八木小児科医院・富山市:麻疹・風疹予防接種は1歳で!障害児医療に力を入れてます

受付時間診療時間終了10分前です。予防接種優先時間帯は午後2〜3時です。富大医学部臨床教授・実習協力機関。

インフルエンザまだ市内で一部の地域にて

2016年05月06日 | Weblog

5月の3日〜5日 連休中の急患センターは、昨年に比べて小児科の受診者数は落ち着いてました。

胃腸炎、咳かぜ、インフルエンザ疑いの方は多かったですが、日直帯の感染症は平日通りでした。

5月の感染症予想では、天候や風の影響で、咳、花粉症、アレルギー受診者数が

変動するでしょう。 

市内で一部の地域でインフルBがまだ検出されます。

胃腸炎が増加傾向です。

春の咳かぜ、はなかぜ増加してきました。花粉症も多いようです。

保育・幼稚園入園後の、感染症が増加してまいりました!。

多くは、ウイルス性の呼吸器感染ですが、長引く例も多いです。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インフルエンザ流行ピーク過ぎ、まだあります。/当院での相談外来について

2016年04月25日 | Weblog

5月の3日〜5日までは連休になります。 

☆5月1日日曜日は富山市・医師会急患センターで午前のみ第二診療を担当します。

保育・幼稚園入園後の、感染症が増加してまいりました!。

多くは、ウイルス性の呼吸器感染ですが、長引く例も多いです。 

ロタ・ノロ感染の胃腸炎が増えている地域があります。

仝什漾一日に数名検出されますが、インフルエンザはピークすぎましたが、新学期とともに一日数件検出されます。

5月連休明けまでは注意して下さい!

花粉症や、春のかぜ症候群が増えてきました  新入園児のお子さんは、これから慣れるまで、毎週のように、

かぜ症候群にかかる方が多い季節です。!

0瀋憶蠅多いです

ね蕨菌が目立ちます。マイコプラズマ気管支炎は、横ばいです。

 ☆発達診察相談 ☆近年、相談の問い合わせが増えておりますが、地域によっては、出向しております病院でも

対応してます。富山地区(富山市民病院第3木曜日午後)、高岡地区(高岡済生会病院小児科第4木曜日午後)

発達の関する内容のブログは富山県こども発達研究会http://blog.goo.ne.jp/toyamahattatuで検索していただきますと閲覧できます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みなさまへのおしらせ  小児かかりつけ診療科について

2016年03月29日 | Weblog

小児保険診療において、 

平成28年度4月より、小児科医の常在する医療機関で、

3歳未満より定期的に通院(予防接種、健康診査含めて)しておられる乳児で、
なおかつ以下の条件内容を満たす方
に小児科かかりつけ医としての対応を行うことで、保健点数加算される制度です。
包括医療で乳幼児公費負担です。

課題)一つの医療機関でしか請求・契約できないことになってます。

主治医やかかりつけ医が複数おられる場合もありますので、この場合はもっとも主になる
主治医に算定していただくことになります。

例えば)毎月受診する慢性疾患の主治医と、かぜや予防接種のときの主治医の場合、複数主治医がいます。
この場合はご家族とそれぞれの主治医との申し合わせでとなります。

‐児かかりつけ診療料の算定要件は、

1)電話などによる問い合わせに原則として、お知らせした連絡先へ常時対応する、→この場合 必要に応じて富山市では
医師会急患センターへ【我々小児科が交代性で365日朝6時まで当直業務に対応している】ので、ここへの指示なども含みます。

2)急性疾患発症時の対応の仕方やアトピー性皮膚炎・喘息などの管理について必要な指導・診療を行う。→当院では、必要に応じてプリック検査など行い、専門医へ紹介。

3)健診歴や結果を把握して発達段階に応じた助言・指導を行う――など。乳児健診・発達相談なども含みます


4)必要な施設基準としては、
(1)小児科外来診療料の届け出を行っている。
(2)時間外対応加算1または2を届け出ている。
(3)小児科または小児外科を専任する常勤の医師がいる。
◎(4)以下のカッコ内の要件のうち3つ以上に該当する

