鎌ちゃんの一日一考

写真と俳句(短歌)に取り組んでいます。
どちらも修行の身ですので、宜しくご指導お願いいたします。

鹿の声

2016-08-22 16:46:30 | 写真俳句

深々と丹波の夜や鹿の声

(しんしんとたんばのよるやしかのこえ)

先日、妻の丹波の実家で過ごしてきました。

 

鹿の声遠く悲恋の響きかな

(しかのこえとおくひれんのひびきかな)

鹿の声って、もの悲しく、悲恋の響きに聞こえます。

 

      8月11日~20日のつぶやき句を32句にまとめました。

     深眠る丹波の里の鹿屋火かな           鹿火屋守の犬の遠吠え聞く夜かな

     物の怪の失せて鹿火屋の夜明けかな      毒茸ネオンの街に沈みけり

     笑ひつつ死ぬるもあらむ毒茸           毒茸や灯下にばれる厚化粧

     遠鐘に丹波の秋の夜明けかな         山際の少し染まりて秋の朝

     遠鐘に明けくる秋の朝か             遠日野の山端に明けぬ秋の朝

     吹かぬまま風待草の老いにけり        荻の道分けてちゃんばらごっこかな

     床屋より新しき顔涼新た             荻原や出口入口なき人世

     肩寄せて生きる民草荻の原           耐へて来しことは語らず敗戦日

     うつすらと眠る昭和や敗戦日          はらからのお下がり似合ふ敗戦日

     聴覚は健在にして聞く残蚊           秋の蚊に病む目翻弄されにけり

     八月大名おのぼりさんのきょろきょろと    八月大名如どうなることやTPP

     八月大名今は孤老の侘び住まゐ       八月大名豪邸だけが残りけり

     ひと切れの遠慮残れり秋鰹           同郷の交はす盃秋鰹

     ひと切れを妻と争ひ秋鰹             朽ち寺に訪ふ人なく草雲雀

     これよりは結界てふや草雲雀         秘め逢ひを悟られにけり草雲雀

     八月やまず献杯のクラス会          八月や不戦の誓ひ新たにし

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

二つ星

2016-08-20 16:58:20 | 写真俳句

競ひ和し切磋琢磨の二星かな

(きそいわしせっさたくまのにせいかな)

リオで活躍する選手たちをイメージして詠んでみました。

 

ふるさとの闇こそよけれ二つ星

(ふるさとのやみこそよけれふたつぼし)

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

初風

2016-08-18 15:31:12 | 写真俳句

初風や口笛軽く青春歌

(はつかぜやくちぶえかろくせいしゅんか)

まだまだ猛暑日の連続ですが、

先日の、妻の故郷での涼しい風を思い出して。

 

初風に舞ひし少女の帽子かな

(はつかぜにまいししょうじょのぼうしかな)

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

送り盆

2016-08-16 15:38:48 | 写真俳句

手土産は皆の息災送り盆

(てみやげはみなのそくさいおくりぼん)

 

送り盆孫の手を振る車窓かな

(おくりぼんまごのてをふるしゃそうかな)

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

魂祭

2016-08-14 15:39:51 | 写真俳句

我が道とやがてはならむ盆の路

(わがみちとやがてはならんぼんのみち)

 

深山なる無縁の墓や盆の路

(みやまなるむえんのはかやぼんのみち)

 

無き風に揺るる灯明魂祭

(なきかぜにゆるるとうみょうたままつり)

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

千日紅

2016-08-12 16:03:50 | 写真俳句

千日紅不老長寿の草はなく

(せんにちこうふろうちょうじゅのくさはなく)

千日紅=夏の季語

 

我が余生あと幾年ぞ千日紅

(わがよせいあといくとしぞせんにちこう)

 

放棄田の草花園となりにけり

(ほうきだのくさばなえんとなりにけり)

草の花、草花=秋の季語

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

白服

2016-08-09 15:30:59 | 写真俳句

白服の恋は告げずに終はりけり

(しろふくのこいはつげずにおわりけり)

夏の季語です。

高校時代の恋の思い出。

 

白服や男言葉の女高生

(しろふくやおとこことばのじょこうせい)

 

白服の並ぶ写真のセピアかな

(しろふくのならぶしゃしんのせぴあかな)

高校時代の思い出写真。

 

8月10日より3日間ほどブログを休みます。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

立秋

2016-08-07 18:20:12 | 写真俳句

立秋や四季なき国となりてなほ

(りっしゅうやしきなきくにとなりてなお)

 

昭和には四季がありけりけふの秋

(しょうわにはしきがありけりきょうのあき)

 

万葉の風や檜扇二輪咲き

(まんようのかぜやひおうぎにりんさき)

檜扇は夏の季語ですが、

この暑さですから、しばらくは夏の季語も交えて。

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

青鷺

2016-08-05 16:21:33 | 写真俳句

青鷺のだみひと声の啖呵かな

(あおさぎのだみひとこえのたんかかな)

 

青鷺の人世に生きる苦悩かな

(あおさぎのひとよにいきるくのうかな)

 

青鷺の風雲急を連れにけり

(あおさぎのふううんきゅうをつれにけり)

 この撮影のあと、激しい風を伴った雷雨になりました。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

夏惜しむ

2016-08-03 16:05:28 | 写真俳句

老いといふ青春あらむ夏惜しむ

(おいというせいしゅんあらんなつおしむ)

 

逝く夏や病躯ひと息つける風

(ゆくなつやびょうくひといきつけるかぜ)

万病持ちの私には、田舎の時折吹く涼しい風が何よりの助けでした。

 

くるくるとまわるこぶしや惜夏歌

(くるくるとまわるこぶしやせきかうた)

 

7月の写真俳句を、デジブックアルバム にまとめました。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加