テルミンとJAZZ
テルミンやマトリョミンの話。私、こちろうこと相田康一郎のプロフィールは左メニューバーのCATEGORYを。
 



マチネの終わりに
平野 啓一郎
毎日新聞出版

数日前に読了した小説の終盤、全く予期しなかった箇所に「テルミン」が出てきた。
出てきた、といっても主人公のギタリストが「ベルギーのテルミン奏者の
コンサートに共演し、何曲かは伴奏をした」というだけであったが、、。
しばらくして、作者である平野啓一郎はなぜに「テルミンの伴奏」という設定
にしたのか、考えた。ギターが伴奏する楽器って普通何が思い浮かぶだろうか?。
うーん、ふつうは楽器というか、歌、かな、、。あえてテルミンにした理由は
いかに?。
主人公のギタリストはクラシックギターの名手でありCDもたくさんリリースして
いるし、海外も含めてコンサートを数多く成功させてきた名演奏家である。
ユーモアがあり面白い話でその場にいる人たちを笑わせるのも得意。その主人公
が「テルミンとの共演を興味本位で引受けて、それなりに楽しんだ」という設定
であった。多くの読者にとって、「テルミン」というところにひっかかりが
あったのかどうかも気になるところだが、テルミンのことを知っていても
知らなくても、スーッと通り過ぎることが出来る場面ではあった。つまり、小説
のなかでは、さほど重要な箇所ではなかったと思う。一時期、全くギターを手に
することすら出来なかったほどのスランプに陥った主人公が立ち直った後、普通
に「お仕事的な」演奏も出来るようになった、音楽家としてのいわゆる日常を
描いた場面。そんな場面になにげなくテルミンが使われたことにテルミンを演奏
し、演奏指導する者としての喜びを感じた。ハンニバル・レクターがテルミンを
たしなむという設定には、相応の意味性が付与されている感じが濃厚だった
けれど、この小説のなかでのあまりにも自然なさりげないテルミンの取り上げ
られ方に、そして実は世界的な大手のレーベルが「美男のベルギー人テルミン
奏者」を推している、という設定にも喜んだわけである。
脱線したが、なぜ、テルミンだったのか。テルミン奏者であれば特定の演奏家を
想像させにくいし、あくまでも「共演し、少しは伴奏もした」ということについて、
実像を薄める効果があったのではないか。それが作者にとって必要だったのでは
ないか、と思った。つまりは小説の展開におけるある意味技術的な配慮という
ところではなかろうか。
先日、Facebookに「ギター奏者が主人公の小説を読んでJAZZギターのCDを購入」
という記事をUPしたが、それがこの小説であった。そのCDを買ったお店は
クラシックとJAZZが同じフロアーで、この小説とタイアップした福田進一さんの
同名CDがクラシックのコーナーの棚に目立つように陳列されていて、さらには、
ジャケットにもこの本の表紙の写真ががそのまま使われていて、ちょっと
気恥ずかしくて買えなかったことを告白する。
これからamazonでポチる。恥ずかしい、っていうのは、恋愛小説が売れて、
その「完全タイアップ」というあざとさにひっかかっている、ということと、
「大人の恋愛物語」に浸っている、ことが店員さんにバレバレという恥ずかしさ
のダブルパンチ。
あ、そうそう、物語は40歳くらいの音楽家とジャーナリストの恋愛小説で、
新聞に連載され話題を呼び、連載終了時は「マチネロス」なる言葉も生まれた
ようだ。音楽、映画、文学などの芸術に関する深い知識と考察、近現代史の
闇の部分を取り上げつつ、音楽家の苦悩や分別ある大人の男女が魅かれあう想い、
すれ違いの哀しさ、引き込んで読まされた。含蓄あるセリフもちりばめられており、
今度は福田さんのギターをCDで聞きながら再読したいと思う。

ちなみに、竹内正実先生のCD「ヴォカリーズ」のオビ文は平野啓一郎さんの寄稿
によるものだった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




といっても、場所はいつもの東急セミナーBE自由が丘校のいつもの教室です。
私が担当するテルミンやマトリョミンの演奏法指導講座は第二、第四土曜の
午後から夜にかけてですが、集合レッスン(しかしおひとりづつ)を
15:45-17:45までやって、その後18:00からと18:30からは各30分間
マンツーマンの個人レッスンとしています。

