日本共産党池川友一「市民とつくる都政への架け橋」|都議会議員予定候補・町田市議会議員

日本共産党町田市議会議員・都議予定候補の池川友一のオフィシャルブログです。地方政治の現場からいろいろと発信していきます。

築地市場には「技術、品質へのこだわり、伝統、人々の絆、味覚、美学」が詰まっている

2017-05-16 | 学んだこと、政策のこと

 「シャネル社長が「豊洲移転」に異議唱える理由銀座の魅力は築地によって保たれている」(東洋経済ONLINE 2017年05月16日)──この記事を読んで、築地市場のもつ価値と日本の無秩序な開発がいかにまちづくりに逆行しているかを感じました。

 シャネルの社長であるリシャール・コラス氏は「都内随所で再開発が行われ、昔から人々に親しまれてきた建物が壊され、そこに息づいていた人々の暮らしが消えていく」と警鐘を鳴らし、次のような指摘をしています。

 築地市場を移転すれば、銀座だけでなく、東京、さらには日本のイメージを破壊しかねないと考えています。築地を移転するなんて、ノートルダム大聖堂をパリからリヨンに移すのと同じくらいバカげています

 築地には多くの日本的な価値があります。築地は日本という国を最高の形で、なおかつ「生」で見せることができる場所なのです。技術、品質へのこだわり、伝統、人々の絆、味覚、美学――そうしたものがあそこには詰まっているのです。

 銀座のアイデンティティはまさしく築地のような場所と、シャネルのビルや、歌舞伎座のような場所との間にある「緊張関係」によって生まれているのです。築地のように、銀座を銀座たらしめている場所がなくなってしまったら、どうなってしまうでしょうか。

 日本食が追加されたことも忘れてはいけません。築地を正当に導くことによって、東京に住む未来の世代の人たちや世界にとって、築地が最高のレガシーとなるときがくるでしょう。

 この指摘一つひとつが、築地へのリスペクトを感じます。以前にも書きましたが(参考:「東京都の税金はなぜゼネコンや大企業優先に使われてしまうんですか」)、築地市場の周辺は超高層ビルが林立するエリアで、「最後の未開拓の地」として多くのデベロッパーが狙っている土地でした。築地市場の移転が、こうした開発最優先の中で位置付けられて来たことを見逃してはなりません。

 映画「築地ワンダーランド」を観たときにも感じましたが、築地市場の機能美を継承していくことは私たちの世代の責任だと思います。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

にほんブログ村←日本共産党池川友一のオフィシャルブログ「都政への架け橋」を見ていただきありがとうございます。一日1回、応援クリックをお願いします。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「多摩格差ってどんなものが... | トップ | 大は小を上回る──等身大より... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どこにお金が流れたか (NOKENOネコ)
2017-05-20 08:31:40
 豊洲移転で得をする人、得をした人は誰か。誰の責任で問題が噴出しているかを一生懸命追及しても実態を詳細に知るのは無理みたいですね。平仮名が思い出せない人がちゃんとした答弁をする筈も無いですね。(その間に本を出版しているのは、ゴーストライターでしょうか?ゴーストライターに書かせ印税はすべて自分の物。多額な違約金を含めた異常な契約を結ばさせ文句を言わせない手口が今あるようです。強制AVと同じような手口が横行しているようです。自分で詩を書く時間などないと思われる超売れっ子作家にはゴーストライターのゴーストライターがいるそうです。弱者をいじめ良い作品を奪い取り、利益と名声は自分の物にする手口。情報犯罪組織の手口です。ほぼ同じ詩の盗作楽曲が問題になったのも、ゴーストライターが上げた作品をそのまま使ったからと思われます。組織の仲間ばかりに利益が流れるシステムです。)
 豊洲問題でも責任が誰にあるかより、誰にお金が流れたかを細かく追及する方が単純なのではないでしょうか。あいだに入っている人達は作り上げられたストーリーの中で、僅かな見返り(地位など)で動かされていただけなのですから。元請けから下請けに流れているお金までもちゃんと都民に示して不自然な流れを調べるのが重要になるのではないでしょうか。その先に悪い奴がいるのですから。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL