気楽に山歩き

山歩きもHPも気楽に楽しむ日々を綴ります。話題は主に山歩き関連です。

南ア:仙丈ケ岳(2014.9/24-25)レポ

2014年10月02日 | 山歩き

広河原でのバスの待ち時間を散策で楽しみ
いよいよ8時出発のバスで北沢峠へ。

コチラのバスは他に釣り人2名、
途中の野呂川出合で下車でした。

30分足らずで北沢峠に到着。
前週の三連休はとんでもなく混んだようで
バスの往復回数は半端なかったそうですが
この日下りたのは我ら三人だけ。


この情報はしっかり今夜の山小屋、仙丈小屋に
連絡されていたのかもしれません。
(翌日は誰もバスに乗らなかったと小屋に連絡がありましたから^^)



仙丈ケ岳に登るのは3回目。
トシちゃんは2回目、姉は初めてです。

甲斐駒よりはずっと登りやすい記憶ですが、
今回歩いてみて、なかなかどうして大変でした^^;



喉が痛くて声がガラガラしていましたから
風邪気味かなと思いながらゆっくり登っていく私^^;



一合目、二合目・・・と
これも励みになるときと、そうでない時もあり(^^ゞ



セリバシオガマ、まだいくつか咲いていました。


常緑樹も多いですが、木々の間の紅葉に癒されました。










相変わらず元気な先行2人。


写真を撮っている間にどんどん引き離されます^^;





大滝の頭五合目の少し手前の眺めのいいピークで小休止。
元気な姉と遅れ気味の私。



姉のザックからは次々といろいろな食べ物が出てきます♪
私もドラえもんと言われるけれど、それ以上だわ!(笑)
いっぱいご馳走様でした(^^ゞ

紅葉と高嶺かな。


その先に大滝の頭五合目


登るほどに高嶺の向こうに鳳凰三山が!


甲斐駒も目の前にド~ン!


あれをまた登るのか・・・
大変だった記憶しかない・・・^^;

でも楽しみにしている姉(^^ゞ


紅葉と甲斐駒


鋸岳と甲斐駒ケ岳、その中央奥に八ヶ岳


鮮やかな赤


この目の前の緩やかな山容がきれいですが
六合目、まだまだ登るんですよね^^;


甲斐駒と右に栗沢山、アサヨ峰。


アサヨ峰山頂ではガスって何も見えなかった^^;
もう何年前になるだろう?


手前に栗沢山、アサヨ峰。
奥にオベリスクが特徴の鳳凰三山。


鳳凰三山ズームで。


富士山も見えてきました。


ズームで小太郎山の奥に富士山


この贅沢な展望を三人で貸切状態でしたが
そこへソロの若い女性が登ってきました。
仙丈小屋で一緒になりますがこの日の小屋は4人の貸切でした♪


富士山と北岳。日本の標高№1、2


台風が近くをウロウロしているのに
素晴らしい眺めでした。

紅葉も今年は早々にきれいです。






トウヤクリンドウ


小仙丈ケ岳でお昼休憩。


雲が出てきてしまいましたが
富士山と北岳と間ノ岳。日本の標高№1、2、3が
並んでいます。
間ノ岳は4位でしたが今年標高が訂正され、
奥穂高岳と同じ3番目に高い山になったのでした。


馬の背ヒュッテのある斜面も黄葉
翌日はそちらを通ります。


ウラシマツツジの紅葉
鮮やかです。






山頂方面に雲が出てきてしまいました。




仙丈小屋の分岐に着く頃にはとうとう降りだしました。


激しい雨では無く、山頂まであと少しですが
展望もないのでこのまま仙丈小屋へ向かいます。




ボケボケですが、薪ストーブが暖かい&温かい♪


美味しい夕食でした。
お味噌汁がとても美味しかった!♪


管理人さんとスタッフ2人、宿泊客4人。
和気あいあいと楽しい夕べでした。

前夜は10名ほどの宿泊だったそうですが
下山ですれ違った人が話していた通り
きれいな小屋でした。
トイレが外で、雨の中行くのは億劫でしたが
トイレ(水洗)もとてもきれいでした。





南アルプス・・大昔は海底だったそうな。



このあと翌日まで天気予報は雨。
(小屋にはテレビあり。携帯・スマホ通じます)

夜中じゅう雨と風もあり、翌日は早く起きても・・と思っていたら
管理人さんのご厚意で朝食は通常の5時半でなく、
ゆっくりめ(6時半か7時ごろだったか?)にしてくれました。

コーヒーなど戴いて朝食を済ませた後、
霧雨の中、空身で山頂へ行ってみます。




視界はありませんでしたが
未踏の姉がピークを踏めてホッ!




