ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

平成の蒸気機関車・只見線(14・最終回)

2017-03-20 | 平成の蒸気機関車・只見線

2011.5.22 往路

この年は、只見線のSL運行開始10年目に当たり、5月21、22日にSL会津只見10周年号として運行された。
初日は新潟方面の磐越西線に行ったので、22日のみ撮影した。これ以後、再び鉄道の撮影に行っていない。

7月の新潟・福島豪雨により、会津川口から先が不通になってしまい、只見までSLが運行された最後の日でもある。
往路は、前回の秋同様、会津坂下の杉集落からスタートして郷戸のスノーシェッドで終わった。

生憎の雨の中、いつもの上り気動車が行く


降りしきる雨のなか傘をさして撮影 強風下、煙は流れて見えず 目立ったのは10周年のヘッドマークのみ

会津坂下・塔寺

一瞬雨が上がり 会津柳津に向けて軽快に



会津坂本・会津柳津

郷戸手前の築堤付近 再び雨が降り始めた 一つ目のスノーシェッドを出る


二つ目のスノーシェッドに向けての築堤 濡れた線路で空転を起こしてスノーシェッドに入っていった


空転をすぐに立直し、いつもに増して遅い速度でスノーシェッドから出てきた




投炭して爆煙 ここから先は木立に入って姿が見えない

会津柳津・郷戸

2011.5.22 復路

復路は、桧原トンネルの桧原方で待った。昔から大好きなトンネル飛出し狙い。最後は会津坂本で終了した。

桧原トンネルに向かう下り気動車


トンネルに入っていく


トンネル前で待つ トンネルに前照灯が見えて、上り勾配のドラフト音が高まる


トンネル飛び出し






新緑のトンネルを行く

会津西方・会津桧原

上空は真っ黒な雲に覆われて最後も雨 加速をつけて会津坂本を通過 そのうちまた撮影に行くことがあるかも



会津坂本・塔寺

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成の蒸気機関車・只見線(... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む