【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

写真で見る「千葉サラブレッドセール2007」~Vol.1(最高額馬はトレーニングS歴代4位タイ)

2007年05月17日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報
余談ですが、netkeibaの「生産地だより(田中哲実氏)」で当サイトが紹介されておりました。ご期待に沿えるよう、これからも更新頑張ります。

5月14日(月)、船橋競馬場にて「千葉サラブレッドセール2007(2歳&1歳)」が開催された。
※ここでは、速報版の補足として、「競りの流れ」と「高額上位馬」などを、写真とともにご紹介します。「2007JRAブリーズアップセール」の連載も終わってないのですが、こちらも2回に分けてお伝えします。

午前8時から購買登録が開始され、早くから多数の購買関係者が購買登録を行った。

写真:購買登録受付所


写真:購買者休憩所

午前8時半から騎乗供覧が開始され、各馬は併走または単走で2Fからのタイムを計測した。購買関係者は、2Fのスタンドから各馬の動きを注意深くチェックした。

写真:騎乗供覧を見る購買関係者

昨年同様に好タイムが連発し、ラスト1Fタイムの内訳は、10秒台が4頭、1F11秒台が44頭、1F12秒台が12頭という結果だった。
参考までに、ラスト1Fタイムの一番時計は「No.13 ミスティウォーターズ2005(byコマンダーインチーフ)」がマークした10秒6、ラスト2Fタイムの一番時計は「No.22 Lady's Legacy05(by Pulpit)」がマークした23秒0だった。
1Fタイム上位順リストはこちらから


写真:ラスト1Fタイム一番時計の「ミスティウォーターズ2005」(手前)


写真:ラスト2Fタイム一番時計の「Lady's Legacy05」

1頭の落馬はあった(ゴール通過後)が、特に大きなトラブルはなく、驚くほどスピーディに騎乗供覧が進んだ印象だった。そして、しばしの休憩を挟んだ後、比較展示が行われた。

写真:購買者休憩エリア

比較展示は、牡馬が馬場、牝馬が装鞍所に分かれて行われた。購買関係者は、動きの良かった馬を中心に、馬体や肢元の状態等をじっくりと吟味した。

写真:比較展示風景

そして、いよいよ午前11時から競りがスタート。吉田照哉市場長の「ご購買いただいた方には、富里スイカをプレゼント!」と笑いを誘う挨拶の後、世界の合田直弘氏の「上場馬解説」→松橋康彦氏の「名調子」という流れで競りが進行した。
ちなみに、購買登録者は昨年を大きく上回る132名を数えた。


写真:パドックを利用した競りステージ


写真:購買者席

最初に行われた「1歳市場」の結果概要は、上場頭数10頭(牡4頭、牝6頭)、売却頭数1頭(牡0頭、牝1頭)、売却率10%、売却総額(税込)525万円、平均額(税込)525万円だった。唯一購買されたのは、「No.10 テンタシオン2006(byサツカーボーイ)」で、500万円(税抜)で落札(落札者:(株)レーシングホースジャパン)された。
各馬の結果一覧(番号順、種牡馬名順、高額順など)はこちらから

【1歳馬No.10 テンタシオン2006】

牝 鹿 2/19
父サツカーボーイ 母テンタシオン(母父エリシオ)
叔父セイコーサンデーは目黒記念(G2)3着など中央4勝馬。
落札価格(税別):500万円
落札者:(株)レーシングホースジャパン
販売申込者・育成者:(有)千代田牧場

2歳トレーニングセールの結果概要は、上場頭数59頭(牡37頭、牝22頭)、売却頭数36頭(牡23頭、牝13頭)、売却率61%、売却総額(税込)3億8,304万円、平均額(税込)1,064万円だった。
(ちなみに昨年は、上場頭数53頭(牡25頭、牝28頭)、売却頭数39頭(牡18頭、牝21頭)、売却率73.6%、売却総額3億8,025万7,500円(税込)。平均価格975万192円(税込)、最高額馬コーディングの2004(2,700万円(税抜)、byコマンダーインチーフ、購買者:中地エージェンシー)だった。)
各馬の結果一覧(番号順、種牡馬名順、高額順など)はこちらから

今年度の最高額馬は、「No.22 Lady’s Legacy05(by Pulpit)」で、5,600万円(税抜)で落札(落札者:島川隆哉氏)された。

【2歳No.22 Lady’s Legacy05】

牡 青鹿 4/4
父Pulpit 母Lady’s Legacy(母父Matchlite)
兄リトルマットマンはレインズエンドS(G2)3着など米4勝馬。
落札価格:5,600万円(税別)
落札者:島川 隆哉 氏
販売申込者・育成者:(有)吉澤ステーブル

ちなみに当馬は、「Keeneland September 2006 Yearling Sale(No.251)」で、吉澤克己氏が235,000ドルで購買していた。父Pulpitの2007年度種付料は80,000ドル。

また、落札価格5,600万円は「千葉サラブレッドセール」では最高価格であるが、「トレーニングセール全般」の取引馬としては歴代4位タイとなる。
ちなみに、トレーニングセール歴代高額馬は下記のとおり。

 1位:ALYCETTE1996(by SILVERHAWK)
 →1998年度プレミアセール(No.98) 6,850万円

 2位:MARY'SSPIRIT1998(by デヒア)
 →2000年度プレミアセール(No.39) 6,800万円

 3位:TWEAK1996(by CRAFTYPROSPECTOR)
 →1998年度プレミアセール(No.01) 6,000万円

 4位:ダイナフエザー1996(by ジェイドロバリー)
 →1998年度プレミアセール(No.98) 5,600万円

次回Vo.2では、2歳馬の高額上位11傑をご紹介する。

by 馬市ドットコム
『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ひだかトレーニングセール... | トップ | 写真で見る「千葉サラブレッ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。