Trapped in me.

韓国漫画「Cheese in the trap」の解釈ブログです。
*ネタバレ含みます&二次使用と転載禁止*

遠藤助手のアドバイス

2017-03-14 01:00:00 | 雪3年4部(穴〜囚われた虎)
空は、厚い雲に覆われていた。



雪は一人、鈍色の冬空を見上げている。

「‥‥‥」



冬休みなのになんで大学来てるんだろ‥?



ベンチに凭れながら、雪はぼんやりとそんなことを思っていた。

辺りはしんと静まり返っている。



静寂はいつも、考えないようにしていることばかり思い出させる。

「そして雪はその手を離せない」







先輩が言ったあの言葉ばかりが、ぐるぐると脳裏を巡っていた。

雪は一つ息を吐くと、ふと今座っているベンチに目を落とす。

「ん?」



そういえばこのベンチって‥



蘇って来たのは、忘れることの出来ないあの衝撃場面だ。

「メシでも食いに行こうよ」



それまで話すことはおろか自分と目も合わせなかった彼が、微笑んでそこに立っていた。

春風の中で、髪の毛をサラサラと揺らしながら。

あの時は、あまりにも現実感が無くて



からかわれてるんだと思ってた。







戸惑いながら彼を見上げたあの時から約一年。

二人の関係は随分と変わったけれど、雪は今でも戸惑い続けている。



立ち尽くす彼の口元が、僅かに動いた。



雪が言葉に出来ないその気持ちを、代わりに彼が口にするー‥。







目を見開いた雪の耳に、声が届いた。

「長い休憩だな」







瞬きをすると、そこに佇んでいたはずの彼は消え、代わりに遠藤助手が立っていた。

「遠藤さん」



遠藤はそのまま、無言で雪の隣に座ったのだった。





「ほら、風邪引くぞ」「ありがとうございます」



遠藤はそう言って、雪に温かい飲み物を手渡した。

手の平にじんわりと熱が伝わって行く。







遠藤は雪の横顔を見ながら話し出した。

「最近どうしてそんなに元気ないんだ?何かあったのか」



「‥‥‥‥」



そう言われて、雪はきまり悪そうに頭を掻いた。

普段あまり会うことのない遠藤にまで心配を掛けてしまうなんて、よっぽどなんだろう。

雪は視線を下に下げながら、ゆっくりと口を開く。

「ただ‥人間関係って悩みがつきものなんだなって。いつも感じてたことですけど、最近は特に‥」



「それでも以前はどうにか解決方法を探してましたけど、

おかしなことに、今は何をどうすべきか分からないんです」




雪の話を聞いて、遠藤はふぅと一つ息を吐くと、空を仰いだ。

「何があったのか詳しくは知らないが、恋愛なんて本来そういうものだろ」

「ひっ‥どうしてそれを‥」「バレバレだ」



まるでその厚い雲の向こうにある青空を見せるかのように、遠藤はこうアドバイスする。

「会いたきゃ会いに行けばいいし、会いたくないなら会わなくていい。

したいようにすれば良いんだよ」








意外なまでのストレートなその答えに、雪は思わず遠藤の方を見た。

遠藤は少し自嘲気味に、そんな自分を皮肉って笑う。

「まぁ、俺が言うのも変な話だけど‥」







その後二人は何も会話を交わさずに、ただそのままベンチに隣り合って座っていた。

そして雪は下を向いたまま、その遠藤の言葉を心の中で反芻している‥。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<遠藤助手のアドバイス>でした。

久々のガッツリ登場遠藤さんですね^^

佐藤先輩といい遠藤さんといい、元気ない人にこうやってコーヒー渡せる人って素敵ですよね。

二人が並んじゃうと同族嫌悪になっちゃうけど 笑




そして雪ちゃんがベンチに凭れているこのコマは



4部31話で休学を決意し、現状が「虚しい」と感じていた雪ちゃんと同じ構図です。



奇しくもこれが先輩が「メシ行かない?」と声を掛けたのと同じベンチなんですね。

う〜んなんだか感慨深いです。


次回は<囚われた虎(1)ー来訪ー>です。


☆ご注意☆ 
コメント欄は、><←これを使った顔文字は文章が途中で切れ、
半角記号、ハングルなどは化けてしまうので、極力使われないようお願いします!

人気ブログランキングに参加しました
人気ブログランキングへ

引き続きキャラ人気投票も行っています〜!
ジャンル:
ウェブログ
Comments (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迷子達 | TOP | 囚われた虎(1)ー来訪ー »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うめやん)
2017-03-14 01:19:17
遠藤はん、、すっかり落ち着いたキャラクターが定着しましたね。
あの彼との話も今は昔、、。

しかしちょいちょい過去との符合するシーンがあると、作者さんからもうすぐ終わるから見直しといで〜て言われている気分になりますね(笑)
でも長い〜(笑)

私は図々しくもyukkanenさんの翻訳だけでチートラを有り難く読ませていただいているのですが、、すんきさんはチートラ制作秘話とか出されてたりするんでしょうか?