「上級」と銘打ってはおりますが、経験者に限らず、じっくりと一定の時間
他の生徒さんはいらっしゃらないなかでテルミンやマトリョミンに取り組み
たいという方のお申し込みをお待ちしております。実質28分間くらいでしょうか。
詳細やお申し込みについてはコチラをご覧ください。

集合レッスンですと、人数が多いとき(受講生の人数は8名までとして
いますが、)はおひとり当たりの実質的なレッスン時間が13分くらいになって
しまいます。その点約30分間あれば、じっくりと取り組めます。私もいろいろ
とお教えしながら試行錯誤してみたり、よりよい演奏のために語り合って
みたりと、集合レッスンとはまた違ったご指導となっていると思います。

長らく同じ方が継続しておられましたが、うち1枠のみ18:30-19:00に
空きができました。前述のとおり、講座名は上級としていますが、ある程度
の時間をかけた個人レッスンのほうがいい、という方は初心者でも大丈夫です。
詳細はコチラ(東急セミナーのホームページ)をどうぞごらんください。

集合レッスンと個人レッスンと両方受講のかたもいらっしゃいます。というか、
最近長い間、二枠ともそうでした。直前のご案内となりましたが、もし、4/8
からの開始が無理でも、空いていれば、途中からの受講も可能です。
4/8は体験講座設定があるほか、4/22以降も通常レッスン時間での見学等および
途中からの受講も可能です。

通常の集合レッスン(集合といっても一度に入室いただいているだけで、
レッスンそのものはおひとりづつ)の4月期もまだ募集中です。
詳細はコチラ

しつこいですが、マトリョミンアンサンブル講座「みんなのマトリョミン」
も募集中。受講生で構成しているマトリョミンアンサンブル「はふだんがくだん」
は教室外での演奏活動も行っています。
教室の詳細はコチラ
※体験講座も4/8で設定していますので、マトリョミンをおもちのかたで
アンサンブル体験もしてみたい、という方はこちらをご覧ください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




東急セミナー自由が丘校で私が担当するテルミンとマトリョミンの講座のご案内です。
4月期(3カ月全6回)の講座が4月8日(土)からスタートします。
このスタート日には体験講座の設定もあります。

詳細は東急セミナーBE自由が丘校窓口にお問い合わせください。HPはこちら

テルミン・マトリョミンを弾こう!
原則第二第四土曜 15:45-17:45
…楽器は講師のものをお使いいただきます。直近ではみなさんテルミンを練習して
おられますが、マトリョミンもお教えできますので、どちらかお選びください。
6回のうちテルミン、マトリョミン取り混ぜて両方練習されても結構です。
初心者の方大歓迎。


18:30から19:00のテルミン上級クラスはマンツーマンの完全な個人レッスンです。
東急セミナーにお問い合わせください。

みんなのマトリョミン アンサンブルクラス
原則第二第四土曜 19:15-18:30
…楽器(マトリョミン)とミニアンプなど合奏用の機材は毎回ご持参いただきます。
最初の教室のときにご案内しますので、初回は楽器のみご持参いただければ結構です。
テルミン式指使いでの演奏ができることを受講条件としています。初心者でご不安
のあるときは15:45からの個人レッスンを先に受講されるか、他の教室で基礎的な
練習をお願いします。

以前の東急セミナーの案内で、「東急セミナーでの受講歴ある方が対象」のように
記載されていたことがあったようですが、それは間違いでした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





もう、はるか昔のことですみません。
9月のテルミンフェスの際に撮っていただいていたステージ写真。
大井町の立ち飲み屋で知り合ったブルースハープの名手、Nobuさんとの
セッションは実に楽しいものでした。

Nobuさんのブルースハープの音を必死に聞きながら、少しでも
ブルースフィーリングを出そうと苦闘する私の図。↓


そして、また今回も調子に乗る私。


最後にかっこいいNobuさん。
Bluenoteのジャケ写のようです。


撮影は暗いステージでも撮影することに慣れておられる
素晴らしいカメラマンさんの手になるものです。
ありがとうございました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




10月30日(日)花と緑の音楽会で「はふだんがくだん」が演奏します。
詳細は下記のとおり。
日時:2016年10月30日(日)12:50から13:15
場所:葛西 総合レクリエーション公園 フラワーガーデン野外ステージ
東京都江戸川区南葛西4丁目9番
入場無料

