VOICE of TSUCKY

ラブラドールのいる風景
出演者紹介:カテゴリー”VoT紳士録” 
用語辞典:カテゴリー”つきペディア”

つん仕込みに思いを込めて

2017-02-21 | 月世界
ここ数年、深夜の味噌作りが恒例となっていた。
まふママから教わって始めた味噌作り。
2月20日くらいに作ることにしていたつん仕込み味噌は、
味噌作り監督の突然の移籍により、昨年は作ることができなかった。

毎度、深夜に独りで作っていたけれど、
つんちゃがそばにいるだけでどれほどモチベーションがあがったことか。
つんちゃのための手作りごはんの隠し味として重宝した味噌は、
身体に良いだけでなく、美味しかった。

昨年の秋頃、会社の同僚に不意に、
「お味噌はまだ作っているの?」と聞かれた。
一昨年、味噌を作っていることを話した流れで
味見してもらう程度に差し上げたことがあった。
それが思いのほか好評価を得て、
リクエストがきたのだ。

受け取った直後だから、気を遣って
美味しかったと言ってくれるのだろう、
という程度に感想を受け止めていた。
でも時間を置いて、特に話題を出したワケでもなく、
相手からリクエストしてくれたということは、
美味しさは「手前味噌」ではなかったんだと感じられた。

そんな嬉しい声に後押しされて、
今年は作ることにした。
つんちゃがそう仕向けてくれたのかな、と解釈した。
味噌作り監督は、今も月世界から見てくれているのかな。

問題は味噌作りの主役とも言うべき「なべ丸」だった。
一昨年から調子が悪そうだったので、
点検と修理をしてもらうつもりだったが、
電話が繋がらない。
なべ丸の出身はイタリアのボローニャで、
ラゴスティーナの"血統"なのだが、
日本での販売はティファールと同じセブ ジャパンが、
2006年から行っているらしい。
以前、一度メンテナンスしたのだが
電話番号が違うのか、何度かけてもダメで、
「もういいや」、になってしまった。

そこで新しく買い換えることにした。
(なべ丸にだって修理先を見つけるけどね。)
2代目は日本生まれ。
なべ吉です。よろしく。


味噌の表面を覆う為の手漉の和紙と木樽、
煮上がった大豆をあっという間にすり潰してくれるバーミックス。
道具は揃った。


今年は麹と塩が予めブレンドされたものを購入した。


前日から水に浸しておいた大豆を一度下茹でして灰汁を取る。


そしてなべ吉の出番。
蒸気が出てから僅か5分。
柔らかくなった大豆をバーミックスでペースト状に。



深夜、バーミックスは家中に響き渡る。
つんちゃが寝ているので起きてこないかな、と心配したものだったが、
つんちゃは音には寛容だった。
うちに来たばかりの最初から、掃除機でも、
ナイトウォークで公園にいる時には
学生達の派手な打ち上げ花火の連続発射にも動じなかったし、
ワタシが恐怖に慄いた雷の鳴り響く中でも、
へーっちゃらで野球場に留まっていた。
だから、近所迷惑なこの作業もつんちゃには全然不快ではなかったようだ。


あとは麹と塩を混ぜ込むだけ。


仕上げに濃度の高い塩水を付けてカビを防ぐ。


和紙を敷いて空気を遮断。


中蓋を置いて、


重石代わりに500mlのペットボトルを2本。
つんジロー: つんちゃの代わりに監督してるよ。


今までは2月の寒い日に仕込む「つん仕込み」だった。
今年から、魂が入った「つん魂仕込み」!
なんか味まで昇格してそうだ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バック・トゥー・ザ・花ビジュ・ウッドデッキ

2017-02-19 | 月世界
チェリーままがつんちゃを訪ねてくれた。

"犬毛海岸公園"にある花の美術館のウッドデッキで
毎週のように集まっていたワン友達。
そのワンコ達のほとんどが空の上ヘ引っ越してしまった。
今はもう会う機会がめっきり少なくなってしまったけれど、
こうして折を見て訪ねてくれた際に、
あの頃と同じように他愛ない話ができることは嬉しい。

