんとか 足腰たつうちに廻りたいものです

 11/18 金曜日

 

 朝 5:27分発の電車に乗り 東武浅草に着きました
 東武浅草駅はビルの中にあります

 
 
 お茶とサンドイッチをホームの売店で買って
 7:30分発の 特急けごんに乗車 特急は全席指定です
 この日は とても良いお天気で 所々 紅葉を楽しみながら
 東武日光駅に9:18分到着 
 
 

 東武日光駅構内の銀杏の木も見事に紅葉

 


 9:30分に駅前から発車する 世界遺産巡りのバスに乗車
 9:45分に日光二荒山神社前に着きます。

 
  鳥居です

 山門の前で降りて すぐでした

 

 その足で 社務所に直行 一番早い御祈祷の時間を尋ねたら
 10:30という事でしたが 今なら特別にいいですよ・・と
 いう事で 朝の空いている時間帯だったせいか 許可して
 頂き すぐに拝殿に上がらせてもらいました
 9:50分でした!
 私と息子の二人だけで 朝のきりっとした空気の中
 良い気に包まれて 心静かに 参拝する事ができて
 感謝でした! 祢宜さん ありがとうございました

 
  こちらが拝殿
 

 つつがなく御朱印を頂き 足腰を守るお守りを買い
 奥にある茶店で 霊水で入れた抹茶と大福を頂きました
 お水が湧いているので 空のペットボトルを持っていくと
 いいです。 ここのお水は柔らかくて美味しいです
 このお水が湧いている場所は神苑で入場料が必要ですが
 御祈祷を受けるとその券をくれるので 無料になります

 茶店の奥に 日光連山遥拝所というのがありました
 日光の山を模して祀っています

 

 拝殿左脇に縁結びの笹という場所がありその近くにも
 御神木があります。木の周囲は良い気が巡っていました

 
 
 他には高天原と名付けられた砂場は入る事ができないように
 なっていますが ここも穏やかなパワーです

 大国殿という大黒さまを祀ったお堂もありました
 ここは参拝する時に小槌を振るという珍しい方法です
 
 

 末社には 朋友神社の名前で小名彦名命(スクナヒコのミコト)
 が祀られています。この神様は大国主命と常に行動を共に
 する神様です。小さいけれど知恵のかたまりみたいなすごい
 神様で国造りの基礎を築いた神様です
 大国主命は別名を大己貴命というので
 二荒山神社の御本殿に祀られている神様ですね
 
 

特別に御祈祷を早くして頂いたので残りの時間で
 茶店で休憩した後 末社を参拝して東照宮脇の参道を
 歩き 東照宮の賑わいを眺めてそのまま表参道のバス停へ
 東照宮は 団体客と外人観光客で賑わっていました
 拝観料は昔と比べると随分高くなってます
 中でもまた 別にお金がかかるらしいので
 ここはパス 昔 二度ほどきています。

 私の愛読書の1冊に 高倉健さんのご先祖の小田宅子さんの
 東路日記という旅行記を基にした田辺聖子さんの
 「姥ざかり花の旅笠」という本があるのだけど
  これは50代後半の宅子さんが女友達と一緒に九州から
  お伊勢さん 京都 大阪 善光寺さん そして足を
 伸ばして日光まで 一日ほぼ40キロを歩きながら
 旅の様子を俳句に残したりしていく旅行本
 江戸の末期ごろのお話です 厚い本だけど面白い
 当時の元気で知的なおばさんたちの旅行記です

 その中で 日光の記述があるので紹介してみます

 まず東照宮の豪華さに驚き皆々 虚心に感嘆して
 いるのだけど
 「嗚呼 古よりして万世天下を領せる例もあらざれば
  千載の後は計りしるべからず。唯当世の威光を
  仰見するには 当山の荘厳を一覧してはじめて
  しるべし
  一体天下を安治するには威武第一のものにて
 威武をあらわすには人目を驚かす壮麗にあらざれば
 世人 仰伏せざるもの故 日光なども天下の金財を
 きわめ 美を尽くしたるものなるべし
 是 自ずから天下を治むるの一術 徒にうつくしき
 を好むにあらざるもの也」

 芭蕉も日光を訪れています
 「千載未来をさとり給ふにや 今此御光一天に輝きて
  恩沢八荒にあふれ 四民安堵の栖穏やかなり
  猶 憚り多くて筆をさし置きぬ
  その後に 「あらたふと青葉若葉の日の光」

