Die Tage des Fahrrads

ドイツ語で「自転車な日々」と言ってるつもり。…なんだが合ってるか?(^^;

今日はひめちゃんの誕生日

2016-05-31 07:21:56 | 


ひめちゃんは元野良ちゃんなので、生まれた日は正確にはわからないんだけど、保護した方に多分5月終わりぐらいの生まれと聞いたので、5月31日生まれに決めた。

ということで、今日はひめちゃんの4歳の誕生日。元気に育ってくれてありがとう。
とりあえず今晩大好きな乾しかまで祝いましょう。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年4月 読書記録

2016-05-28 07:06:12 | 
2016年4月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1614ページ
ナイス数:50ナイス

ブランケット・キャッツ (朝日文庫)ブランケット・キャッツ (朝日文庫)感想
馴染んだ毛布と一緒に2泊3日でレンタルされる「ブランケット・キャッツ」。人はなぜ猫を借りるのか。「嫌われ者のブランケット・キャット」「旅に出たブランケット・キャット」に涙。うちのひめちゃんも、このぐらい適応能力が高ければと思いつつ、まぁそれもこれもそれぞれの個性。とりあえず、実家に帰る時はキャリーの中に馴染みの毛布を敷いとこうと思った。「我が家の夢のブランケット・キャット」の「中途半端に飼って、こっちの都合で捨てちゃうぐらいなら、最初から飼わないほうがいいんだから」にもやもや。捨てるんだ…。
読了日:4月29日 著者:重松清
妖怪アパートの幽雅な日常 1 (講談社文庫)妖怪アパートの幽雅な日常 1 (講談社文庫)感想
昨今の私には珍しく一気読み。いいなぁ。こういうアパートに住んでみたい…2週間ぐらい(笑)。るり子さんのご飯食べたいなぁ。地下にある洞窟温泉も羨ましい限り。重たいエピソードも交えつつ、でも心がほっこり温かくなった。続きも読んでみよう。
読了日:4月28日 著者:香月日輪
まほろ駅前番外地 (文春文庫)まほろ駅前番外地 (文春文庫)感想
まほろ駅前シリーズ第2弾。前作に登場した人物視点での描写を通して、多田&行天コンビの仕事ぶり?が語られる。けったいな言動を読む限り、とてもそうは思えないけど、行天は、大学生らしい華やかな女の子3人組をたらしこめる微笑み&歌声の持ち主なのか。お経風ミスチル、フォークロック的語りかけ口調の矢沢永吉、私も聴いてみたい(笑)。今回垣間見えた、多田の恋愛模様、行天の心の闇。次作も楽しみ。
読了日:4月25日 著者:三浦しをん
僕は、そして僕たちはどう生きるか僕は、そして僕たちはどう生きるか感想
主人公の「コペル」と同世代の頃に読んでみたかったかな。いろいろ考えさせられた。ユージンの家みたいな場所が、私の身の回りにもあったらいいのにな。
読了日:4月15日 著者:梨木香歩
被害者は誰? (講談社文庫)被害者は誰? (講談社文庫)感想
思い込みが覆される瞬間が爽快で、私は好き。容姿端麗、頭脳明晰な吉祥院先輩を具現化したらどんな人になるんだろう? 他の本も読んでみたいな。
読了日:4月8日 著者:貫井徳郎

読書メーター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年3月 読書記録

2016-04-16 23:44:19 | 
2016年3月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1446ページ
ナイス数:42ナイス

幸せのコイン (中公文庫)幸せのコイン (中公文庫)感想
煤けた500円玉をめぐる7つの物語。読みやすく読後感もよかったんだけど、それぞれ印象に残らないというか…。私はやっぱりこの人の小説はあまり得意でないのかも。
読了日:3月31日 著者:鯨統一郎
シティ・マラソンズシティ・マラソンズ感想
三浦しをん、あさのあつこ、近藤史恵の3人がアシックスの「マラソン三都物語~42.195km先の私に会いに行く~」のために書き下ろした小説。私らしくもなく、あ、走ってみたいかも、と思った。どこを走りたいかと言われたら、ツール・ド・フランスのシャンゼリゼゴールでもお馴染みのパリの街並みかなー。でもやめてよ、ペットの死の描写は。パリで知り合ったチェコ人女性の愛犬の死に駅のホームで鼻水垂らした。若いペットの死は切ないね。
読了日:3月25日 著者:三浦しをん,近藤史恵,あさのあつこ
森崎書店の日々 (小学館文庫)森崎書店の日々 (小学館文庫)感想
こういう本をずっと読んで過ごしたい。本の話も、モラトリアムな話も、私の大好物。こんな書店が近くにあったらいいなぁ。
読了日:3月21日 著者:八木沢里志
沼地のある森を抜けて (新潮文庫)沼地のある森を抜けて (新潮文庫)感想
なんと表現していいものか。はじまりは「ぬかどこ」なんだけども、生命の神秘をも考えさせられる壮大な物語だった。心に余裕がある時にもう一度読み返してみたい。
読了日:3月13日 著者:梨木香歩
ホリデー・インホリデー・イン感想
ホリデーシリーズのスピンアウト短編集。ジャスミンさん素敵。もしかしたらウィンター・ホリデー未読かもしれなくて、ナナさんって誰?とか。全部もう一度読み返してみたいなー。
読了日:3月1日 著者:坂木司