ワンコが代替わりした人も、「ワンコ空席中」の人も、
見送ったワンコへの思いを変わらず持ち続けているのは
同じだと感じて、なぜかほっとした。
新しく迎えたことで、先代犬への思いが消えてしまうということはないのだ。
もちろん、人それぞれだけれど、
つんちゃが一緒に過ごしていたワン友の場合には
次世代を迎えた人の心の中に
ちゃんと先代犬の場所が確保されているようだ。

自然なショットが得意なチェリーままが撮ってくれたつんちゃの笑顔の写真は、
手作りの写真立てに入れて、以前、つんちゃのお誕生日に頂いたもの。
今はリビングでみんなを見つめる位置に着席している。
その隣に、チェリーままから頂いたお花を並べた。


人用のおやつと一緒に、
お散歩でよく頂いていたチェリーまま特製のささみジャーキーも持って来てくれた。
懐かしい味だね〜、つんちゃ。


花ビジュ的お茶会をした後で、夜、テレビを見ていたら
刑務所の更生プログラムにラブラドールがたくさん登場しているので、
チャンネルを変える手が止まった。
ちょうどチェリーままと話題にしたばかりだった。


アメリカの刑務所で行われているのは以前から何度かテレビ番組で見ていたが、
日本でも実施しているところがあったのを知った。


そしてそれは、盲導犬のパピーウォーカーの役割りだった。


犬を大事にしている人が全て善人とは言わないけれど、
少なくとも、自分以外の他者を慈しむ心を持てる人だということになる。
法で裁かれる罪を犯した人でも、
動物の無垢な心に触れることで、優しい気持ちを呼び覚ましてくれることを期待する。


信頼のヘソ天ポーズをされたら、危害を加えることなんて出来ないはず。


この更生プログラムが通じないのは悪魔に魂を乗っ取られた人なんじゃないだろうか?


とても人間の仕業とは思えないような狂気の犯罪が時々起ることがあるけれど、そういうケースにはそもそも更生はないだろう。
「人間」に対してなら、これは最強の更生プログラムなんじゃないかなと思う。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

つんちゃコネクション

2017-02-18 | 月世界
今日はつんちゃにお客様があった。
ウォルト一家がつんちゃに会いに来てくれたのだ。
ウォルトはつんちゃを探してくれたのか、全部の部屋をチェックした後、
ようやくリビングに落ち着いた。


つんちゃがいなくなってから何度かウォルト家に伺っているが、
ウォルトは毎度、つんちゃの姿を探して走月号の周りを何周かする。


その姿を見ることは、悲しくもあり、嬉しくもあった。
つんちゃがいない寂しさがこみ上げるのと同時に、
つんちゃがいた確かな痕跡を示してくれているようで。


昨日は、旅先でのほんの短い時間、一緒に語らっただけなのだが
ラブラドールという犬を通してご縁を感じたケィン家から
つんちゃに、と心のこもった贈り物を頂いた。

つんちゃを失ったことは、その後一年綴ったブログでも、
心配して声をかけ、話を聞いてくれる人達がいても、
筆舌に尽くしがたい喪失感が残る。

それでも、つんちゃがいなかったら出会わなかったであろう人達と
つんちゃ亡き後もこうして交流があるということが
つんちゃが遺してくれた大きなプレゼントだと思う。

ウォルト家から頂いたお花は、つんちゃが13歳のお誕生日プレゼントに
ウォルト母さんから頂いたつんちゃのプリント画のそばに。




ケィンパパが手作りしてくれたつっきーキャンドルホルダー


上面は、木の素材を変えて月が表現されて
こだわりのデザインになっている。
電池式のキャンドルは、予備も一緒に送ってくださった。


側面には、つんちゃの似顔絵。「baby tsucky」とある。


ケィンパパはとても器用な方で、
以前つんちゃと一緒に那須の休暇宅にお伺いした際にも記念にと、
敷地内で切った木で作ったペン立てを頂いたことがある。
つんちゃと伺った最後となった時のものなので、思い入れは増す。


