とりぶーの在宅介護日記

乳がん12年目の再発。治療から緩和へ移行中の母の在宅介護中のできごとから、父の前立腺肥大、悪性リンパ腫。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2日ぶりの実家

2006年11月01日 | 母の在宅介護
今日は母がお世話になったケアマネージャーと介護用品の会社の
人と在宅酸素の会社の人が回収に来るというので、
朝から実家だった。
でもって、どうせの実家ならばと母に挨拶に来たいと言ってくれていた人も
来てもらうことにした。
実家にひとりでいるのはどうも寂しいもので、母が死んでから
なるべくひとりで実家にいたくない気持ちがある。
なんでだかよくわからないが。

そんでもって久しぶりに実家へ来て洗濯やら掃除やらしていると
父のベッドの近くから「救心」発見。
それもかなり減っている。
前から心臓が痛いって言っていたけど、静かにしてれば治るから大丈夫って
言ってたのにすっごい減ってる。
大丈夫かな・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の最期 | トップ | 母のすごさ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
介護ベットをレンタルするには (介護ベットをレンタルするには)
介護ベットをレンタルでお探しの方用の情報があります。