ここまでリンクする様子を見ていると、ラストははじめから決まっていたのか、それとも随時制作されているのかちょこッと気になりまして。。

韓国のドラマのほうは視聴者の方の意見を活発に取り入れるなんて話を何かの番組で見た記憶がありますが、それにしてはチートラは展開に淀みがまるでないというか、、

本家サイト(すみません文字が読めないしと見たことないのですが汗)とかでは読者の方々でこういうお話もされてたりするのかなーなんて思いまして、、

もしこちらのコメント欄で既に語らわれていましたらすみませんm(__)m

yukkanenさんやコメント欄の常連さんでご存知の方がいらしたらお暇な時間にお聞きできましたらと思います、、☆
Unknown (宵っぱり)
2017-03-14 01:34:35
同族嫌悪、吹きました。過去話とのリンクがきめ細かすぎて…記憶力素晴らしすぎです!
考えたら雪ちゃんは、淳くんと知り合ってから関係性がどんなに変わろうとも、ずっと同じところをグルグルしちゃうんですね。
それって結局淳が本音を語らないからですよね。
淳が本音を語るとき、メビウスの輪はほどけるんでしょうか。
Unknown (Unknown)
2017-03-14 11:21:11
細かいですが同属嫌悪表記は特に間違いではありません。むしろこのような使われ方の場合はこちらの表記の方が適切かと思われます。
鷹の目yukkanen (さかな)
2017-03-15 10:33:32
思い出のベンチ、たしかに同じ構図...
じゃなくて、ちょっと手加えただけの使い回しですよね!?笑
実は深い意味などなく、単にスンキ氏が作業の効率化(手抜きともいうw)をはかっただけという説もあるとかないとか...。
たとえ意図があったとしても普通の読者じゃ気づけない細かさだし、作者の思い入れ以外の何物でもないですよね〜。
それをこうも見抜くとは...師匠の鋭すぎる検閲眼にスンキ氏もさぞや慄いていることでありましょうよ...。

しかし改めて1話を見直したら、肝心のこの場面ではこんなアール・デコ調wのベンチじゃなかったな。大学も進化したんですね。
Unknown (コタツ)
2017-03-15 14:22:44
1話でのベンチ確かによく見ると、「人」って感じの足ですね...笑笑
多少違和感がある極太マッキーで書いた象形文字のようなベンチだったのが、こんなにオシャレないい感じに...

なんか、淳は横から声を掛けてきてたのと、遠藤さんが正面切って声をかけてきたのにも意味があるんでしょうかね?

例えば、告白って横から声をかけた方が断りずらいって聞いたことありますし、まさかあそこで横から声を掛けるのも作戦とか笑笑
それとも、まあ普通に、正面から向き合っているか否かの対比とか?
考えすぎですかね笑笑

というか遠藤さん!淳と同じような行動をとるとは、もしやこれは遠藤さんルートフラグ...?笑笑
まあこの展開は遠藤さんファン以外としてはないですね笑笑
亮さんが可哀想過ぎます。
Unknown (Yukkanen)
2017-03-15 22:52:45
うめやんさん
私が読んだことがあるのは、制作秘話というかスンキさんへの雑誌か何かのインタビューですかね。そこでこの物語を描こうと思った動機だとか、ラストはどうなるのかだとかが語られていたと思います。あとは特別編とかに書かれていたと思いますよ。
ただ、韓国版はもう有料になっちゃったからコミックを買わないともう見れないかもしれません。(日本語版はその部分はハナから翻訳してなかった‥)
それによると最初から最後までの大体の筋書きは全部決まってたらしいです。
各エピソードを付箋に書いて大きなボードに貼って読んでみたらつまらなかったから、それを時系列を前後させて物語を作ったんですって。
なんかもう発想が‥神ですよね‥。

宵っぱりさん
本当本当、連載開始してから7年経つというのにずっと同じ袋小路をグルグル‥。
宵っぱりさんが仰る通り、それは淳が心の扉を開けないからですよね。でもそれもあともう少しです。解けるか?!メビウスの輪!

Wunknownさん
同属嫌悪、この漢字の方を使う場合もあるとは‥!知りませんでした。ご指摘ありがとうございます。ただちに「字が間違ってる」所、修正します!

さかなさん
まさかの使い回し説ーーー!!
いやどうなんだろう‥確かに回想が多い回は「スンキさん今回原稿落としそうだったのかな」とか思ったこともありますけども‥!
そうか使い回し‥使い回しか‥(長考)
そしてベンチの形を見に一話行ってきましたよ!なんですかアレは!(大笑)

コタツさん
象形文字wwww
スンキさんはこの漫画がデビュー作ですから、あの作画は当時しょうがなかったんで‥しょう‥!(笑いを堪えている)

声を掛けてきた構図、意味があるのかもしれませんね!というかこの先淳視点でのここのシーンがあるので、それを読んだ後でまた見解が変わるかもしれませんよ!
なるほど、、! (うめやん)
2017-03-16 01:39:01
yukkanenさん

なるほど、、!それで沢山リンクする部分が登場するんですね!
ほんと、用意が周到過ぎる、、凄い。
教えて頂きましたそのインタビューが非常〜に読んでみたいです、、!
調べてみます☆どうもありがとうございました
うめやんさん (Yukkanen)
2017-03-18 18:02:06
インタビュー‥どこにあったか忘れてしまい‥
リンク貼れず申し訳ありません
作者さんのブログにあったような‥?
また探してみますね!

post a comment

Recent Entries | 雪3年4部(穴〜囚われた虎)

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。