池川友一のつながるブログ|日本共産党町田市議会議員

日本共産党町田市議会議員の池川友一のオフィシャルブログです。地方政治の現場からいろいろと発信していきます。

栗拾いから都市農業を考える

2016-09-24 | 活動のこと(鶴川地域)

 青空が恋しい日が続いています。

 自然を相手にする農家にとって、大きな影響があるのだと話を聞きました。

 つかの間の曇り空、野津田の地域で農業を営む方のところで、栗拾いをやりました。

 利平栗と呼ばれる栗で、かなりの大粒。利平栗は、1940年に和栗と天津甘栗を掛け合わせてできた品種で、開発者の屋号をとって「利平栗」と名付けられたと聞きました。

 太平洋戦争の出生の影響で、ほとんどが枯死しましたが、一本のみ生き残りそれを原木として全国に広がっていったと言います。

 栗を生産して収穫する作業は思ったよりも苦労が多く、私たちのように栗拾いに来てくれる人がいれば大歓迎だとおっしゃってくださいました。

 子どもたちと栗拾いをしましたが、やはり棘が曲者です。「痛い、痛い」といいながら、ぱかっと割れた中から栗の実を取り出しますが一苦労です。

 果樹は「○○狩り」「○○摘み」というのがあるように、収穫に手間がかかるのです。多くの人手があれば旬の時期に出荷できるわけですが、実際には人手が足りないというのが現状です。

 ルールを守って行えば、農家と消費者の互恵関係なのです。都市農業は、私たち消費者の意識を醸成させていくことなしには発展できません

 収穫した栗をどうやって食べようか思案中です。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

にほんブログ村←池川友一のつながるブログを見ていただきありがとうございます。一日1回、応援クリックをお願いします。

┏┓池川友一|日本共産党町田市議会議員
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【事務所】
 〒195-0061 町田市鶴川5‐10‐4
 電話・FAX/042(734)1116
 メール/up1@shore.ocn.ne.jp

 ※無料の生活相談、法律相談をおこなっています。お困りごとはなんでもお気軽にご連絡ください。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「戒厳令」の高江──地方自治の問題として

2016-09-22 | 国政・都政のこと

 沖縄県東村高江。そこは「戒厳令」の状態にあると、フォトジャーナリストの森住卓氏が指摘しています。

 昨日も、機動隊員らが市民を強制排除する事態が起こっています。

 ヘリパッド差し止め訴訟も提起されています。

 高江の人たちは「憲法第13条によって保障された個人の尊厳と幸福追求権を、なぜ自分たちだけが享受できないのか」(「沖縄タイムス」7月21日社説)と訴えているだけなのです。

 沖縄で起こっている問題は、地方自治の問題──地方議会に携わる一人としてこの言葉を重く受け止めて、徹頭徹尾反対の旗を掲げていきたいと思います。

 「沖縄タイムス」の特集はコチラ

 「琉球新報」の特集はコチラ

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

にほんブログ村←池川友一のつながるブログを見ていただきありがとうございます。一日1回、応援クリックをお願いします。

┏┓池川友一|日本共産党町田市議会議員
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【事務所】
 〒195-0061 町田市鶴川5‐10‐4
 電話・FAX/042(734)1116
 メール/up1@shore.ocn.ne.jp

 ※無料の生活相談、法律相談をおこなっています。お困りごとはなんでもお気軽にご連絡ください。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

つながる鶴川(第345号)

2016-09-21 | つながる鶴川(活動報告ニュース)

 つながる鶴川の第345号ができました。

 今週のニュースは、

 ●築地市場の豊洲移転──中止を含め抜本的見直しを

 について書いています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

にほんブログ村←池川友一のつながるブログを見ていただきありがとうございます。一日1回、応援クリックをお願いします。

┏┓池川友一|日本共産党町田市議会議員
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【事務所】
 〒195-0061 町田市鶴川5‐10‐4
 電話・FAX/042(734)1116
 メール/up1@shore.ocn.ne.jp

 ※無料の生活相談、法律相談をおこなっています。お困りごとはなんでもお気軽にご連絡ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教育にお金をかけることをスタンダードに──未来への投資を