  ~今此御光一天に輝きての前には空海の一文が
  あるので これは空海を指すのではないかと
  いう解釈もあり
  権勢に媚びぬ世外人の芭蕉が東照宮をほめたたえて
  いると解釈するより 空海の伝説のほうをとりあげた
  ・・と。
  聖子さんも そう言われれば
  青葉若葉の日の光は東照宮の人工美の及びもつかぬ
  天然自然の美のほうに軍配をあげる気配も感じられる
  と記している

  宅子さんの友人は・・
  「初めより坐セル地主の御神なればとて日光の山
   を開きたまふ時千石の御神領を付給ふよしなり
   御社のうるはしき事 家光朝臣の御社に次げり
   此の御神は東の国々に古より御すゑもいといと
   広くましますよしなり さればその心にしめて
   子孫の末の栄えをも守り玉ふなるべし

   日の本に二つはなしとふ二荒山
    しづまる神のひろきめぐみは

  宅子さんたちは東照宮の豪華さには驚いたけれども
  また公方さまのご威勢を今更のようには感じた
  けれどそれを透かし見て 古えよりの神の存在を
  感じているようであった 
  江戸時代の庶民は 「古き神」に敬虔である・・・

    ~とこんな風に書かれています。

  私も子供の頃は 東照宮の豪華さに驚いたけれど
  年を取ってみると 最早 自然の美に
  かなうものはないと 感じられるように
  なりました。年月を重ねた美しさ
  落ち着いた佇まい そういう物が良いですね


 二荒山神社はそれほど強い気ではないと感じるけど
 穏やかで良い気に包まれています

 良縁というよりも 自分自身の内面の良さを
 引き出してくれる神様なのかもしれません

 まず自分が 穏やかで和やかな気を周囲に
 発する事で 良い人が集まってきてくれると
 考えたほうが良さそうですね

 何はともあれ 今年も一宮に呼んで頂いて
 ありがとうございました~と感謝です。

 
 表参道のバス停から15分位で東武日光駅に到着
 時刻は11:24分 駅前の「かまやカフェ」で
 ローストビーフ丼ゆばつき というのを食べる事に!

 

 丸いゆばが二つのって 半熟卵が真ん中に・・
 
 ゆばは美味しかったです。お肉は日光牛のお肉
 
 スープ・サラダとドリンクをセットにして
 
 1680円・・。

 食後に駅前で揚げゆば饅頭を食べて
 今夜の宿 奥鬼怒温泉郷の加仁湯に
 向けて出発・・

 

 東武日光駅発 12:25分 下今市行きに乗り
 下今市で乗換 
 ここから12:50分発の 会津田島行に乗り
 鬼怒川温泉を目指しま す。

 鬼怒川温泉からは バスに乗って
 約2時間の 長旅に~

 私の中では一宮と温泉がパックになって
 いてしかもその温泉が白濁の濁り湯なら
 ベストという願いがあるので・・
 こんな遠くになっちゃいました!

 では次回は 山奥の秘湯 加仁湯温泉へ
 
 
 

 

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なっちゃん 歯が抜ける

2016年11月06日 | なっちゃん猫

 木曜日からなんか様子がおかしいなっちゃん
 よだれが大量にたれる!

 でも吐きもどしはないし
 下痢もない

 食欲なく ごはん食べない

 金曜はさらに食欲なく おかかとお水だけ

 カリカリは大好きなのに匂いかいだだけ

 ~でこれは何かおかしいと思って
 
 土曜の朝に動物病院へ・・

 なっちゃんの歯がぬけかかっていて
 
 腫れてました!

 先生が言うには 麻酔をかけて抜けばいいんだけど

 なっちゃんは高齢だから 無理なので様子を

 みましょう・・という事で点滴とビタミン剤を

 打ってもらって 帰宅 

 少し元気になって とろとろの餌を食べ熟睡

 日曜の朝一番にもう一度病院へ・・

 歯は難なく抜けて 一件落着です。

 歯周病だったらしく抜けた歯はこんな!

 

 臭かった!

 ~でなっちゃんは 食欲も出て

 落ち着いて寝てます。

 

 ~もうなっちゃんも 高齢猫なのねえ・溜息
コメント
この記事をはてなブックマークに追加