つん魂: みんな、ありがとやん!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白骨の章

2017-02-15 | 月世界
浄土真宗の葬儀で読まれる白骨の章(御文)を
初めて意識して聞いたのは、
社会人になって間もない頃だった。
直接面識のない方の葬儀であったけれど、
読経の中にこのくだりを聞いて、
なんとも切ない気持ちになったのを
今でも覚えている。
ましてや、家族や近しい人にとって、
亡くした直後に聞かされるのは辛いだろうと。

それより以前に、母から「白骨の章」のことを
聞いたことがあった。

実家や親類が浄土真宗だったので葬儀や法事で
“白骨の章”を耳にしていたという母は
お経は覚えていないけれど、
この一節だけは忘れられないと話していた。

一年の時が過ぎても、 お骨となったつんちゃを見ることが出来ないのは、
この“白骨の章”の無常観が、つんちゃの旅立ちと重なるからなのかもしれない。

<蓮如上人“白骨の章(御文)”>
.....略
されば朝には紅顔ありて夕べには白骨となれる身なり。
すでに無常の風きたりぬれば、すなわちふたつのまなこたちまちにとじ、
ひとつのいきながくたえぬれば、
紅顔むなしく変じて、桃李のよそおいをうしないぬるときは、
六親眷属あつまりてなげきかなしめども、
更にその甲斐あるべからず。
さてしもあるべき事ならねばとて、
野外におくりて夜半のけぶりとなしはてぬれば、ただ白骨のみぞのこれり。...略

誰にでも別れの時はくる。
でも、突然の別れを受け入れるには、
必要とするエネルギーの量が一度に集中し過ぎて
よりダメージが大きくなってしまうのではないか。
「朝には紅顔ありて夕べには白骨となれる」が、
大袈裟ではなく、そのままが現実となった時、
無常を実感することになる。

2016年2月15日、つんちゃを荼毘に付した。
ビロードのような肌ざわりの耳も、
湿った冷たい鼻先も、
たっぷり中身の詰まったお腹も、
ふっさふさの豪華な尻尾も、
ザラッとした舌も、
クリームを塗り込んでもガビガビしてた肉球も、
首回りのたぷたぶも、
みんな、みんな、覚えているのに、
あの日、冷たい雨を降らせ、
つんちゃは白い骨だけを残して逝ってしまった。



今日のフラワーアレンジメント教室で作ったのは、
プレゼントの箱をイメージした真四角のアレンジ。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月14日

2017-02-14 | 月世界
まるで選んだかのように、「愛の日」につんちゃは旅立った。
月から付けた名前、つっきー。
竹取の翁と嫗や、帝や貴人達がどれほど手を尽くしても、
また、それが叶わぬとなれば、嘆き悲しんで引き留めても、
天上人が連れて行ってしまったかぐや姫と同じく、
2016年2月14日、突然、つんちゃは月世界へ帰ってしまった。


辛い記憶を封印して一年という歳月が流れた。
きっとどんなに時が経とうとも、
あの2月14日を振り返ると、
同じ涙が流れるだろう。

魂は永遠だという。
時を超え、形を変えて、
いつか巡り逢うことができるのだろうか?

つんちゃに聞きたいことがたくさんある。
ひとつだけでも答えてくれないかな。
あの日、最後の瞬間に目が合った時、
ワタシに言いたかったことがあった?

つんちゃ、つんちゃ、ワタシの大切なかぐや姫。
あの物語の帝のように、不老不死の薬をもらったとしても、
ワタシもきっと富士山頂からばら撒いて捨ててしまうだろうな。
そして何度でも生まれ変わって、
つんちゃに再会する確率を上げるだろうな。

今日は暖かな日差しの穏やかな一日だった。
会社を休んでつんちゃと日向ぼっこ。


悲喜こもごもが展開されているであろう世の中とは異なる思いを抱くバレンタインデー。
夜、お茶うけにチョコレートの月餅を食べた。


犬はチョコレートは食べられないけれど、つんちゃのために月のデザインを選んだ。
なんの因果か、一年のうち一番チョコレートが消費される日につんちゃは旅立ったんだね。


昨夜から、つんちゃが帰って来る時に迷わないようにずっと灯りをつけておいた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

つっきーの木