  ☆初期小児救急への参加  富山市’医師会急患センターへ365日朝6時まで交代性で当直業務を行ってます。
  ☆自治体による集団または個別の乳幼児健診の実施  保健センターへの乳児健診など
  ☆定期接種の実施、                定期予防接種の実施 接種計画を行います。
  ☆小児に対する在宅医療の提供、          当院では数名の小児在宅医療対応してます。
  ☆幼稚園の園医または保育所の嘱託医への就任)――などが設定された。現在、数か所の保育園医、嘱託医を行ってます。


疑問点)(数のかかりつけ医が認められない?◆‐鏤応対することは、常識としては困難である。医師にも労働時間があると考えてかかりつけ医だであろうが、なかろうか、受診された方はすべて診察時点ではかかりつけ医であると思います。

こういった、問題点の明確な基準がない状況での保険制度なので、当院ではまず常識的な範囲内で乳幼児のお子さんで、
ほとんどの健康管理や相談、治療を行っている方で保護者と相談して検討していく予定です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月の情報です。依然インフルエンザ 警報域です。溶連菌、春のかぜ症候群も増えてきました。

2016年03月20日 | Weblog

NEW ! 本日の急患センターでは、インフルエンザは以前とA Bとも検出されますが、件数は先週の半分になってます。

が、ウイルス性胃腸炎や、普通感冒、春のかぜ症候群が多くみられました。

3月20日の午前 中は、富山市・医師会急患センターで2診室を担当します。急患の方はお昼12時までセンターへ!!

お越しください。9時〜12時まで2診体制です。 

2回目のインフルにかかるかたがでてきました。 地域のよっては、2月の流行と3月の流行ピークで2回の

インフルエンザに罹患するお子さんがでてまいりました!! 

 いまだに、☆☆インフルエンザ流行警報(定点医療機関で1週間に30名以上です→ 今週になりようや1週間20名ほどになってまいりました。

 

ただし、ピークのまま数週間続くと予想されますので、このシーズンの流行は長いと考えられます。

.ぅ鵐侫襯┘鵐挟鏡の方々が増えてきました。ピークは2月、3月と長引く可能性があります。

同時にノロウイルス感染のお子さんも年末からまだ流行中です→まだまだ嘔吐下痢もあります。

M鎮娜爐箜愼犬里子さんでは、溶連菌感染やウイルス性の扁桃炎もみられます。→溶連菌の流行地域があります。

ぅ泪ぅ灰廛薀坤浹ご瓢抉蠅流行している集団もいまだに注意が必要です。NEW!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピークです。現在インフルエンザAとB型が半々となってきました。そお他の感染症も多いです。

2016年02月18日 | Weblog

☆ インフルエンザ情報  現在はピークが続いております。予想では3月の中旬まで流行が続くと予想されます。

☆☆インフルエンザ流行警報(定点医療機関で1週間に30名以上です)

当院では週明けの月曜日に30名以上のインフルエンザ受診者数になるとピークです、

今週月曜日は30名弱なので、ピークは今週です。

ただし、ピークのまま数週間続くと予想されますので、このシーズンの流行は長いと考えられます。

.ぅ鵐侫襯┘鵐挟鏡の方々が増えてきました。ピークは2月、3月と長引く可能性があります。

同時にノロウイルス感染のお子さんも年末からまだ流行中です→まだまだ嘔吐下痢もあります。

M鎮娜爐箜愼犬里子さんでは、溶連菌感染やウイルス性の扁桃炎もみられます。→溶連菌の流行地域があります。

ぅ泪ぅ灰廛薀坤浹ご瓢抉蠅流行している集団もいまだに注意が必要です。

ズGの冬は、色々な感染症が混在してみられます。

昨年からお子さんの流行性耳下腺炎が増えてます。予防接種は任意ですが、唯一の予防効果は

予防接種です!!。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加