読書メーター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年2月 読書記録

2016-03-19 20:56:19 | 
2016年2月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1148ページ
ナイス数:38ナイス

月魚 (角川文庫)月魚 (角川文庫)感想
描写がとても美しい。読みやすくはなかったけど、ずっと読んでいたい、ずっと世界に浸っていたいと思った。「水に沈んだ私の村」がよかった。
読了日:2月19日 著者:三浦しをん
いつもが消えた日 (お蔦さんの神楽坂日記)いつもが消えた日 (お蔦さんの神楽坂日記)感想
お蔦さんの神楽坂日記シリーズ2作目。前作は「日常の謎」モノの連作だったけど、これは長編、かつ本格的な犯罪の話だった。どちらかというと前作の方が好み。面白かったし、望の作る料理もいちいち美味しそうだったけどねー。
読了日:2月17日 著者:西條奈加
陽炎 (ハルキ文庫―東京湾臨海署安積班 (こ3-16))陽炎 (ハルキ文庫―東京湾臨海署安積班 (こ3-16))感想
ハンチョウシリーズ原作初読み。キャラクターが立ってて面白い。他のも読みたいな。「科学捜査」でハンチョウも見惚れる美青年が登場し、誰かと思ったらSTの青山だった。もちろん吐いたセリフは「ねえ、僕、もう帰っていい?」 思わず電車の中で(・∀・)ニヤニヤ
読了日:2月12日 著者:今野敏
これはこの世のことならず: たましくる (新潮文庫)これはこの世のことならず: たましくる (新潮文庫)感想
シリーズ2作目だったのか、と読み終わった今更すっとぼけたことを言ってる私。一話一話味わいがあって面白かったんだけど、読み終わるのに1週間以上かかるってどういうことよ。「白い虫」が怖い。怖いったら怖い。前作も読まなくては。
読了日:2月6日 著者:堀川アサコ

読書メーター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひめちゃんの最近のお気に入り

2016-02-14 21:58:37 | 


ひめちゃんの最近のお気に入りは、ケージの中に置いてあるこの猫ベッド。
3年ぐらい前に買ったものの、ずっと使ってもらえなかった。
が、ここんとこ、夜になるとここに入って寝てるらしい。こたつの中にいないと思うとこの中にいるのよね。こたつの中にはブランケットとペット用のヒーターが入ってて、スイッチ入ってなくても暖かいはずなんだけど。

今日はやたらと暖かかったけど、まだしばらく寒い日が続くはず。暖かいとこ探して過ごしてねー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょいちょいもぐもぐひめちゃん

2016-02-14 21:04:04 | 
https://www.youtube.com/watch?v=uUvuJOtWbyw

時折思い出したように「ちょいちょいもぐもぐ」やるひめちゃんです。
これは座ったままVer。
時に横たわって掻き出すVerも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年1月 読書記録

2016-02-14 20:51:23 | 
2016年1月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1424ページ
ナイス数:47ナイス

少年探偵 (一般書)少年探偵 (一般書)感想
少年探偵団シリーズは子供の頃に読んだし、大学生の頃か、あるいは社会人になりたての頃かに江戸川乱歩推理文庫で再読したはずなんだけど、人間関係、時系列がさっぱりわからなかった。江戸川乱歩生誕120周年のオマージュ作品の1つなのね。できれば元の作品を読み返した上で再読したいと思った。しかし次郎さんの正体が気になる。
読了日:1月24日 著者:小路幸也
レイクサイド (文春文庫)レイクサイド (文春文庫)感想
予想とは違う結末に「そう来たか」と思った。さすが読ませるねー。
読了日:1月22日 著者:東野圭吾
烏金 (光文社時代小説文庫)烏金 (光文社時代小説文庫)感想
いいねーこれ。心がじんわり温かくなった。烏の勘左が愛しいね。「はむ・はたる」も読まねば。
読了日:1月15日 著者:西條奈加
流れる (新潮文庫)流れる (新潮文庫)感想
没落しかかった芸者置屋に女中として住み込んだ梨花が、「くろうと」の生活を「しろうと」の目線で観察し、細かく描写しているのが味わい深い。実は11月に借りて半分ぐらい読んだものの、読みきれずに返却し、今回改めて読了したもの。またも返却期限が迫り、読み急いだのが残念。時間のある時に再読したい。
読了日:1月10日 著者:幸田文
万能鑑定士Qの事件簿IV (角川文庫)万能鑑定士Qの事件簿IV (角川文庫)感想
希少な映画ポスターが連続して狙われるストーリーなんだけど、実は私、子供の頃にこの「ノストラダムスの大予言」と併映の「ルパン三世 念力珍作戦」を劇場で見てる。74年ってことは8歳とか9歳とかの頃か。ルパンは目黒祐樹だったよ。…というのはさておいて。鮮やかなどんでん返しに「やられた」感あり。面白かった。
読了日:1月6日 著者:松岡圭祐