2016-09-20 | 学んだこと、政策のこと

 高い学費が障壁となり、進路選択に大きな影響を及ぼしていることは明らかです。

 先日、市内の大学に在学する学生さんから話を聞きました。

 ひとり親家庭で、母は営業・配送の仕事と飲食チェーンのダブルワーク。進路選択をする際、「生活費(家での生活分)は何とかする。でも、学費など進学後の費用については出せない」と。奨学金を申請し、このままいけば卒業時には800万円の借金となる。不安はある。語学関係の勉強をしているが、講義も必死に聞くし、自分で勉強しないとどんどん置いていかれてしまう。留学して視野を広げたいという目標もある。実感として、ひとり親家庭はやっぱり大変だなと思う。経済的理由で、大学進学を諦めた友だちもいた。参院選では給付制奨学金や学費引き下げの問題について各党発言していた。選挙の時だけにせず、しっかりやってほしい。

 私自身も学生時代に何人も友人が経済的理由で大学を辞めざるえない状況になりました。大学に掛け合い、緊急の奨学金を創設してほしいと要請もしました。

 GDPに占める教育機関への公的支出について、OECDが調査(2013年)した結果が公表されましたが、日本は平均4.5%よりはるかに低い3.2%で下から2番目となっています。7年連続最下位は免れたそうですが、依然として最低水準であることに変わりはありません。

 いま2人に1人が奨学金を借りて学生生活を送っています。

 大学を卒業したら、数百万円の借金生活から社会人のスタートという国に未来はあるでしょうか。

 世界ではスタンダードになっている無償・超低額の学費と給付制奨学金の実現は急務中の急務です。

 「国際競争力」と言いながら、この分野でははっきり言って競争から置いていかれてしまっています。教育に財源措置をしていくことは、文字どおり「未来への投資」です。とりわけ、すぐに成果の表れる分野だけでなく基礎研究などへの財政措置は不可欠です。

 町田市内には大学が多く存在しています。地方議会からもしっかりと声をあげる決意です。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

にほんブログ村←池川友一のつながるブログを見ていただきありがとうございます。一日1回、応援クリックをお願いします。

┏┓池川友一|日本共産党町田市議会議員
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【事務所】
 〒195-0061 町田市鶴川5‐10‐4
 電話・FAX/042(734)1116
 メール/up1@shore.ocn.ne.jp

 ※無料の生活相談、法律相談をおこなっています。お困りごとはなんでもお気軽にご連絡ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「始めるのは勇気と覚悟がいる、続けるのは根気がいる」

2016-09-19 | その他もろもろ

 「始めるのは勇気と覚悟がいる、続けるのは根気がいる」──始めるのはとても大変なことだけれど、続けるのはさらに大変なことだという意味で、私が議員になる時に頂戴した言葉です。

 40年間週刊誌の連載を守り抜いた「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が最終回を迎えました。

 子どものころ、「絵がだいぶ変わったな」と思いながら、1巻から読みふけったことを記憶しています。

 秋本治先生が時々の流行を見事に取り入れ、時代とともにある漫画です。「こち亀」を読めば、その時代の流行がわかると言っても過言ではありません。連載を続けていく上で、私などには想像もつかない困難があったでしょう。

 秋元先生をはじめ、週刊連載をされている方と比較すれば足元にも及びませんが、私も週に一度ささやかなニュースを発行しています。〆切間際まで完成していなかったり、〆切の日時を間違えていたり、体調不良でどうしようもなかったり…という中でも、なんとか途切れずに発行し続けてきました。

 週に一度、市民のみなさんに何かしらの情報を届けていくことは市議会議員としての原点でもあります。その決意で始めたわけですが、やはり続けるのには根気がいります。

 私のニュースはやっとこさ340号を超えたところですが、全国の共産党議員には1000号、1500号という峰に到達している先輩方もいらっしゃいます。

 「こち亀」は40年。地方議員の任期で考えれば(話は飛躍しているかもしれませんが)、10期で勇退というところでしょうか。

 まだ31歳の私にとって40年というのは未踏の地ですが、後輩が次から次に出てきてもなお第一線でいることは白眉最良というほかありません。

 「少年ジャンプ」の最後のメッセージでは、「作者にとっての両さんは『あの子は悪いから付き合っちゃダメよ!』と注意されたのに、誘われてしまった悪友のような存在ですね(笑)」とあります。

 秋元先生「クソありがとうございました」。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

にほんブログ村←池川友一のつながるブログを見ていただきありがとうございます。一日1回、応援クリックをお願いします。

┏┓池川友一|日本共産党町田市議会議員
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【事務所】
 〒195-0061 町田市鶴川5‐10‐4
 電話・FAX/042(734)1116
 メール/up1@shore.ocn.ne.jp

 ※無料の生活相談、法律相談をおこなっています。お困りごとはなんでもお気軽にご連絡ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加