大仙丈ケ岳と書かれている方に行ってみましたが
展望なくはっきり確認できず小屋に戻ります。

晴れていたらここの斜面も綺麗な紅葉


小屋に戻るとお菓子と温かいコーヒーを出していただいて感激。
貴重な水なのにありがとうございました。
お礼に整備費を少し寄付させていただきました(^^ゞ
(登山道整備などは小屋の方がされているそうです)

良い管理人さんとスタッフさんだったな。
情報もいろいろ戴きありがとうございました。


この日は仙水小屋まで移動するだけ。
姉も仙丈のピークを踏んだので心置きなく下山します。


雨というよりはずっと霧が巻いているようなお天気。
管理人さんの言われた通り、
馬の背ヒュッテ経由で北沢峠方面へと向かいます。
昨夜雨が降ったにも関わらず水場は枯れていました。


晴れていればもっときれいだったでしょうけど
雨の中もまたいいものでしたよ(^^ゞ













途中には鹿からの保護柵。


馬の背ヒュッテ。大きい小屋でした。






ここで大滝の頭五合目の方に向かう予定でしたが
北沢峠と書かれた方に向かった結果
藪沢コースに行ってしまいました。


地図で確認、ここで一応GPSをオンに。

ルートは少し崩れている所もありましたが
気をつければ大丈夫でした。

紅葉は綺麗で
お花が多かったのも収穫でした。
(お花は別にアップします)


雪渓が少し残っていてビックリ。
このまま根雪になるのかな?
































遠回りになりましたがやっと大平山荘へ。


軒先をお借りしてここで遅いお昼(13:20頃)
止んでいた雨はここでまた降り出したので助かりました。

こちらの奥さんが親切で、甲斐駒に登るなら
北沢峠のこもれび荘に余分な荷物を預けて
軽くして行った方が良いとアドバイスを戴きました。

これはもう有難いことで、即従います(^^ゞ

大平山荘からの登り返しがきつかったけれど
林道に出てホッ!


こもれび荘に荷物を預けてホッ!
(荷物をまとめても、一人分300円、計900円でした)


仙水小屋までの登り返しもまた大変でしたが
途中の紅葉はきれいでしたし
荷物も軽くなりましたから
あと少しで小屋と思えば頑張れましたp(^-^)q





仙水小屋。頑張って15時少し前に到着。
合羽は水が切れるまで軒先に。


貸切かと思いきや前日から宿泊の若い男性が一人
雨で停滞で、この日も4人になりました。

部屋はそれぞれ一階と二階に貸切。
部屋はストーブ付き。合羽などしっかり乾きました。

こちらは休憩室?この部屋で食事を戴きました。
混んでいるときはここも宿泊の部屋になるそうです。
ご自由にどうぞとバンドエイドが用意されてましたよ、細やか♪


ようやく落ち着いて寛いでいますが
私は疲れ果てて宿代の計算を一桁間違えるほどに
思考回路が壊れかかっていました^^;

実際体調が思わしくなく、
翌日の甲斐駒も行けるのかなと心配でした(^^ゞ
家を出る前にマゴタンズが風邪気味でしたから、
風邪菌を少し貰ってきていたのかもしれません・・^^;
あるいは連日の寝不足かも・・・


そして噂通りのお刺身付き夕食。
その献立は山小屋らしからぬ繊細さ。
お刺身や果物の種類の多さ、バランスのとれたメニューにびっくり!
とても美味しゅうございました。



宿泊費7,000円って、安くないですか?
とっても嬉しいですが♪

こちらの管理人さんもまた情報提供が的確で
ありがたかったです。





その夜はずっと雨音・・・
雨なら帰ろう・・・
エッ?停滞ですか?
登らないという選択肢は無いのね(^_^;)・・・ムニャムニャZZZZZZ


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南ア:北岳の麓で(2014.9/24... | トップ | 南ア:仙丈ケ岳藪沢に咲いて... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
紅葉 (misako)
2014-10-05 23:40:53
仙水小屋の食事は良かったですね~^_^/
果物が嬉しかった~それに、水洗トイレが良かった o(^_-)O
仙丈ヶ岳は女性的な山と云うけど…見た目よりキツイ山でした。
紅葉は最高に綺麗でした!
お姉さん (sanae)
2014-10-06 01:26:34
今まで数少ない小屋泊で、ヨカッタと思えたのは少ないのですが今回は全部良かったですね。民宿も良かったし♪
仙水小屋の献立はもう噂通りのビックリドンキー!
まさに原始の水洗トイレ快適でした(^^ゞ
仙丈ケ岳は今回3回目でしたけど、今回が一番きつかったですよー
体力落ちたなと痛感でした^^;
お姉さんは凄い!
紅葉と展望に癒されましたね♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。