読書メーター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年12月 読書記録

2016-01-10 13:46:46 | 
2015年12月の読書メーター読んだ本の数:3冊読んだページ数:1040ページナイス数:53ナイス果てしなき渇き (宝島社文庫)果てしなき渇き (宝島社文庫)感想映画化された小説なのね。こういうのダメ、無理、胸くそ悪い小説、と思いながらも、あまりに暴力的、残虐な描写はななめ読みしつつ最後まで読んじゃったので「読ませる小説」なんだと思う。でもホントにイヤ。読了日:12月17日 著者:深町秋生
花咲小路二丁目の花乃子さん花咲小路二丁目の花乃子さん感想花咲小路シリーズ第3弾は、いじめが原因で高校を中退し、花咲小路二丁目にある親戚が営むお花屋さんで働くことになっためいちゃんが主人公。花屋を営む年上の従姉妹、花乃子さんには、花を買ったお客様の特別な事情を見て取る特技があった…。心が暖かくなる「日常の謎」系の小説で、私には草花を育てる才能はないけれど(むしろなんでも枯らす方面にはかなりの素養を示す)、花っていいなと思った。第1弾、第2弾の登場人物も登場し、できれば手元に置いておいて通しで一気読みしたい感じ。続きも楽しみ。読了日:12月9日 著者:小路幸也

欲しいのは、あなただけ (新潮文庫)欲しいのは、あなただけ (新潮文庫)感想ううむ。「男らしい人」「優しい人」のいずれも惹かれる気持ちはわからなくないけれど、想像するだけで息苦しくなる。でも、恋愛にのめり込んでる時ってこんなものかも。 とはいえ、相手から見たらなんでそうなるのかさっぱりわからないと思う。まぁそれもまた恋愛か。読了日:12月4日 著者:小手鞠るい
読書メーター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年11月 読書記録

2015-12-31 12:55:27 | 
すっかり忘れてた(^_^;

2015年11月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1206ページ
ナイス数:51ナイス

千里眼の水晶体 (角川文庫)千里眼の水晶体 (角川文庫)感想
そんな理由で旧日本軍の生物化学兵器をばらまく? そんな理由で山林を焼き払う? 不潔恐怖症ゆえに免疫力がなくなった人々のみがウィルスに感染するとかありうる? 釈然としない部分もありつつも、面白かったからいいんだけど。
読了日:11月24日 著者:松岡圭祐
スタンダップダブル!―甲子園ステージスタンダップダブル!―甲子園ステージ感想
時折うるうるしつつ読了。ご都合主義感もないではないけど、面白かったのでよしとする。続きはもうないのかな?
読了日:11月18日 著者:小路幸也
愛がいない部屋 (集英社文庫)愛がいない部屋 (集英社文庫)感想
神楽坂の高層マンションを舞台に繰り広げられる10の物語。端から見たら優雅で幸せに暮らしているように見えてもそういうものでもないんだなーと。何が幸せなのかなとかいろいろ考えさせられた。
読了日:11月12日 著者:石田衣良
21面相の暗号 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)21面相の暗号 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
これ、続編だったの?ってことを感想書こうと思った今知った。でも前作を読んでなくても楽しめる作品。ちょっとご都合主義な部分もあるけれど、畳み掛ける感じ、嫌いじゃない。パチンコものはあんまり得意でないけど、「パチンコと暗号の追跡ゲーム」も読んでみたいと思った。
読了日:11月6日 著者:伽古屋圭市

読書メーター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひめちゃん近影。

2015-12-04 07:19:21 | 


近隣に林立した建物のおかげで午前中いっぱいしか日がささないんだけど、今日あたりは多分その間中日向でぬくぬくだろうなー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加