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年で22回目を迎えるという二日間で30万人集客の大イベント
ワールドフェスタ・ヨコハマ 2016」の特設ステージにテルミンと
マトリョミンアンサンブル・ニチェボー!で出演します。
久しぶりのフルメンバー9名。ロシア民族衣装を着てワールド
フェスタの名に相応しいステージをお届けします。

詳細(我々のステージ)は下記のとおり。
日時:2016年10月9日(日)12:00から(メインステージ)、
   同 14:00から(石のステージ:公園の東側です)
演奏:テルミン・相田康一郎
   マトリョミンアンサンブル・ニチェボー!
場所:横浜 山下公園 (氷川丸近くの公園東側です)
入場:無料(世界の食べ物の屋台が立ち並んでいます)
イベントの概要は下記Webサイトへどうぞ
横浜観光情報(公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー)

イベント自体は8日(土)と9日(日)の二日間の開催です。
二か所のステージでは入れ替わり立ち替わり、いろんな国の
ダンスやBigband JAZZなどを楽しめます。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




テルミンとマトリョミンの一日演奏体験講座を東急セミナーBE
自由が丘校で10/8(土)午後2:30から開催いたします。
当日はこのあとの時間帯で通常講座の見学も可能です。

テルミンやマトリョミンに興味をもったかた、ちょっとやってみた
ことがあるけれど、もう一度きちんと習ってみたいかた、楽器は
こちらで用意していますので、手ぶらで気軽にお越しください。

詳細は下記のとおりです。

テルミン・マトリョミン 一日体験レッスン
日時:2016年10月8日(土)14:30~15:30
場所:東急セミナーBE自由が丘校 409教室
   自由が丘駅前(東急ストアの入っているビル)
お申込み、お問い合わせ:TEL:03-5726-4153
受付時間:月曜~土曜 10:00~20:00
     日曜 10:00~16:00
またはホームページのお問い合わせフォームより

受講料:1,000円



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




8月は7日(日)に浜松で第二回のマトリョミン全国大会に参加しました。

今回はマトリョミンアンサンブル・ニチェボー!とはふだんがくだん(東急
セミナーBE自由が丘校のみんなのマトリョミン アンサンブルクラス)との
合同楽団で演奏してきました。
マンダリンエレクトロンのFacebookページへのリンクです。

全国から集まってきたたくさんのマトリョミンアンサンブルを一挙に聞く
ことができる催しですが、演奏はもちろん、それぞれのステージの工夫が
楽しく、刺激になりました。

8月11日には早稲田のスコットホールで日露合同テルミンコンサートに
Mable&Daのメンバーとしてマトリョミンアンサンブルをやってきました。
テルミン博士の血をひくナターリアさんとピョートルさんのテルミンの演奏
に心が震えました。
これは「ロシアの声」アナウンサーで東京特派員のいちのへ友里さんの
Blog「ロシア文化フェスティバBlog」へのリンクです。

9月19日(月・祝)は全日本テルミンフェスにブルーステルミン
奏者として演奏です。ブルースハープの名手大橋伸行氏と初共演します。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨年は吉祥寺で行われた第一回の全日本テルミンフェスティバル、
今年は渋谷で9/19(月・祝)の開催だそうです。

前回はJAZZテルミニストになった私ですが、今年は、、。

お楽しみに!。

下記は告知ページへのリンクです。
http://theremin-unv.com/fes/

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ものすごくひさしぶりにテルミンとマトリョミンの一日演奏体験講座を
東急セミナーBE自由が丘校で7/23(土)午後に開催いたします。
当日はこのあとの時間帯で通常講座の見学もしていただけます。

テルミンやマトリョミンに興味をもったかた、ちょっとやってみたこと
があるけれど、もう一度きちんと習ってみたいかた、楽器はこちらで
用意していますので、手ぶらで気軽にお越しください。

詳細は下記のとおりです。

テルミン・マトリョミン 一日体験レッスン

日時:2016年7月23日(土)14:30~15:30
場所:東急セミナーBE自由が丘校 409教室
   自由が丘駅前(東急ストアの入っているビル)
お申込み、お問い合わせ:TEL:03-5726-4153
受付時間:月曜~土曜 10:00~20:00
     日曜 10:00~16:00
または、ホームページのお問い合わせフォームより

受講料:1,000円



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