ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

オツネントンボ 2017<4月>

2017-04-05 | アオイトトンボ科

<4.4>

始動

今年も越冬したオツネントンボで始動。齢とともに寒さが堪え、冬季は例年どおり活動を停止していました。
晴れて気温が上がると3月半ば過ぎからオツネントンボの生殖活動が始まりますが、それなりに個体数が揃うのは4月。
桜も開花して、これ以上待機する訳にもいかず、昨年も行った場所に出かけました。

晴渡り、最高気温16℃、申し分ない天候。ところが、結果は見事に裏切られました。産卵個体の目撃は2例のみです。
一体どうなってしまったのか。早朝の冷え込みの影響かもしれませんが、個体数が少ないようです。

13時になる頃、漸く水面に現われ連結産卵する個体です。後が続きませんでした。

連結産卵


同じ連結態が移動して、少し落着いて産卵。





♂ 縄張り




枯野の個体です。♀も潜んでいます。探し回らないと見つからない程、個体数が少ない。これでは交尾態の撮影は無理です。

♂ 静止




♀ 静止



2017.4.4 栃木県

『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成の蒸気機関車・只見線(... | トップ | ムカシトンボ 2017<4... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む